『行列の女神~らーめん才遊記~』5話ネタバレあらすじと感想|人は経歴じゃわからない!!

行列の女神~らーめん才遊記~

にこ

今回は、2020年5月18日放送『行列の女神~らーめん才遊記~第5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

今回の依頼は、『おおひら食堂』の後継者探し!

 

芹沢(鈴木京香)は、社員の夏川(高橋メアリージュン)白坂(小関裕太)須田(前野朋哉)ゆとり(黒島結菜)の全員に候補者を探させ、その中から後継者を選ぶという。

 

新人のゆとりが圧倒的に不利な中、謎の酔っ払い(音尾琢真)に話しかけられ!?

それではさっそく、5話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のお話はコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

 

『行列の女神~らーめん才遊記~』5杯目のネタバレあらすじ

今回の依頼は『おおひら食堂』の後継者探し

ここはタンメンが1番人気で、ラーメン評論家・有栖涼(石塚英彦)が20年間、月1で通うお店だ。

 

ところが、店主の大平茂幸(螢雪次朗)・芳恵(茅島成美)夫妻は、高齢で子どももいないのでそろそろ店を閉めようと思っていた。

でも有栖は、ここのタンメンがないと生きていけない。

そこで大平夫妻を説得し、『清流企画』に後継者探しを依頼したのだ。

 

それを聞いた芹沢(鈴木京香)は、社員全員によるコンペを実施することにした。

夏川彩(高橋メアリージュン)白坂隼人(小関裕太)須田正史(前野朋哉)汐見ゆとり(黒島結菜)の4人が、それぞれ自分の持っている人脈の中から後継者にふさわしい人を連れてきて、その能力を見て決めるという。

 

ちなみにコンペの結果は、ボーナス査定の参考にすると聞き、俄然やる気になる社員たち。

でも、新人のゆとりにそんな人脈はない

 

芹沢は救済措置として、人手不足のらぁめん清流房池袋店のアルバイト面接を、ゆとりに任せることにした。

もしその中に有望な人材がいたら、候補者にしてもいいというのだ。

 

面接って大変!?

さっそくゆとりは面接に向かうが、予定時刻を過ぎても誰1人やってこない。

そしてやっと来たかと思えば、逆ギレして帰ってしまったり、候補者どころかアルバイトとして雇える人物すらいなかった。

 

ゆとりががっかりして事務所に戻ると、みんな『そんなもんだ』と笑って言った。

今のご時世、ラーメン屋のバイトは不人気で、面接で会話が成立しないこともザラなのだ。

 

翌日も変な人ばかりで落ち込むゆとり…。

でも最後の男性はなんと時間の5分前に来て熱意もある。

ただでもいいので雇ってください』という男性の言葉に感激し、ゆとりがウキウキして芹沢に報告すると…

 

芹沢は履歴書を見ただけで『不採用』と切り捨てた。

 

理由は、お金の価値を理解していないから。

1度でもアルバイトをしたことがあれば、時給をもらう大変さを知っているはず…。

軽々しく『タダでもいい』なんて言わない。

 

芹沢は『そういう人間は必ず無責任な仕事をするから覚えておきなさい』とゆとりに厳しく言った。

 

適当に採用して、店内で悪ふざけした動画をSNSにあげられたりしたら、最悪その店は閉店になってしまう。

人材の確保というのは、それほど難しいことなのだ

 

ゆとりは結局、1人だけ候補者を見つけられないまま、コンペ初日を迎えた。

模擬営業コンペ開始!

候補者たちは、今日1日でおおひら食堂のメニューを全て習得し、各々3日間ずつ店主として働いてもらう。

 

その働きぶりを大平夫妻と芹沢がチェックして、最終的に誰を後継者にするか決定する。

『おおひら食堂』は、40年続けてきた大平夫妻の、生きてきた証だ。

大平夫妻は、引退した後も今までどおりの味を残していきたいと強く望んでいた。

 

候補者たちがおおひら食堂の味を教わっている間、ゆとりは芹沢と話をした。

すると芹沢は、『店を格安で譲って隠居するなんて、あの夫婦は相当溜め込んでるわよ』と金の話を始めた。

模擬営業コンペなんて大がかりな企画を立てたのも、そのほうがコンサルティング料をがっぽり取れるからだったのだ…!

