『探偵 由利麟太郎』1話あらすじと感想│戦隊ヒーローたちが紡ぐ珠玉のホラーミステリー

今回は、2020年6月16日放送『探偵 由利麟太郎第1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

横溝正史が『金田一』よりも前に書いた名探偵シリーズを初ドラマ化!

 

吉川晃司志尊淳がバディを組み、京都の街で起こる難事件を解決します!

 

 

1話のゲストは新川優愛さん。

 

由利麟太郎への挑戦状の陰に秘められた悲しい愛の物語。

 

暗くなりがちな話が何故か明るく感じられるのは、吉川さんと志尊さんの醸し出す温かさのおかげでしょうか?

 

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ

『探偵 由利麟太郎』1話のネタバレあらすじ

由利麟太郎(吉川晃司)はかつて警視庁の捜査一課長だったが、ある事件をきっかけに退職。

今は学生時代を過ごした京都に移り住み、警察から依頼があれば事件の捜査の手伝いをしている。

 

由利の捜査方法は学生時代、アメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づいている。

 

現場をひたすら観察し、ほんのわずかな違和感が浮かび上がってくるのを待つ。

そしてその違和感の正体を見極め、追跡する。そうすれば自ずとその先に真実が現れるのだ。

 

助手を務める三津木俊助(志尊淳)は由利からまずそう教わった。

俊助はミステリー作家志望でもある。だがその原稿は途中で止まっており、最近はもっぱら自身が運営する『由利麟太郎事件簿』のWebコラムに注がれていた。

 

そんなある日、サイトを通じて由利に殺人を予告する挑戦状が届いた。

差出人は“花髑髏”。

『今某所で世にも恐ろしい事件が起ころうとしています。本日正午、二本榎の墓地で待っていてください』

 

俊介はすぐさまスクーターを走らせ、由利が間借りしている骨董品屋『加茂句堂』に向かった。

 

血の滴る箱

 

その頃、由利はソファーに座り懐中時計をいじりながら蓄音機で蝶々夫人を聴いていた。

 

俊助から挑戦状を見せられた由利は、1949年式のフォードを走らせ二本榎を目指した。

するとそこは人間の墓場ではなく、家電の墓場=リサイクル処理場だった。

 

そこに大きな業務用の冷凍庫が運ばれてきて、由利は端から血が滴り落ちていることに気づいた。

由利が蓋を開けると、中には猿ぐつわをされ肩をナイフで刺された女性(新川優愛)の姿が!

 

由利は彼女の安否を確認すると素早く止血。

俊助に救急車と警察を呼ばせると、業者に誰から依頼を受けたか確認した。

依頼人は“日下”という人物。

由利は俊助と共に日下家に向かった。

花髑髏

 

日下家には、ひと足早く、由利の大学の同期の等々力警部(田辺誠一)がたい焼きを食べながら待っていた。

そこに日下瑛造(中村育二)に呼ばれたという湯浅教授(佐戸井けん太)もやってきた。

 

湯浅の案内で門をくぐると、2階に人影がちらりと見え、消えた。

しかし玄関で大声で呼んでも返事はない。

由利は2階に駆け上がると、ドアが少し開いているのを見て部屋に入った。

誰もいない。

だがわずかにベッドの生地が一部よれていて、由利は俊助にベッドの奥を調べるよう促した。

 

するとベッドと壁の隙間からビニール袋に入った血まみれのコートが出てきた。

 

部屋には若い男女の写真が飾られており、先ほど冷凍庫の中に入れられていた女性と同一人物だった。

 

俊助が人物照会を行うと、彼女の名前は日下瑠璃子。イラストレーター。

男性は瑠璃子の兄・日下瑛一(長田成哉)だと判明した。

 

その時、外から湯浅の悲鳴が聞こえ、3人は離れに向かった。

中に入ると、部屋の奥にナイフで刺された日下教授の遺体があり、その近くにキンセンカの花で囲まれた血まみれのドクロがあった。

『花髑髏…』と由利は呟く。

 

 

遺体の脇には、『八十川藤吉 享年38歳』とラベルが貼られたガラス瓶が置かれていた。

湯浅は口を押さえると『やつがこんなことを…』と震え始めた。

そこに治療を終えた瑠璃子が現れ、立ち尽くす。

 

