大人の土ドラ『13(サーティーン)』3話あらすじと感想│藤森慎吾演じる一樹が怖すぎる…!

今回は、2020年8月15日放送『13(サーティーン)』第3話【秘密と告白】のネタバレあらすじと感想をまとめました。

百合亜(桜庭ななみ)が監禁されていた部屋から、白骨遺体が発見された!

 

百合亜が取り調べを受ける中、相川家に犯人の一樹(藤森慎吾)から手紙が届く…。

 

 

急展開の第3話。ついに事件の全貌が明らかに!!

それではさっそく、3話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『13』3話【秘密と告白】のネタバレあらすじ

百合亜(桜庭ななみ)が監禁されていた一樹(藤森慎吾)の家の床下から白骨遺体が発見された。

刑事の永井(青柳翔)佐緒里(遊井亮子)は、百合亜を警察に呼び、事情聴取を行なった。

 

遺体は死後数年が経っており、DNA鑑定の結果、一樹の弟・優樹(大窪人衛)の可能性が高かった。

彼は母親が40歳の時に産んだ子どもで、戸籍には入っておらず、ずっと自宅に引きこもっていた。

そのため、監禁されていた百合亜が1度も彼に会ったことがないとは思えない。

 

すると、優樹の写真を見せられた百合亜は 落ち着きなく視線をさまよわせた。

だが永井が『なんで優樹のことを黙っていたんだ』と尋ねても、百合亜は答えない。

 

業を煮やした佐緖里は、一樹に連れ去られた少女・森玲香の写真を見せ、『一樹は今、どこにいるの?』と迫った。

 

でも百合亜は『わからない、…わかりません』と首を振るだけだった。

 

百合亜に対する誹謗中傷

百合亜が取調べで何も言わないことが問題視され、次第に百合亜を誹謗中傷するネット記事が出回った。

百合亜が捜査に協力的じゃないとか、援助交際していたとか、勝手なことばかり言っている書き込みを見て、妹の千帆(石川瑠華)は腹を立てる。

 

父・宗一(神保悟志)の会社には、百合亜のことを悪く言う電話までかかってきていた。

 

家族が家でそのことを話していると、インターフォンが鳴った。

母・麻美(板谷由夏)が出ると、百合亜あての封書だった。

麻美と千帆は中を見て、その内容に凍りつく。

そこには

『ゆりりんへ

 

ぼくのゆりりん

 

心配しないで

 

僕が愛しているのは君だけだ

 

また会おう』

と書かれていた。

 

封書を届けにきた配達員は、家の外から百合亜の部屋の辺りをじっと見つめると、マスクを取った。

それは黒川一樹だった…!

 

手紙を警察に届ける麻美

麻美はすぐさま封書を警察に届けた。

差出人のない封書を見た永井と佐緒里は、一樹が直接届けにきたと考えた。

一樹はまだこの近くに潜伏しているのだ。

 

麻美が百合亜の様子を尋ねると、永井は落ち着いていると答えた。

 

百合亜は長い間、一樹に拘束されていたため、まだ一樹のマインドコントロールから抜け出せていないものと思われた。

だから聴取に時間がかかってもしょうがないと佐緖里に言われ、麻美は辛そうに顔を歪めた。

 

精神的支配

一方、一樹に誘拐された玲香はトイレに行った際に、窓から人を見かけ、助けを呼ぼうとした。

しかし一樹に見つかってしまう。

 

狭いトイレの通路で、一樹は何も言わずに玲香をじっと見下ろした。

玲香はずっとうつむいたまま、『ごめんなさい』と小さな声で謝った。

 

大丈夫だよ。でも、今度逃げようとしたらその時はお仕置きだよ

一樹はその場にしゃがみ込むと、優しい声で玲香を睨みつけた。

 

百合亜の事情聴取

その頃警察では、百合亜の事情聴取が行われていた。

 

永井は百合亜に、一樹からの手紙を見せると、

黒川は君を恋人だと思っていたみたいだけど、君はどうだったの?13年間、外に出たことはなかった?』と尋ねた。

 

すると百合亜は、1度だけ誕生日にご褒美だと言って出かけたことがあると答えた。

でも一樹にずっと見張られていて、逃げるのは無理だったという。

 

でも一樹は昼間は工場で働いていた。

『黒川がいない間、あなたはずっと手錠に繋がれてたの?トイレとかどうしてたの?もしかして、優樹が見張ってたとか?