 

模擬営業コンペ1人目。松井正弘

松井正弘は白坂の推薦で、大手ラーメンチェーン店の店長を3年、現在は中華料理チェーン店の店長をしている。

調理も接客もできるマルチプレイヤーだ。

 

これには辛口の芹沢もいい人材を見つけてきたじゃないと笑顔になる。

大平夫妻の評判も、活気があるし、うちの味をしっかり守ってくれていると上々だ。

 

でも松井は、店内が混んできたにも関わらず、1人客を『お好きな席にどうぞ』とテーブル席に座らせてしまった。

その結果、次に来た3人のお客さんはカウンターに座ることに。

奥さんはオロオロしてしまう。

 

模擬営業コンペ2人目。板垣勇次

板垣勇次は、夏川推薦の中華料理一筋20年の職人だ。

都内の1流ホテルや有名中華料理店で修行し、腕は1流。雇用先も引く手数多の逸材だ。

 

さらにお店の看板メニューのタンメンを、野菜を炒める前に油通しすることで味を変えずにグレードアップ。高評価に繋がった。

 

しかし、板垣は料理を作るだけで自分ではなんの指示も出さず、置いておくだけ。

おまけに、お玉に直に口をつけて味見をしたり、芹沢は次第にマイナスポイントを見つけていく。

 

捕獲されるゆとり…!

そんな中、ゆとりは夏川に『このままだと不戦敗になる』と言われ、絶対頼らないと言い張っていた橋爪クッキングスクールへ向かった。

 

サングラスにマスクをつけ、出てきた人たちにコンペに出ないかと声をかけるゆとり。

すると、ゆとりは講師たちに囲まれ、連れて行かれてしまった。

 

一方、芹沢は調理室で試作品を作っていた。

そこに部長の河上(杉本哲太)がやってきて、池袋店のアルバイトはなんとかなったと報告を受けた。

 

しかしどこも慢性的な人手不足。

『後継者選びも、そのうち他人事じゃなくなるわ』と芹沢は言った。

 

河上は『それならみんな社長のラーメンへの取り組みを尊敬してるから大丈夫ですよ』と言うが、芹沢は疑問に思う。

どんなに信用してる相手でも、裏切られることはある…。

 

芹沢には過去に、どうやらそんな苦い出来事があるようだ。

 

そこにゆとりの父・汐見亮二(利重剛)から電話があり、芹沢はゆとりを助けにクッキングスクールに行った。

するとゆとりは椅子に縛られ、母・橋爪ようこ(高畑淳子)に、無理やり薬膳料理を食べさせられそうになっていた。

 

亮二が『なんて酷いことをするんだ』とゆとりの腕のテープを剥がすと、

ようこは『ゆとりの中のラーメンの毒を清めてるのに。何よ、勝手に達美ちゃん連れてきて』と口を尖らせた。

 

それを聞き、芹沢は『渋々、嫌嫌、断腸の思いで来た』とゆとりを睨みつけた。

 

するとようこは、『後継者探しを手伝ってあげてもいいのよ』とゆとりに言った。

ゆとりは、芹沢がここに来る前にくすぐりの刑にあい、全部吐かされたのだ。

 

ようこはさらに芹沢にも、

お店の後継者選びを若い社員に任せて大丈夫なの?

ほら前に突然支店を閉めちゃったことがあるわよね。

あれ、雇ってた人がトラブル起こしたんじゃなかったっけ?

と意味深な言葉を投げかけた。

 

芹沢はそれには答えず、『汐見、帰るわよ』とゆとりを連れて出ていった。

模擬営業コンペ3人目。小森仁志

こうして候補者が見つからないまま、模擬営業コンペ3人目。小森仁志の番になった。

 

彼は須田の推薦で、都内でも有名なラーメン店で5年も修行していた

須田が『ぶっちゃけコンペに3日も必要ない』と豪語しながら店に向かうと、行列ができていた。

 

ところが中に入ると、席はカウンターの4席だけ。残りのテーブルと椅子は店の隅に片付けられていた

 

それを見て芹沢とゆとりはあ然。

『道行く人にアピールするには、行列を作るのが1番』という小森だが、それではお客さんを桜に使っているのと同じである。

 

さらにメニューも、国産有機丸大豆醤油使用とか、モンゴル産岩塩使用とか嘘が並べられ、タンメンの量まで勝手に減らしていた。

 

これには温厚な大平夫妻も黙ってはいられない。

芹沢は『あなたが本当に名店に勤めているか確認します』と電話をしようとした。

 

すると小森は困って、昔1週間バイトしてただけだと告白した。

小森はラーメン知識だけのニートだったのだ。

 

芹沢は『たしかに3日も必要なかったわね』と呟くと、

すぐにこの場から消えなさい!この詐欺ニート!!!

