『アンサング・シンデレラ』4話ネタバレあらすじと感想│羽倉の憧れのヒーローは…?厄介なあの人でした

にこ

今回は、2020年8月6日放送『アンサング・シンデレラ』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

いつも温厚な薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井之脇海)が怒鳴ってる!?

いったい羽倉に何があったのか?

 

さらに、娘娘亭の辰川(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)も入院してきて、波乱の予感。

 

みどり(石原さとみ)はお薬を通して、どのように関わっていくのでしょうか?

それではさっそく、4話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

アンサング・シンデレラ』第4話のネタバレあらすじ

葵みどり(石原さとみ)小野塚綾(成田凌)が『娘娘亭』で一緒に食事をしていると、店主の辰川秀三(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が帰ってきた。

店に入るなり、フラッと倒れそうになる樹里を支えるみどり。

顔色の悪い樹里をみどりは心配するが、辰川は気にもしていない様子。

『最近、口もきいてくれなくて。年ごろの娘ってのは困っちゃうね〜』と、辰川は笑って言った。

 

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をするが、くるみは樹里のことよりも、小野塚とご飯を食べたことを羨ましがる。

するとドスンと物音がして、階段の途中で、ムチ打ちで入院中の龍一(菅原大吉)が辛そうに座り込んでいた。

みどりは車椅子を持ってこようとするが、龍一は『私は医者だ。薬剤師よりよっぽど体のことはよく分かっている。どけ』と歩いていく。

 

でも龍一は病室がどこにあるのかわからないらしく、すぐに立ち止まった。

龍一は、探しに来た妻の志帆(宮田早苗)に連れられ、病室に戻っていった。

 

その時、みどりは龍一の靴下が左右違うことに気付く…。

 

みどりとくるみが調剤部に戻ると、後輩薬剤師の羽倉龍之介(井之脇海)が電話で疑義照会をしていた。

 

それはどう見ても問題のある処方だったが、医師は今までその処方で大丈夫だったんだからと押し切る。

羽倉は『医者の言うことは絶対ですから』と言うと、承認の印鑑を捺した。

 

そこに先ほど階段で会った龍一の妻・志帆が手土産を持ってやってきた。

実は、彼女は羽倉の母だったのである。

 

志帆に『龍ちゃん!元気そうでよかったぁ』と大きな声で言われ、羽倉は大慌て。

でも父・龍一がここに入院したことを知るやいなや、羽倉は『余計なことすんなって!』と大声を出した。

 

いつも温厚な羽倉の豹変ぶりに、薬剤部メンバーはびっくりだ。

でも志帆は構わず、『あなたがお見舞いに来てくれたらお父さん喜ぶわよ』と続ける。

そんなわけないだろ!

羽倉は叫ぶと、『ここにはもう2度と来ないで』と志帆を連れ出した。

 

樹里の入院

羽倉の父・龍一は、車の自損事故でムチ打ちで入院していた。

みどりとくるみが持病や服用薬について聞きに行くと、龍一は『この病院は薬剤師が診察するのか』と不機嫌に…。

 

そこに副部長の瀬野章吾(田中圭)から、すぐに救急センターに来いと連絡がきた。

辰川秀三の娘・樹里が搬送されてきたのだ。

樹里は、小野塚が働いているドラッグストアの店内で倒れたという。

みどりは小野塚から、彼女が睡眠改善薬を買っていたことを聞かされる…。

 

その後、病院に駆けつけた辰川は、医師から樹里が摂食障害だと告げられた。

樹里の場合、何か精神的ストレスが原因で、食べられなくなったり戻してしまったりしていると考えられた。

 

樹里はしばらく入院することになり、みどりは辰川に、何か環境の変化はなかったか尋ねた。

すると、樹里の祖父・太一(伊武雅刀)も萬津総合病院に末期がんで入院していることがわかった。

樹里は太一の病気を知ってから、辰川と話をしなくなったという…。

 

みどりはそんな親子の間に入り、薬の説明をした。

でも樹里はまったく辰川と話す気はないようだ。

 

