『いいね!光源氏くん』1話ネタバレあらすじと感想|光源氏がイチイチ可愛おかしい

いいね!光源氏くん ネタバレあらすじ

今回は、2020年4月4日放送『いいね!光源氏くん第1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

道に迷った光源氏(千葉雄大)がたどり着いた場所は、なんと沙織(伊藤沙莉)の家でした!

平安時代から現代にタイムスリップしてしまった光源氏と、普通のOL・沙織のやり取りが、コミカルで面白いです。

原作は、2015年から『FEEL YOUNG』にて連載されている、えすとえむさんの同名漫画です。

脚本も音楽も役者さんもノリノリな楽しい世界。

皆さんもご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

それでは、ネタバレあらすじを紹介したいと思います。

【いいね!光源氏くん】第一絵巻『平安のいけめん現る?』のネタバレあらすじ

会社から帰った沙織(伊藤沙莉)が、『疲れた〜』とソファに倒れると、バリで買った簾が倒れてきた。

沙織はそれを窓にかけると、『1週間頑張った私に、ご褒美ご褒美♪』とお香をたき、フェイスパックをしてソファに寝転んだ。

するとそこに、道に迷った平安貴族の装束を身にまとった男(千葉雄大)が簾をくぐって現れた!

驚いて叫ぶ沙織を、男は後ろから抱きしめ、沙織の口を着物の袖でそっとおさえた。

『静かに。そなたに無体な真似をする気はない。ただ道に迷うてしもうて』

男は静かにそう言うが、沙織は男の腕から逃れると、玄関から出て勢いよくドアを閉めた。

沙織はフェイスパックを取ると、警察に連絡しようとしたが、スマホがない。

すると、部屋の中でスマホが鳴り始めた。

驚いた男は、烏帽子を天井の梁にぶつけながら玄関へ向かった。

しかしドアは開かず、『誰か?誰かおるか?』と男はドアを叩いた。

男は『閉じ込められたか…。これもやはり右大臣のたくらみ…』と呟くと膝をついた。

そこに、ヘルメットをかぶり金属バットを手にした沙織が『わぁ〜〜〜〜!!!!!!!』と飛び込んできた。

沙織が男の頭を殴ると、男は気絶して倒れてしまった

 

沙織はすぐさま110番通報。

事件です!部屋に知らない人が、平安貴族みたいな格好で…かなりイケメンです

沙織はマジマジと倒れた男を見つめた。

もしかして…光源氏?

すると警察がやってきて、男に声をかけた。

目を覚ました男は、自分が烏帽子をかぶっていないことに気づき、『ヒィ〜〜〜!』と大慌て。

急いで烏帽子をかぶると、『一体どこなのじゃ?ここは』と沙織たちに尋ねた。

名前を聞いても名乗らない男だが、住んでいる場所を尋ねると『二条城』だという。

『道に迷い困っていたところ、この屋敷の灯りが見えて、声をかけたら返事がないので御簾をあげたら…』と真面目に語る男を見て、沙織は自分が殴ったせいでおかしくなったのかと不安になった。

 

すると警官が『結局2人は面識があったのかな?』と尋ねてきた。

沙織は『ないです』と答えるが、『あとは署で話を聞こう』と連れて行かれる男を見て、ふと気づいた。

平安貴族のイケメン、イケメンの平安貴族…

『あ!私、その人のこと知ってます!

(たしか国語の授業でやった)…光 源氏!』

それを聞き、光源氏はうるうるとした目で沙織に近づくといきなり抱きしめた

光源氏は『すまぬ。知らぬ異郷で私を知っていると言われ、つい…』と言った。

そんな2人を見て、警官は『じゃあ結局、痴話げんかってこと?』と呆れて帰っていった。

それでもまだ沙織を抱きしめ続ける光源氏に、沙織は『さすがにちょっと重いです』と言った。

しかし、光源氏は無言でそのまま沙織を押し倒すと、、、寝てしまっていた

そなただけが頼り

翌朝の日曜日。

沙織はドアをそぉ〜っと開けると、光源氏の様子を伺った。

しかし、光源氏はいなかった。

慌てて沙織が部屋の中を探すと、なんと光源氏は洗面所で、バスタオルや沙織の下着などをかけて眠っていた。

驚いて叩き起こす沙織に、光源氏は『寒くてつい…』としょぼんとして謝った。

それを見て、沙織は何かかけるものをあげればよかったと反省した。

沙織は、自分を抱きしめたまま眠ってしまった光源氏をそのまま放置してしまったのだ。

 

