『私たちはどうかしている』2話ネタバレあらすじと感想│恋も話も急に面白くなってきた!

にこ

今回は、2020年8月19日放送『私たちはどうかしている』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

母の無実を証明するため、老舗和菓子屋『光月庵』で暮らし始めた七桜(浜辺美波)。

 

だがそれをよく思わない女将の今日子(観月ありさ)は七桜を追い出すため、嫌がらせをしてくる。

 

七桜は、椿(横浜流星)と行動を共にしているうちに、今の椿を取り巻く厳しい状況を知り…!?

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 最終話

『私たちはどうかしている』2話のネタバレあらすじ

今までのあらすじ

15年前、老舗和菓子屋『光月庵』で若旦那(鈴木伸之)が殺され、光月庵で働いていた和菓子職人・大倉百合子(中村ゆり)が逮捕され、取調べ中に亡くなった。

その時から、百合子の娘・七桜(浜辺美波)の人生は一変。

七桜は、若旦那と一緒にいたのは『さくら(七桜のこと)のお母さん…』と証言した跡取り息子の椿(横浜流星)のことを恨みながら生きてきた。

 

15年後、若き和菓子職人となった七桜は、偶然 椿と再会を果たす。

そして、七桜は母の無実を証明するため、

椿は光月庵を自分のものにするため、

2人は偽装結婚することにしたのだった…。

 


光月庵で暮らし始めた七桜は、厨房で働き始めた。

椿は七桜に、嫁の仕事として洗い物を命じる。

 

他の職人たちは あれが結婚式をぶち壊した子かと噂するが、七桜は和菓子作りの現場にいられることに喜びを感じていた。

 

職人の中にはまだ入って1ヶ月の見習い職人・城島(高杉真宙)がいて、城島は小豆の渋切りを頼まれ、そのままお湯を切ろうとした。

でもその前に差し水をしないと、ふっくらと煮上がらない。

 

七桜は城島にそれを伝えると、『ほら、小豆の表情をよ〜く見て』と熱弁を奮ってしまう。

七桜にとってあんこは、母との想い出が詰まった特別なものなのだ。

 

厨房は、明後日 三坂神社で行われる祈晴祭の奉納菓子を用意するため、大忙しだった。

七桜は城島から、今いる職人の中で1番古株なのは10年前に入った富岡(岡部たかし)で、15年前に先代が亡くなった後に従業員が一気に変わったことを聞く。

 

ということは、常連客のほうがこの店とつき合いが古いということだ。

事件当時のことを知る客から話を聞ければ、何かわかるかもしれない。

 

七桜はその夜、ひそかに顧客帳簿を調べ、光月庵と50年以上前からつき合いがある呉服屋“白藤屋”に目を留めた。

 

その姿を陰から、女将の今日子(観月ありさ)がいぶかしむように見つめていた。

 

白藤屋に行くチャンス

翌日、厨房で怒鳴り声が響いた。

誰かが祭りの日に勝手に、白藤屋の注文を受けたというのだ。

しかしその日は忙しく、注文の品を作っている暇はない。

 

七桜は自分が電話を受けたことを明かすと、『私がお菓子を作って届けます』と申し出た。

だが白藤屋は光月庵の大切なお客さまだと、椿は許さない。

 

七桜はせっかく掴んだチャンスを逃すまいと、椿に掛け合い、自分に作らせてほしいと頼んだ。

七桜の本気を感じ取った椿は、菓子は自分で作ることを条件に七桜に届けさせることにした。

 

その夜遅くまで菓子を作る椿の姿を、七桜はそっと陰から見守った。

 

台無しにされた菓子

そして祈晴祭当日。

若草色の着物に身を包んだ七桜は、白藤屋に向かった。

 

『少しでも粗相があったら許さないからな』

椿は七桜の襟元を直すと、七桜を送り出した。

 

しかし、白藤屋の女将(峯村リエ)が菓子の箱を開けると、白に紫の藤の花が描かれてあるはずのお菓子が真っ赤に染まっていた。

その赤い血のようなお菓子を見た七桜は、15年前の事件を思い出し、パニックを起こす。

 

するとそこに、椿が現れた。

椿は七桜が白藤屋から注文を受けたと偽って店に来たことを知り、追いかけてきたのだ。

 

自業自得だな。嘘をつくからこんなことになるんだ

椿は七桜を抱きかかえた。

 

いったい誰がお菓子にこんなことをしたのか?

