『BG2~身辺警護人~』3話あらすじと感想|まさかの展開にドッキドキ。笠松先生が可愛いです♪

にこ

今回は、2020年7月2日放送『BG2~身辺警護人~第3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

島崎章(木村拓哉)は、医師の笠松多佳子(市川実日子)から危ない依頼を引き受ける…。

それは、今まで悪徳詐欺のかぎりを尽くしてきた道岡三郎(豊原功補)を退院まで護ること!

はたして章と高梨(斎藤工)は彼を護り抜くことができるのか!!?

それではさっそく、3話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『BG~身辺警護人~』3話のネタバレあらすじ

ある日、島崎章(木村拓哉)は、整形外科医の笠松多佳子(市川実日子)からヤバい依頼を持ちかけられる。

それは、今まで投資詐欺で多くの人から金を騙し取ってきたという実業家・道岡三郎(豊原功補)の警護依頼。

道岡は逮捕されたものの不起訴になり釈放。その帰りに、恨みをもつ男に襲われ、重傷を負っていた。

 

多佳子がその手術をすることになったのだが、道岡を恨むものはごまんといる。

そこで病院側は、道岡に警護をつけることにした。

 

でも道岡は『やるならやれよ!』と敵を挑発するような男だ。

どこの警備会社にも断わられ、多佳子は困っていた。

 

高梨(斎藤工)は悪党を警護するなんて…と嫌がるが、章は『会いもしないでなんでわかるんだよ』と、道岡の警護を引き受けることにした。

 

ケンカ別れ

翌日、その噂を聞きつけた菅沼まゆ(菜々緒)が高梨に会いにきた。

 

まゆはその話は危険だからやめたほうがいいと言うと、

KICKSの蹴った仕事ばかり受けて、もしかして対抗してるの?

と尋ねた。

『あのな、イチイチ昔の会社なんて意識するかよ』

苛立った高梨はまゆに反発。

まゆは高梨が心配で来たのに、またケンカ別れしてしまう。

 

高梨が車に戻ると、章は『早く追いかけろよ。このままじゃ本当に終わっちまうぞ』と発破をかける。

でも高梨が車を降りたときには、まゆはもうタクシーに乗り込んだ後だった。

 

道岡との対面

その後、章と高梨は、病院へ。

道岡と秘書の小暮裕太(長谷川朝晴)と顔を合わせる。

 

道岡は章と高梨を見るなり、章のことは年寄り扱い、高梨はサービス業に向かない性格だと評価する。

おまけに金も最低料金しか払わないと聞き、2人はがっかり。

報酬は期待していいんじゃなかったの?と多佳子を睨む。

 

でも仕事は仕事。

『天国でも地獄でもお供いたします』

章は言うと、さっそく道岡の警護を始めた。

 

警護開始!

道岡が入院している特別室は9階だ。

侵入経路は、エレベーターか非常用通路のみ。

ドア前に待機していれば、まず100%襲撃を阻止することができるだろう。

だがそこに章たちが立っていれば、道岡がいることがバレバレだ。

 

それに章たちが特別室の警護にあたっていることは、もう病院で噂になっているようだ。

2人は『ねぇ、誰に頼まれたの?芸能人?教えてよ』と、プロテイン売りのおばちゃん・凛子(宮地雅子)に呼び止められる。

 

章と高梨は結局、特別室の中に仕切りを置き、その陰で待機することにした。

 

手術は翌日の15時。

手術の次の日からリハビリが始まる。

リハビリ担当の湯川(木村了)が挨拶すると、道岡は『若い兄ちゃんか。もっとベテランいないの?』と嫌そうな顔をする。

だが、湯川は多佳子も認める理学療法士で、自ら道岡の担当を志願したという。

『一緒に頑張りましょう!』と熱血ぶりを見せる湯川に、『そういうの1番嫌なんだよな』と道岡は呟いた。

多佳子への脅迫状

そんな中、多佳子に脅迫状が届く。

道岡を助ける医者は許さないというのだ。

 

それを見た院長は、やはり彼の治療は考え直しましょうと多佳子に言う。

でもどんなに嫌な人間でも、最善を尽くすのがプロの医者。

多佳子は道岡を治療したいと訴える。

 

だがもし、道岡が襲われでもしたら病院の評判が落ちる。

『笠松先生も、整形外科の副部長なら病院の経営を考えてもらわないとねぇ』

多佳子が困っていると、横にいた章が口を挟んだ。

『あの、もし道岡がここに入院していることが漏れたのなら、道岡の治療を拒否したことも漏れるんじゃないですかね〜』

患者を見捨てたなんて評判が流れたら、それこそ病院の評判はガタ落ちだ。

それを聞き、院長も渋々OKを出すのだった。

 

見舞客!?

