『BG2~身辺警護人~』7話(最終回)のあらすじと感想|依頼人を信じる!そこからすべては始まる…!

にこ

今回は、2020年7月30日放送『BG2~身辺警護人~第7話(最終回)のネタバレあらすじと感想をまとめました。

いよいよ最終回!

高梨(斎藤工)と決裂した章(木村拓哉)は、宿敵・劉社長(仲村トオル)の身辺警護をひとりで行うことに。

はたして予測不能の逃避行が導き出す結末とは…?

章と多佳子先生(市川実日子)の恋の行方も気になりますね!

最終回にはVIPゲストとして、市川海老蔵さんが本人役で登場します!

それではさっそく、7話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『BG2~身辺警護人~』7話のネタバレあらすじ

島崎章(木村拓哉)をずっとつけ回していた謎の男は、元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)だった!

加藤はまたもや、総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を襲い、KICKS CORP.の社長・劉光明(仲村トオル)に頼まれてやったと主張した。

 

その後、警察に任意同行を求められた劉は逃走し、『私はやっていない。護ってほしい』と章に依頼してきた。

劉を信用できない高梨雅也(斎藤工)は、猛反対。

章と対立して事務所を出ていってしまった。

 

だが章が劉との約束の場所へ行くと、警察が待ち構えていた!

 

章がなんとか警察から逃れると、劉社長と思われる人物から非通知で電話がかかってきた。

『勝鬨でAM7時』というメールを受け取った章は、息子・瞬(田中奏生)のために一度家に戻り、飯を炊いた。

 

章は瞬に声をかけるが、瞬はまだ眠いのかこちらを見ようともしない。

『朝は卵かけご飯を食え。醤油ひと回しに、味付けのり5枚。これ以上のご馳走はない。ちゃんと食えよ』

章は瞬の背中に向かって声をかけると、家を出た。

 

『卵かけご飯がご馳走?』

瞬は寝床を出ると、あとはご飯を盛るだけの状態の食卓を見た。

 

高梨との決裂

一方、桑田議員とKICKSガードの小俣課長(勝村政信)は、警察から章が映った防犯カメラ映像を見せられる。

章が劉社長の警護をしていると考えた桑田は、内密に2人を探させることに…。

今、桑田が辞職に追い込まれたら、総理にも火の粉が飛ぶのだ。

 

桑田議員は小俣課長に、ある番号に連絡してその男に協力するよう圧力をかける。

それは、昔小俣が警察で警護課長をしていた頃の部下・加藤一馬だった!

 

AM6:50。

章は劉社長との待ち合わせ場所に到着し、高梨に電話をかけた。

『ごめんごめん、寝てたよな』という章に、『あたりまえだよ。まだ素っ裸だよ』と答える高梨。

『手伝う気は全くない』と言いながら、高梨はちゃんとスーツに着替え、島崎警備の事務所にきていた。

 

そんな高梨に、章は今までのお礼を言うと、給料について話した。

高梨はホワイトボードに貼ってあった給料袋を取ると『政治家が裏で関わる案件は、命が軽くなる。下手すりゃ死ぬぞ!』と声を荒げた。

 

日ノ出警備保障時代に2人は、任務中に村田課長を亡くした辛い過去があった…。

章だってそれを忘れるわけがない。

 

高梨は章のことが心配で、懸命に引き止めた。

だが、誰かが入ってくる音がして『仕事だ。じゃあ』と、章は電話を切ろうとした。

『じゃあ、なんだよ。じゃあは続きがないと意味わかんねぇだろ?おい、島崎章…、、勝手に死ね!!!』

 

章は電話を切ると、野球のユニフォームを着た劉光明と合流した。

 

劉が逃げた理由

劉によると、加藤は警視庁を不祥事で追われたところを桑田議員に拾われ、汚れ仕事を請け負っているという。

桑田議員は、加藤に前と同じような襲撃事件を起こさせ、劉の指示でやったことにしたのだ。

 

それに以前、桑田議員のところで問題が起こったとき、逮捕された秘書は拘置所で自殺している。

劉は無実を主張しても正当に扱われないだろうと判断し、国外に逃亡することを決めたという。

 

おそらく、劉を追ってくるのは警察だけではないだろう。

章は劉の命を護るため、飛行場までの用心棒を引き受けた。

 