光月庵は大切な得意先を1つ失ってしまった…。

 

今日子の嫌がらせ

店に戻った七桜は誰もいない厨房の床に座り、お茶を飲んだ。

そこに見習いの城島が入ってきて、びっくり!

 

『部屋よりも厨房のほうが落ち着くんだよね。小豆の香りとか…』

七桜の言葉を聞き、城島はわかるわかると大興奮。

能登の小さな和菓子屋の跡取り息子の城島は、七桜と同じで蒸気がモワッと立つ感じとか、年季の入った道具とか、和菓子作りを愛する人間だった。

 

2人はすっかり意気投合し、七桜はこんな気持ちはひさしぶりだと思った。

 

しかし、城島から女将の今日子ができあかったお菓子を珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、自分の部屋に向かった。

 

すると今日子が勝手に七桜の荷物をまとめていた。

理由を尋ねる七桜に、『最初からこれが目当てだったんでしょう?』と、今日子は手切れ金を渡した。

 

白藤屋の菓子に細工したのは今日子だと気付いた七桜は、

『私は椿さんと結婚するんです!椿さんに言われるまでは出ていきません』

と、お金をつき返した。

 

今日子は屈辱に震えた顔で七桜を睨みつけると、そこにあった花瓶の水を七桜にぶちまけた。

この疫病神!!!

蝶はね、自分と同じ美しい蝶としか子孫を残さないの。蛾を家族にしたりしない。

よそ者はいらないの!

 

今日子は七桜の荷物を持ち出すと、強引に追い出そうとした。

七桜は必死に抵抗するが、勢い余って荷物は池の中に落ちてしまった。

あの中には、母の形見の和菓子作りの道具が入っているのに…!

 

七桜は池の中に入り、風呂敷包みを探そうとした。

するとそこに、椿がやってきた。

 

涙を堪えるびしょ濡れの七桜を見て、椿は七桜が今日子に嫌がらせを受けたのだと気づく。

 

椿は黙って池の中に入ると、池の底から荷物を拾い上げた。

 

七桜にはまだしばらくここにいてもらいます。白藤屋さんから最中を20個作ってほしいと注文が入ったんです。

彼女に作ってほしいという指名で

 

それは実は、七桜に母の手紙を渡しにきた謎の男・多喜川薫(山崎育三郎)の計らいだった。

 

白藤屋の女将が『どうして椿さんがあの子と結婚したいのかわかりませんわ』というと、

多喜川は『あの子のお菓子を食べたらわかるかもしれませんね』と謎の言葉を残し、去っていった。

 

厨房が使えない?

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の指導が始まった。

でもなかなか七桜は、光月庵のあんこをマスターできない。

職人の富岡は、そんな2人を不満そうに眺めた。

 

今日子はそんな富岡の気持ちを利用して、七桜を厨房から追い出すよう差し向けた。

 

椿は厨房を使わせてほしいと頼むが、富岡は拒否。

椿は光月庵の跡取りといっても、まだ修行の身。

だから富岡は、大旦那の高月宗寿郎(佐野史郎)の指示にしか従わないというのだ。

 

椿は『私に厨房を取り仕切る権限をください』と宗寿郎に頼みにいくが、権限を譲るのはこの店を正式に継ぐものだけだと断られる。

 

光月庵は昔、弟子にレシピを盗まれたことがあり、それ以来何よりも血縁を大切にしてきた。

そのため、椿には店を継がせられないというのだ。

椿は今日子の不貞でできた子だから…。

真偽は不明だが、宗寿郎はそう思って、幼い頃から椿に対して『お前はこの家の子じゃない!』と冷たい言葉を放ってきた。

 

『けれども大事なのは、和菓子に対する情熱だ。意志だ!』

椿は店を継ぐものだけが譲られる道具を見つめると、

父と約束したことを思い出し、“この店は絶対に誰にも渡さない”と誓った。

 

椿が本気で店を守ろうとしていることを知った七桜は、15年前、椿はもしかしたら本当に母の姿を見たのかもしれないと思う…。

 

嫉妬!?