佐緖里が珍しく落ち着いた声で百合亜に問いかけると、百合亜はうつむいていた顔をあげ、佐緖里の顔を見た。

 

…そうなのね?一樹と優樹はあなたから見てどんな関係だった?やはり暴力で支配していたの?』

佐緒里がまくしたてると、百合亜は『知りません、もう家に帰してください』と訴えた。

 

百合亜の味方

百合亜が麻美と一緒に家に戻ると、家の周りには『出ていけ!』『消えろ!』などの誹謗中傷の貼り紙があちこちに貼られていた。

 

雨の中、傘をさしながら宗一が剥がしていると、千帆もやってきて一緒にはがし始めた。

 

『もういいよ。帰りたいところに帰りなよ。もうウンザリなんでしょ?』

『いや…、お前たち家族のためにできることがあってよかったよ』

 

宗一は貼り紙をはがし続けた。

 

 

その夜、百合亜はネットで自分がなんと言われているか見ていた。

13年間一緒にいたら好きになるでしょとか、一樹と百合亜が恋愛関係にあったことを指摘する書き込みの羅列を、百合亜はじっと見つめた。

 

そこに麻美が入ってきて、百合亜はノートパソコンを閉じた。

 

麻美は百合亜の隣に座ると、『人が何と言おうと、ママとパパと千帆は百合亜の味方よ』と百合亜の手を握りしめた。

でも百合亜は手を離す。

“私はママが思っているようないい子じゃない”と。

 

その夜、百合亜はまたベッドではなく、床の上で眠った。

そんな彼女に優しくタオルケットをかける手が…。

百合亜は妄想の中で、その手を握りしめ、安心して眠った。

 

 

一方、潜伏先の部屋の一樹は、窓の外を睨むように見つめていた。

待ってろよ、ゆりりん。助けに行くからな

外には、スカイツリーが光って見えた。

 

衝撃映像

そんな中、百合亜と一樹が一緒に映っている3年前の防犯カメラの映像が見つかった。

手を繋ぎ、まるで恋人同士のように笑顔で話している百合亜と一樹を見て永井はショックを受ける。

 

彼女はそこから一樹が離れて戻ってくるまでの7分間、ずっと1人でいた。

誰かに助けを求めるわけでもなく、逃げる様子もない。

この日は、百合亜の23歳の誕生日だった。

クマのぬいぐるみをもらった百合亜は、一樹に耳元で囁かれ、嬉しそうに笑っていた。

 

 

その後、永井と佐緖里がこの映像を百合亜に見せると、百合亜は目をそらした。

 

どうして、逃げようとしなかったの?

佐緒里は静かな声で百合亜に尋ねた。

でも百合亜は答えない。

 

このビデオの中であなたは黒川ととても親しそうにしている。ひょっとして、黒川のことが好きだった?

佐緖里が百合亜に近づき、顔を覗き込むと、百合亜はチラリと永井の顔を見た。

でも永井は怖い顔で黙っている。

 

すると百合亜は反抗的な顔で話し始めた。

言いたくありません。私が誰を好きだったとか、そんなことまで言わなくちゃいけないんですか?

みんなどうせ好き勝手想像するんです。誰も信じられない。

私は、ずっとひとりだった。家族が私を待っていてくれると思ったときもあった。

でも、誰も助けにきてくれない。渉(井上祐貴)だって、ずっと変わらないでいてくれると思ったのに変わってしまった。

そういうとき、傍にいる優しい人を好きになったらいけないの?

いったい誰を信じろっていうの?』

 

…そばにいる優しい人って、黒川一樹のこと?