と小森を怒鳴りつけた。

 

小森は『すいません!』と縮み上がると、急いで店を飛び出した。

最後の候補者登場!?

大平夫妻はガックリして、店内にいたお客さんたちに謝った。

そして『じゃあ予定を繰り上げて、明日から最後の候補者さんが来てくれるのかな?』とゆとりの顔を見た。

 

でも、ゆとりはまだ候補者を見つけられていない。

芹沢はゆとりに『失格。不戦敗。コンペ終了』と言うと、テーブルと椅子を戻しておくよう指示して出ていった。

 

ゆとりが『最悪…』と項垂れていると、カウンターに座っていた客の1人が『困ったことになったね〜。失格なんて』と話しかけてきた。

彼はビールを手に、かなり酔っ払っているようで、

この店の後継者を探してるなら僕がなってあげる

という。

 

ゆとりも大平夫妻も引きまくる中、酔っ払いは『これから店のメニューを教えてくれ』と勝手に話を進めた。

 

でも彼にメニューを教え始めた茂幸はなんだか楽しそうだ。

男はあっという間にメニューを習得すると、

模擬コンペ3日間のうち2日は、お2人でお願いします。私は他にやることがあるので

と帰ってしまった。

コンペ最終日!

するとその鷹野という男(音尾琢真)は、本当に店に来なかった。

さらに最悪なことに、ゆとりは店の近くの居酒屋で真っ昼間から酒を飲んでいる鷹野を発見した。

 

そしていよいよ模擬営業コンペ最終日

芹沢とゆとりが店に向かうと、店の前には行列ができていて、みんなチラシを手にしていた

 

そこに『追加の野菜を持ってきた』と八百屋さん。

喫茶店のマスターには『食後のコーヒーはそちらでとお客さんに勧めておきますね』と鷹野。

2人は、鷹野が昨日、居酒屋で一緒に飲んでいた人たちだった。

 

芹沢がチラシを見せてもらうと、

野菜400g

 

1杯で1日分の野菜が取れる

 

タンメン500円

というコピーと共に、手描きでラーメンの絵が描かれていた。

 

その結果、お店は大繁盛!

大平夫妻が後継者に選んだのは、

 

鷹野だった!

鷹野の正体!

でもこれには、夏川と白坂は納得行かない。なんせ鷹野は、コンペの最初の2日間はお店に出ていなかったのだ。

 

しかし大平夫妻は、候補者の中では、鷹野が1番『店主の器がある』という。

これには芹沢も同意。

他の2人の欠点にも気づいていたようだしと言った。

 

まず1人目の候補者の松井は、長くチェーン店の店長を勤めていただけあり、卒なくこなしていたが、客席への誘導に難があった。

 

2人目の板垣は、松井よりさらに多くの問題があった。

作った料理は出しっぱなし。

お玉に直接口をつけて味見をするなど、衛生面で見過ごせないところがあった。

 

でも鷹野は違った。

彼はおおひら食堂というお店と、このお店に関わる人を見ていたのだ。

 

まず鷹野が最初にしたのは、おおひら食堂を外から観察することだった。

この店は近くの商店街に住む昔からの常連客で賑わっているが、高齢化に伴い、いづれはジリ貧になる。

 

でも最寄り駅の周辺には、新築マンションがたくさんあり、鷹野はチラシをポストインして、新規客を獲得したのだ。

 

そしてこの近所でお酒を飲んでいたのにも理由があった。

それは近くの商店街の店主たちと仲良くなり、行列ができても揉めないよう根回しするためだった。

 

鷹野はそこまで考えていたのだ。

 

さらに彼が、外食業界のカリスマ・鷹野研次郎だと知り、夏川たちはびっくり仰天

今は引退しているが、彼はたった8坪から始めた居酒屋を、わずか数年で日本屈指のチェーン店にした超有名人だったのだ。

 

鷹野は3年前に、経営していた洋食チェーン店でバイトテロにあい、店が閉店。

損害賠償したアルバイトが自殺未遂した挙げ句、一家離散してしまい、それがどうにもやりきれなくて、業界から離れたという。

 

鷹野はあの時、経営ばかりで店や人を見ていなかったことを反省すると、『今度はしっかり店と人と向き合う仕事をしてみたら?』と言われ、このコンペに参加することにしたのだ。

 

橋爪ようこ先生のお誘いで。

 

これにはゆとりもびっくり!