父を止めてほしい

その頃、高梨は事務所にやってきた瞬に会う。

いつも危険な仕事の時は、朝飯が立派なのに、今日はとてもシンプルだった。

瞬はそれが気になって、初めて事務所に足を踏み入れたのだ。

 

いつもの危険度が50、60だとしたら、今回の仕事は90超え。

章の仕事が本当に危険なことを知った瞬は、診察中の笠松多佳子(市川実日子)を呼び出した。

 

多佳子に会うなり、瞬は『親父のことをどう思ってる?』と尋ねた。

仕事熱心でいいお父さんとか、そういうのではなく、好きなのか問題外なのか、それが聞きたいという瞬。

今、親父は危険な仕事をしてる。死ぬかもしれない。もし先生が親父のこと好きなら止めたほうがいいかも

瞬はそれだけ言うと、走り去った。

 

多佳子はすぐに章に電話をかけるが、繋がらなかった。

 

KICKSガードに協力する高梨

そんな中、KICKSガードに高梨が『劉社長の捜索に協力したい』と申し出る。

高梨が章と決裂し、島崎警備を辞めたことを知った小俣は、高梨に意見を求める。

すると高梨は、劉社長が駿河飛行場に向かっている可能性があることを示唆した。

 

しかし大勢でいけば、章はすぐに気付くだろう。

高梨は自分1人で行くと言い、向かおうとした。

 

そんな高梨に、小俣は劉社長を確保したら、すぐに自分に連絡するよう指示を出す。

警察には信用のならない者がいるので、小俣自身が信頼できる人物に引き渡すというのだ。

検問

一方その頃、軽トラで駿河飛行場を目指していた章と劉社長は検問に引っかかる。

警官に中の荷物を確認させてくれと言われ、困った章は笠松多佳子に電話をさせる。

箱の中には、劉社長が潜んでいるのだ。

 

島崎運送と聞いた多佳子は話を合わせ、『精密機器だから、駄目になったら億を超える損失よ』と、見事に箱を開けさせることを回避する。

 

その後、多佳子はなんとか章と話をしようとするが、何も言えないまま電話を切られてしまう。

 

好きな人

多佳子のおかげでなんとか検問を乗り切った章は、車を捨て、徒歩でトンネルを抜けていくことに。

足がしびれてうまく歩けない劉に肩を貸しながら、章は歩いていく。

 

ふだんは後悔などしない劉だが、菅沼まゆ(菜々緒)を本気で口説かなかったことだけは心残りだという。

『この仕事が終わったら、君も少し女と遊んだほうがいいぞ』

好きな女性ならおります

『そうか、失礼。見直したよ』

『気取らない。嘘のない人です』

 

もうすぐトンネルを抜けるという時に、車のブレーキ音が聞こえた。

そこに現れたのは、加藤一馬だった!

 

加藤は折りたたみナイフを出し、章たちに向かってくる。

章は劉の盾となり、劉を逃した。

 

章は加藤と戦うが、耳を負傷。

その後、加藤にナイフを突き立てられそうになる。

そこに高梨が現れ、加藤を投げ飛ばし、腕をへし折る。

高梨はあっという間に加藤の手を縛り上げた。

 

高梨を崖下に落とす章

その後、高梨は逃げる劉に、警察に行って真相を語るよう促した。

『あなたが逃げたら、KICKSガードのみんなはどうなるんですか?あなたの言うビジネスとはこんなものですか?』

 

すると劉社長は、高梨を始末するよう章に命じる。

章がためらいながら高梨に近づくと、高梨は章の腹を殴り、掴み合いになった。

 

章は高梨を崖の下に放り投げると、『こいつには消えてもらいましょう』と冷たく言い放つ。

章は劉社長と共に濁流が流れる岸壁を渡り、先を急いだ。

 

その頃、KICKSガードでは、小俣課長が高梨から連絡がないことに苛立っていた。

そんな中、劉社長からまゆに

だれにも言えない。高梨くんの命を奪った。

みんな許してくれないだろう。弔いを頼む。

一番好きだった歌を歌ってやってくれ

というメールが届く。

まゆはGPSでその場所を検索すると、部屋を出た。

 

それに気付いた小俣は、沢口正太郎にまゆを追いかけさせた。

 

