『テセウスの船』ネタバレSP・3話のネタバレと感想│実はめっちゃいい人やん金丸刑事…

今回は『テセウスの船』ネタバレSP・3話のネタバレと感想をまとめました。

これは私が最終回まで見た上での感想です。ネタバレを含みますので、まだドラマをご覧になっていない方はご注意ください(>.<)

1話2話の感想はコチラ

 

『テセウスの船』3話のあらすじ

 

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

 

出典:『テセウスの船』公式ホームページ

 

『テセウスの船』3話の感想

未来ノートと免許証

心は、三島明音ちゃん監禁事件の容疑者として、金丸刑事に逮捕されてしまいます。

でもその前に、心は走って、未来ノートと免許証を崖下に投げ捨てた!!

だけどそれを真犯人に拾われてしまいます!

 

この後も、真犯人はなぜかいつも大事なものを1番に発見します。

ノートと免許証だって、心が投げ捨てるのを見てたとしか思えない…。

でなきゃ雪深い川べりに行って、都合よくノートと免許証を見つけるわけがない。

それによく考えたら雪があるから、早く拾わないとびっちょびちょ!

だけどノートはいつまで経っても綺麗なまま。

 

というわけで、あのノートは心が捨ててすぐに拾われたと考えられます

 

 

真犯人に追いつめられる心…

そして、心はなぜか翌日、釈放されます。

この理由は結局わからないまま…。ツイッターでも明かされませんでした。

 

心は不思議に思いながら佐野家に帰りますが、

村人たちは心が犯人だとすっかり思い込んでしまいました。

 

佐野家のみんなはそんな心を温かく迎えてくれますが、家にはバンバン嫌がらせの電話がかかってきていました。

心が電話に出ると、その声は村人の井沢の声だと丸わかり!( •̀ㅁ•́;)

 

翌日、駐在所のポストに免許証が入っていて、心は犯人に未来ノートが見られたら大変だ~!と急いで川に探しに行きました。

でも、見つけたのは鈴のキーホルダーでした

 

さらに学校では校門に、鈴らしき女の子が泣いている絵が貼ってあり、心はどんどん追い詰められていきます。

 

 

この時、『校門に変な絵があるってみんな騒いでる』と職員室に飛び込んできたのは、加藤みきお!

それを貼ったのはおまえさんでしょ〜!

 

オレンジジュース差し入れ事件

 

心は、鈴が犯人に狙われているかもと文吾に相談。

1人で真犯人の手がかりを探し、事件を止めようとしますが、

『21』と書かれた箱に入ったオレンジジュースが教室にあり、飲もうとしていた子どもたちを必死に止めます!

 

 

これも、もちろん加藤みきおの仕業

みきおは心のすぐそばにいて、心が驚く顔を見て喜んでいました(by #おじいさんの古い斧)

しかもその時の台詞は『先生脅かさないでよ。びっくりするじゃん』です。策士よの〜

 

そして、心がみんなから紙コップを回収する時、1番にコップを返していたのもみきおでした…(^_^;)

 

文吾に本当のことを話す心

 

これで完全に追い詰められた心は、文吾に真実を伝える決心をします。

これから起こる音臼小事件のこと、その犯人が文吾で死刑判決になること、自宅から青酸カリが発見され、それが逮捕の決め手になったこと。

 

さらに心は、その後、和子や鈴、慎吾がどのように暮らしていたかも話します。

 

でもそんな未来のことを言われても、文吾は信じられません。

おまえ、なんで俺の家族のこと詳しいんだよ』と驚愕します。

 

そこで心は、

『俺は…あなたの息子だから。今和子さんのお腹の中にいるのは俺です』

と衝撃の告白!

 

さらに心は今まで、自分がいかに大変な想いをして生きてきたかまで話してしまいます。

 

でも、これはまずかった。我慢すべきでした。

けれどもこういうのは、1度話したら止まらなくなってしまうもの。

言わなくていいことまで一気に話してしまいます。

 

犯人じゃないのに家族を苦しめることになってしまった文吾。

それを知る由もない文吾が知るという残酷さ…。

 

おまけに『家族の誰もあなたの無実を信じなかった』なんて、心さんそんなこと言うなよ〜。

 

結果、文吾は心を追い出してしまいます。

 

最初に見たときは、心の気持ちで見てしまったけど、2回目は文吾の気持ちがよくわかり、辛かった…。

 

こうして心はまたトボトボと行くあてもなく歩いていく。

そして…、イチかバチかで金丸刑事を呼び出し、心が知っている全てを聞いてもらうことにします!