その夜、七桜は誰もいない厨房に行き、あんこを作ろうとした。

すると見習いの城島が現れ、店のあんこを内緒で取ってきましょうかという。

でも七桜はあんこを作れる喜びを思い出し、楽しもうと思っていた。

それを聞き、城島は恥ずかしくなる…。

 

城島の髪にあんこがついているのに気付いた七桜は、城島に近づき、取ってあげた。

すると『俺の妻だぞ』と、椿が入ってきて城島を睨みつけた。

慌てて去っていく城島に、『ありがとうね』と七桜は声をかけた。

 

『…ずいぶん仲良くなったんだな』

『別にそんなんじゃ…』

 

七桜は言いかけて、もしかして今のって焼きもち?と思う。

でも今はそんなことを考えている場合ではない。

七桜はあんこ作りを再開した。

 

椿は自分が正式な跡取りじゃないことを知ったら七桜は出ていくと思っていた。

でも七桜はこのまま終わりにして、白藤屋さんに和菓子を嫌いになってほしくなかった。

 

それにあんこ作りは、七桜の憧れだった。

いつも優しい母が、あんこを作っている時だけは目を離さず、あんこだけを見つめていた。

その姿が今も、七桜の目に焼き付いているのだ。

 

あんたの母親も職人だったのか?

椿に問われ、七桜はハッとして、家で作ってただけだと誤魔化した。

 

『でも美味しいあんこを作る人だったんだろうな。

あんこはその時の状況で味がすごく左右される。

作る人の感情まで伝わるほどだ』

 

あんこは、いわば自分を映す鏡のようなもの。

だからあんこを作るとき、少し怖い…と、椿は呟いた。

 

七桜の最中

翌朝、ようやく椿も認める光月庵のあんこが出来上がった。

でも椿は何かが足りないという。

 

『おまえ、光月庵のあんこを美味しいと思ってないだろ?』

椿は七桜に、七桜自身が美味しいと思うものを作らせることにした。

 

 

一方、七桜が厨房を使っているのに気付いた今日子は、富岡に文句を言いにいった。

でも前日、今日子のフリをした椿に呼び出され、その罠にまんまと引っかかった富岡は『まぁ、いいじゃないか』と話を濁した。

 

頭に来た今日子は、新しい店がほしいという富岡を『そんなの自分でなんとかしてちょうだい』と突き放した。

 

そんな中、七桜は自分が美味しいと思う最中を完成させた。

それを食べた椿は、白藤屋にはこの最中を持っていくことにする。

 

『いいの?』

『この世で絶対的なことは何かわかるか?…“美味しい”ってことだ』

 

その言葉は七桜にとって、最高の褒め言葉だった。

 

白藤屋さんにとっての最中

その後、2人は揃って白藤屋に最中を持っていった。

一口食べた女将は『本当に七桜さんが作ったの?』と驚く。

いつも食べている光月庵の最中とまったく同じだったからだ。

 

それを聞いた椿は、そんなはずはないと首を傾げる。

椿が食べてみると、それは七桜のオリジナルではなく、光月庵の最中だった。

 

七桜は、白藤屋が今まで最中を注文したことがないことから、

女将さんにとって光月庵の最中は、ふと食べたくなって変わらない味にホッとする、そんなお菓子なのではないかと考えた。

だから自分のあんこではなく、光月庵のあんこを使った最中にしたのだ。

 

それを聞いた女将は『そのとおりだわ〜』と感心して、これからも光月庵にお菓子を頼みたいと言ってくれた。

 

夫婦の真似ごと

その帰り道、黙り込む椿に、七桜は『新しい最中を持っていかなかったことを怒っているの?』と尋ねた。

 