多佳子との電話

一方、港に出た章と劉社長は、再び警察に追われる身に。

章はあらかじめ用意していた車を見つけると、スマホの電源を入れ鍵を開けた。

すると、多佳子から着信がたくさん入っていた。

 

章がためらいつつも電話をかけると、多佳子は『さっきの電話は何?』と怒っていた。

章は多佳子に謝ると、今度は回らないお寿司に行きましょうと誘った。

 

多佳子は瞬が来たことを明かすと、章のことを好きとは言えなかったという。

でも章に『無茶はやめて』と言う権利があると、多佳子は言った。

 

仕事で命を落とすなんて、最低よ。

それにうぬぼれてたらごめん。仕事より、好きな女と一緒にお寿司を食べるほうが人生にとって大事よ

『・・・うぬぼれじゃないです』

章は深く息をつくと、『ありがとう』と多佳子にお礼を言った。

めちゃくちゃ勇気出た

多佳子はそれじゃダメだと焦るが、今の章にとって、多佳子の言葉はすごく大切だった。

 

これでまた頑張れる。

章は電話を切ると、車を走らせた。

 

高梨の生死の行方!

その頃、まゆはGPSが指し示す場所にたどり着いた。

まゆは『尾行下手すぎ』と沢口を振り返ると、劉からのメールを見せた。

高梨が死んだとは信じられない2人は、一緒にトンネル内に入った。

 

すると前方からヨタヨタと黒いジャンパー姿の劉が歩いてきた。

劉から送られてきたメールは、縦読みで『ダミー』。偽物を意味する。

日の出警備保障で有名歌手を警護したときに使った連絡方法だ。

まゆは高梨に何があったのか、劉社長に尋ねた。

 

実はあの時、章は高梨を崖下に投げる前に『落ちるなよ』と小声で囁いていた。

そして『こいつには消えてもらいましょう』と言いながら、高梨を引っ張り上げた。

章は高梨に劉社長の身代わりをさせ、まゆに劉社長のバックアップを任せるというのだ。

 

劉は『最後に君に会えるよう配慮してくれたのだろう』と、まゆに向かって語った。

しかし、まゆは『こんな社長にはお会いしたくありませんでした』と言う。

そんなまゆを、劉社長は抱きしめた。

劉はもう日本に戻ることはないと告げると、章たちのところまで連れて行ってもらえるよう命令した。

 

信じることから始まる

その後、劉社長を乗せたまゆたちは、章と高梨と合流した。

小型機着陸まで、あと20分。

警察もこの場所におそらく目星をつけているだろう。

章はギリギリまでここに待機し、着陸次第、劉を機内に案内することにした。

 

だが高梨は『これでいいんですか?』と、劉社長と章を引き留める。

沢口もここまでついてきたものの、劉社長が逃げることに納得できていなかった。

 

でも章は、劉がロスに戻れたら、警護情報を桑田議員に横流ししていたことを全て公にすると言ったからこの依頼を引き受けていた。

すると『馬鹿じゃないの。社長がそんなことするわけないじゃない』と、まゆも言う。

高梨は『やっぱり俺は降りる』とその場を去ろうとした。

 

高梨、お前言ってたよな。なんでボディーガードなんかに必死になれるのかって。

たぶん人を信じられるかどうか問われてるからじゃないかな?』

 

章は今までいろんな依頼人に会い、その人を信じることに全力を傾けてきた。

たとえ敵対する人間でも、信じて護る。

今の依頼人を護ることがその人の未来を護ることになる。

それが自分たちの仕事なんじゃないかと、章は言った。

 

でも劉に裏切られたら、章は犯人陰避の罪に問われ、ボディーガードをやめなくてはいけなくなる。

『簡単に人を信じるなんて、島崎さんのほうが仕事を舐めてるんじゃないですか?』

みんなに集中砲火を浴びせられ、章はまた話し出す。

 

『じゃあ、真面目で一生懸命だったら信じられる?親切で優しかったら信じられる?これまで罪を犯してなかったら信じられる?』

嘘かどうかなんて、信じてみなければわからない。

でなければ、護るのに命なんて懸けられない。

 

そんな4人に、劉は行き先の変更を告げる。

自分が信じるに足る人間かどうか、見届けてほしいと。

 

