『きょうの猫村さん』3話ネタバレあらすじと感想|さすがの貫禄、奥さまと尾仁子が登場!

『きょうの猫村さん』ネタバレあらすじと感想

今回は、2020年4月22日放送『きょうの猫村さん第3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

3話では、猫村さん(松重豊)がついに奉公先の犬神家へ!

ひと癖もふた癖もある犬神家の人々…。今日はいったい誰が登場するのでしょうか?

それではさっそく、あらすじをご紹介したいと思います。

1話2話のあらすじはコチラ

『きょうの猫村さん』3話のネタバレあらすじ

猫村さん(松重豊)は初めての奉公先・犬神家へ向かいました。

猫村さんが立派なお屋敷に驚いていると、中から犬神家の女主人・冴子(小雪)が現れました。

猫村さんが緊張した面持ちで名前を名乗ると、冴子は『大きな猫ちゃんね〜』と家の中に招き入れてくれました。

部屋の中は、アンティークで高価な調度品がいっぱい。

冴子はソファに座ると、『前の家政婦に突然やめられて困っていたの』と猫村さんに言いました。冴子は家事はなーんにもできないのです。

 

冴子は猫村さんの手を取ると『これでひと安心だわ』と言いました。

それを聞いた猫村さんは、パシッと冴子の手に手を重ねると、犬神家にしっかり仕えることを誓いました。

 

その後、猫村さんはさっそく窓磨きを始めました。

猫村さんは、優雅に美顔ローラーをあてる冴子を見て、なんだかぼっちゃんのお母さんに似ていて優しそうだなぁと思います。

猫村さんは、他の家族に会うのが楽しみになるのでした。

 

すると玄関のドアが開く音がして、娘の尾仁子(池田エライザ)が帰ってきました。

猫村さんが急いで挨拶にいくと、尾仁子は『うるせぇ!構うな!』と2階に上がっていってしまいました。

尾仁子は茶髪でロングスカートのヤンキーでした。

 

猫村さんは『中学校で嫌なことでもあったのかしら…』と呟くと、イライラには小魚がいいと教えてあげようかしらと悩みました。

 

そこに『尾仁子は難しい年頃だから、ほうっておいて』と冴子がやってきました。

でも、やっぱり心配になった猫村さんは2階に行こうとしました。

すると冴子は突然『余計なことしないで!』と一喝。

猫村さんがびっくりして振り向くと、冴子は『ね?猫村さん』とにっこり微笑むのでした。

 

〜4話につづく〜

 

 

『きょうの猫村さん』3話の感想

わぁ、いきなり犬神家に舞台が切り替わりましたね!

小雪の女主人、決まってましたね〜。いかにもセレブで、一見優しそうだけど、裏の顔がありそうな…。

『余計なことしないで!』の一言で、それを表現してしまうなんて、さすがだなぁと思いました。

 

それから、冴子が猫村さんを見た感想が『大きい猫ちゃんね〜』というのには笑ってしまいました。

みんなやはり猫村さんのことを、“猫”として認識してるんですね。

 

 

そして、ヤンキー・尾仁子登場!

猫にも容赦なく怒鳴りつける尾仁子、迫力満点でしたね〜。

猫村さんは、イライラには小魚がいいって教えてあげようとしていたけど、そんなことしたら蹴りが飛んできそう…(^o^;

https://twitter.com/elaiza_ikd/status/1240460173157658624?s=20

 

 

 

奥さまに怒られたとき、猫村さんの耳がしゅんっとなってたなんて気づきませんでした!(2回見たのにっ)

皆さん、よく見てますね〜(>ω<)

2話もいくつか情報を追加させていただきましたので、もしよかったら覗いてみてください。

猫村さんはほんと細部までこだわって作られてるんだなぁと驚きます。

 

さて、次回は誰が登場するのでしょうか?

これから猫村さんがどう犬神家の人たちと関わっていくのか楽しみです!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

はっ!よく見たらこの座布団、うちにあるのと同じだわっ(゚д゚)!