『アンサング・シンデレラ』2話ネタバレあらすじと感想│みどりと刈谷が激突!?正反対な2人の想いは…

にこ

今回は、2020年7月23日放送『アンサング・シンデレラ』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

薬剤師の葵みどり(石原さとみ)は、右腕の骨折で入院中の大宮清(小林隆)が篠原麻利絵(大後寿々花)と言い争う姿を目撃する。

 

彼女は大宮の娘だというが、みどりは2人の関係に疑問をもつ…。

 

そんな中、病院に麻薬取締官がやってきて…!?

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

アンサング・シンデレラ』第2話のネタバレあらすじ

病院薬剤師の葵みどり(石原さとみ)は、新薬が出たら味を確かめる薬オタクだ。

それもみな、いつか患者さんの役に立つと思えばこそ!

でもそんなみどりの行動は、なかなかみんなに理解されない。

今日も 主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)に小言を言われながら、みどりは仕事を開始した。

 

そこに『今日の12時に、麻薬取締官(通称・マトリ)が来ると連絡があった!』と、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が飛び込んできた。

 

それを聞いた刈谷は、調剤室にある医療麻薬と帳簿を照らし合わせ、薬の数が合っているか確認した。

さらに販田は他の薬の保管状況を調べるため、工藤虹子(金田美穂)ら2人を連れ出す。

 

そんな中、みどりはいつものように入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、チェックに出かけた。

『今日は人手が足りないんだから、早く戻ってきてね!』と、刈谷はみどりに釘をさすが、その顔は不安そうだ。

 

みどりが新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて病棟を回っていると、右腕骨折で入院中の大宮清(小林隆)の病室から怒鳴り声がした。

見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と口論になったのだ。

 

みどりが大宮に、入院前に飲んでいた薬はないか尋ねると『知らないよ、そんなこと!』と大宮は怒り出した。

持病も体の不調もないという大宮だが、立ち上がった大宮は、一瞬辛そうな表情を見せる…。

すると大宮は、水と薬らしきものが入ったポーチを持ってトイレに行ってしまった。

 

困ったみどりは、麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねた。

でも、麻利絵はわからないと言う。

 

みどりが大宮との関係を尋ねると、麻利絵は『大宮さんは、一応 父です』と答えた。

何やら事情がありそうな2人に、くるみは首を傾げる。

 

するとにわかに、病室の外が騒がしくなった。

大宮がトイレで意識不明になり倒れ、緊急搬送されることになったのだ。

 

みどりは慌てて大宮のポーチの中身を確認するが、何も入っていない。

くるみを先に調剤室へ帰すと、みどりは麻利絵と一緒に救急センターに向かった。

 

麻利絵と大宮の関係

救急処置室では、医師の豊中(臼田あさ美)と共に、薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)が治療にあたっていた。

 

『大宮さんは、大丈夫なんでしょうか?』

不安そうな麻利絵に、みどりは大丈夫ですと声をかける。

だが、大宮は心室性の不整脈が続き、非常に危険な状態に陥っていた…。

 

みどりは瀬野に、大宮のポーチの中身がなくなっていたことを伝えると、もしかしたらトイレで間違った服薬の仕方をしたのかもしれないと訴えた。

 

『なんで隠れて薬を飲む必要があるんだ…』

瀬野の言葉を受け、みどりは麻利絵に、どんな些細なことでもいいので大宮について知っていることはないか尋ねた。

 

でも麻利絵は泣きそうな顔で、大宮に会ったのは20年ぶりだと打ち明ける。

大宮は、麻利絵が小学生のときに事業が失敗し、家を出ていったのだ。

 

でも麻利絵が結婚することになり、彼と彼の両親が大宮さんを呼ぼうと言ってくれた。

それは5年前に亡くなった母の希望でもあった。

 

ところが大宮は、結婚式に出ることを拒否。

それどころか『おまえには2度と会いたくない。帰れ!』と麻利絵を追い帰した。

その後、何度説得しても、大宮は『会いたくない、帰れ』の一点張りだった。

 

でも今は、そんな事情は関係ない。

『患者の命を救うために、どうしても大宮さんが飲んでいた薬が知りたいんです』

瀬野は麻利絵を問い詰めた。

 

大宮さんの家に行けば、なにかわかるかもしれません…

麻利絵の言葉を聞き、みどりは一緒に家に行くことにした。

 

薬が足りない!!