『でも、あんこは自分を映す鏡だって椿さんが教えてくれたから、私は気付いたんだよ。

あの最中には自信があったけど、私の勝手な思いも詰まってた…』

 

『結果的にはあんたの言うことが正しかったんだ』

椿は答えると、激しく壁ドン。

椿は、七桜が自分に一言も相談なく変更したことにムカついていたのだ。

 

でも七桜は椿に相談したら、反対され、しまいには最中を差し替えられると思った。

言い合いになった2人は、こんなんじゃ結婚なんて無理だなと思う。

 

でも手を繋いで通り過ぎるカップルを見て、椿は『やってみるか、1度夫婦らしいこと』と手を差し出した。

こちらを見ずに差し出された手に、七桜は手を重ねた。

 

〈これも駆け引きなんだから、ドキドキなんかしない〉

 

2人は手を繋いで歩き始めた。

 

 

“好きだから手を繋ぐ。

ずっと変わらないことだから安心する。

光月庵のあんこもそういうのを大切にしているのかもしれない”

そう思った七桜は『もう1度大旦那さまと話してみたら?』と椿に言った。

 

『あんた、やっぱり甘ちゃんだな』

椿は乱暴に手を離すと、1人で先に行ってしまった。

 

 

一方、白藤屋には多喜川の姿があった。

『あの子は何者なんです?』

『母親譲りの腕のいい和菓子職人ですよ』

多喜川は最中を一口食べると、遠くを見つめるような表情をした。

 

恐怖の食卓

その夜、七桜は大旦那の宗寿郎に呼ばれて家族の食卓に同席した。

 

椿が席を立っている間に、宗寿郎は自分が好きならくがんの話をした。

でも椿は、らくがんの売上が悪いので店頭から下ろそうと考えていた。

そんな椿のことを、『あいつにはなんにもない。職人としてのプライドも、和菓子に対する愛も!』と、宗寿郎はこき下ろす。

 

そんなことないと思います。椿さんは大旦那さまに負けないぐらいこの店のことを大事にしています

七桜が反論すると、宗寿郎は『…椿のことを愛しているのかね』と尋ねてきた。

『…はい』

七桜が頷くと、宗寿郎が立ち上がり近寄ってきた。

 

宗寿郎はこの家に女性が入ると災いが起こると思い込んでいた。

1人は目の前にいる今日子のこと。

そしてもう1人は、七桜の母のことだった。

 

おまえは私から大切な何を奪うつもりなんだ…!

 

宗寿郎は七桜に迫ると首を締めた。

そこに椿が入ってきて、宗寿郎を壁に押さえつけた。

僕の妻をいじめないでもらえますか

椿は宗寿郎から離れると、『僕の部屋に来い』と七桜を後ろから抱きしめた。

 

椿はこれから七桜と部屋を共にすると宣言すると、強引に七桜の手を引っ張っていこうとした。

 

『おまえに人を幸せにできるのか?』

 

すると椿は立ち止まり、何も言えなくなった。

七桜は転げた茶碗を直すと、正座して言った。

『今まで結婚に反対されていると思っていましたが、認めてもらえたようで嬉しいです。ありがとうございます、おじいさま』

 

椿の部屋についた七桜は、宗寿郎に“女性職人が息子の命を奪った”と言われ、何も言い返せなかったことを悔やんだ。

宗寿郎の抱えている憎しみは、話し合ったらわかってもらえるなんて生易しいものではなかったのだ。

 

『さっきはごめんなさい』と謝る七桜を、椿は後ろから抱きしめた。

『ちょっと待って!』

七桜はそれを拒否すると、誰もいないところで自分たちにこういうのは必要ないと言った。

 

ダメなのに

その夜、七桜は幼い頃よく遊びに行った椿の部屋で布団を並べて、背中合わせで眠った。

 

七桜が昔のことを思い出していると、『七桜って、さくらなんだな』と急に椿が言い出した。

 