一方、特別室に『鈴木』と名乗るガタイのいい男がやってくる。

高梨が鈴木を病室の中に通すと、道岡は『さすが脇永先生だ』と一言。

道岡とその男は何やら訳ありのようで、高梨は席を外すよう道岡に頼まれる。

 

2人きりになった男は『先生はあなたのことは一切存じ上げません。ご了解ください』と道岡に顔を近づける。

その直後、男は『早くお怪我を治してください』と道岡の足を押さえつけた。

彼は、道岡が金を横流ししていた政治家・脇永議員の手先だったのだ!

 

高梨と鈴木は格闘になり、高梨は戻ってきた章に取り押さえられる。

『なに、ボディーガードが攻撃してるんだよ!』

すると鈴木は無言で病室を出ていった。

 

意地か、プライドか

道岡が本当の悪党だと知った高梨は、これからも警護を続けるべきか迷う。

だがクライアントを選んだら、VIPしか警護しないKICKSと変わらなくなってしまう。

『なんだよ、結局ただの意地かよ。

劉社長(仲村トオル)を見返すためにKICKSの蹴った仕事を受けるんだったら、もう付き合いきれません』

高梨と章の雰囲気は最悪になる。

 

すると『あら、喧嘩?』と、プロテイン売りの凛子が話しかけてきた。

凛子は『仲良くしなくちゃだめよ。人生何が起こるかわからないんだから』と章に説教をする。

そして息子がくれたという赤い水筒を見せ、試供品を飲ませようとした。

章が任務中なので断ると、凛子はまた特別室に入院しているのは誰なのか教えてとしつこく訊いてきた。

 

仲直り

その夜、章と高梨は交代で仮眠をとりながら警護にあたった。

仮眠しようと椅子に座り腕組みする高梨に、章は『意地じゃないから、ほんとに』と小声で囁く。

だが高梨は目を瞑ったまま答えない。

1度決めたことは最後まで投げ出したくないだけだよ。用心棒だからな

 

それを聞いていた道岡は、章にカーテンを開けてくれないかと頼む。

今日は満月。

さすがの道岡も、オペを前に緊張しているようだ。

人に憎まれるのは平気だが、注射が苦手だという道岡。

『また歩けるようになるためです』

『もう世界中を歩き尽くしたけど、行ってないのは地獄ぐらいだ』

そう呟く道岡の横顔を、章は見つめた。

 

襲われる多佳子

翌日、多佳子がオペ室に行こうと階段を降りていると、足音が聴こえた。

多佳子が振り返ると誰もいない。

でも前を向いた瞬間、多佳子は覆面をかぶった何者かに襲われる!

 

手術の時間になっても、多佳子は来ない。

多佳子と連絡が取れないという看護士の話を聞き、章は彼女を探し始める。

 

そして何者かが多佳子にメスを向けようとした瞬間、章が現れ、犯人は逃げていった。

 

 

『もう平気、行って。こんなことでビビるわけないでしょ』と多佳子は意地を張るが、腰が抜けて動けない。

『先生は、僕のクライアントの大事な先生だ』

章は多佳子に手を差し伸べた。

 

多佳子が章を見上げると、章は黙って頷く。

多佳子がそっと手を伸ばすと、章は勢いよく多佳子を引き上げ『よし!行きましょう』とオペ室に向かった。

 

犯人は誰だ!?

手術の間、章と高梨は防犯カメラを確認した。

だが犯人らしき人物は誰も映っていなかった。

高梨は鈴木が怪しいと考えるが、政治家の手先が担当医を襲うなんて考えにくい。

 

するとそこに、沢口正太郎(間宮祥太朗)から、『KICKSを辞めた理由を教えてほしい』と章に電話がかかってきた。

だが今はそんなことを悠長に話している場合ではない。

沢口はみんなに隠れて、KICKSが道岡の依頼を受けた時の資料を調べてみることにした。

 

その後、道岡の手術は無事に終了し、湯川によるリハビリが開始された。

嫌がる道岡に、秘書の小暮は『直後が大事なんだそうです』と声をかける。

小暮が心配して来たことを知った道岡は『来るなと言ったろ。帰れ』とテーブルの上にのったペットボトルなどを床に落とす。

 

小暮が道岡にひどい扱いを受けているのを見た高梨は、小暮が道岡をおそったのではないかと考える…。

 

道岡の欲しいもの

翌日から、道岡の歩行訓練が始まった。

今日は日曜日。休みにも関わらず、小暮が付き添う。

『来るなって言っただろ!』

道岡の罵倒を受けながらも、小暮は『早く良くなってまた仕事をしてほしい』と口にする。

『まだ俺に悪事を重ねてほしいのか?』

『いえ、社長がやってきたことが全て悪いわけではありません』

生意気言うな!出すぎたことを言うような秘書はいらない。辞めろ!』

『…辞めません』

頑なに道岡についていくという小暮に、道岡は『辞めたくないなら、今自分が最も欲しいものを持ってこい』と命令する。

 

