大人の土ドラ『13(サーティーン)』1話あらすじと感想│先が気になる!何も語らないヒロイン

今回は、2020年8月1日放送『13(サーティーン)』第1話【生還と軋轢】のネタバレあらすじと感想をまとめました。

『13』は、イギリスでブームを起こした人気ドラマ『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』を日本版にアレンジ。

 

13歳の時に行方不明になった少女・百合亜(桜庭ななみ)が、13年後にとつぜん家族のもとに戻ってきて、人々の運命を変えていく物語です。

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『13』1話【生還と軋轢】のネタバレあらすじ

髪をなびかせながら、虚ろな表情で裸足で道路を歩く若い女性。

汚れた白いワンピースに、手首には鎖のちぎれた手錠。

手には、フェルトでできた男の子の指人形を持っている。

 

走ってくる車の前に、彼女はゆっくりと歩み出た。

 

 

警察に保護された彼女は『相川百合亜です。ずっと 監禁されてました…』と言う。

DNAなどを調べた結果、彼女は13年前に行方不明になった相川百合亜(桜庭ななみ)だと断定された。

 

さっそく刑事の永井俊彦(青柳翔)田辺佐緒里(遊井亮子)が事情聴取を行なった。

しかし監禁場所や犯人について訊かれた百合亜は、過去を思い出してパニック状態に陥いる。

永井たちは事情聴取を中止し、ひとまず百合亜を家に帰すことにした。

 

バラバラの家族

一方、相川家では百合亜が無事に保護されたと聞き、母・麻美(板谷由夏)が喜んでいた。

でも妹・千帆(石川瑠華)は『ほんとにお姉ちゃん?』と、信じられないようだ。

 

そこに別居中の父・宗一(神保悟志)がやってきた。

麻美は百合亜が安心できるよう、昔と変わらないところを見せてほしいと、宗一と千帆に頼んだ。

 

『パパはもうこの家にいないのに?』

『だからそれを言わないでって言ってるの!』

思わず声を荒げ、麻美は我に返った。

『お願い…』

宗一はそれを承諾すると、財布に入れていた結婚指輪を左手薬指にはめた。

 

その後、やってきた永井刑事と共に、3人は百合亜を迎えに行った。

百合亜と13年ぶりに再会した麻美は、百合亜を泣きながら抱きしめた。

けれども百合亜は顔を強張らせたまま、笑いも泣きもしなかった。

 

家に戻った百合亜

百合亜がいなくなって13年の間に、街も人もずいぶん変わった。

帰りの車内で、百合亜はスマホばかり見ている千帆を物珍しそうに見つめた。

 

百合亜が中学の頃つき合っていた日置渉(井上祐貴)は、今はキッチンカーをやっていて人気があるようだ。

 

それを見て、百合亜は初めて『渉くん』と声に出して呟いた

百合亜は接客中の渉を、遠くから食い入るように見つめた。

 

家に戻った百合亜は、まるで知らない家に帰ってきたように家の中を見回す。

『そんなに変わってはないでしょ?キッチンはちょっと改装したんだけど』

麻美が声をかける。

 

百合亜は窓辺に飾られた家族写真を見つけた。

子どもの頃の自分はみな、楽しそうに笑っていた。

 

黙って写真を見つめる百合亜を見て、宗一は千帆にお茶を淹れるよう促した。

でも百合亜は『いらない』と鋭い声でそれを制する。

 

そんな百合亜を見て、千帆は『ほんとにお姉ちゃん?』と呟く…。

 

想い出だらけの部屋

その後、百合亜は自分の部屋に連れて行かれた。

部屋は百合亜がいつ帰ってきてもいいように、そのままにされていた。

 

カレンダーは2007年6月のまま。

中学時代の時間割が貼られている。

 

麻美は百合亜のために買っていたカーディガンを渡すと、着替えたら降りてきてねと去っていった。

 

1人になった百合亜は、小学校の時の友達と撮った写真を見つけ、手に取った。

その中には、当時つき合っていた日置渉と撮った写真もあった。

 

あれから13年の時が経ち、百合亜も渉も25歳。

渉はスマホで、13年前に失踪した少女が帰宅したというニュースを見ていた。

一緒にキッチンカーをやっている婚約者の松岡ミサ(高月沙良)は『それ、百合亜だよね』と言う。

渉は『まさか…』と否定すると、話を変えた。

 

それぞれの夜

その日の夜、麻美と宗一は別々の布団で寝ることに。

百合亜の前では仲のいいふりをしていても、麻美と宗一の仲は完全に冷え切っていた。

 

それに宗一は、なんだか百合亜に見透かされているような気がして怖さを感じていた。

 

その頃、百合亜は、ベッドがあるにも関わらず床に丸くなっていた。

まるで手足を拘束されているかのように…。

 

何も語らない百合亜

翌日、刑事の永井と佐緒里が事情聴取のため、相川家を訪れた。

やんわり話を始めようとする永井に対し、佐緖里はズケズケと百合亜に質問をする。

もし百合亜の言うことが本当なら、女の子を監禁するような危険な人物を放っておくわけにはいかないのだ。

 

しかし百合亜は、犯人の名前も言わなければ、どんな人だったかも口にしない。

なんで黙ってるの?なにか言えないことがあるの?