一方その頃、主任の刈谷は、マイコプラズマで通院中の山口礼央(高木波留)くんの薬を、母親の真央に渡していた。

 

その薬をネットで検索した真央は、副作用が出ないか心配していた。

でも刈谷は『ネットに惑わされるのが1番危険です』とバッサリ切り捨て、『どちらも一般に処方されているもので、安全性が高い薬です』と淡々と説明した。

真央はそんな刈谷を、不安げな顔で見つめる…。

 

そんな中、麻薬管理室を調べていた販田たちは、医療用麻薬のフェンタニルが1本足りない事に気づく。

昨日の夜に確認したときは合っていたから、フェンタニルは昨日の夜中から今朝の間に誰かが持ち出したと思われた。

 

販田が頭を抱えていると、みどりが『外出許可を出してほしい』と電話をしてきた。

でもこの緊急事態の中、それが許されるわけがない。

 

副部長の印鑑だと、瀬野の他にもう1人、七尾副部長(池田鉄洋)の印鑑が必要になる。

でも、七尾と瀬野は犬猿の仲だ。七尾に印鑑をもらうのは難しい。

だがその間にも、刻一刻と大宮の状態は悪化していく。

 

許可は俺がなんとかする

そう言うと、瀬野は治療室に戻ってしまった。

 

病院を出る前に、みどりは刈谷にだけは知らせておこうと、電話した。

『ハア?それは今、あんたがやるべきことなの?』

『私がやるべきことです』

『…もう知らない。好きにすれば?』

刈谷に言われ、みどりは麻利絵と一緒に病院を出た。

その様子を副部長の七尾が見つめていた…。

 

マトリが到着!

自転車で出かけるみどりと麻利絵と入れ違いに、麻薬取締官が病院にやってきた。

 

薬剤が足りないことがマトリにバレたら、警察に通報され捜査になる。

そうすれば麻薬を使ったオペもできなくなり、部長の販田が責任を取ることになるだろう。

 

そこに、今朝 医療用麻薬の金庫を開けた人物がわかったと、薬剤師の工藤虹子が飛び込んできた。

それは、DI室の責任者・荒神寛治(でんでん)だった!

 

荒神は、胸部外科の本村医師の指示でフェンタニル1本を看護師に渡していた。

それを帳簿にチェックし忘れたのだ。

 

荒神から、本村医師がまだ使っていないかもしれないと聞いた販田は、本村に電話した。

でも出ない!

虹子によると、この時間、本村は医師会の診療連携会に出ているという。

 

販田は時間稼ぎをしている間に、本村先生に話を聞いてくるよう、くるみに頼んだ。

 

その後、販田はなんとか話を引き延ばそうとするが失敗し、秘密兵器の荒神を投入する。

だが奇術も歌も、マトリに効くわけがない。

それでも荒神はベテランの力を見せ、時間を稼ぎ続けた。

 

一方、くるみは飲み物を配る事務員を手伝い、会議室に入ることに成功!

本村医師に、マトリが来たことをメモ用紙で伝えた。

 

するとフェンタニルは胸部外科のスタッフステーションの金庫にあることが判明!

くるみは急いで取りに向かった。

 

大宮が服用していた薬の正体

その頃、大宮の家に到着したみどりは、半分潰れた薬のかけらを見つけていた。

識別番号が読み取れないため、みどりは袋についていた粉を舐めてみた。

でも、名前が出てこない。

 

そこでみどりは、薬剤師の羽倉龍之介(井之脇海)に電話をかけ、EB20から始まる白い錠剤を調べてほしいと頼んだ。

 

『初め、ほんのり甘くて、後から苦味が引き立ってくる感じ。絶対味わったことがあるの。名前の候補を挙げてくれる?』

羽倉の協力を受け、みどりはこの薬がロペラミドだということを突き止める。

 

みどりはすぐさま、それを瀬野に連絡。

大宮はロペラミドの過剰摂取で不整脈を起こしている可能性があるので、拮抗薬のナロキソンを投与してくれと頼んだ。

 