小暮が道岡に出会ったのは、今から11年前。小暮が前の会社で人間関係に悩んでいた時だ。

道岡の投資セミナーを聴いた小暮は、道岡のそばで働きたいと思った。それで秘書として働くことになった。

 

それを知った章は『道岡さんに会って、人生が変わったんですね』と小暮に言う。

章も自分が独立したことで、高梨の人生を変えてしまったような気がしていたからだ…。

『私は後悔していません』

小暮は道岡の欲しいものを探すため、会社に戻っていった。

 

危険はすぐそこにあった!

そこに沢口が、道岡について調べた資料を持ってやってきた。

それを見た章は驚き、急いで無線で高梨に連絡をする。

 

今、道岡は屋上で湯川とリハビリの真っ最中。

でもまさに危険なのはそいつだ。

湯川の姉は、道岡の詐欺の被害者で自殺しているのだ!

 

するとプロテイン売りの凛子が『もう仲直りした?』と章に声をかけてきた。

『今、急いでるんで。日曜なのにお疲れさま』

章はそう言って先を急ごうとした。

でも日曜なのに凛子がいるのはおかしい。

章が振り返ると、そこには誰もいなかった。

 

一方、高梨は、道岡を湯川から引き離すため動き始めていた。

『寒くなってきたんで部屋に戻りませんか?』

高梨はいろいろと交渉を試みるがうまくいかない。

 

そこに章が走ってきて、『どうですか?調子は』と道岡と湯川との間に割って入った。

道岡は少し歩けるようになってきており、『俺を恨んでるやつから逃げなきゃならないからな』と言った。

 

とその瞬間、湯川が道岡に襲いかかってきた!

章が盾になるように道岡を逃がそうとすると、道岡は章を突き飛ばし、わざと湯川の前に出た。

道岡は車椅子に座らされ、湯川にメスを突き付けられる。

そうなることを、道岡は望んでいたのだ。

 

道岡は、最初から湯川が自分を殺そうとして担当になったことに気づいていた。

湯川の姉が自殺したことも知っていた。

被害者の会で、湯川の顔を見て、そのことを覚えていた。

殺れ!ひと思いに!

そう訴える道岡に、『喧嘩はダメって言ったでしょ!』と凛子が声をかける。

手には息子からもらった赤い水筒を携えて…。

 

なんと凛子もまた、道岡に騙され亡くなった息子の母親だったのだ!

 

『いくら払えば許してくれる?』

この期に及んでも、道岡は挑発するような言葉を次々投げかける。

お金なんていらない!罪を償え!』

凛子と湯川は、道岡に全ての証拠を持って警察に出頭するよう叫んだ。

 

『あのさ、俺を恨むより姉ちゃんや息子を恨んだら?

俺の父親は友人の借金背負って首くくった。まだガキだった俺は生きるために嘘を覚えて、金を儲けた。

投資も人生もリスクがあって当然なんだ!騙されて自滅するような人間は負け犬って言うんだよ!』

黙れ〜〜!!!!』

メスを振り上げる湯川の手を、章が捻りあげる。

息子の形見の水筒で道岡を殴ろうとする凛子を、高梨が押さえる。

 

道岡さん、そんなに死にたいんですか!?』

章が道岡に尋ねると、『社長は誰かに止めてもらいたいんだと思います!』と秘書の小暮が現れた。

 

小暮は道岡に近づくと、社長が1番欲しいものを渡した。

それは投資詐欺についての証拠だった。

そこには脇永議員の関与についても全て記録されていた。

小暮もずっと、道岡の悪事に加担してきたのだ。

 

頭を下げる小暮を見て、凛子の目に涙が浮かぶ。

道岡は小暮の肩を支えにヨタヨタと歩くと、赤い水筒を拾い上げ、凛子に渡した。

受け取る凛子に、道岡は黙って頷く。

 

最後の任務だ。警察まで送ってくれ

道岡はスッキリしたような表情で、章に微笑む。

『かしこまりました』

 

凛子は水筒を抱きしめ、声をあげ泣いた…。

 

2人だけの秘密

警察に向かう道岡の車椅子を多佳子が押す。

多佳子は道岡を車に乗せると、『私の患者をよろしく』と章に頼んだ。

先生は大丈夫ですか?』

『…あれは、秘密事項』

『心得てます』

2人は互いに、多佳子を助けたとき、手を引き上げ起こしたことを思い出し、胸にしまう。

 

章が手に怪我をしていることに気づいた多佳子は『待ってるから』と章に呼びかけた。

 