佐緖里に責められ、百合亜は震えてまた過呼吸を起こしそうになった。

 

それを見た麻美は驚き、佐緖里と永井を帰らせた。

 

警察署に戻った佐緖里は、百合亜は何か言いたくないことがあるのかもしれないと考える。

たとえば犯人との関係とか…。

『あの子、絶対なにか隠してる』

佐緒里はそう、断言した。

 

心を開かない百合亜

翌日、永井は1人で相川家を訪れた。

百合亜は、佐緖里がいないので少し安心したようだった。

そんな百合亜に、永井は 警察内部には百合亜が監禁されていた事実を信じていないものもいると明かした。

 

でも僕は君を信じてる。だから君も僕を信じて、本当のことを話してほしい

永井は百合亜の目をじっと見つめると、ふと百合亜の手首の痣に目を移した。

 

永井の視線に気付いた百合亜は、サッとパーカーの袖で痣を隠す。

百合亜はまた不安そうに顔を曇らせた。

 

甘いものに引き寄せられる百合亜

その日、帰宅した千帆は『私、内定が取れそうなんだ』と嬉しそうに麻美に報告した。

でも麻美は『へぇ〜そうなんだ』と気のない返事をする。

 

千帆は頭にきて『それどころじゃないって感じだよね。あの女が来てから』と、百合亜を“あの女”呼ばわりした。

 

13年経てば人は変わる。細胞だって入れ替わる。

同じ人だと言えないんじゃない?と、千帆は言った。

 

陰でそれを聞いていた百合亜は視線を落とし、台所に向かった。

そこで生クリームケーキを発見した百合亜は、手掴みでケーキをむさぼった。

 

それを見た麻美と千帆は驚愕。

千帆は『甘いものを食べさせてもらえなかったんだ…』と憐れみの目で百合亜を見つめた。

 

『お腹が空いてたんだよね』

麻美は笑みを浮かべると、生クリームだらけの百合亜の手を優しく拭いた。

 

千帆の想い

夕食後、ケーキを食べながら、麻美たちは百合亜と千帆が小さかった頃のホームビデオを見た。

でも思い出話をして笑っているのは麻美と宗一だけ…。

 

すると宗一の電話が鳴り、場が凍りついた。

『誰から?』

千帆の問いに、宗一は仕事だと答える。

だが宗一に他に女がいるのは明白だった。

 

『今日はお姉ちゃんが帰ってきたお祝いなのよ』と、麻美は必死にその場の雰囲気を取り繕おうとした。

しかし、千帆は『うるさいんだよ、お姉ちゃんお姉ちゃんって』と怒りをぶつける。

 

それに百合亜は家に帰ってから1度も笑っていない。

13年もの間、逃げるチャンスがなかったとは思えない。

千帆は『その人(犯人)といるほうが、家族といるよりよっぽど楽しかったんじゃない?』と百合亜を問いつめた。

 

でも百合亜は否定も肯定もせず、黙ったままだ。

そんな百合亜に、千帆は消え入りそうな声で積もりに積もった本音を打ち明けた。

 

『この家ではね、私はいてもいなくても一緒なの…。

あの日からずっと、ママはいつも“お姉ちゃん、お姉ちゃん”って、あんたのことばっかり気にしてた。

なんで今さら帰ってきたの…?』

 

千帆は目を伏せたままの百合亜を見て、足早に部屋を出ていった。

 

消えた百合亜

一方、警察はしらみつぶしに百合亜が監禁されていた場所を調べていた。

そんな中、隣町で8歳の少女が連れ去られる事件が発生。

百合亜を監禁した犯人と同一人物の犯行かもしれないと思った佐緖里は、永井と共に相川家に向かった。

 

すると相川家の周りには、マスコミが集まっていた。

永井たちがその中を通り抜け、家に入ると、百合亜は部屋からこつ然と姿を消していた…!

 

それに気付いた宗一は『おまえがちゃんと百合亜を見張っていないからだ!』と、麻美を責める。

『あなたはいつもそうやって…』

麻美は宗一を非難の目で見つめた。

 

13年前、百合亜がいなくなった時もそうだった。

麻美は『岸先生のところに行く』という百合亜の書き置きを見て、岸秀和のアパートを訪ねた。

でも百合亜はおらず、周りの目を気にした岸はドアを閉めた。

 

家に戻った麻美は、宗一に『こんな時にどこに行ってたんだ!』と激しく責められた。

 

宗一は事情聴取で、百合亜につき合っている男はいないのか訊かれていた。

百合亜が若い男性といたという目撃情報があったからだ。

 

麻美が黙っていると、宗一は『全部おまえのせいだ!母親失格だ!』と怒鳴った。

 