芹沢はもちろん、とっくに気づいていた。

 

こうしてコンペは無事に終了し、鷹野が責任を持って店を継ぐことになった

 

松井と板垣がしょんぼり帰ろうとすると、鷹野が『よかったら一緒にこの店で働かないか』と声をかけた。

この店はこれからもっと繁盛するし、規模も拡大していく。

鷹野なら、独立のノウハウも教えられる。

願ってもない話に、2人はガッチリ鷹野と握手をかわした。

ようこにしてやられた芹沢…

その後、ゆとりは芹沢に『今回は、バイトの面接も含めて、すごくいい勉強になりました』と感謝した。

でも芹沢はなんだか不機嫌そうだ。

 

ボーナス査定は、夏川と白坂が普通。須田はマイナス。ゆとりは橋爪ようこの紹介だから、ボーナスなし!

 

芹沢は大平夫妻から今後も店主の指導料として、細く長くコンサルティング料をもらうつもりでいた。

だが、橋爪ようこが完璧な後継者を紹介してくれたため、その話はご破産に。

『これでうちは大損よ!』と芹沢は怒りに打ち震えた。

 

つまり、これは橋爪ようこの嫌がらせ。だからゆとりはボーナスなし!むしろクビ一歩手前!

 

これにはゆとりも、反論できません。

 

ドラマは、芹沢の高笑いが響くことなく終わったのでした!

 

〜6話につづく〜

 

 

 

『行列の女神~らーめん才遊記~』5杯目の感想

 

今回は登場人物が多かったけど、みんな個性的で楽しめました。

でもあんなにアルバイトの面接ってひどいものなのかな?

世の中そんな問題児ばかりだったら、大変だ…。。

 

そして、候補者の皆さんも、松井さんはともかくとして、板垣さんのお玉直飲み事件は、え〜!と思っちゃいました。

確かに厨房が見えなければ、どうやって作っているのかわからない…。

 

今、私がしてる仕事もそうだけど、見た目は同じでも、意識次第でいかようにもレベルを下げることはできる。

そう考えるとちょっと怖くなってしまったので、自分も気をつけたいと思いました。

(もちろんお玉直飲みなんてしてませんよ!(^_^;))

 

それに鷹野さんはただの酔っ払いじゃなくて、外食界のカリスマだったんですね!

芹沢社長以外、誰も気づかないって、ちょっと悲しいかも?

 

でも鷹野役の音尾琢真さんの話し方や物腰が素晴らしく、

謎の男→怪しいけど、むむ、できるのか?→実はいい人?→すごい人じゃん!とグイグイ引き込まれました。

 

もちろんその前の候補者さんの件があってこそですが。

 

須田さんが連れてきた小森さんとか、見栄を張るにも程がある〜

けど、ちゃんと料理はできていたみたいだから、なんもできない人ではないわけで。

今回、芹沢にガツンと怒られて目が覚めてくれたらいいなと思いました。

 

だって小森も問題だけど、板垣さんもかなりのツワモノですからね。

でも鷹野は一緒に働こうって言ってくれた。

小森も助けてくれたらよかったのに!とちょっと思いました。

 

そして、水面下で行われる芹沢とようこの争い…。

ゆとりは全然気づいてなかったみたいですが、私もドラマ見てるうちにすっかりそんなこと忘れていて、

鷹野が『橋爪ようこ先生に誘われて』とお花バックに背負った感じで話したときには、ブッと吹き出してしまいました。

衝撃〜。

 

この結果、芹沢は、店主には喜んでもらえたけど、コンサルティング料をもらい続けるあてが外れて悔しいことに。

 

エンディングで芹沢の高笑いが響かなかったのは、初めてじゃないですかね!?

 

さらに、芹沢にはもう1つ、忘れられない過去があるようで…。

『どんなに信頼していても』という言葉に、ちょっと愛を感じてしまった私はバカですか?(´∀`;)フフフ…

 

芹沢の恋バナとかちょっと見てみたいような見てみたくないような、そんな気持ちになりました。

次回『行列の女神~らーめん才遊記~』6杯目の見どころは?

次回は、再び『味惑コーポレーション』の難波倫子(松井玲奈)さんが登場!

 

新店舗のメニュー開発を巡り、またしてもゆとりと激突します。

 

さらに、白坂が初めて担当したクライアント・牧原(金井勇太)の店が、白坂の知らぬ間に味惑コーポレーションに買収され、『油そば専門店・きよた』になっていたことが判明!

 

それを知ったゆとりは、牧原は殺されたと思い込み、味惑コーポレーションに乗り込みます!

 

なんだかあらすじを読んでいるだけでも波乱の予感がする第6話。

 

一体どうなってしまうのでしょうか?

それでは、今回も最後まで読んでくださりありがとうございました\(^o^)/

またの〜。