亮が守ったもの

警護費用は、52時間で52万円。

『安いな…。

でも俺の財産はすべて被害者の債務に充てられる。支払いは罪を償ったあとでいいか?』

道岡は必ず払うことを約束すると、そのために再び上に上がることを決意する。

ありがとうな、俺の野心を守ってくれて

道岡は感謝の言葉を口にする。

 

その時、章はサイドミラーに映り込む謎の男(中村織央)の姿に気づく…。

 

劉との対決

その後、まゆはKICKSの経営に携わることを決め、劉社長に報告する。

劉社長はそんなまゆに、自分がなぜ警備業界に目を向けたか、今まで誰にも話したことがないという過去について話そうとする。

 

だがその時、章が訪ねてきて、劉は屋上に向かう。

章は劉に会うと、あの謎の男について問い詰めた。

劉が、桑田議員のやらせ襲撃事件に加担させた男のことだ。

 

男との関係を否定する劉に、章は前にも約束したはずだと声を荒げる。

このことは公にはしない。その代わり、もう2度とボディーガードの命をもてあそぶようなことはやめろ!

去っていく章の背中に、劉は呼びかける。

…あなたの好きなボディーガードをずっと続けられるといいですね…

意味深に微笑む劉を、章は鋭い眼差しで睨みつけた。

 

〜 4話につづく 〜

 

 

『BG~身辺警護人~』3話の感想

https://twitter.com/wXyHMN62AAke3XJ/status/1278703016430862336?s=20

きゃ〜多佳子先生〜〜♡

なんだか多佳子と章の何かが始まりそうで、ドキドキ。

強がる多佳子が手を取るまで待つ章と、取ってから立ち上がらせるまでの落差が凄っ!早っ!!

 

あれは今までと見る目変わっちゃうな〜。危険なところを助けてもらったわけですし、仕事は違っても同じ志を持つもの同士なわけですし。

今まで平気で章の手当てをできてたのが、できなくなりそうですね、多佳子先生。

最後、章が劉に会いに行くシーンはちゃんと白い包帯巻いてたので、章は速攻病院に行ったのかなぁと思うと可愛いですな(^m^)

 

それに、期待どおり!道岡は根っからの悪党じゃありませんでしたね。

彼もまた、金で父を失った被害者の1人でした。

そしてちゃんと被害にあった人たちの顔を1人ひとり覚え、罪の意識を感じ、もう殺してくれとすら思っていました。

なのにやり直すこともできず、被害を拡大させるばかりだった。

 

道岡は『ありがとう、俺の野心を守ってくれて』と言っていましたが、本当に大切なのはそれではなく、負の連鎖を止めてくれたことにあるんじゃないでしょうか。

自分では止めることができない負の連鎖を誰かに止めてほしい。

だから、秘書の小暮は、投資詐欺の全ての証拠を持ってきた。

 

今回は最初から、秘書の小暮さん、理学療法士の湯川さん、プロテイン売りの凛子と、3人も怪しい人物がいたので、どうなるんだろうとハラハラして観ていましたが、

湯川も凛子も被害者で、小暮は最後まで道岡の腹心という結末でした。

道岡にとって小暮は、ワガママが言える唯一の存在だったんでしょうね。

でも、さんざん凛子や湯川を煽って傷つけた道岡が、赤い水筒を凛子に渡すのはちょっと無理な気がしました。

 

私だったら、道岡に息子の形見の水筒は拾ってほしくないな…と思ってしまいました。

だって、道岡が息子さんを死に追いやったのは間違いないんですから…。。

 

 

ちなみに、道岡の警護をすることになった日の朝の朝食はいつもより豪華!!!

実は相当危ないと、章も思っていたんだな〜。

 

一方、KICKSでは沢口が小俣課長に隠れて、章に協力してましたね!

しかもそれを手伝うまゆ!

でも最終的に、社長の元で経営に携わる覚悟をするまゆ!

本当は君も、高梨に止めてほしいのかい!?

 

もう、高梨とまゆペアは見ててハラハラしますね〜。見た目は大人カップルなのに、今までもこんな感じで喧嘩ばかりしてたのかな?

まゆは、プライベートでも社長とつき合うことにするのかな?

それともそれは、社長から情報を得るためのカモフラージュ??

これからの展開が気になりますね!

 

次回は、20年もの間、家に引きこもっていたというニートの大輔(岡部義徳)の警護。

この設定は全く思いつかなかったわ〜。面白そう!

章が最終的に大輔の何を護ることになるのかも気になりますね♪

 

コロナのせいで7話ほどで終わってしまうなんてもったいない…。

でも今は無事に最後まで撮影できることを祈るばかりです。

皆さまもお気をつけてお過ごしください。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