『BG2~身辺警護人~』1話ネタバレあらすじと感想│生きていればこそある未来

にこ

今回は、2020年6月18日放送『BG~身辺警護人~第1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

日ノ出警備保障が買収され、島崎章(木村拓哉)を始めとするボディーガードたちは『KICKSガード』の一員に!

しかし社長の劉光明(仲村トオル)は、政財界のVIP以外は、依頼人として認めない。

劉のやり方に異議を唱えた章は、組織を抜け、個人でボディーガードを始めるが…!?

第1話のゲストは、青木崇高、神保悟志。

 

ただひたすら依頼人の命を護る!章の新たな挑戦が始まります!

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『BG~身辺警護人~』1話のネタバレあらすじ

日ノ出警備保障がIT系総合企業KICKSコーポレーションに買収され、島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)らボディーガードはKICKSガードに所属することになった。

 

社長の劉光明(仲村トオル)はクライアントを政財界のVIPに限定。そのやり方に、島崎と高梨は疑問を持っていた。

 

そんな時、与党議員の桑田宗司(小木茂光)の後援会パーティーの警護依頼が舞い込んだ。

 

章たちは素晴らしいチームワークで会場内にいた不審者を追い詰める。

だが、沢口が刺されそうになり、それをかばった章が負傷。男はそのまま逃走した。

 

その後、章がKICKSガードに戻ると、松野信介(青木崇高)という男から手紙が来ていた。

松野といえば、関東工科大学の低温実験室内で研究員の伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させたとして逮捕された男だ。

 

結局、判決は業務過失致死となったが、週刊誌はこぞって計画的殺人と騒ぎたてた。

その松野が来月刑期を終え出所する…。

それがわかれば、マスコミは大騒ぎするだろう。

それで松野は章に出所後のボディーガードを頼みたいというのだ

 

章は事件のことを思い出し、松野に1度会ってみようかと考える。

しかし課長の小俣(勝村政信)は犯罪者の警護などありえないと切り捨てる。

 

松野の依頼

そこで章は断りを入れるため、わざわざ松野の元に足を運んだ。

すると松野は、章の話を元サッカー選手の河野純也から聞いたと言う。

それは章が日ノ出警備保障時代に助けた男性。

河野が『馬鹿みたいに必死で守ってくれたボディーガードがいた』と言っていたと聞き、章は『あのバカ…』と笑顔を作った。

 

松野は出所したらその足で大学の研究室を訪ね、迷惑をかけた坂上教授(神保悟志)に謝りたいという。

必死に章を見つめる松野と目が合い、章は目を逸らした。

章はKICKSガードの方針で依頼を引き受けられないことを説明すると刑務所を後にした。

後悔のないように…

その後、章は白山総合病院に行き、笠松多佳子(市川実日子)に刺された腕の傷を診てもらった。

傷はすぐに処置しなかったため、化膿していた。

『痛タタ!』と叫ぶ章の腕を押さえ、多佳子は処置を続ける。

それにしても日本も物騒になったね。パーティー襲撃なんてハリウッド映画並みじゃない?

でも会社の上司は宣伝になったって喜んでましたよ

『そういう奴は1回蹴飛ばしなさい。ボディーガードは人を守る仕事だけど、会社が守ってくれるとは限らない。体張ってるんだから後悔のないようにやりなさい』

その言葉に背中を押され、章は松野の手紙を手に、劉社長の元を訪れた。

 

汚いやり方

劉は小俣から既に報告を受けていたのだろう。封筒を見るやいなや、うちのクライアントは政財界のVIPだけだと嫌そうな顔をした。

 

章は松野に会い、できれば役に立ちたいと思ったと正直な気持ちを伝えた。

でも劉は『同情なんかの心情主義は警備業界の発展に逆行するんじゃない?』と相手にしてくれなかった。

 

章ががっかりして外に出ると、先日、桑田議員を襲おうとしていた男が歩いていた。

 

章が追いかけていくと、男は地下駐車場に停めた車の中で何かを受け取っていた。相手はなんと桑田議員の秘書ではないか!