七つの桜。昔、この家にさくらという女の子がいて、ここでよくお菓子を作った。

とても大人しくて、泣き虫で、でもこの暗い家で唯一の光だった

 

やはり椿も、さくら=七桜のことを覚えていたのだ。

椿は七桜の方に振り返ると、『あんたの手、太陽丘なんだな』と手を取った。

 

初めて会ったとき、椿はこの手を見て、七桜が隣にいてくれたら何かが変わるんじゃないかと思った。

 

でも椿はどうせ七桜も店の看板が目当てだろうと思い、利用するだけ利用すればいいと思った。

なのに七桜は、宗寿郎に『椿さんはこの店のことを大事にしています』と言ってくれた。

 

『どうかしてるな…』

椿は自分の考えを振り切るように、七桜に背中を向けた。

 

そんな椿を、七桜は後ろから抱きしめた。

こんなことをしたらいけない。

世界で1番憎い相手だとわかっていながら。

 

〈……嫌い、大嫌いなのに 〉

 

そう、頭の中で拒絶しながら、七桜と椿は見つめ合い、キスをした。

 

 

 

だがその頃、ある職人に七桜の素性を調べさせていた今日子は、七桜が大倉百合子の娘だと知り、驚愕する…!

 

 

 

ねぇ、椿…さん、もしさくらっていう子が目の前に現れたらどうする?

 

消えてもらうよ。俺の前から 永遠に

 

椿の狂気に満ちた目を見て、七桜は凍りついた。

 

〜 3話につづく 〜

 

『私たちはどうかしている』2話の感想

https://twitter.com/yuhi86480111/status/1296092225500090370?s=20

いや〜、いったい1話はなんだったんだろと思うくらい、面白くなってきましたね!

椿が七桜と行動を共にするうちに、職人としても、女性としても認めてくれるようになったからかなぁ。

 

前回は椿は何を考えているのかわからず、短気な人だなぁという印象でしたが、

椿が実の孫ではない(かもしれない)ことがわかり、大旦那との確執が顕になりました。

 

早くDNA鑑定してもらえばいいのに…と思ったりもしますが、

血縁じゃないと店が継げないのなら、この先大旦那はどうするつもりなんでしょうか?

 

大旦那は誰かを探させているようですが、それはさくら(=七桜)のことなのか、それとも他の誰かなのか?

椿がさくらのことを消してやるよと言ってたことから、さくらが若旦那と血縁関係があるかもしれない説が浮上してきましたね。

確かに、さくらのお父さんのことは何も出てきてないし、百合子と若旦那に関係があるのなら、2人で会っていたとしてもおかしくない。

 

と考えちゃうと、ますますこの2人は結ばれてはいけない運命で、七桜が“さくら”だとバレた瞬間が恐ろしいですね~(>_<)

 

 

2人がお互いを利用しつつも、いろんな障害を乗り越えていく中で強く惹かれ合ってしまう姿にドキドキしてしまいました。

 

なんというか椿と七桜の間には、パッと散る花火のような儚さや危うさがあって、

この幸せは今だけなのかもしれない…という焦燥感があるんですよね。

それが観てる人を惹きつけるのかもしれない。

 

壁ドンもバックハグも何度もされたら、椿の一部分に見えてきましたわ。

だからこそ 手をつなぐだけのシーンが特別に思え、印象に残りました。

 

 

そして実は、高月家で1番怖いのは宗寿郎だということが判明!

やはり佐野さんに癒しキャラは回ってこないのですね・・・。椿の味方かと思ったんだけど、そうじゃなかったのか~。

 

それに今日子さんが誰にスパイをさせてるのか気になりますね~!

これで癒やしのあんこ仲間の城島くんがスパイだったら泣けるわ、ほんと。

でも入って1か月の見習い君のはずなのに、やたら店に詳しすぎる!!!

彼には裏がありそうで怖いわ~。。。

 

それから七桜が困ったときに助けてくれる多岐川の存在。

いろんなところに顔がきくなんて、実は相当の大物なんでしょうか?

説明がなくなり、展開がスピーディーになってきたので、続きが楽しみです!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 最終話