佐緖里の言葉を聞いた百合亜は、『出てって!』と佐緖里を突き飛ばし、暴れだした。

 

暴れる百合亜を、永井はぎゅっと抱きしめた。

黒川は君を利用していただけだ!君を縛って殴って、君が好きになるように仕向けた最低の奴だ。

だからもし君が黒川のことをかばっているのなら、その必要はない。

俺は君の味方だ』

 

永井の目を見た百合亜は大人しくなり、永井の腕の中ですすり泣いた。

 

凶器発見

永井と佐緖里が部屋を出ると、一樹の自宅から黒川優樹の血がついた斧が発見されていた。

しかも、斧の柄の部分には、百合亜の血痕が付着しているという。

 

『これで証拠は上がった』と、上司は百合亜を自白させるよう命じる。

永井は取調べをしようとする佐緖里を制止し、自分にやらせてくださいと頼んだ。

 

永井が1人でやってきたのを見て、百合亜は少し柔らかな表情を見せた。

でも永井は百合亜は2度も嘘をついたと、責めるような発言をする。

 

1つは、一樹に見張られていて逃げられなかったと言ったが、十分逃げるチャンスがあったこと。

もう1つは、優樹のことを知らないと言ったことだ。

 

警察を舐めんな!

永井に机を叩かれ、百合亜は冷たい表情でうつむくと、無言を貫いた。

 

このままでは拉致があかないと思った永井は、百合亜が誘拐された日のことを聞くことに。

すると百合亜は『岸先生に会いに行った』とだけ答えた。

 

詳細を答えない百合亜に、永井は言った。

『このままじゃ週刊誌やネットで言われているように、君が岸先生とつき合っていたとか、黒川一樹と顔見知りで、自分から家について行ったと思われるぞ。それでいいのか?』

『それでいいです。あなたがそう思いたいのなら』

百合亜は反抗的な目で永井を見つめると、また黙り込んだ。

 

麻美の告白

永井たちが百合亜から何も情報を引き出せず困っていると、麻美がやってきた。

麻美は警察にまだ話をしていないことがあり、百合亜に謝りたいという。

そこで警察は特別に中に入って話すことを許可した。

 

麻美は百合亜と向き合って座ると、謝った。

あの日、百合亜が担任の岸先生に会いに行かなければ、あんなことにはならなかったからだ。

 

百合亜は、麻美と岸先生がつき合っているのに気付いて、『ママと別れて』と言いに岸先生のところに行った。

けれどもなんて言っていいかわからず、百合亜は外で時間を潰していた。

その時 一樹が現れて、突然口をふさがれ、連れて行かれたのだ。

 

あの頃、夫・宗一は仕事に明け暮れてばかりで、麻美は少しの間だけ岸と不倫をしていた。

だから宗一が家を出ても、強く言うことができずにいた。

 

『本当は家族仲良くあなたを迎えたかったのに、バラバラでごめんね。

あなたがひとりで一番苦しかったときに、傍にいてあげられなくてごめんね』

涙ながらに謝る麻美を、百合亜はじっと見つめた。

 

『…ママも寂しかったんだね。百合亜も寂しかった。

寂しくて怖くて誰も信じられなかったとき、優くんだけが優しくしてくれたの

 

百合亜は潤んだ目で麻美を見つめると、事件の全容を語り出した。

 

事件の全容

黒川一樹が仕事でいない間、百合亜を見張るのが優樹の役目だった。

一樹と10歳以上年の離れた優樹は、とても優しく、一樹のように暴力を振るったりしなかった。

 

監禁されたばかりの頃、お花をくれたり、指人形で百合亜を笑顔にしてくれたのも優樹だった。

 

優樹は床で眠る百合亜のタオルケットをそっとかけ直してくれた。

その手を握りしめ、百合亜は安心して眠った。

 

そのうち、百合亜は一樹がいない間は手錠を外し、優樹と居間で過ごすようになった。

ある日、百合亜は庭にサルビアが咲いているのを見つけた。

すると優樹は百合亜のために花を摘みに庭にでた。

 

今なら逃げられる…と思った百合亜は、木戸の錠前を壊して外に出た。

すると一樹がちょうど帰ってきて、百合亜は一樹に腕を掴まれ、強引に連れ戻された。

 

『何やってんだよ!ちゃんと見張ってろって言っただろ!』

一樹は花を持った優樹を見つけると、暴力を振るった。

百合亜が庇うと、一樹は『お前らできてんじゃねぇだろうな?』と逆上し、優樹の頭を花瓶で殴りつけた。

 