その時のことを思い出し、麻美は憂鬱な気持ちになった。

 

渉と百合亜

その頃、百合亜は日置渉に会いたくなり、キッチンカーに向かっていた。

でも渉と目が合った百合亜は、足早にその場を去った…。

 

百合亜が公園のベンチに座っていると、渉がやってきて隣に座った。

 

落ち着かない様子の百合亜に、渉は『変わっただろ、この辺も』と話し出す。

百合亜はじっと渉を見ると、『でも、変わってないと思う。この公園は』と言った。

 

百合亜は子どものころ、家族とよくこの公園に遊びにきていた。

それにここは、渉と待ち合わせして帰った場所でもあった。

 

渉はサルビアの花に目を留めると『花を吸うと甘いと教えてくれたのも、百合亜だったね』と言った。

 

それを聞き、百合亜の頭の中に、サルビアの花を摘み、『甘いね~』とはしゃいだ中学生の頃の自分と渉の姿が蘇った。

 

百合亜は初めて口元を緩め、微笑むと『渉くんは変わらないね。・・・私は 変わった』と俯いた。

 

『変わるだろ、もう大人なんだし』

『でも…』

『変わらないところもあるよ』

 

渉はそっと百合亜の頬に触れようと手を伸ばした。

だがその瞬間、百合亜は犯人に触れられた記憶がフラッシュバックし、立ち上がった。

 

動揺した百合亜は、そのまま何も言わず走り去った。

 

監禁場所発見!

一方、相川家を後にした佐緖里は、百合亜が犯人をかばっているのではないかと怪しんでいた。

 

百合亜はなぜ、犯人についても監禁場所についても語ろうとしないのか?

自分たちが事情聴取に行く前にいなくなるなんて、タイミングが良すぎる。。

 

それに百合亜は家に帰っても全然嬉しそうじゃないし、この家はすごくギスギスしている。

家族よりも、13年一緒にいた男とまた会いたいと思っても不思議ではない。

 

と、佐緒里が自分の考えを話していると、百合亜が拘束されていた場所が見つかったと連絡が入った。

 

犯人?

佐緖里と永井が現場に行くと、そこは和室に障子戸がある古い家屋だった。

 

廊下の突き当りの奥にある、ボロボロの布で仕切られた部屋が、百合亜が拘束されていた場所だった。

中は全ての窓や壁に目張りがされ、ベッドが1つだけ置かれていた。

 

枕元には花束をもったクマのぬいぐるみと、鎖が千切れた手錠。

打ち付けられた板には、百合亜と犯人とおぼしき男が写った証明写真が貼られていた…。

 

 

その頃、昨日行方不明になった少女は、アンティークな雰囲気の洋室で、口にさるぐつわをされ、椅子に手を拘束され座っていた。

 

男は少女に近づくと、目の前にしゃがみ、少女のさるぐつわを取る。

『怖がらないで。君には何もしないから』

少女の頬に手をあて、男は言う。

 

その男こそ、百合亜と一緒に写真に写っていた、黒川一樹(藤森慎吾/オリエンタルラジオ)だった。

 

 

写真の中の百合亜は、見たこともないような笑顔で一樹を見つめ、一樹の頬にキスをする。

 

2人の幸せそうな笑顔を見て、永井と佐緖里は驚くのだった…

 

〜 2話につづく 〜

 

『13』1話の感想

いやぁ、百合亜が何を考えているのかわからなくて、興味をかき立てられますね。

1話において百合亜の心情がわかるのは、監禁されているときのことを思い出した時と、渉と会ったときだけ。

あとは微かな表情の変化だけで、家族のことをどう思っているのかもわからない…。

そんなミステリアスな百合亜を、さらにミステリアスにしているBGMが素晴らしい~☆

 

25歳だけど、幼く見える百合亜。

13歳で世界と隔離されながら、自分は変わってしまったと嘆く百合亜。

一見とらえどころがないようで、深い悲しみを抱いている百合亜を、桜庭ななみさんが抑えた演技で熱演されていました。

 

それにしても、家族と会っても一切笑わず、ほとんど話もせずって、いったい家族と何があったんだろう?

確かにギクシャクした家族だけど、百合亜がそこまで拒絶する理由があるのかな?

 

そんな百合亜の唯一の光が、渉で。

渉と一緒にいるときだけは普通に笑って話もできるし、その時だけはBGMが明るくて幸せな感じなんですよね〜。

 

だからこそ、犯人らしき男と百合亜が笑っている写真は衝撃的でした。

 

監禁されてた時のことを思い出すとあんなにパニックになっていたのに、犯人のこと恐れていたんじゃないのかな。

心を操られていたのかな?

 

それに岸先生の存在も気になりますね!

百合亜とどんな関係なのか?麻美とどんな関係があるのか?

まだ明かされていないので気になります。

 

新たに誘拐された女の子も心配ですね。

残り3回でどんな真実が描かれるのか?この家族はどうなってしまうのか?

先がとても気になりますね〜☆

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