章は去っていく男の前に立ちはだかると『何を受け取ったんだよ!桑田先生に頼まれてやったんじゃないのか?』と奪い取ろうとした。

 

バラバラと金が落ち、男は慌てて金をかき集めた。

章はその金の一部を奪い取ると『その汚い金がそんなに欲しいか?』と叫んだ。

だが次の瞬間、男は耳を疑うような言葉を言い放つ。

この計画を立てたのは劉社長だ。おまえが邪魔をしなければ若いの(沢口のこと)を少しひっかいて終わりだった』と。

対立する2人

その頃、劉は桑田議員と食事をしていた。

先日の1件で、桑田は支持者が激増。KICKSガードには問い合わせが殺到していた。

 

そこで劉は店の中に章が立っているのに気づき、席を立った。

章はバーカウンターに先ほど奪った金を置くと、

桑田先生の同情票を集め、自分の会社を宣伝するためにあんなデタラメな襲撃を仕組んだんですか?それで桑田先生ではなく1番経験の浅い沢口を襲わせたんですか?

と息巻いた。

 

ボディーガードは現場で体を張っている。だが劉はそれを利用して、上に上がろうとしているだけだ。劉のやり方では金は守れても命は守れない。

 

すると劉は

私の考えを支持できないなら辞めてもらって結構です。退職金は支払うが、今後警備業界で仕事をしていくのは難しいかもしれませんね

と言ってきた。

 

劉にとって、ボディーガードは用心棒に毛が生えた程度でしかない。

尊厳を傷つけられた章は、劉に2度とこのようなことはしないと約束させると、KICKSガードを退社することにした。

章の決断

翌日、島崎家の朝食はいつもより豪華だった。

それを見て章の中学3年生の息子・瞬(田中奏生)は章に何かあったことに気づく。

 

母のところから瞬がやってきて1年4ヶ月。

朝飯が充実している日は章が覚悟を決めている日だと、瞬は知っていた。

すると章は死を覚悟しているわけではなく、会社を辞めたことを打ち明ける。

そして新しい名刺を瞬に渡す。

章はこれから個人でボディーガードをすることにしたのだ。

 

その頃、KICKSガードでは、章が理由も言わず突然会社を辞めた事を、みんな気にかけていた。

そんな中、章が抜けて空席になったA班の班長にまゆが就任する!

次は自分だと思っていた高梨はプライドを著しく傷つけられる…。

 

松野の出所

一方、章は出所した松野を連れ、徒歩とバス移動で関東工科大学を目指すことにした。

 

だが松野の顔は世間に知られている。多くの人は松野が殺害したと思っている。

それなのに徒歩とバスで向かうなんて危険すぎると、松野の弁護士は心配した。

 

でもこれは松野自身の希望だ。

章は松野に頼まれていた携帯を渡すと、目立たない洋服に着替えさせた。

 

章はまず顔見知りの蕎麦屋に松野を連れて行った。

そこで章は、今回の警護について説明した。

普通ボディーガードは2人以上のチームで任務にあたるが、今回は章1人だ。

しかも民間ボディーガードは拳銃が持てず、フリーになったばかりの章は警棒も持っていない。今の章は完全な丸腰なのだ

 

松野はそれを了承すると、章に警護料を払おうとした。

しかし章は『無事に仕事が終わったら遠慮なくいただきます』と断った。

 

松野はそれを聞き、もしかして自分のために会社を辞めたんじゃと気にかけた。

章は、組織にいるのが窮屈で1人で自由にやりたいと思っただけだと嘘をついた。

 

すると松野は、自分ももう組織には戻れないと、坂上教授や被害者の伊丹綾子が写った写真を取り出した。

 

坂上はバクテリア研究の第一任者。

松野は事故のせいで尊敬する先生に傷をつけてしまったと目を伏せた。

『でも教授、松野さんのことを待ってるって仰ってましたよ』

松野はハッとして顔を上げると、『ありがたい、本当に感謝しかない』と安堵した表情を浮かべた。

 

とその時、章は店内の客が松野の写真を撮ろうとしているのに気づいた。

章は客を制止すると、厨房から外に脱出し、バスターミナルに向かった。

 

マスコミ

松野はバスターミナルにつくと、熱心に携帯を触り始めた。

するともう松野が出所したということがばれたのだろうか?3人の記者がカメラを手に追いかけてきた

 

章は松野を連れて逃げると、松野を安全な場所に隠し、記者から写真のデータを回収した。

章はこちらの動きが漏れていることに気づき、バスに乗るのをやめ、松野を自分の事務所に連れて行った。

まだ借りたばかりで何もないが、泊まることはできる。

 

章はドアスコープをのぞき穴に設置すると、瞬に電話をかけた

今日は帰れないから冷蔵庫の中のグラタンを食べて戸締りして寝るようにと。

 

『仕事で泊まりだって』

瞬は電話を切ると、呆れたように章の名刺を高梨に渡した。

高梨はどうして章が会社を辞めたのか知りたくて家に来ていたのだ。

事故の真相

一方、章の事務所には、1階のカフェ『ジャンクション』から出前が届いていた。

配達に来た大学生アルバイトの中島小次郎(道枝駿佑/なにわ男子)は『初仕事良かったですね〜』と言いながら、興味深そうに部屋の中を覗こうとする。

 

章がそれを阻止してお金を払うと、小次郎は後で追加するならまとめてでいいッスよと言う。

なんと表にこの部屋の窓をじっと見つめる男がいるというのだ!

 

小次郎が去った後、章は用心深く外を眺めた。しかし誰もいない。

章は松野に座るよう促すと『あれは本当に事故だったんですか』と尋ねた。

 

これは疑っているわけではない。

本当のことを知らなければ警護の方法が考えられない。自分の仕事はクライアントの命を守ること。そのために必要なことなのだ。

 

すると松野は『あれは事故でした』と事件の経緯を話し始めた。

 

当時、坂上教授は南極から持って帰った氷柱に含まれるバクテリアを研究していた。

氷柱は莫大なコストをかけて持って来られた貴重品。

それが低温実験室に保管されていた。

 

でもあの日、冷却装置が故障し、松野は慌てて綾子に液体窒素を撒くよう指示すると、坂上教授を呼びに行った。

しかし液体窒素を撒いたことで実験室内の酸素が欠乏。綾子は窒息死した。

 

あの事故のせいで研究そのものにも批判の目が向けられるようになり、松野は責任を感じていた。

『だからどうしても坂上教授にお会いしなければならないんです』

松野は必死に訴えた。

疑惑

その時チャイムが鳴り、章はドアスコープで確認した。

外には傘を持った若い男が立っていた。

どうやらバスターミナルから尾いてきたようだ。

 

あきらは念のため知り合いかどうか松野に確認させた。

すると松野はドアスコープを覗き込んだ途端、鍵を開けドアを開けようとした。

開いたドアから男が乱入し傘を振り回す。

彼は綾子の弟・勇人だった。

 

彼はあの夜、綾子から電話をもらっていた。

研究室でトラブルがあったから遅くなる。あんなやつ訴えてやるから』と。

 

松野の机から綾子を隠し撮りした写真が出てきたことを知った勇人は、“あんな奴”とは松野のことだと思った。

『あれは事故じゃない!姉さんはお前に殺されたんだ!』

勇人は傘で松野に襲いかかった。

 

章が暴れる勇人を壁に押さえつけると、ドアを4回叩く音がした。

章が驚いているとまたドアを4回叩く音がする。

章は『思いっきりどうぞ!』と叫ぶと開いたドアに勇人をぶち当てた。

 

倒れた勇人を前にして、『不用心な事務所ですね』と高梨は言った。

 

 

高梨は暴れる勇人を連れ、どこかへ去った。

どうしてドアを開けたんですか!

章が松野を問い詰めると、

『マスコミだったらもう追いかけてくるなと言おうと思って』

と松野は答えた。

そんな松野に、章は違和感を覚える…。

 

誤差なし!

翌日、章が松野を乗せ車で出発しようとすると、高梨が助手席に乗り込んできた。

章は自分に協力したらまずいだろうというが、高梨は『あんたのためじゃない。クライアントのためだ』と出発を促した。

 

『鎌倉市笹之町13時到着予定』

『現在11時35分12秒』

2人はお互いの時計を見せ合うと、『誤差なし』『誤差なし』と言い、関東工科大学を目指した。

 

大学に着くとキャンパスにはすでにマスコミの姿があった。

そこで章たちは大学の裏に周り、非常階段を上った。

 

一体どうしてこんなに早くマスコミに動きが漏れるのか?

章はずっと考えていた。

そして松野がマスコミにリークしているのだと気づいた。

 

バスターミナルで松野はカメラマンの方を振り返っていた。

章の事務所では勝手にドアを開けた。

さっきもマスコミにわざと見つかるよう顔を上げていた。

それはマスコミを恐れている人の行動ではない。松野のはむしろ、マスコミを待っていたのだ!

 

章は松野に真意を尋ねるが、松野は『会ったばかりのボディーガードに全て話すわけがない』と口をつぐむ。

 

章は深く息を吐き出すと、『実は僕も黙ってたことがあります』と語りだした。

 

自分1人で自由にやりたいから会社を辞めたと言ったけど、それは嘘だということ。

本当は社長と言い争いになってクビになったから。

元犯罪者だろうが何だろうが困ってる人の役に立ちたいと言ったから。

でも章は今も後悔していない。

『今の私はどこの組織にも属していません。

だから、あなたが話してくれれば私は法を犯してでも守り抜くつもりです

章はまっすぐに松野の目を見て言った。

 

そこに誰かが階段を上ってくる音がして、章と高梨は身構えた。

 

その瞬間、松野は大学内に入ると、研究室の鍵を解除し中に入った。

そして坂上教授に詰め寄った。

本当の理由

章はそれを追いかけ、ドアに何か挟む。

そして『私も同席させてください』と松野の横に立った。

 

だが松野は、坂上と2人で話したいという。

その目は血走り、切迫していた。

危険を感じた章は坂上を守るように前に立った。

 

すると松野は『本当のことが知りたいんだろう!?』と、あの日起こった真実を話し始めた。

 

あの日、綾子に液体窒素を撒くよう命じたのは坂上教授だった。

松野は研究を守るため、その罪を背負った。

でも、綾子の隠し撮り写真が出てきて松野は気づいた。

あの写真は坂上が撮ったものだと。

坂上のレンズにはゴミが付いていて、それが写真に写っていた。

綾子に迫っていたのは松野ではなく、坂上だったのだ。

あれは事故じゃない。

綾子に訴えると言われ、坂上教授が殺したのだ!

 

松野は近くにあったハサミを取ると、『マスコミの前で彼女の未来を奪ったことを謝ってください!』と叫んでハサミを振り上げた。

松野がマスコミを集めた狙いは、坂上に自白をさせるため。

章を雇ったのは、邪魔が入った時に護ってもらうためだったのだ。

 

章は松野を羽交い絞めにしてハサミを落とさせるが、松野は章を振り切り、実験室に入っていく坂上を追いかける。

2人が実験室に入ると、坂上は内側からドアを閉めた。

教授の罠

さっき、坂上はドアを閉めると外側からロックされるよう設定していた。

だからドアを内側から開けることはできない。

『今日はスタッフにも近づくなと言ってある。

汚名を受けるくらいなら死を選ぶしかない。君が来ると聞いた時からこうするつもりだった

と言う坂上の目は異様に暗く、落ち着き払っていた。

 

吹き出し口から冷気が流れ始める。

坂上は研究を守るため、松野を道連れにしようというのだ。

 

章は外にいる高梨と無線で連絡を取ろうとするが通じない。

急速に冷えてゆく部屋の中、松野は残った力を振り絞り、坂上に襲いかかる。

章はそれを止めると『失礼します』と松野を絞め落とした。

松野の命を守るために!

章は『絶対諦めませんから』と松野を抱きかかえると、松野の体をさすり続けた。

 

一方、高梨は章がドアに挟んでいたものに気づき、研究室の中へ。

しかしまさか実験室の中に3人が閉じ込められているとは思わない。

その時、章がドアを蹴る音がした。

それに気づいた高梨はドア越しに呼びかけた。

それに対し章は必死で蹴り返す。

だがドアは凍りついていて外から開けようとしてもビクともしない。

 

そこで高梨はパソコンを操作し、強制解除ボタンを押した。

すると実験室に明かりがつき、冷気が止まった。

章はゴム手袋をはめ、貴重な南極氷柱を手に取るとドアノブにガンガン打ち付けた。

そのたびに氷は砕け散る。

意識を取り戻した松野はそれを見て目を見開いた。

 

命の前で、貴重な氷など何の価値もない。

 

章と高梨は内と外から凍りついたドアノブに力をかけドアをこじ開けた。

 

未来を護る

無事に脱出した章は坂上に話しかける。

教授、自首していただけますか?

松野さんは復讐したかったわけじゃなく尊敬していたあなたのことをもう一度信じたかったんだと思います

 

坂上はブルブルと震える手で曇ったメガネを外すと松野の顔を見て頷いた。

それを見て松野は顔をくしゃくしゃにして涙を流した。

パトカーで連れて行かれる坂上を見て、マスコミが慌てて追いかけていく。

 

松野は章に警護料を払うと、『自分がやろうとしていたことに気付いていたのに、最後まで付き合うなんて馬鹿ですね』と言った。

でも次の瞬間、松野の声は震える。

あなたは僕の未来を守ってくれました。ありがとう、止めてくれて…

松野はぐっと涙をこらえると警察に連れて行かれた。

松野は車に乗り込む前に、章に向かって深く深く頭を下げた。

彼を命がけで守ってくれたボディーガードに。

 

高梨の決断

『あいつの計画に最初から気づいてたのか?』

『まあなんとなく危ないかなって』

『信じらんない。たった1人の依頼人のために人生棒に振るとこだったんだぞ』

『しょうがないだろ?用心棒なんだから』

 

高梨はもう上司ではなくなった章に、社長と何があったか尋ねた。

しかし章は答えず、お礼を言って行ってしまった。

 

その後、まゆが高梨を心配して電話をかけてきた。

『どうして私に黙ってたの?こんなんじゃつき合ってる意味ないじゃん。もう終わりだね』というまゆに、

『もうガキのお守りはしなくていい』と高梨は答え、電話を切った。

 

高梨は走ってきた章の車の前に飛び出すと、助手席に乗り込んだ。

呼びかけても何も言わない高梨に、『タクシーじゃないんだよ』と章は呟く。

 

まだうっすらと海の端に夕日が残る海岸を、2人を乗せた車は走っていった。

 

〜2話につづく〜

 

『BG~身辺警護人~』1話の感想

依頼人が政財界のVIPじゃなく、一般人でよかった〜。

むしろもっと肩書きのない普通の人を護るところも見てみたい!

なんて、そんな人はボディーガード頼まないか…(^o^;)

 

チームプレーもいいけど、1対1で向き合うことで生まれた何かに感動しました。

 

章のことを信用していなかった松野さんが『あなたは僕の未来を救ってくれました。ありがとう、助けてくれて…』と、深々とお辞儀をするところはジーンとしました。

 

教授もね、最後は罪を認めてくれてよかったです。

 

『なに、30分もすれば眠くなるさ』って、極寒での30分は1分でも耐え難いもの。

外に出た時に感じた温かさは生きてることを実感させたに違いない。

 

教授が曇ったメガネを外して、子供のように涙をこらえる松野をちゃんと見てから頷くところがすごく良かったです。

 

松野は研究を守るため罪を被ったと言ったけど、きっと教授のことも守りたかったんだろうな…。

 

それに対し遠慮なく、南極氷柱を使ってドアを開ける章がよかった。笑

生きるか死ぬかの時にそんなもんは関係ないんだと思い知らされました。

 

それでもやっぱり2人はまたどこかで研究を始めるんだろうな。

章がボディガードしかできないのと同じく、2人もどんな形であれ研究者としてしか生きられなさそうな気がした。

そんなことないかな…

 

 

そんな中、章の息子・瞬君が出てくると安心できてよかった!

彼は唯一、命の危機とは関係のないところにいるからドラマの中で潤滑油のような存在になっていると思います。

 

また、子供っぽい高梨が章のバディとして参加してくれることになってよかった!

言葉は素直じゃないけど、行動が素直なツンデレ高梨と章の活躍に期待したいです。

これから劉社長がどんな嫌がらせをしてくるのかも気になりますね!

 

それではここまで読んでくださり、本当にありがとうございました\(^o^)/

今回は特に長くてすいません。

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