兄・瑛一

 

その後、由利は瑠璃子と湯浅に事情を聞いた。

瑠璃子はいきなり背後から肩を刺されたため、犯人の顔は見ていなかった。

 

また兄の瑛一は、この1年友達の家を泊り歩いており、今朝急に帰ってきたかと思ったら日下と喧嘩し、また出て行ってしまったという。

喧嘩の原因は瑠璃子との結婚を反対されたこと…。

瑠璃子は日下の養子だったのだ。

 

瑠璃子はそれを知らず、本当の家族だと思って過ごしてきた。

だが1年ほど前、瑠璃子が養子だと知った瑛一は、瑠璃子に好きだと迫ってきた。瑛一はずっと瑠璃子のことが好きだったのだ。

 

血がついたコートは瑛一のもの。

ならばこれは結婚を反対されカッとなった瑛一の犯行なのか?

しかし置かれたドクロの状況からしても、犯行は計画的なものだと思われた。

 

日下と湯浅の罪

 

だがそれよりも由利が気になるのは、湯浅がここに呼ばれたことだ。

湯浅は日下にメールで呼ばれたと言うがメールでなら誰でも送れる。

もしかしたら犯人は、湯浅を第1発見者にして警察に疑われるよう仕向けるつもりだったのか?

すると驚いた湯浅はゴホゴホと咳き込み、吸入器を使って息を整えた。

湯浅は喘息のようだ。

 

さらに湯浅は、日下の遺体を発見した時、『やつがこんなことを…』と呟いていた。

由利はそれを聞き逃さなかった。

由利は目を泳がせる湯浅に『ずいぶん長く秘密を抱えていたんですね。あのドクロは少なくとも10年以上昔のものだ』と言った。

 

湯浅は観念し、『かれこれ20年以上前のことだ』と話し始めた。

 

当時、湯浅と日下は遺伝子に超音波で刺激を与えることで暴力性を抑える研究を行っていた。

そこに凶悪強盗犯・八十川藤吉が運び込まれ、暴れる八十川の頭に日下は機械を押し当てた。

すると見る間に八十川は大人しくなった。

しかしその副作用で、八十川の精神は崩壊し、半月後、自分の手で自分の首をへし折り亡くなった。

 

その後、日下と湯浅は彼の遺体を引き取り、徹底的に調べた。

しかし原因はわからず、日下は戒めのため、研究室の棚の上にガラス瓶に入れた八十川のドクロを置いた

 

そしてせめてもの供養だと、日下は八十川の妻子を探した。でも見つからなかった。

息子の名前は『アキラ』。

つまり湯浅の言っていた“やつ”とは、アキラのことだったのだ。

 

それを聞いた俊助は、これは復讐に違いないと興奮した面持ちで言った。

消えた魁太…

 

しかしこの家には、もう1人『魁太(栗田倫太郎)』という12歳の男の子がいた。

彼も日下の養子で、部屋に閉じこもってゲームばかりしていた。

日下は彼の引きこもりを治すと言っていた。

 

さっそく由利たちは魁太の部屋に行くが、魁太の姿はなかった。

部屋はガランとしていて大きな木箱のようなものがあり、中にはゲームソフトがたくさん入っていた。

 

次に由利たちは、瑠璃子のアトリエを見に行った。

瑠璃子は見た目とは裏腹に、ドクロや箱から腕が突き出した絵など、グロテスクな絵を描いていた。

 

由利はペン立ての中に尖ったものを見つけ、さっと布で隠した。彼は極度の先端恐怖症なのだ。

 

『画家さんなら肩の怪我は大変ですね』と俊助が言うと、瑠璃子は『神経はやられていないので大丈夫です』と答えた。

 

由利は廊下に出るとしゃがみ込み、そこにわずかに残された足跡をたどった。

それはベランダに続くドアの前で途切れており、そこから魁太は逃げ出したようだ。

瑠璃子の秘密

 

その夜、瑠璃子は研究室に行くと過去のことを思い出した。

中学生だった瑠璃子はいつものように研究中の日下に紅茶を持って行った。

そんな瑠璃子の手首を掴み、『そろそろ育てた恩を返す気はないか』と日下は迫ってきた。

 