沙織は『そろそろお家に帰ったほうが…。タクシー呼びましょうか?』と言うが、光源氏にはわからない。

沙織が『乗り物』だと説明すると、光源氏は『牛車がいい』という。

沙織が(だめだ…この人まだおかしい…)と思っていると、光源氏は『二条城までそう遠くはないと思うが…』とレースのカーテンをたくしあげ、窓の外を見た。

するとビル街が見え、光源氏はフリーズした。

ここは一体…どこなのだ…』そう言うと、光源氏は目眩をおこし、倒れてしまった。

 

ソファにもたれて休む光源氏を見て、沙織は(マジでびっくりしてたけど、もしかして本物の光源氏?)といぶかしんだ。

 

沙織は『やっぱり警察に相談したほうがいい』と言うが、光源氏は嫌だという。

光源氏は『せめて事の次第がわかるまで、ここに置いてはもらえぬだろうか?』と言うと、捨てられた子犬のような瞳で沙織を見つめた。

そして沙織の手をそっと握ると、『頼む。そなただけが頼りなのだ』と言った。

沙織は心の中で必死に(だめだ私!断われ!断われ!)と思うが、頷いてしまった。

そこで沙織は、とりあえず光源氏の服を買いに行くことにした

服屋へGO!

沙織は、光源氏を着替えさせると外に出た。

光源氏は青のジャージ上下に、中にTシャツ、烏帽子は被ったままというファンキーな出で立ちだ。

沙織が『それ、変ですよ』と烏帽子を見てツッコむと、光源氏は『人前で烏帽子を脱ぐなどありえぬ』と言った。

沙織が服屋に入ると、自動ドアに驚く光源氏。

光源氏は恐る恐る中に入ると、たくさんの服にびっくりしつつも、沙織に似合う色のTシャツを見立ててくれた。

沙織はそれを受け取ると『そうじゃない!あなたのを買いにきたの』と手際よく服を選ぶと、光源氏に試着させた

烏帽子の代わりにニット帽を渡すと、光源氏は今風のイケメンに変身

沙織はそのカッコよさに、しばし言葉を失くした。

感動の和歌

帰り道、光源氏はカフェが気になるようだった

それで沙織はカフェで一息つくことにした。

沙織が光源氏に抹茶ラテフロートを渡すと、一口飲んだ光源氏は、パッと目を輝かせ立ち上がった

若草の〜〜〜

にほへる春や〜〜〜

抹茶てふ〜〜〜

恋しきものぞ〜

我はけふ知る〜〜

(訳:若草が香り、花が美しく咲いている春。抹茶という恋しいものを私は今日知った)

