『きょうの猫村さん』2話のネタバレあらすじと感想|猫村さんの想いの深さに泣いてしまいました

『きょうの猫村さん』ネタバレあらすじと感想

今回は、2020年4月15日放送『きょうの猫村さん』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

み、短い!今回はさらに短く感じたあっという間の2分半。

 

なのにクスッと笑えて、アハハッと笑えて、その後ぐっと胸を掴まれるストーリーにやられます。

 

今回は、猫村さん(松重豊)が仔猫の時に拾ってくれた最愛の人・ぼっちゃん(濱田岳)が登場!

 

この感動を文章で伝えるのは難しいですが、楽しんでもらえたら嬉しいです。

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

1話のネタバレはこちら

『きょうの猫村さん』2話のネタバレあらすじ

 

猫村さん(松重豊)山田さん(市川実日子)の肩をマッサージしてあげていると、

村田の奥さん(石田ひかり)が『決まったよ、奉公先』と部屋に入ってきた。

 

それを聞いた猫村さんは、大喜びで山田さんとハイタッチ。

畳の上に寝っ転がり、ゴロゴロと背中をこすりつけた。

 

 

その夜、猫村さんが山田さんの隣で布団を敷いて寝ていると、

夢に愛しのぼっちゃん(濱田岳)が現れた

 

ぼっちゃんは『猫ちゃん、似合ってるよエプロン。がんばるんだよ』と言うと

『グッドバイ』と手を振り行ってしまった。

 

猫村さんが必死で『ぼっちゃん、行かないで!』と呼びかけると、

ぼっちゃんは振り返り、もう1度『グッドバイ』と手を振った。

 

猫村さんは、だんだん小さくなっていくぼっちゃんの背中に向かって『ぼっちゃ〜〜〜ん!!!!!!!』と叫び、飛び起きた。

 

猫村さんは『緊張と興奮が入り混じって、気持ちがマーブルチョコみたい…』と呟くと台所に行った。

 

そして『何処にやったのかしら?』とキョロキョロすると、

おもむろに折りたたまれた段ボールを床に敷いた。

 

ダメよ!こんなことじゃ!しっかり、しっかりするのよ!私

猫村さんは気持ちを落ち着かせるため、バリバリと爪を研いだ。

 

そして淡いピンク色のエプロンを手に取ると、

猫村ねこ、ぼっちゃんがくれたエプロンに誓ってがんばるわ。いつかぼっちゃんに会えるその日まで…

猫村さんは決意を新たに前を向くのだった。

 

〜つづく〜

 

『きょうの猫村さん』2話の感想

もう、もうもうこの猫村さんの健気なこと!

まさか猫村さん見て泣くと思わなくて、これ書いてる今もずっと体も目も熱くて、猫村さんのぼっちゃんへの想いが痛いぐらいに伝わってきました。

その様子を陰から村田の奥さんが見てるんですがね、私はもう村田の奥さんの気持ちです(違)。

ぼっちゃんは外国に行っちゃったから『グッドバイ』なのかなぁ。片言の『グッドバイ』が、より切なかったです。

 

それに対し、冒頭の猫村さんの喜びようったら。笑

山田さんとハイタッチはするし(しかもちゃんと猫手で!)、畳にゴロゴロ背中をこすりつけて『にゃんにゃん』言うし。

冷静に見ると、大きな体の松重豊さんがゴロゴロしてるのは迫力満点なのですが、山田さんと村田の奥さんがその様子を和やかに見守ってるから、なんかすごい可愛く見えるのです。不思議だ〜

 

この『え?もう終わり?』『もっと見たい!』という気持ちが、何度も見たくなるマジックなのでしょうね。

2分半という絶妙なタイムトラップに引っかかってしまったようです( •̀ㅁ•́;)

爪とぎシーンがとっても印象的でした!

 

↓それがドラマだとこんな感じになります。笑

 

次回は、奉公先も決まったし、とうとう犬神家に行くようです!

これからも松重豊さんの体を張った熱演と、みんなによる化学変化を楽しみたいと思います(*´ω`*)

 

https://twitter.com/tx_nekomurasan/status/1252452752438857728?s=20

細かいところまで可愛い♡

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

またの〜。