そこに瑠璃子の回想を断ち切るように、 瑛一が『俺はやってない』と入ってきた。

『じゃあ誰がやったというの?』と瑠璃子が訊くと、瑛一はこの家にはもう1人いるだろうと言った。

それは魁太のことだ。

瑛一は、魁太を見つけたら俺が始末をつけてやると息巻いた。

 

それを聞いた瑠璃子は細い紐を取り出すと、近くにあった人体模型の首にヒュッと素早く巻きつけ、首を切り落とした。

『また襲われたら反撃する。泣き寝入りなんてもうしない』

瑠璃子は険しい表情でそう言った。

 

その時、インターホンが鳴り俊助が現れた。

俊助は『瑠璃子さんに言いたくて』と人懐こい笑顔を浮かべる。

『どんな状況でも始まりがあれば終わりがあります。俺たちがついてますから、気をしっかり持ってください』

俊助の温かい言葉に心を動かされ、瑠璃子は言った。

日下の研究室から、あの子(魁太)の悲鳴が聞こえたということを…。

 

隠し部屋

 

翌日、由利、俊助、轟の3人は研究室を調べた。

すると棚が可動式になっていて、その奥に隠し部屋が現れた。

中には超音波治療実験記録が何冊もあり、寝台には頭につける装置のようなものが置かれていた。

ここで魁太は日下に実験台にされていたのだろうか?

その苦しみを感じ取った由利は八十川の息子・アキラを探しに、1人フォードを走らせた。

 

由利は八十川の眠る墓へ行くと、住職からあるものを預かった…。

 

そこに等々力から、鉄くずをキューブ状にプレス圧縮したものから血が滴っていると連絡があった。

どうやらその中に魁太が閉じ込められているらしい。

魁太の自殺!?

 

魁太は家を出てから、ずっとリサイクル処理場の物置に潜んでいたようだ。

中にはカップラーメンや弁当の空き箱が散乱し、奥には『GAME OVER』と赤いペンキで書かれた板が立てかけてあった。

これは遺書だろうか?

 

俊助が魁太のパソコンを調べると、魁太は最後の最後までオンラインゲームをしていたことが分かった。

ゲームの中では魁太はかなり饒舌で、“デビー”という名前の悪魔と熱心にやりとりをしていた。

 

『本当に会えるなんて』

 

『いつもそばにいたけど邪魔ばかりされていた』

 

『でもスロープ9はもう退場した。2度と戻ってこない』

 

スロープは坂、9は九。

つまり九坂=日下教授のことだ。

 

ということは、このデビーが日下を殺した花髑髏の正体なのか!?

それに気付いた俊介は大笑いしてソファーに倒れ込んだ。

だが由利は『的は捉えたが、まだ射止めていない』という。

由利は弓の名手なのだ。

魁太と瑠璃子の関係

 

一方、瑠璃子はまた幼い頃のことを思い出していた。

それはこの家に来てすぐのこと。

日下は彼女に1番好きな色を選ばせると『瑠璃色か。じゃあ今日から君の名前は瑠璃子だ』と言った。

彼女の名前は瑠璃子じゃないのに…

 

それから毎日瑠璃子は研究室に紅茶を運んだ。

棚の上にはいつもドクロがあった。

ある晩のこと、瑠璃子が絵を描いていると部屋の電気がバチバチと点滅した。

瑠璃子が研究室に行くと、魁太のうめき声が聞こえた。それは壁の奥から聞こえてくる。瑠璃子は棚を動かし、隠し部屋を発見した。そして魁太が超音波を流され苦しんでいるのを見た。

 

日下は瑠璃子を見て言った。あの日のように。

彼は被験体になることで、育ててもらった恩を返しているのだと。

 

日下はさらに悪びれることもなく『今夜は部屋に連れて行って子守歌でも歌ってやればいい』と続ける。

母として息子がまともな生活を送れるようにしなきゃなと。

魁太は、日下と瑠璃子の間にできた子供だったのだ!