しかし、きちんと確認が取れなければ投与はできない。

瀬野に言われ、みどりは大宮のかかりつけ医を探し始めた。

 

その間に、麻利絵は幼い頃の自分が写った古いアルバムを発見する。

その中で大宮は、いつも明るく笑っていた。

 

『大宮さんのそばにいてあげてください』

麻利絵に病院に戻るように言うと、みどりは大宮のかかりつけの大学病院に向かった。

 

一件落着

一方、荒神はまだ頑張って手品を見せていた。

だが痺れを切らしたマトリは薬剤の確認を始める。

 

その頃、くるみはようやくフェンタニルをゲット!

落とさないように気をつけながら管理室に運ぶと、販田の手にフェンタニルを握らせた。

 

あとはこれをどうやって戻すかだ!

販田の目配せをうけ、荒神はまた手品を見せ、マトリの目をひきつけた。

その隙に販田がフェンタニルを戻し、マトリの調査は無事終了

『ありがとうございました〜!』と販田と荒神は頭を下げた。

 

その頃、瀬野はみどりを信じて、大宮にナロキソンを投薬すべきか悩んでいた。

その時、みどりから医師の確認が取れたと報告が!

 

瀬野は豊中先生に『大宮さんはロペラミドの過剰摂取により、不整脈を起こしている可能性がある』と、ナロキソンを渡した。

 

その結果、大宮の容態は安定し、麻利絵は『ありがとうございました』と豊中に頭を下げた。

 

その後、調剤室に戻ったみどりは、七尾副部長から無断外出は問題だと、とがめられる。

でも瀬野は、救急の豊中医師から服薬指導依頼書をもらっていて、これがあれば問題なし!

 

七尾は『こんなやり方をしていたら、この部署はそのうち 立ちいかなくなりますよ』と、嫌味を言うと去っていった。

 

患者を思う、意見の相違

その夜、葵は販田と刈谷、くるみを連れて中華料理屋『娘娘亭』に行った。

もっと洒落た店がよかったと文句を言う販田に、みどりはニッコリ笑ってみせる。

なぜならここは、クレイマー患者・辰川秀三(迫田孝也)の店なのだ。

 

病院で見せる顔とは打って変わり、大人しい印象の辰川に、みんな驚きを隠せない。

 

そんな中、みどりは『大宮さんが助かってよかった〜』と喜ぶ。

でも刈谷は『それって本当に患者さんのためになってるのかな』と疑問を口にする。

 

今日、みどりがしたのは、大宮にした服薬指導のみ。診察点数にすれば325点。

みどりは半日かけて、3250円しか病院に利益をもたらしていないのだ。

 

利益を上げなければ、病院はその部署の縮小を進める。

となると、調剤は院外で十分だという話になってくる。

でも病院から薬局がなくなったら、困るのは患者さんたちだ。

 

刈谷は1人ひとりの患者に時間をかける みどりの行為は、単なる自己満足にすぎないと言い放つ。

 

でも、みどりはそれに納得できなかった。

なぜなら、薬剤師の仕事は薬を渡して終わりではないからだ。

 

“その先の生活に繋がる仕事だからこそ、もっと1人ひとりのことを理解する必要がある”

みどりはそう訴えた。

 

それで?これからあんた、大宮さんをどうするつもり?

『そりゃ、あとは通院していた病院に戻ると思うので、そちらに任せるしか…』

『あっそ』

販田は答えると、食事もせずに帰ってしまった。

 

それを聞いていた小野塚(成田凌)は、『病院の薬剤師さんって熱いんですね』と声をかける。

みどりはこの前、初めてここで小野塚と話したのだが…

小野塚は、“この中では刈谷さんが1番患者さんのことを考えていると思いました”という。

 

シングルマザーの真央

一方、店を出た刈谷はマイコプラズマで通院中の山口親子を見かける。

息子の礼央を抱っこしながら、荷物をたくさん抱え、会社に詫びの電話をしている真央。

刈谷は真央の落とした荷物を拾うと、昼間に会った薬剤師だと名乗った。

 