クライアントの指示に従います

章は劉に近づくと、後ろを振り返った。

すると、まゆと沢口がイヤモニを装着し、集まってきた。

最後に残った高梨も、そっぽを向きながら章から無線を受け取った。

 

『BGは島崎。バックスは高梨。

菅沼(まゆ)と沢口は先行して、沢口はルートチェック。菅沼は現場前で待機しててくれ』

4人は注意事項を確認すると、腕時計を突き合わせ、時間を確認する。

現在15:40。目標は4時間半後。

『誤差なし』『誤差なし』『誤差なし』『誤差なし』

このメンバーが揃って確認するのは、ひさしぶりだ。

4人は各自、車に乗り込んだ。

 

 

その後、桑田議員宅に劉社長を連れた章たちがやってきた。

劉たちは潔く正面玄関から入ることを決め、桑田議員の指示どおり地下駐車場に車を回した。

 

桑田は自分の思惑のためなら、人の命なんてなんとも思わない男だ。

章たちが覚悟を決めて車を降りると、さっそく劉に向かって銃が撃たれた。

警察は桑田議員によって排除され、残っているのは加藤と小俣だけだ。

 

高梨は素早く劉を車の中に戻すと、出て行こうとする章を引き止めた。

章には瞬も、多佳子も待っているからだ。

でも章は『おまえにだって、菅沼がいるだろ!』と叫ぶ。

 

『彼女はもう…』と呟く高梨に、劉は『彼女の心の中には今でも高梨くんがいる』と断言する。

『島崎くんが行くべきだ』

劉の言葉に、高梨はずっと気になっていた疑問をぶつける。

劉はなぜ、章にボディーガードを頼んだのか?

章を危険にさらしたいからか?

 

でもそれは、劉が章を信じていたからだった…!

 

加藤との最後の戦い

それを聞いた章は手を挙げ、『少し話さないか?』と駐車場内にゆっくりと進み出た。

すると銃を構えた加藤が現れた。

 

章は加藤に向かって、警護課で頑張っていた自分までも踏みにじるようなことはするなと諭した。

『頼むよ、加藤』

『…名前を呼ぶな〜〜!!!!』

キレた加藤は銃を発砲。

章は太ももに銃撃を受け、倒れ込んだ。

 

恐る恐る章に近づく加藤に、章は反撃。

銃を構える手を捻じり、銃を離させようとする。

銃が発泡され、小俣課長が立っている近くの壁に当たった。

 

章は加藤の指を折り、銃を離させると『何やってんですか!』と小俣課長に叫んだ。

『わかってる!俺だって元警察官だ!』

小俣が加藤を確保している間に、高梨と劉は桑田邸内に。

あとを追うように、足を引きずりながら章が入った。

 

最後まで加藤と小俣は丸腰の章たちに勝てなかった。

小俣は加藤をおさえつけながら、晴れやかな表情で笑った。

 

劉 VS 桑田議員

そしてようやく、劉は桑田議員と話をつける。

今さらですが 人に信じてもらいたい。そう思いまして

劉はここに戻ってきた理由を告げると、桑田と自分が犯した罪を公表するべく、警察に出頭すると言った。

 

『一緒に行きませんか?先生。というより、私がここに立っている時点であなたの負けです』

『君は何をしてるのかわかってるのか!これは総理の進退問題にもなるんだぞ!』

『先生、何も見えなくなっていますよ。…友人として、忠告しておきます』

 

ドアの向こうでそれを聞いていた章は、意識を失いその場に倒れ込む。

章は救急車で運ばれ、多佳子の病院で手術を受けた。

 

ふたりの関係は回るお寿司でちょうどいい

瞬が心配する中、多佳子は『あと1cm弾がズレていたら、大腿動脈をやられて出血多量だったかも』と章に釘をさす。

 

そんな多佳子に、瞬は『親父のこと、一生治療してやってくれ』と頼むと出ていった。

 

残された2人はとても気まずい。

章は退院したら回らない寿司に行こうと、多佳子を誘った。

でも多佳子は回るほうでいいと言う。

 

私たちはそれでいいんじゃない?進展なしで。

だってわかったの。あなたみたいな人を一生縛ることはできない。

…好きにして。

ただし、死なないように

『……はい…』

 