 

それでも瑠璃子にとって、魁太は愛しい我が子だ。

瑠璃子は魁太をベッドに寝かせると、優しく頭を撫でた。

 

そして事件は起こった

 

翌朝、瑠璃子は研究室に紅茶を持っていった。

思いつめた顔の瑠璃子を見て、『私は魁太の治療をしている。なんで感謝してくれない』と日下は言った。

 

それを聞き、瑠璃子の中の迷いは消え去った。

『やっぱりこうするしかありません』

瑠璃子は近くにあったナイフを手に取ると、ブスリと日下の胸に突き刺した。

 

 

 

瑠璃子はそこまで思い出すと、描いていた絵を黒く塗りつぶした

するとそこに『失敗作か?』と瑛一が入ってきて、後ろから瑠璃子を抱きしめた。

邪魔者は2人とも消えたんだ。これからは2人の時間を大事にしていいんだよ

 

瑠璃子はその手を振りほどくと 、瑛一を連れどこかへ向かった。

 

髑髏とリボン

 

その後間もなく、由利たちが研究室にやってきた。

棚のあいたスペースを見て、『あそこにドクロがあったんですね』と俊助が言う。

すると由利が『彼女は研究室に紅茶を運ぶ時、いつも父親のドクロと向き合っていた』と言いだした。

 

由利は八十川の墓を訪れた時、住職から八十川の妻が病床で最後まで握りしめていたというリボンを預かっていた。

妻はずっと娘の名前を呼んでいた。

『アキラ』『アキラ…』と。

『アキラ』は息子ではなく、娘だったのだ!

 

また、彼女の肩に刺さったナイフは、神経も傷つけず出血も抑えられていた。

それは自分で慎重に刺す位置を見定めたからだ。

 

由利は驚く俊助と轟に『次に殺されるのは瑛一さんだ』と言うと、彼女を止めるため、瑠璃子のアトリエに向かった。

 

瑠璃子の絵

 

由利は瑠璃子の絵を観察する。

血が溢れた箱の絵は、冷凍庫に閉じ込められた瑠璃子を意味し、

キューブから突き出された手は、プレス圧縮された魁太を意味する。

 

その隣には青い瓶を持ったデーモンの絵があったが、由利には意味がわからなかった。

 

由利は黒く塗りつぶされた絵を見つけると、キャンバスの裏に何かが隠されているのに気づいた。

由利は頑張ってナイフを取ろうとするが、先端恐怖症で取れない。

俊助がさっと取って渡すと、由利はナイフで切り裂き、中からノートを取り出した。

それは八十川藤吉の実験記録だった。

この日誌の発見が、彼女を復讐に駆り立てるトリガー(引き金)になったのだ!

 

彼女はここで終わらせるつもりだ

由利は黒く塗りつぶされた三角屋根の寺に向かう。

輪願寺の瑠璃堂へ!

 

デビー

 

その途中、俊介は瑠璃子の動機について由利に尋ねた。

すると由利は

魁太がゲーム内で会話していたデビーはデビルじゃない。“ DB ”ダークブルーという意味だ。

瑠璃色は鮮やか青色だが、今はダークブルーに変わってしまった。彼女はそう思ったのかもしれない…

 

瑠璃子が我が子と話せるのは、ゲームの中だけだったのだ。

 

最後の標的

 

由利たちが瑠璃堂に着くと、瑠璃子が背後から瑛一の首を細い紐で締め上げていた。

由利に気づくと、瑠璃子は『来ないで!』と叫んだ。

 

『アキラさん』と由利は瑠璃子に呼びかける。

瑠璃子が警察でも新聞社でもなく、由利に挑戦状を送ったのは、全てを明るみにしてほしかったからだ。

 

日下が八十川にしたことや、瑠璃子や魁太に対する虐待。

それら全てを世間に晒すことで、初めて瑠璃子の復讐は成し遂げられる。

 

では瑛一は?なぜ殺す必要があるのか。

それは瑛一が魁太を殺すと言ったからだ。

瑛一は、魁太が日下と瑠璃子の子供だと知り、日下も魁太も殺して瑠璃子の汚点を消すつもりだった。

それを聞いた瑠璃子は息子を守るため、苦渋の決断をした。

つまり魁太は生きているのだ!!