そこに点滴スタンドをガラガラ引っ張りながら、太一が病室に飛び込んできた。

樹里を心配する太一に、樹里は『ちょっとお腹の具合が悪いだけだから』と笑顔で言う。

 

太一は辰川に向かって『早く店に戻れ!』と急かすと、樹里に『おじいちゃんも早く退院して店に戻るからな』と笑って言った。

 

それを聞き、辰川と樹里は顔を曇らせる…。

太一はまだ自分が末期ガンだということを知らずにいるのだ。

 

みどりはなんとか樹里の力になりたいと思うが、彼女は何も話してくれそうにない。

悩むみどりに、瀬野はあたり前のように言う。

医者は患者を診る。薬剤師は患者の生活や周りの人たちも全部見る。話聞く相手は他にもいるだろ

それを聞き、みどりはまた娘娘亭に向かった。

 

おじいちゃん子な樹里

辰川は、ガンで亡くなった母(樹里の祖母)が抗がん剤で苦しんでいたのを見て、太一に本当のことを言えずにいた。

告知しないと決めたのは辰川だが、樹里がそれをどう思っているかはわからない。

でもそのせいで、樹里が食べられなくなり倒れるほどに悩んでいたのは事実だ。

 

樹里はそんな状況でも太一に心配をかけまいと、『おじいちゃんには入院していることを内緒にしてほしい』と辰川にメールしていた。

 

『葵さん、どうか樹里のことをよろしくお願いします』

辰川はみどりに頭を下げた。

 

いつもお洒落な心春ちゃん

翌日、みどりはいつもお洒落な入院患者・箕島心春を樹里の病室に連れて行った。

小春は子供の頃から白血病で入退院を繰り返していて、20歳になった今も小児科預かり。

小春は痩せていてもラインが隠せる服をたくさん持っていた。

 

こういうのを着てったほうが、おじいちゃんに会いに行きやすいかと思って』

みどりの言葉を聞き、樹里は小春に服を借りて、太一のお見舞いに行くことにした。

 

綺麗な服を着た樹里を見て、太一は『樹里ちゃん、もう退院したのか!』と喜ぶ。

仲良さそうに話す2人を見て、みどりは微笑んだ。

 

勘当された羽倉

みどりが調剤室に戻ると、羽倉が医師たちに囲まれていた。

羽倉の父・龍一は脳神経外科の権威だったらしく、その界隈の先生たちがごまをすりにきているようだ。

 

羽倉家は代々医師をやってきた家系で、地元の名士。

実は羽倉はお金持ちの坊っちゃんだったのだ。

 

おまけに龍一は、関東薬事連盟の監事もしており、理事選の投票権も持っていた。

これを知った販田部長(真矢ミキ)が黙っているわけがない。

ここぞとばかりに、販田は羽倉を持ち上げた。

 

でも羽倉は、龍一には会わないほうがいいと言う。

なぜなら龍一は“薬剤師は医者の奴隷”だと平気で言うような人だからだ。

羽倉は2浪したが医学部に入れず、薬剤師の道を選んでいた。

 

それで?今、薬剤師やっててどうなの?

みどりの鋭いツッコミに、羽倉は一瞬、言葉に詰まる。

 

『そりゃ、医者みたいに責任取らなくてよかった!って思ってますよ』

羽倉は無理に明るく笑ってみせると、仕事に戻った。

 

その後、羽倉は医師になるのを諦め、薬剤師になると龍一に告げた時のことを思い出す。

薬剤師なんて医者の奴隷みたいなもんだ。おまえはもう うちの人間じゃない。ここから出ていけ!

 

羽倉は龍一に勘当され、家を出た。

 

薬剤師は医者の奴隷?