光源氏は和歌を詠みあげると、キラリとひと粒涙を流し、また抹茶ラテフロートを飲み始めた。

沙織はその顔を写メに撮ると、『感動すると歌が出るの?』と光源氏に尋ねた。

すると光源氏は『さまざまな心の動きや、よき眺めを歌に詠むのは常のことであろう?』と答えた。

光源氏は、沙織も思ったことや見たことを素直に言葉に紡げばいいと言うのだった。

沙織、光源氏を泊めることにする

その夜、光源氏はソファに横になり、まったりしていた。

沙織はそんな光源氏を見て『あの、今晩も家に泊まるんですかね?そろそろ京都行きの新幹線の最終だと思うんですが…』と言った。

すると光源氏は『京の都か…。私は帰りたくても帰れない身なのだ…』と起き上がると姿勢を正した。

光源氏は、愛する者たちと別れ、遠い須磨の地へ向かう途中だったのだという。

沙織はよくわからなかったが、深い事情があるのだと思い、光源氏をソファで寝せることにした

光源氏の和歌をSNSに投稿する沙織

沙織が毛布を取りに行くと、光源氏が腰に手をあてそろそろと歩き始め、沙織とぶつかった。

沙織はそのゆったりした動きを見て、『もう少しキビキビ動けないもんですか?』と言った。

すると光源氏は『二条院にいた頃は歌会や蹴鞠などもしたが、こう狭いとの〜』と言った。

それを聞いた沙織はイラッとして、昼間の光源氏の泣き顔をSNSにあげようかと考えた。

沙織は光源氏に『SNSってやってます?』と尋ねるが、光源氏はSNSもスマホもわからない。

そこで沙織は、光源氏にお古のスマホを渡すと使い方を説明した。

光源氏はメールの打ち方をマスターすると、目が疲れたといって寝てしまった。

沙織は、光源氏が詠んだ和歌に、昼間の泣き顔写真を貼り付けると、SNSに投稿した。

 

沙織は隣の寝室に行くと、『光源氏って、本物なら稀代のプレイボーイだよね。寝てる間に襲われたらどうしよう』と不安に駆られていた。

そこで沙織がそぉっとリビングを覗くと、光源氏は簾をあげ、座って夜の街を見下ろしていた。

光源氏は沙織と目が合うと、立ち上がり沙織をじっと見つめた…。

すると、ピロッピロッピロッと通知音が鳴り、スマホを見ると、先程の投稿にたくさんの『いいね!』がついていた

沙織はそれを見て、『これからも歌とか呟いてみたら?誰かあなたのことを知ってる人が見つかるかもしれないし』と言った。

詩織と遭遇!

翌朝、沙織は光源氏を部屋に残し、会社に行った。

笑顔で生き生きと働く沙織を見て、同僚は驚く。

 

一方その頃、沙織のマンションに、沙織の妹・詩織(入山杏奈)がやってきた。

詩織が『お姉〜、いないよね?ちょっと寝かせて〜』と鍵を開け部屋に入ると、

光源氏が孫の手を持ち、ソファに座っていた…!

【いいね!光源氏くん】第一絵巻の感想

やっぱり平安時代のほうが今よりゆったり暮らしてたのでしょうか?

腰に手をあてしずしずと歩く光源氏に、『もっとキビキビしたほうがいい』と突っ込む沙織が面白かったです。

 

光源氏の優雅な動きと、着物を着ているせいもあって、ふぁさぁっと優しく包み込むような抱きしめ方が印象的

沙莉ちゃんと千葉さんの身長差があるから、余計にそう感じるのかも。

最近は、壁ドンみたいなガッと抱きしめる系が多いから、新鮮に感じました。

 

沙織も、最初の頃は『え”??』という表情が多かったけど、後半になるにつれ笑顔が増えて、すごく可愛かったです。

光源氏に対しても、いつの間にかタメ口になってたし。笑

 

そういえば、光源氏は烏帽子は気にするけど、他の人に失礼な態度を取らてもあまり気にしないんですね。

何されても基本怒らないし…女性にジェントルマンなだけ?

(※平安時代の男性にとって、頭髪を人前にさらすのは下着姿になることより恥ずかしいことだったようです)

 

それにしても、現代のものに対しての反応がイチイチすっとぼけていて面白い光源氏

タクシー →多句椎

 

抹茶ラテフロート →不蝋斗

 

SNS →江州得怒江州

 

スマホ →須磨?

全部漢字に変換しようとするところがすごいです。笑

 

それに何より、感動すると立ち上がって和歌を詠んでしまうのがすごい

そのシーンは、『まるごと光源氏くん』で先に見てましたが、実際ドラマで観ると最高でした!

このシーンとか、抱きしめるとことか、ドラマでしかわからないところがいっぱいあるので、ぜひ実際に観てほしいです。

特殊効果も音楽もバッチリ合ってて、平安と現代のちぐはぐな世界を盛り立ててくれてます。

 

次回は、沙織の妹・詩織も出てきますね。

光源氏は、美人の詩織に惚れてしまうようです(^o^;)→と思ったら違いました(詳しくは2話のネタバレあらすじ2話のネタバレあらすじをご覧ください)

それからTVの中の武田玲奈さんにも恋しちゃってましたね〜。

予告でTVにへばりついてたのが印象的でした…笑

次回も楽しみです!

 

ではでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。