『抱っこ、大変そうですね』

刈谷が声をかけると、真央は笑って行ってしまった。

 

家に帰ると、真央はオレンジジュースに入れて薬を礼央に飲ませた。

すると礼央は『苦いからやだ!』とジュースを床にぶちまけた。

 

礼央が寝たあと、遅くまで真央はノートパソコンを叩き、仕事をした。

散らかった部屋を見て、真央はため息をつき、片付ける…。

 

子どもの薬の飲ませ方

翌日、真央は病院に行き、薬を変えてもらえないか小児科医の久保山に掛け合った。

でも小さな子にはまだ錠剤は飲めない。『もうちょっと頑張ってみてください』と言われ、真央は『頑張ってないですか?』と、思わず心の声を漏らす。

 

真央が礼央を抱っこして待合室に座っていると、刈谷が薬を持ってきた。

『粉薬を嫌がって飲んでくれない』という真央に、刈谷は医師と同じように『もう少し頑張ってみて』と声をかけそうになり、真央に先に言われてしまう。

 

刈谷はそんな真央たちを見過ごせず、みどりに服薬指導をしてもらうことにした。

 

礼央に処方されているのは、クラリスロマイシン。

みどりは少量だったら問題ないと、真央に薬の味見をさせた。

 

すると薬には甘みがついていた。

でも子どもの舌は大人より敏感なので、嫌な味が気になってなかなか飲んでくれないのだ。

 

しかもクラリスロマイシンは、オレンジジュースなど酸性のものに混ぜるとコーティングが剥がれ、強い苦味が出てしまう。

そこでみどりは、チョコレートアイスに混ぜることを提案した。

 

それはみどりが、刈谷から教えてもらったこと。

刈谷もシングルマザーで大変な思いをしながら、薬剤師として より多くの患者さんのためになるよう頑張っているのだ。

 

『山口さんも頑張っていらっしゃると思います。

どうか1人で溜め込まないで、なんでも相談してください。そのために薬剤師はいますから』

 

真央は驚いたような顔でうっすら笑むと、涙を流して『ありがとうございます』と微笑んだ。

 

調剤室に戻ったみどりは、やっぱり刈谷に『遅い。時間かけすぎ』と注意される。

知ってるじゃないですか、患者さんのこと』

みどりは刈谷に、オレンジジュースとチョコレートアイスの入った袋を返す。

 

すると刈谷は『このまま、自己満足で終わるつもり?患者の人生にまで踏み込むのが あんたのやり方なら、最後までトコトンやりなさいよ』と言う。

 

親子を繋ぐもの

その後、みどりはくるみと一緒に大宮の病室を訪ねた。

大宮は、左の大腿部の骨肉腫にかかっており、術前化学療法のために抗がん剤を使用していた。

その副作用を抑えるため、下痢止めのロペラミドを服用していたのだ

 

大宮は家を出たあとも、ずっと陰から麻利絵の成長を見守ってきた。

だから麻利絵に結婚式に出てくれと頼まれたとき、本当はとても嬉しかった。

でも今さらどの面下げていったらいいのか…。

その時もう手術で片足を切断することを知っていた大宮は、麻利絵に心配をかけたくなくて黙っていたのだ。

 

そこに麻利絵が入ってきた。

みどりはこの話を、麻利絵にも聞いてほしいと思ったのだ。

それに麻利絵は病気のことも、医師から説明を受けて知っていた。

 

すると大宮は『薬剤師の分際でどういうつもりだ!勝手なことをするな!』と、すごい剣幕で怒鳴り散らした。

 

薬剤師だからしているんです

みどりは大宮を見つめると、ロペラミドを大量服用したために、本当に死ぬところだったと訴えた。

 

『私は薬剤師として、そんなふうに薬を適当に扱って、命を危険にさらすような患者さんを見過ごすわけにはいきません』

 

そんな大宮に、麻利絵は部屋で見つけた古いアルバムを見せる。

1人でこんな想い出に浸って、ぜんぶ綺麗な想い出のままにしておきたいだけじゃない』と叫んだ。

 

家を出たときも、母に麻利絵の行事に来ないかと誘われたときも、大宮はいつも逃げてきた。

 

結婚式に出ないっていうのも、かっこ悪い自分を見せたくないだけでしょ?