 

金丸刑事のこと

https://twitter.com/Suzukanoyume/status/1260597123969478656?s=20

 

心のことを最初から犯人だと疑い、執拗に追い詰める金丸刑事。

 

ユースケ・サンタマリアさんの演技の相乗効果もあり、最初は心をイジメる金丸刑事がとても嫌でした。

 

でも捜査会議で、金丸刑事が明音ちゃんの写真を見て何かに気づき、じっと自分の手を見つめるあたりから気になる存在になり、、

 

心が一か八かで本当のことを話した時は、なんで金丸刑事に!??と思いドキドキし、

 

金丸刑事が心の話をちゃんと馬鹿にせずに聞いてくれ、『にわかには信じられないが、お前の話には無視できない点がある。俺は俺の勘を信じる』と言ったときにはもう、

金丸刑事カッコいい!!!!!!!!

に変わっていました。なんて単純。

 

その後も、心が必死で証拠を探すのを見て、『今日は何も見つからなかったけど焦るなよ』と声をかけてくれたり。

 

心がひとりで音臼神社に行っちゃった時も、文吾に連絡して『気が進まないかもしれないけど、アイツがおまえたち家族のこと本気で想ってるのは確かだ』って伝えてくれたり。

 

なんちゅうか、もうこの時点でいい人すぎて、金丸刑事が死んじゃうのが予測できて号泣でした。

 

ひとりで行っちゃだめは、金丸刑事の方だったんだよ〜〜〜。。

そして、ものの見事に犯人に騙され、崖から落とされる金丸刑事…(しかもよく見ると、めっちゃ飛んでる!Σ(゚Д゚))

 

私は金丸刑事は薄々犯人に気づいてて話に乗ったんだと思ったんですけど、…真相は闇の中…。

 

金丸刑事を殺したのが誰か。前日、心を学校に送り届けた後、出会ったのは誰か。

『テセウス』の謎の中で、そこが1番心残りだったので、ネタバレツイッター♯おじいさんの古い斧でその辺が少し明かされたのでよかったです。

 

 

 

未来ノートを探しに行こうと金丸刑事を誘ったのは、加藤みきお。

→ということは、外で会ったのもみきお??

外は真っ暗だったけど、冬だから実はまだ17時くらいだったのかも。

 

でもなぜ子供のみきおが、心と金丸の動向を知り得たのか?

これは真犯人・正志と一緒にずっと見張っていたとしか思えないですね。。

 

そして金丸刑事と朝、風速計のある山小屋で待ち合わせをし、金丸刑事を崖から突き落としたのも、加藤みきおでした。

 

 

一方、学校に泊まっていた心は、犯人からのメッセージを見て音臼神社へ!

 

これも、金丸刑事と話した後にみきおが心の足元に絵を置いたんでしょうね。

心はその日、めちゃくちゃ頑張って証拠を探してたから、めちゃくちゃ熟睡してたんでしょう。

 

もし心が途中で気づいて起きても、

みきお『あ、忘れものしちゃって。なんで心先生、ここで寝てるの?お巡りさんとケンカしたの?』

とか言いそう…。おお、絶対言いそう。

そしてケロッと騙される。

こ、怖いわ〜(*_*)

 

そして音臼神社で、心を階段の上から突き落としたのも、みきおでした。

 

その後、正志の車で、音臼神社から音臼岳に移動。

金丸刑事と会ったことになります…。

 

大移動だな、みきお。

これももし疑われても、子ども1人の犯行じゃ無理と思わせるための作戦だったのかな?

 

というわけで、みきおには絶対大人の共犯者がいると思ってましたが、当時から正志は頻繁に村にいて、みきおをサポートしてたことになりますね。

 

3話の犯行まとめ

・心の未来ノートと免許証を拾ったのは、加藤みきお

 

・加藤みきおはノートと免許証を拾ったことを心に知らせるために、駐在所のポストに免許証を入れた(by #おじいさんの古い斧)

 

・校門に鈴と思われる女の子の絵を貼ったのは、加藤みきお。

 

・教室にオレンジジュースを差し入れたのも、加藤みきお。

 

・心を音臼神社に誘い出し、階段の上から突き落としたのも加藤みきお。

 

・金丸刑事を『未来ノートを探しに行こう』と誘って、音臼岳の崖から突き落としたのも加藤みきお。

 

・加藤みきおの足となり、車を運転していたのは田中正志。

 

文吾との和解、そして…

 

神社の階段から突き落とされた心は、文吾に助けられ、和解します。

でもそこでまたタイムスリップ!

現代に戻ってきてしまいます。

 

すると過去が変わっていて、事態は最悪な方向に…。

なんと文吾が逮捕された後、母・和子が一家心中を起こし、和子と兄・慎吾が亡くなっていたのです!

 

それを知り、心は一気にどん底へ。

そんな心に、4話で奇跡の出会いが訪れます。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

 

※5/30追記 原作と比較したりしているうちに謎が収拾つかなくなってしまったため、4話以降は執筆中止させていただきます。申し訳ありません(>.<)