この後、2人は警察の事情聴取を受けなければならない。

それを聞いた多佳子は『ほんと、めんどくさっ』と章の酸素マスクを引っ張ると、バチンと離して楽しそうに笑った。

 

その後の話

その後、桑田議員は一連の騒動の関与をすべて認め、辞職した。

加藤は逮捕され、劉は3000万の保釈金を払い、出所した。

 

劉はテレビのインタビューで、ボディーガードへの感謝の気持ちを口にする。

 

KICKSガードはオーナーが変わり、まゆと沢口はそのまま残ることになった。

小俣はうまく立ち回り、別の警備会社に就職した。

 

高梨と章が話していると、カフェ・ジャンクションから頼んでいないのに中島小次郎(道枝駿佑)がやってきた。

小次郎はカフェ開業は諦め、アルバイトをやめて就活に専念するという。

その変り身の速さに、2人は驚く。

 

小次郎が去ったあと、高梨はめちゃくちゃ近くにいるのに、無線で章に話し出す。

『俺、ここで粘るわ』

高梨はもっと仕事を拡大しようと言うと、身を固めるには収入が必要だと言った。

 

章はいよいよまゆと結婚か?と盛り上がるが、あくまでそれは高梨の妄想だった…。

『でもこんな状況だからこそ、人の役に立つ仕事ができるはずだ』

高梨の言葉に、章は黙り込む。

『……返事!』

『こちらゼロ1、誤差なし』

『誤差なし』

章の答えを聞き、高梨はフッと微笑んだ。

 

その後、島崎警備はKICKSガードと合同での警護も行うようになり、活動の場を広げた。

最後はレッドカーペットを歩く、伝統文化賞を受賞した市川海老蔵の警護。

海老蔵さんは記者たちに囲まれながら、途中で自撮り写真を撮った。

 

世界は、わずか一夜で激変する。

そんな時だからこそ、彼らのようなプロフェッショナルが求められている。

 

章たちはこれからも、命を懸けて護りつづける。

依頼人の命とともに、依頼人の大切な何かを……

 

〜 BG2・完 〜

 

https://twitter.com/Y_xi__08/status/1288828920603631617?s=20

『BG2~身辺警護人~』7話の感想

いやぁ、高梨が崖下に落とされたときはどうなることかと思いましたが、やっぱり章が高梨を見捨てるなんてあり得ないですよね。

 

章の信念は初めから変わらないのに対し、高梨はくっついたり離れたり忙しい…(^_^;)

今まではなんだかんだ依頼人のことを信じられた高梨だったけど、劉社長のことは高梨も沢口も、まゆまで散々な言いようで、目の前で信じられないと言われてる劉社長はさすがにショックだったろうなと思います…。

 

それで劉が行く先を変更して、みんなに信じてもらえるよう行動を起こすという展開が、なんともすごい。

全てを失った桑田議員に対し、劉はすぐに保釈金を払って出所し、いつもどおりのらりくらりと話をしてましたね。

劉はまた懲りずに新たな会社を起こすんでしょうね~。

 

でも、劉社長が“章のことを信じてるから警護を頼んだ”というところは、グッときました。

なんだかドラマを見ている自分自身も信じてもらえたような気がして。

そんなわけないんだけど、誰かに信じてもらえるって、ほんと嬉しいことだと思いました。

 

劉社長は今回、俺のなにかを護ってくれてありがとうって言いませんでしたね。私が聞き落としただけ?(;^ω^)

それがちょっと残念。楽しみにしてたのになぁ。

でも、テレビでいつの日か感謝の言葉を言いたいと言っている劉社長に、『今言えよ』『直接な』と突っ込む高梨と章が面白かったです!

 

高梨と章が素直になれず、近くにいるのにわざわざ無線を使って話すところも、

誤差なしを4人でやったところも、

ジーンときました。エモかった!

 

多佳子先生とは結局、このままの関係でってことで終わったけど、酸素マスクをバッチンとする多佳子先生はイジメっ子で可愛かったなぁ。

これからも、章の命を心で護る盾になってくれることでしょう!

 

最後は小俣課長もいい人に戻ってよかったです。笑

アルバイトの小次郎くんのその後まで、1人も逃すことなく その後が描かれたラストに大満足でした。

これはたぶん、続編きますね~☆

 

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