その頃、販田部長は、このチャンスを逃すまいと食堂にいた龍一にアピールしていた。

すると電話が鳴り、販田部長は『え?羽倉が??』と大声を出す。

 

昨日、羽倉が疑義照会をして、医師に押し切られて出した薬を飲んだ子どもに、耳鳴りの症状が出たというのだ。

 

医師も悪いが、問題があるのをわかっていて薬を出したのは羽倉だ。

これ、ハクのはんこでしょ?ハクが責任を取って行くべきだよ

みどりは羽倉に薬袋を突きつけると、患者に謝りにいかせた。

 

羽倉が患者とその母親に謝りにいくと、医師は『今度はちゃんと頼むよ』と、全て羽倉のせいにした。

 

頭を下げる羽倉に、『惨めだな』と父・龍一が声をかける。

『やっぱりおまえがやってる仕事は、医者の奴隷だ』

 

龍一はそのまま去ろうとして、突然倒れる。

だが助けようとした羽倉を、龍一は拒絶する。

そこに妻・志帆が駆けつけ、龍一は『おまえ、コイツがいるからこの病院に入院させたんだな』と怒鳴った。

 

その後、龍一は退院することになり、羽倉とみどりは驚く。

 

龍一の病状

志帆によると、龍一は体調を崩し、頭痛や高血圧を引き起こしていた。

それが原因で物忘れをするようになり、事故を起こした原因も、アクセルとブレーキを踏み間違いだった。

 

龍一は軽い認知症だと思われたが、今まで数え切れないくらいの人たちに認知症の診断を下してきた龍一は、検査を受けることができずにいた。

 

ねぇ、龍之介から言ってくれない?俺がもう1度医者を目指すから、検査を受けてくれって

志帆は真顔で、羽倉に頼む。

龍一は本当は、羽倉に病院を継いでほしいと思っているのだ。

 

『考えてみて』

志帆に言われ、羽倉は何も言わずに去っていった。

 

その後、みどりは志帆に、頭痛や高血圧の時に何か薬を飲んでいたか確認した。

すると龍一は、それらの薬の他に、睡眠薬も飲んでいた。

 

みどりが薬の名前を聞くと、志帆はビッシリと薬の名前が書かれた手帳を出した。

龍一が体調に合わせて薬を変えて飲んでいるのを、志帆はひとつひとつ詳細に記録していたのだ。

 

みどりは志帆お手製のお薬手帳を借りることにした。

 

わかり合えない父と子

その夜、羽倉は龍一の病室に行った。

羽倉は龍一に認知症の検査を勧めるが、龍一は『おまえに何がわかる!俺は40年脳を診てきたんだ』と突っぱねる。

 

…わからないよ。俺は医者の奴隷の薬剤師だから。

2浪して医学部落ちて、羽倉家の恥だとか落ちこぼれだとか言われて、薬剤師に逃げた俺にはあんたの気持ちなんてわかんないよ!』

『……やっぱりお前は羽倉家の恥だな。私の前に2度と顔を出すな!』

 

背を向ける龍一の姿を見て、羽倉は調剤室に戻った。

 

希望の光

するとDI室で、みどりが調べものをしていた。

みどりは、志帆が作った龍一のお薬手帳を見て、薬を複数飲んでいる患者さんに、認知症に近い症状が出たという論文を昔どこかで見たことを思い出したのだ。

 

懸命に探すみどりを見て、羽倉はこんなことをしても意味がないと言う。

どうせ薬剤師は医者の奴隷だから、何を言っても聞き入れてもらえないと。

 

じゃあ、あなたはどう思ってるの?ハク

みどりは羽倉に問いかける。

 

薬剤師はみんな必死に薬の勉強をして、患者さんのために何かできないかと頑張っている。

ハクだってそうでしょ?医者になれなかった時、薬剤師になろうと思ったのは、違う形でも患者さんのために何かしたいって思ったからじゃないの?

 

みどりはまっすぐに羽倉を見つめると、『もしそうなら、羽倉龍一さんという患者さんに最後まで責任を持ちなよ』と言った。

 

また論文を探し始めるみどりを見て、羽倉も探し始める。

論文はなかなか見つからず、そのうちみどりは疲れて机に突っ伏して眠ってしまった。

 

当直の瀬野がそれに気づき、掛布をかける。

そこに買い出しに行っていた羽倉が戻ってきた。

『優しいですね』

『そういうんじゃないって』

上司をからかう羽倉に、瀬野は何かを渡した。

 

物忘れの原因が判明!