 

ちょうどその頃、警察は魁太の部屋のゲームソフトが入った大きな木箱の中から魁太を発見していた。

底が二重になっていてその下に魁太は隠されていたのだ。

 

俺は瑠璃子を本当に愛しているんだ』と瑛一は訴えるが、瑠璃子はその手を緩めない。

でも連れてこられた魁太を見て、瑠璃子は手を離した。

由利は言う。

魁太くんは安全な場所に保護される。デビーが迎えに来てくれるまで

 

瑠璃子は、魁太と無言で見つめ合う。

 

本当は、瑠璃子は瑛一を殺したくなかった。

でも魁太を守るため、母親である瑠璃子ができるのはこれしかなかった。

 

瑠璃子は思い出す。

幼い日、瑛一が瑠璃子の描いた絵を褒めてくれたことを…。

それで今の瑠璃子がいることを。

 

だが、瑛一は『俺は本気でお前を…!』と叫び、ナイフを取り出し瑠璃子に襲いかかった。

由利は瑛一を投げ飛ばすと、ナイフを取り上げ投げ捨てた。

ダークブルー

 

こうして瑠璃子と瑛一は現行犯逮捕され、

由利は瑛一に『瑠璃子を本当に愛しているなら、彼女が命がけで守ろうとしているものを守れ』と声をかけた。

 

由利は瑠璃子に近づくと、母の形見の瑠璃色のリボンを渡した。

『この瑠璃色が大好きだった…』

瑠璃子はリボンを受け取ると、遠くから見守っている魁太の姿を見つめた。

 

瑠璃子は刑事たちに背中を押され、階段を降りていった。

 

エピローグ

 

後日、湯浅教授が喘息の発作を起こし、亡くなっているのが発見された。

それは瑠璃子が仕掛けた罠だった。

あのデビルが青い瓶を持った絵は、瑠璃色の顔料を意味する。

瑠璃色の顔料には、喘息の発作を引き起こす化学物質が含まれていた。

瑠璃子はそれを、湯浅の吸入器に忍ばせておいたのだ。

 

父を死に至らしめた湯浅は、日下と同罪。

こうして瑠璃子の復讐劇は幕を下ろした。

 

キンセンカの花言葉は“再生”。

だからあの花髑髏は、死からの再生を願うものだ。

いくつもの死は、瑠璃子の人生を再生させるだろうか?

『花髑髏がそれを叶えてくれたら…』

俊助は願う。

いつか瑠璃子が笑顔で魁太と会える日を。

 

そうじゃなきゃ、あまりに悲しすぎるから…

 

〜 2話『憑かれた女』につづく〜

 

『探偵 由利麟太郎』1話の感想

 

今まで横溝正史といえば、おどろおどろしいイメージがあったけど、これは全然そんなことなかったですね〜☆

 

全然ないというと語弊があるが、時代は最新なのに、京都の奥ゆかしさと人間関係のドロドロさが入り混じり、なんとも言えない空気を生み出している。

 

その空気を明るいものに変える俊助の無邪気な話し方がいい。

救いようのない暗い事件も、俊助の手にかかると、謎に満ちた面白い事件を一緒に解いているようなそんな感覚になる。

 

 

また、由利先生の落ち着いた佇まいがいい。

弓をひき、集中する姿がカッコいい!

なのに先端恐怖症だという可愛らしい1面もあり、懐中時計を愛用し、古い車に乗っている。

 

弓は2019年の8月から週1で始めたそうですが、撮影された日は強風でなかなか的に当たらなかったそうです。

やっと当たって大喜びする吉川さんが可愛かったです。

『今のはカメラに撮ってませんでした〜』と言われ、その場に倒れ込んでましたからね。笑

 

吉川さんといえば、寡黙でキリッとしたイメージがあったので、こんなに陽気な方なのかと、メーキングVTRを見て驚きました。

 

志尊さんのお誕生日写真を撮るときにクリームを顔に塗りつけた犯人も、吉川さん。笑

そういう裏側を知ると、またドラマを見る楽しみが増えますね!

 

話としては、魁太の偽装自殺で、大量の血はどこで用意したのかが疑問に残りました。

魁太から抜き取ったのかしら。

そんな滴り落ちるくらい血を抜いたら、死んでしまうよね…(@_@;)

謎だわ謎…。

 

とまぁ、いくつか疑問は残りましたが面白かったです!

 

それではここまで読んでくださり、本当にありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじ