『BG2~身辺警護人~』6話のネタバレあらすじと感想|最強バディー決裂!?カレーなる2日間!

にこ

今回は、2020年7月23日放送『BG2~身辺警護人~第6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)は、立ち退きを迫られているカレー屋の味と店を護ることに!

今回は法律も絡むだけに、かなり厄介な依頼となりそうです。

そんな中、とうとう謎の男(中村織央)の正体が明らかに…!?

多佳子(市川実日子)と章の恋模様にも、期待が高まります♡

それではさっそく、6話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『BG2~身辺警護人~』6話のネタバレあらすじ

島崎章(木村拓哉)は前日の夜に、謎の男(中村織央)に襲われたことを高梨雅也(斎藤工)に報告する。

 

高梨は男に、章の息子・瞬(田中奏生)の顔を見られていないか心配するが、章と一緒にいたのは女医の笠松多佳子(市川実日子)だった。

それを知った高梨はニヤニヤする。

 

そんな中、カフェ ジャンクションの店員・中島小次郎(道枝駿佑/なにわ男子)がスパイスチーズカレーの試作品を持ってきた。

大学を卒業したらカフェを開こうと考えている小次郎は、研究に余念がない。

小次郎は、章たちを見てフリーは気楽でいいなぁと思ったのだ。

 

そんな中、章にはひとつ気になることがあった。

それは多佳子が謎の男に見覚えがあったことだ。

章がそのことを高梨に報告すると、事務所の電話が鳴った。

 

お金がなくても引き受けてくれる?私、カレーが作れなくて困ってるの…

何やら深刻そうな女性の声を聞き、2人はとにかく会ってみることにした。

 

商店街の一角に、依頼人・佐久間華絵(名取裕子)のカレー食堂はあった。

窓にはそこら中にベタベタと退去命令の紙が貼られていた。

それを一生懸命はがしていたのが、華絵だった。

 

この40年間、華絵は夫と2人で店を切り盛りしてきた。

カレーは普通だけど、手作りのラッキョウは絶品。そんなふうに言われることもあった。

 

でもずっと店舗を貸してくれていた大家が亡くなった途端、それを相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求。

ガラの悪い連中に『出ていけ!』と何度も迫られ、追い詰められた夫は心筋梗塞を起こして亡くなってしまったのだ。

 

周りの店が出ていく中、残ったのはここだけ。

充に裁判まで起こされ、華絵は明日までに店を出ていかなければいけないという。

 

店とカレーを護ってほしい

その時、またガラの悪い男たちが現れ、店をドンドンドンッとノックし始めた。

充は昔の地上げ屋のように『早く出ていってください〜いつまでいるんですか〜?』と罵声を浴びせている。

 

章が警察を呼ぼうとすると、華絵は呼んでも無駄だという。

夫が命懸けで守ろうとした店とカレーを護ってほしい』という華絵の願いを受け、章は店の外に出た。

 

『あなたたちがやってることは、違法行為じゃないんですか?』

章が言うと、充は『明日までにここを立ち退かなければ強制的に壊すことになっているんです』と下卑た笑い声をあげた。

 

こんな奴でも、法律的には充側に理があり、下手に退去を邪魔すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。

高梨が不安になる中、『あのラッキョウ、いつか食べさせてほしいな〜』と、のんきなことを言う章。

そんな2人を車から見ている者がいた…。

 

豪華な朝食

そして、立ち退きの日がやってきた。

この日の朝食は朝から5種類の手作りスパイスカレー。

それを見た瞬は、今日の仕事も相当ヤバい仕事だと気づく。

 

章はそんな瞬に、ある男に狙われていることを打ち明ける。

章は、男の似顔絵と特徴を書いた紙を瞬に渡すと、気をつけるように言った。

 

休み中にネットで空手を習っていた瞬は、章の前で 型を披露。

瞬は『俺が男を倒して、弱小ボディーガード事務所を手伝ってやるよ』と言ってくれた。

 

でもそんな瞬のパンチをかわし、章は瞬を羽交い絞めにして後ろから絞めあげる。

人間の身体は、咄嗟の攻撃にはめちゃめちゃ弱い。

章は身をもって、その恐ろしさを瞬に教えた。

朝から多佳子

その時、チャイムが鳴り、笠松多佳子がやってきた

ドアスコープを覗いた章は驚いてはねのき、瞬に『出ないの?』と笑われる。

 

章は心の準備をしてからドアを開けた。

『先生、親父に会いにきたんでしょ?朝からやるね〜』

瞬は2人をからかいながら、学校に向かう。

 

多佳子は電話では言えない話がある、と言った。

私もカレーを食べたいという多佳子に、章はカレーを振る舞った。

 

多佳子の話とは、章をつけ回す謎の男についてだった。

男をどこかで見た気がした多佳子は、はじめは自分の患者かと思った。

でも、突然降り始めた雨を見て、男と会ったときの記憶が鮮明によみがえった。

それは夫・佐々木昭人の葬儀でのこと。

あの日も激しい雨が降っていた。

ご焼香の後、昭人の遺影を振り返り、睨みつけるような目で見ていた男。

髪はまだ短くサッパリしていたが、あの男に間違いない。

 

多佳子は男について調べようとするが、『かなり危険だから』と章に止められる。

お互いを心配するあまり、2人が軽い口論をしていると、ひと足早くカレー屋に来ていた高梨から『この山、思ったより厄介です』と、電話がかかってきた。

 

店に立てこもる華絵

急いで章が現地に向かうと、充は裁判所の人間や弁護士を連れてきていた。

充は華絵を店から出すため、強制的に店を取り壊させようとした。

 

『こっちは法律にのっとって言ってるんだ』と開き直る充たちの前に、

章は『佐久間華絵さんと、亡くなったご主人のボディーガードです。交渉に立ち会うためにきました』と立ちはだかった。

 

それを聞いた充たちは大笑い。『交渉の余地は1ミリもない』と言い切った。

 

納得できない華絵は、店のシャッターを閉めて籠城を開始。

章と高梨も店の入り口にバリケードを作り、立てこもりにつき合うことにした。

 

すると近所から苦情を受け、警察がやってきた。

章は警官の前で、弁護士に華絵の気持ちを代弁する。

 

華絵は、前の大家である充の父と約束し、40年間この店を守り続けてきた。

『どうかその気持ちを汲んで、話し合いの場をもってください』

章は、充に頭を下げた。

 

すると『代理人でもないのに出しゃばらないで!』と女弁護士が叫んだ。

だがマスコミの取材が入り、事態は大きく変わる。

『老舗カレー屋の女店主が籠城!立ち退きへの抗議か』という記事が出回り、華絵に対する同情の声が上がったのだ。

しかし、いつそれが非難に転じてもおかしくない。

騒ぎを起こした理由

高梨が心配していると、『もう夏だしな』と、章がポツリと呟いた。

ラッキョウの旬はもう終わりだというのに、今年のラッキョウがまだ漬けられていないからだ。

 

佐久間さん、本当はもう、ここでやっていけないということを受け入れてらっしゃるんじゃないですか?だって、カレーも全く仕込まれていませんし

と章は言う。

『それがどうしたの?』と、華絵。

この籠城も、騒ぎを起こすことが目的なんじゃないですか?

『ボディーガードさんって、腕っぷしがいいだけの用心棒だと思ってたけど、案外いい勘してるのね…』

『依頼人をよーく見るのが 仕事なだけです』

『そう、知ってほしかったの』

華絵が理由を言いかけたとき、裏口から鍵を開けて、充たちが勝手に入ってきて、ハンマーで店を壊し始めた。

 

華絵は章たちに護られながら、必死で幼い日、ここに食べにきてくれていた頃の充の家族写真を見せる。

 

そして、この商店街で店をやってた人たちはみんな、お客さんの喜ぶ笑顔が見たくてずっとやってきたと訴えた。

その日常を奪われてどんなに辛いか…。

華絵はそんな商店街の人たちの気持ちをわかってほしくて、こんなことをしたのだ。

 

すると、充は『いやぁ〜ご立派』と、笑顔で拍手した後、

『でも、嘘はよくないって。おばちゃん、立ち退きの訴訟中、杉原法律事務所に行ったろ』

と言った。

 

『この人はね、どうしたら立ち退き料がたくさんもらえるか相談にいったんだよ。

そこで、ゴネるしかない。頑なに和解を拒否するように言われた。違うか!?

こいつはな、こんなボロい店なんかどうでもいいんだ。金が目当てなんだよ!』

充は悪態をつくと、ラッキョウの瓶を蹴り飛ばした。

それを合図に、他の2人もハンマーで店を壊し始める。

 

壊されていく店を、華絵も章も高梨も見ていることしかできない。

『やめて…やめて…』

目を真っ赤にして進み出ようとする華絵を、章は押しとどめる。

クライアントの目的がなんであれ、護るのがボディーガードの役目です

 

章のひと声を皮切りに、章と高梨は待ってましたとばかりに、男たちからハンマーを奪い、充を取り押さえた。

乱闘を見た華絵は『…もうやめて』と涙を浮かべ、声を絞り出す。

 

立ち退き料をもらおうとしてたなんてことが知られたら、主人の顔に泥を塗る…。お店を引き渡します

 

華絵が日が沈むまでに店を出ることを約束すると、充たちは外に出ていった。

 

諦めたらそこで終わり

いいんですか?ほんとに。あなた、立ち退き料をつり上げるつもりなんて、なかったじゃないですか。ゴネたらここにずっといられるんじゃないかと思っただけじゃないですか』

『素人の考えることはダメね。ここまで頑張ったから、主人も許してくれるわ』

 

店を片付け始める華絵を、章は止める。

なんであきらめるんですか?場所は変わっても、ご主人の味は引き継げます』

 

それを聞いた華絵は、新しい店なんて無理だと言った。

でも華絵は、ボディーガードを頼むときにこう言った。

私たちのカレーを護って』と。

 

場所は変わっても、食べる人は変わっても、カレーを作る日常は続けられる。

 

章の言葉を聞き、華絵はお礼代わりに2人にカレーをご馳走することにした。

任務中は食べられない規則だと、頑なに食べようとしない章と、任務終了したからいいだろうという高梨。

 

ほかほかのカレーライスを前に、高梨は勝手に任務終了を告げる。

『17:30。誤差なし』

『誤差 なし』

 

章は『任務終了、任務終了』と小声で呟くと華絵のカレーをガツガツ食べた。

美味しそうに食べる2人を見て、『あなたたち、本当にいいコンビね』と、華絵。

『いや、全然』『まったくです』

 

否定する2人を見て、華絵は笑いながら『1ヶ月ぶりにカレーを作ってみて頑張ろうという気持ちになれた』という。

『ありがとう、ボディーガードさん。私の日常を守ってくれて』

 

それを聞き、章と高梨の顔に笑みが零れた。

 

謎の男の襲撃!

一方、菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)らKIXガードの面々は、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた。

 

桑田議員は、派閥のライバル・乙成議員の妻のスキャンダルをリークしたと疑われていた。

その潔白を証明するため、記者たちの取材に応じるという。

 

だがそれは建前で、本当の目的は自宅で記者たちにうまいものを食べさせ、支持者を増やす記事を書かせること。

なおかつ、多くの記者たちがいる場で警護を成功させれば、KIXガードの宣伝にもなる。

 

前回の一件で劉社長(仲村トオル)の裏の顔を知ってしまった沢口は、以前とは違う目で仕事をするようになっていた。

 

そんな中、沢口は会場に紛れ込んでいる謎の男を発見する。

それに気付いた まゆは、劉社長に報告した。

 

『まさか、また偽の襲撃事件を起こすつもりですか?』と言うまゆに、劉社長は『さすが私が見込んだ女性だ』と軽口を叩く。

だが劉社長にも 男が何を企んでいるのかはわからず、男の正体は教えてくれなかった。

 

そして、無事に記者懇親会が終わり、みなが帰ろうとした時だ。

『こんなもんで騙されるか!』と、あの男が桑田議員に迫ってきた。

『先生、金で情報得たんじゃないですか?本当のこと、話してください』

 

まゆは男を連れ出そうとするが、桑田議員は『構わない』と裏に連れていき、話をすることにした。

 

なかなか出てこない2人に、まゆがイライラしていると、奥で物音がした。

まゆと沢口が部屋の中に飛び込むと、桑田議員が腹を押さえ倒れていた。

 

男は、まゆたちの隙をついて逃走!

まゆは男を確保するが、『劉社長に桑田を消すよう頼まれた』と男に言われて形勢逆転。

目元を殴られ、逃げられてしまう。

 

窮地に立たされる劉と、謎の男の正体

一方、桑田議員は『男と政治の話をしていたのに、いきなり殴られた』と、警察に説明。

桑田についていたKIXガードの小俣課長(勝村政信)は『ボディーガードは何をやっていたんですか?』と警察に責められる。

 

その後、警察の取り調べを受けたまゆは『頼まれて襲ったと言っていました。劉社長に…』と、告白。

劉社長は、警察に任意同行を求められるがそれを拒否。

刑事たちを殴って逃亡する!

 

そんな中、多佳子は男の正体を突き止めようと、葬儀に来た警察関係者のリストを見ていた。

そして、2017年に起きた警察官の不祥事について調べ始める。

 

そこに章から電話がかかってきて、2人は雨上がりの夜の屋上で会う。

 

章は今朝、偉そうなことを言ったまま別れたことが引っかかって、謝りにきたのだ。

言えるときに言わなければ、いつ会えなくなるかわからない。

ボディーガードは、命の危険がある仕事だから…。

 

それを聞き、多佳子は『止められたのに、勝手に調べちゃった…あの男のこと』と謝る。

 

彼は、多佳子の夫とはとくべつ仲が良かったわけではないが、後輩だった。

加藤一馬(36歳)

警護課のとても熱心な警察官だったが、3年前に上司を殴り、重傷を負わせ、警察を辞めていた。

 

章はお礼を言うと、でももうこのことは忘れてくださいと頼む。

多佳子もそれを了承する。

その代わり、約束して。命を粗末にしないで』

多佳子は章が相当危ないことに関わっていることも、章が相当ムチャをする性分なことも見抜いていた。

 

多佳子に間近で見つめられ、章は『さすが主治医』と、夜の街のほうに視線を反らす。

そうよ、主治医だからよく知ってるの。あなたは不死身じゃない

『はい』

『朝のカレー美味しかったわよ』

『やった。こんなに嬉しいんですね、美味しいって言われると』

章は呟くと、女房にも3回に1回くらい美味しいと言えばよかったと言って我に返った。

『私も夫に美味しいカレー作ってあげればよかったなぁ。いいんじゃない?私もあなたも、過去があるからここにいる

 

夜景が綺麗ですねという章に、多佳子はそっと近づく。

しかしその時、もう一生かかってこないと思っていた沢口から電話がかかってきた。

最強バディ、決裂!?

桑田議員が加藤=謎の男に襲われ、逃げる際に『劉社長に頼まれた』と言ったこと。

任意同行を求められた劉が逃亡したことを知らされる章。

 

世間ではまだ劉社長の関与は公表されていなかった。

 

高梨と章が事務所で話していると、劉社長から電話がかかってきた。

すると、劉は『やっていない』という。

劉は桑田議員のことを知りすぎたせいで、ハメられたのだ。

 

桑田議員は警視庁に繋がりがあるため、劉が何を言っても信じてもらえないだろう。

そこで劉は海外に逃亡しようと考えていた。

その警護を、なんと章に頼みたいというのだ。

 

『なんで俺をボディーガードに?警察に通報するかもしれませんよ?』

『いや、君はそんなことはしない。君はどんな依頼人でも護る、ボディーガードだから

 

少し考えさせてくれという章に、劉は『23時に北豊洲公園で待ってる』と告げて電話を切った。

 

まさか受けるつもりですか?自分は反対です。相手は、ボディーガードを恨んでる人間ですよ?罠かもしれない…

 

高梨は、今日カレー屋で男たちを撃退した時、とても動きやすくて、これなら2人でやっていけると思った。

けれども、『劉社長を護るならここをやめる』という高梨。

 

章は高梨を見つめると、高梨に背を向け、黙り込んだ。

何も言わない章を見て、高梨は頭を下げて部屋を出ていく。

 

その後、章は北豊洲公園に。

23時ジャスト。警察に包囲され、章は隠れる。

これは劉の罠なのか…!?

 

〜 7話(最終回)につづく!〜

 

『BG2~身辺警護人~』6話の感想

なんとここにきて、最強バディー解消!?

でも予告では高梨戻ってきてたから、やっぱり章のこと、放っておけるわけないよね、ナッシー!

 

多佳子ともいい雰囲気になっちゃって、照れる章にそっとすり寄る多佳子がカワイイ(>ω<)

 

『いいんじゃない?私も、あなたも、過去があるから会えた』

という台詞を言っちゃう多佳子。男前!

どっちかというと、章は恋に奥手な中学生で、多佳子は大人な女性ってかんじ?

じれったいけど、章と多佳子らしい進み方で、距離が近づいていく感じがいいですね…(*´艸`*)

 

章は、瞬くんに何も言わずに北豊洲公園で大ピンチになっちゃったけど、大丈夫かな?

 

そういえば今、気付きましたが、初日の夜ごはんは小次郎くんのカレー。

2日目の朝食は、章のカレー。

2日目の夕食は、華絵のカレーと、カレー三昧な2日間でしたね。

外のカレーは苦手ですが、家の甘いカレーが食べたくなってきました。

うちは昔からバーモントカレー甘口です(^_^;)

 

そして劉社長が、桑田議員にハメられるとは思わず、びっくりしましたね〜。

なぜなら私は、桑田議員は1話のゲストだと思ってたからです。

なのにこんな重要人物になるとは…。

 

しかもああ見えて、上に上がるためにはなんでもする人だったんですね!

恐ろしい〜〜。

 

謎の男も、ようやく名前がわかり、スッキリしましたね〜。これであらすじにも名前が書ける!(←相当なストレスでした(^_^;))

 

警護課の警察官だった彼が、なぜこのようなことをしているのか気になりますね…。

最終回で、どのような関わり方をしてくるのか楽しみです。

 

でもまずは、ナッシー帰ってきて〜!

なんでもなかったかのように、章のピンチを助けてくれ!

 

警察に追われ、隠れる章に声をかけて一緒に逃げるのは劉社長なのか、高梨なのか?

劉『こっちだ』

高梨『こっちです』

 

うーん、どっちだろう?

って、全然違かったらスイマセン(汗)

 

最終回は、

章が仲間を殺すよう、劉に命じられる…

章が死にそうになる…

そして章が最後に護るものはなんなのか!?

と、手に汗握る展開になりそうですね!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