…もう、逃げないで。

片足でもなんでもそのまんまの姿でいいから。結婚ぐらいちゃんと見届けなさいよ!

麻利絵は泣いて訴えた。

 

私には、大宮さんしかいないの。

大宮さんは、私のお父さんなんだから…!

 

『…とんだ馬鹿者だな…俺の娘は』

涙を流す大宮に、みどりは術後に待っている厳しい抗がん剤治療について伝えた。

 

1人では本当に大変だという治療。

『だからお願いします。ちゃんと2人で向き合ってください』

みどりの言葉に、大宮は静かに頷いた。

 

刈谷とみどり

調剤室に戻ったみどりは『なに凹んでるの』と刈谷に突っ込まれる。

みどりは大宮に言いすぎてしまったことを反省していた。

自己満足?それとも患者さんのため?』

『患者さんのためです』

『ならいいんじゃない?』

刈谷はハンコを捺す手を止め、一瞬だけみどりの方を振り返る。

 

そこに『大宮さんが このままうちに転院できないかと言ってきたそうだ』と、瀬野が入ってきた。

大宮はこれからもみどりに薬の相談がしたいと、言ってくれたのだ。

 

『刈谷さんと葵さん、タイプは違うけどなかなかいいコンビですね』

くるみの言葉を聞き、『相原さん、ここの良さがわかっちゃった?』と部長の販田が飛びつく。

『合わなかったら辞めます』

くるみは相変わらず、冷たく笑って言い放つ。

 

エピローグ

エンディングは、麻利絵の結婚式。

手術して片足を切断した大宮が、松葉杖をついて麻利絵を新郎のもとまで連れていく。

 

大宮は麻利絵たちに見守られながら、リハビリを頑張る。

その傍らには、寄り添うように葵の調合したお薬が置かれている。

 

 

〜 3話につづく 〜

 

アンサング・シンデレラ』第2話の感想

今回も泣いてしまった。やられてしまった。エンディングに(´;ω;`)ウッ…

 

そこまではウルッとなるだけで涙出てこなかったのに、お薬が患者さんと共にある姿を見るとどうにもたまらず、涙が出てしまう。

 

みどりの行動はたぶん、やりすぎだ。

私がおんなじことをされたら、やっぱり勝手なことをしないでと思うでしょう。

 

でも、みどりの言葉は言ったまんまで終わりじゃない。

ちゃんとその後も見届けてくれる。

そんなことしてたら、毎日どんどん見守らなきゃいけない人が増えていく気がするけど、みどりだったらできるんじゃないかと思えてしまう。

それは、刈谷や瀬野たち、薬剤部のメンバーたちがいてくれるから。

 

前回『つき合うなら最後までトコトンやれ』と、みどりの背中を押したのは 瀬野だった。

その背中を今回は、刈谷が押してくれた。

これから毎回違う人が、違うやり方でみどりの背中を押してくれるのでしょうか?

そう思うと、胸が熱くなってしょうがありません。

 

でもクラリスロマイシンをオレンジジュースに入れると酸味が出るので、チョコ系のものに混ぜるといいというのは、どこの薬局でも言われることなのでは?これは調剤薬局だけなのかな?

 

娘の風邪薬などをもらうと、紙をくれて説明してくれるので、いつもミロに溶かしてあげていました。

いまだに娘は薬をデザートか何かだと思っています(^_^;)

 

刈谷さんも自分で真央に伝えればいいのに、自分よりみどりの方が得意だろうと任せるのね。

わかる。

とってもわかるけど、なんだか切ない。

 

『頑張ってます』とみどりに言われて、真央が涙をこぼして笑う顔を刈谷にも見せてあげたかったな〜。

だって刈谷が気づかなければ、あの親子はずっと辛い思いを抱えていたでしょうから…。

 

どこまで人に関わるか?

その線引きは難しい。

責任の取れない私は、中途半端に心配をして、適当な言葉をかけるだけ。

薄情な自分に嫌に、ほんと嫌になりますわ~((+_+))

 

 

それでも人と関わらずに人は生きていけないから。

私も誰かの力になれたら…と、そう思ってしまうのです。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