『テセウスの船』1話ネタバレSPの感想│文吾が怪しく見えた理由

今回は、『テセウスの船1話ネタバレSPを見た感想をまとめました。

これは私が最終回まで見た上での感想です。ネタバレを含みますので、まだドラマをご覧でない方はご注意ください(>.<)

 

『テセウスの船』1話ネタバレSPのあらすじ

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。

出典:『テセウスの船』公式ホームページ

『テセウスの船』1話ネタバレSPの感想

何度見ても、パトカーで連れて行かれる文吾父さんが極悪人すぎる。

何故か警官姿の文吾までが悪人ヅラ。

ドラマの演出上なのでしょうが、最初に観たときはこの顔にすっかり騙され、心を怪しむ文吾の表情が怖くてたまらなかった…

何を考えているのかわからなくて(*_*;

 

人は相手が何を考えているかわからないと不安になってしまうもの。。

 

今思えば、1話の文吾は、父が犯人だと言われて育った心目線で見た文吾だったのかもしれない。

どんな善人でも、この人は悪人だという先入観があれば、ちょっとしたことで怪しく感じてしまう。

まさにそんな心の“ココロ“をうつした文吾だったのかもしれないですね。

 

でも、吹雪の中、三島千夏ちゃんを無理やり連れて行こうとする文吾は、どうしても解せず、原作で確かめてしまいました。

そしたら原作にはちゃんとその理由が書かれていました。

なんでドラマでは伏せてしまったんたろう〜。

 

最終回までに明かされるかな明かされるかなと思ったけど明かされず、

真犯人のツイッター、♯おじいさんの古い斧でも明かされず。

結局今になって、無料配信で原作を読んでしまいました(;^ω^)

 

そしたら、初めて原作読んだんですが、絵も綺麗でとても見やすい。先が気になってどんどん読んでしまう漫画でした。

これは続きが気になる…!

 

やっぱりドラマにはドラマのよさ、漫画には漫画のよさがありますね!

 

というわけで、ネタバレツイッターでの真犯人の発言もチェックしながら、ドラマを楽しみたいと思います!

ちなみに、昨日呟かれた中で気になったのはコチラ。

 

心がタイムスリップしたときには、みきおと真犯人は接触していたようです。

 

しかも、真犯人の方から、みきおに計画を話している!!!

 

私はずっと、みきおが計画を立てて、それに真犯人が乗っかったんだと思ってましたが…。

 

最初から真犯人主導の犯行だったのでしょうか?

 

他にも最終回まで見ても、解決されずに終わってしまった疑問がいくつかあったので、その辺を追っていけたらなぁと思います。

途中で力尽きたらすいません(;´д`)

そして、1話にしか出てこない、心の奥さん・由紀。

由紀がいなかったらこのドラマは成立しないというくらい大切なひと…。

事件関連を調べた詳細なスクラップブックは、全編を通じて活躍します。

由紀は亡くなってしまったけど、由紀の遺志は残り続けますよね。

 

だから1話の最後に、由紀が望んだとおり、心と文吾が分かりあえてよかった〜☆

 

心はずっと両親や兄姉の笑顔を見たことがなかったんですもんね。

それを考えたら、心が家族のためだとすぐに泣いちゃうのもわかるなぁ。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

またの〜。

https://twitter.com/suzu_ryomatan/status/1259873359518593025?s=20

家族シーン好きでした!イチ、ニ、サン、ダ~~~~~~~~~!!!