ドラマ『きょうの猫村さん』4話ネタバレあらすじと感想│待望のネコムライス登場!

『きょうの猫村さん』ネタバレあらすじと感想

今回は、2020年4月29日放送『きょうの猫村さん第4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

4話では、犬神家主人の金之助(松尾スズキ)と息子のたかし(水間ロン)が登場!

 

猫村さん(松重豊)は初めての夕食に腕を振るいますが…!?

それではさっそく、ネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

1話2話3話のあらすじはコチラ

 

『きょうの猫村さん』4話のネタバレあらすじ

猫村ねこ(松重豊)が犬神家にやってきて、初めての夕食の時間がやってきました。

猫村さんが赤ワインに、チキンの丸焼き、サラダなどを用意していると、『これはご馳走だな』と犬神家の主人・金之助(松尾スズキ)と妻・冴子(小雪)が入ってきました。

 

しかし席に着くなり『いつ帰ってきたのよ』と不機嫌な冴子。

金之助は、猫村さんも気づかぬうちにいつの間にか帰ってきていました。

『お出迎えもせずにすいません』と謝る猫村さんに、『うちは何かとアレだけどよろしく頼むよ』という金之助。

すると冴子は『何がアレなの?アレなのはあなたじゃなくて?』と突っかかりました。

とそこに、『ごめんね、うちいつもこんなで』と息子のたかし(水間ロン)が入ってきました。

たかしは大学4年生。就活中でした。

すると冴子はまだ娘の尾仁子(池田エライザ)が来ていないにもかかわらず、『冷めないうちにいただきましょう』と食べようとしました。

猫村さんはそんな家族を見て、大慌て。だって、猫村さんは育ち盛りのお嬢さまにと、特製ネコムライスまで用意していたんですもの。

 

猫村さんが『このネコムライス、坊ちゃん(濱田岳)も大好きだったのよね〜』とぽやや〜んと坊ちゃんの美味しそうに食べる姿を思い出してると、おや!金之助たちが黙々とごはんを食べているではありませんか!

 

『まだ尾仁子お嬢さまが!』と驚く猫村さんに、金之助も冴子も『いいんだ。尾仁子はほっとけば』と食事を続けます。

でも、猫村さんにほっとけるはずがありません。

ほっとけるもんですか!尾仁子お嬢さまはたった1人の家族なのに…

猫村さんは猫手で顔を洗い、気合いを入れました。

 

〜5話につづく〜

 

 

『きょうの猫村さん』4話の感想

わぁ、今回はさらに短く感じました!どんどん短くなっているような!?(そんなことはありません)

 

そして今回はいつの間に帰ってきたのか、ご主人の金之助と息子のたかしが登場しました。

たかしが就活中と聞き、〈シュウカツって、トンカツそれとも鰹節の仲間かしら?〉とワクワクしている猫村さんに笑ってしまいました。面白い。

 

でも、尾仁子が来ていないのに、さっさと食事を始める金之助たち。

それに対し、猫村さんは『尾仁子お嬢さまがまだ来てません!』とパッション高く訴えます。

尾仁子にだけ、猫村特製ネコムライスまで用意してましたからね〜。

ネコムライスにはお雑魚が入っていて、猫村さんイライラには小魚がいいって言ってましたもんね(๑´ڡ`๑)

このネコムライスの形を見ると、小さい頃母が作ってくれたチキンライスを思い出します。

最後に茶わんに入れてぱかっとひっくり返すのですが、入れ方が甘いと崩れちゃうんですよね。

子供心に、いつもと違うのが嬉しくて、楽しみにしていたものです♪

坊ちゃんも『デーリシャス!』と言っていたネコムライス。尾仁子は果たして食べてくれるのでしょうか?

うーん、心配です(-.-;)

 

今回も、猫村さんが最後に気合いを入れてる姿が猫らしくて可愛かったなぁ。

ピュアピュアな猫村さんに癒やされた2分半でした(*´ェ`*)

ではでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

皆さんのツイート見て頑張ろうと思う毎日。

今日も皆さんにとって素敵な日になりますように…。