翌朝、みどりが目を覚ますと羽倉はまだ調べていた。

そこに龍一が朝イチで退院するという知らせが入った。

 

みどりは必死で龍一を引き止めるが、龍一は聞いてくれない。

すると『治るかもしれません!』と羽倉が走ってきた。

羽倉龍一さん、あなたの病気は治るかもしれません

羽倉は龍一に、英語の論文を見せた。

 

それを見た龍一は精密検査を受け、その目で写真をチェックした。

脳の萎縮は見られず、水頭症でもない。

龍一の物忘れの原因は、多剤服用、つまり薬の飲みすぎによるものだったのだ。

 

お節介な葵さん

一方、辰川の娘・樹里は、太一と話をすることで元気になり、食事も取れるようになっていた。

樹里は『心春さんのおかげです』と、借りていた服を返す。

 

でも心春は、みどりに頼まれただけだと笑う。

みどりは患者も家族も、退院した後のことまで全部ひっくるめて面倒をみたがる人だ。

 

心春は樹里に『葵さんは頼りになるから、何か困ったことがあったら相談したらいいよ〜』と言った。

 

薬剤師がいるから

数日後、龍一は薬を減らしたおかげで、すっかり元通りになった。

相変わらず、ムスッと黙り込んでいる龍一に、みどりは薬の説明をした。

 

『もういい。医者の真似事をして、気が済んだか?帰るぞ』

龍一は志帆を連れて帰ろうとした。

 

“薬剤師は医者の奴隷だ” 私はそうは思いません

みどりは龍一の後ろ姿に向かって断言する。

 

確かに薬剤師は、医者に処方された薬を調剤するだけだ。

でもそこでダブルチェックをすることで、本当に安全で安心な薬が患者に届けられる。

今回の龍一の多剤服用だって、もし薬剤師がチェックをしていれば防げたはずだ。

 

『羽倉さん、医師だからと言って1人で判断しないでください』

みどりは龍一に訴えた。

 

龍一はそれを背中で受け止めると、何も言わず立ち去った。

 

調剤室でその一部始終を聞いていた羽倉は、主任の刈谷(桜井ユキ)に断り、龍一の後を追いかけた。

想い出のグータッチ

『待てよ!』

羽倉は龍一を呼び止める。

僕みたいな中途半端な奴を馬鹿にするのは構わない。

でも他のみんなは薬のプロだ。薬については誰よりも詳しく知っている。

だから認めろよ、あんたを救ったのは薬剤師だ!

 

そんな羽倉に、龍一はもう1度医師を目指して病院を継いでほしいと頼む。

 

羽倉がまだ子供の頃、羽倉にとって患者を救う父はヒーローだった。

だから羽倉も医者になろうと思った。

でも今は、医者じゃなくても患者さんを助けられるんだってことを、羽倉は知っている。

 

『僕はここに残って薬剤師を続ける』

 

曇りのない目で龍一を見つめ、にっこり笑う羽倉を見て、龍一は唇をワナワナと震わせ、近づいた。

龍之介、手を出せ。両手を出せ

 

羽倉が手を開いて出すと、『違う、グーだよ』と龍一はかすれた声で言う。

 

ゴツン。

龍一は、羽倉の握ったげんこつに自分のげんこつを合わせた。

 

それは子供の頃、羽倉が龍一とかわしたグータッチ。

あの時の父の笑顔、頭を撫でてくれたこと、羽倉は今でも覚えている。

 

父と子に戻った2人は、笑顔で頷きあった。

 

『葵さん、うちの半人前をこれからもよろしくお願いします』

龍一はみどりに頭を下げると、去っていった。

 

それを見ていた刈谷は、くるみや工藤虹子(金澤美穂)と無言でグータッチをかわす。

 

去っていく龍一に、販田部長が駆け寄り、連絡先を渡した。

でも龍一が、理事選の投票権があるのは今年まで。

販田は切なそうに顔を歪めると、『働くか…』と呟いた。

 

調剤室に戻った羽倉は、『遅い!』と刈谷に叱られる。

見せてもらおうかな、龍ちゃんの本気』

『頼りにしてます、龍ちゃん先輩』

みんなに処方せんをたんまりもらった羽倉は弱音を吐く。

 

口じゃなく、手を動かす!