その日は、百合亜の23歳の誕生日で、一樹は百合亜を連れてショッピングモールに出かけた。

『勝手に逃げたら優樹を殺す』と脅された百合亜は、逃げるなんてできなかった。

それがあの映像だった。

 

一樹は百合亜にプレゼントを渡すと『優樹が待ってるから帰ろう』と耳元で囁いた。

だが、家に帰ると優樹は頭から血を流し、息も絶え絶えになっていた。

それを見た一樹は『優樹を楽にしてやれ』と百合亜に斧を握らせた。

百合亜を逃がした優樹か、ここから逃げようとした百合亜か。どちらかが死ななければいけないというのだ。

 

『ごめんね、優くん…。ごめんね…』

『ほら、どうした』

一樹は百合亜の手に自分の手を重ねると、優樹を殺させようとした。

 

すると優樹は自分から斧をつかみ、自分の首に押し当て、息絶えた。

 

 

その日から、私は自分の誕生日が嫌いになった。優くんのことを思い出すから…。私がこの手で優くんを…

 

百合亜の衝撃的な告白を聞き、麻美は言葉を失った。

でも百合亜は何があっても自分の娘だ。

麻美は百合亜に近づき手を取ると言った。

 

『ママは百合亜の誕生日が好きよ。あなたが生まれた日だもの。

たとえ あなたが自分を嫌いになっても、ママはあなたを嫌いになったりしない。

だって、私の娘だもの』

麻美が百合亜を抱きしめると、百合亜は初めて母の腕の中で張り詰めていた表情を崩し、涙した。

 

恐怖の電話

外から2人のやり取りを見ていた上司の広岡は、『これで逮捕状が請求できる』と言った。

経緯はどうあれ、人を殺めたことに違いはないからだ。

 

その時、警察に電話がかかってきて、永井が出た。

 

『ゆりりんを出してもらえませんか?

早く僕にゆりりんを返してくださいよ』

 

電話の相手は黒川一樹本人だったのだ…!

 

〜 衝撃の最終回につづく 〜

 

『13』3話の感想

キャー、黒川一樹が怖すぎる!

藤森さんがめちゃ役にハマっていてびっくり(@_@;)

 

配達員に扮して相川家に入りこみ、マスクを取って去っていくところなんて、無表情に近いんですけどそれが逆に不気味で。

眼鏡かけてないから、マスクしてると誰だかわからないというのもありますが、わざわざマスクを取って去っていくところは、うひょーとなってしまいました。

 

玲香ちゃんがトイレの窓から下を通る人に呼びかけようとしたときも、そう!

後ろからスッと抱き上げて下ろして、見下ろす。

それだけでなんと怖いことか。

 

優くんを傷めつけるところなんて、本気で見ていられなかったです。

 

優くんがこれまたいい子で。

百合亜が優くんの手を握って眠るところは、なんかすごい気持ちが伝わってきましたね。

この閉鎖的で、誰も助けにきてくれないという状況下で、優くんだけが百合亜の光だったんだ。

 

だけど、23歳の誕生日に百合亜が逃げようとしたことから、穏やかな日々は奪われた。

 

それから3年もの間、百合亜はどうやってあの家で生活していたんだろう…。

その時間が、誰も信じられない、信じてはいけないと百合亜の心を閉じさせたのかもしれませんね…。

 

今回も百合亜は、さまざまな表情を見せてくれました。

永井と佐緖里といる時。

永井だけの時。

君の味方だって言ったのに、永井に嘘つきだと言われた後。

お母さんに謝られた時。

優くんと一緒の時。

一樹と一緒にいる時。あれは一樹を怒らせないための演技なのかな?恋人に見せるような甘えた顔。

優くんを殺さなくちゃいけなくなった時。

そして最後に、母親に抱きしめられた時。

 

百合亜の心の変化や、時間の流れ、接する人や状況によって変わる表情の変化に引き込まれました。

 

桜庭ななみさん、マジすごいや!

 

次回で最終回ですが、予告を見る限り、最後まで目が離せないストーリーのようです。

一樹と2人きりになった百合亜が取った行動とは…?

ここがめちゃめちゃ気になります!

 

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

更新遅くてごめんなさい。

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