刈谷の怒声が響き、羽倉は唇を噛みしめ、笑顔で声を張り上げる。

そう!手を動かす!

 

作業を始めた羽倉を見て、みんなは優しく微笑んだ。

 

羽倉のヒーロー

その後、羽倉は瀬野に論文の入ったダンボールを返した。

論文が見つかったのは、瀬野が協力してくれたおかげだったのだ。

 

瀬野は『羽倉が言ってた薬剤部のヒーローって…』と、自分を指差すが、

羽倉の視線の先にいたのは、みどりだった。

 

誰にも感謝されないのに、おせっかいばっかりやいてる  厄介な人です

 

樹里を苦しめていたもの

その時、辰川太一が急変したと知らせが入った。

みどりが樹里の元に走っていくと、樹里はまた吐き気に襲われていた。

苦しむ樹里に、みどりは寄り添う。

 

『辛いよね、家族が苦しんでいる姿を見るのは。

樹里ちゃんが1番辛いのは、大好きなおじいちゃんに本当のことを隠してることだよね

 

太一が死んでしまうことをわかっていながら、樹里たちは嘘をついて治療を受けさせている。

『みんなも私も嘘つきだよ。…すごく怖い』

 

樹里は家族がどんどんバラバラになっていくような気がして、不安に襲われていた。

 

助けて、葵さん

 

…大丈夫、私がついてるから

 

みどりは泣きじゃくる樹里を抱きしめた。

 

〜 5話につづく 〜

 

アンサング・シンデレラ』第4話の感想

うわぁ、みどり、樹里と大変な約束をしてしまいましたね〜(><)

でもあんなに泣いている樹里を突き放すなんてできないし、あそこはああいうしかないのか〜?

葛藤〜。

 

楽しみにしていたエンディングもなく、残念でした。しょぼん。

 

でも羽倉は、お父さんと和解できてよかったですね〜☆

『薬剤師は医者の奴隷』

大好きな父からそう言われた羽倉は、医者から強く言われると、処方が間違っていても強く言えないでいました。

 

でも、薬剤師という仕事はなくてはならないもの。

薬のスペシャリストがいるからこそ、医者だって安心して薬を出せるのに、なんでそんなことになるのか…。

 

でも今回は、そんな医師に一矢もニ矢も報いることができて、ちょっと気持ちが晴れました。

これは日々薬について勉強している薬剤師だからこそ見つけられた症状ですもんね。

 

さりげなく救いの手を差し伸べる瀬野もいい〜。

やっぱり瀬野は、みどり以外の人には普通に優しいんだな。笑

ハクがからかいたくなるのも、わかる気がしますね〜( ̄ー ̄)ニヤリ

あと好きだったのはやっぱり、羽倉とみどりを温かく見守る刈谷たち!

お決まりかもしれないけど、黙ってみんなでグータッチするの、よかったなぁ。

 

でも今、ドラマ界でグータッチが流行ってるんですかね?

形は少しずつ違うけど、未満警察もそうだし、BGでもずっと仲違いしていた父子もグータッチしてました。子供のころしていた思い出の…という設定も一緒~(^_^;)

 

いつの時代も、息子にとって父はヒーローということですかね。

 

それに対し、最後まで龍一にごまをすり続ける販田部長。

龍一にサラリと選挙権がもうないことを告げられ、しょげる姿は捨てられた子犬のようでした。

刈谷に『手を動かせ』って1番怒られるのは、間違いなく販田部長だな〜。笑

でも憎めない販田部長が大好きです。

 

それからあらすじには書けなかったのですが、新薬を開発している七尾副部長が、太一(おじいちゃん)に新薬を試そうとしていたのです。

はたしてこれが吉と出るのか、凶と出るのか…。

 

次回はみどりが病院薬剤師になろうと思うきっかけをくれた恩師が登場します!

やっぱり、みどりと同じように患者さんに寄り添う人なんでしょうか?

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