『いいね!光源氏くん』2話ネタバレあらすじと感想|光くんの朝帰りの真相は?

いいね!光源氏くん ネタバレあらすじ

今回は、2020年4月12日放送『いいね!光源氏くん第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

沙織(伊藤沙莉)が会社に行っている間に、妹・詩織(入山杏奈)光源氏(千葉雄大)が鉢合わせ!

沙織が光と暮らしていることがバレてしまいます

そのうえ光は朝帰りするようになり、沙織は気が気じゃありません。一体その真相とは…!?

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

『いいね!光源氏くん』第二絵巻〜ひもなのに朝帰り?〜のネタバレあらすじ

沙織(伊藤沙莉)が会社で会議に参加していると、妹の詩織(入山杏奈)からメールがきた。

沙織が見ると『おねえ、この男だ〜れ?』というメッセージと共に、驚きふためく光源氏(千葉雄大)のどアップが写っていた。

沙織は、光が詩織に手を出しているのではないかと思い、『そんなの絶対ダメ〜〜〜!』と大声で叫んでしまう。

しかしなぜかそれが功を奏し、イマイチな案件を最初からやり直すことに…。沙織は『よくやった!』とみんなから褒められた。

しかし、イチから企画書を任された沙織は内心ヒィ〜〜。一刻も早く帰りたいのにと焦っていた。

その頃、光は詩織が沙織の妹だと知り『まるで似ておらぬ』と驚いていた。

詩織は光のことを『光くん』と呼ぶことにすると『働かなきゃダメだよ〜』と言った。

詩織はキャバ嬢をしていて、まだ学生なのにアフターまでつけているという。

詩織は光の烏帽子を見ると『何それ、おじゃる丸みたい〜』と触ろうとした。

光はその手をパシッと掴むと『美しい…』と一言。

それを聞き、詩織は『いやいやいやいや、ないから!おねえの彼氏とか絶対無理だから!』と動揺した。

しかし光が美しいと言ったのは、詩織の爪に施されたネイルのことだった

光は詩織の手を握ったまま、すぅ〜っと息を吸い込むと

たおやめの〜〜

 

細き手指に〜乱れ咲く〜〜〜

 

散ることもなき〜爪紅の〜花〜〜〜〜〜

と歌を詠んだ。

すると詩織はびっくりしつつも、光にネイルをしてあげるという。

光は詩織に、黄緑色のネイルをしてもらうとご満悦

詩織に写真を撮ってもらううち、だんだんポーズも様になっていく…。

詩織は『せっかくだから出かけない?』と言うと、渋る光を連れて外に出た。

 

一方、沙織はすごい勢いで企画書をでかすと、課長に提出。大急ぎで走って帰宅した。

しかし部屋は真っ暗で、誰もいなかった

沙織は『嘘でしょ?』と言うと、部屋を見回した。

部屋には、光の烏帽子がきちんと立てて置かれていた。

沙織が光のSNSをチェックすると、光は詩織と仲良くプリクラを撮っていた。

そこにちょうど2人が帰ってきた。

詩織は沙織を見ると『大学の授業の時間まで寝かせてもらおうと思ったら、光くんがいてびっくり』と言った。

『光くんって…。あんた授業は?』と沙織が尋ねると、詩織はサボったという。

すると光がサササっと沙織に近づくと、ネイルを見せた。

詩織は『私がやってあげたの。おねえにもやってあげる』と言うと、光と顔を見合わせた。

2人はこの短時間にすっかり仲良くなっていた。

それを見た沙織は、詩織を部屋の隅に連れて行くと『あんたどういうつもり?』と睨んだ。

『大丈夫。私、おねえの彼氏とったりしないよ〜』という詩織に、『彼氏じゃないよ!』とツッコむ沙織。

沙織は、光はこの家に置いてあげているだけで、男女の関係ではないと説明した。

その後、詩織はまたバイトに出かけていき、光は烏帽子をかぶるとまたいつもの低姿勢で、そそそと歩いた。

光はそのままソファに座り姿勢を正すと、優雅にソファに横になった。

それを見て沙織は『そういえば、須磨に行く途中って言ってたよね』とスマホで調べた。

するとそれは神戸の須磨のことだった。

沙織が『京都から神戸に行こうとしてたんだね』と言うと、光は『京の都…』と悲しそうに呟いた。

詩織が『たしか京都には帰りたくても帰れないって言ってたよね。一体何があったの?』と尋ねると、光は起き上がり答えた。

光は、朧月夜との逢瀬が見つかってしまい、右大臣とその一党に、帝に謀反を企てていると無実の罪を着せられたのだ

朧月夜とは、右大臣の六の姫君。

沙織はスマホで源氏物語を調べると、朧月夜が、光と腹違いの兄の嫁だと知りびっくり。

だが、光は『美しいものを愛でる心に、己が心に従ったまでだ』という。

沙織は『何それ、モラルとかないの?奥さんいるじゃん!』と叫んだ。

光には、幼い頃に自分好みに仕立てたという紫の上という妻がいた

沙織が『一体何人に手ぇ出してんの!』と声を荒げると、光は今までつき合った女性たちを思い浮かべ、数え始めた。

それを見て沙織は『見境なさすぎない?亡くなった奥さんとの間に子どももいたんでしょ?しっかりしなよ』と怒って言った。

沙織は『てか、なんで本物の光源氏がここにいるのよ』と呟くと、寝室に入りドアを閉めた。

こんな男とひとつ屋根で…。一刻も早く追い出さないと私の身に危険が…

沙織がそぉっとリビングを覗くと、光はソファに横になり、まごの手で背中をかいていた。

沙織はそれを見て、(まったく手を出してくる気配がない!それってつまり、女としての魅力ゼロってこと??)と傷ついた。

すると光が何かの拍子にリモコンを押し、テレビがついた。

光はテレビに映る女性(武田玲奈)に吸い込まれるように近づくと、『この女人は、この板から出られぬのであろう?なんとむごい仕打ちなのか…』と涙を流し悲しんだ。

そして光は

封じられ〜板の隔てに〜遠き君〜〜

 

叶わぬ恋と〜なほも恋しき〜〜〜

 

(訳 : 閉じ込められて板に阻まれ届かない人が 叶わぬ恋ゆえ なお恋しく思われる)

と歌を詠んだ。

その様子を見て、沙織は光のことを『やっぱ本物の光源氏かも』と思った。

しかしそもそも、光源氏は源氏物語の主人公。ということは、創作上の人物。リアル2.5次元の世界なのだ

キャパオーバーになった沙織はソファに倒れ込んだ。

 

光が来てから、沙織の生活は変わった

沙織はウキウキと仕事をこなし、光のSNSを見て『そんな暇あったら働けニート』とニヤニヤする。

そんな沙織を、隣の席の同僚は不思議そうに見ていた。

 

その後も沙織は、光とタピオカを飲んだり、休日には公園でボールで遊んだり、行きつけのお好み焼きやさんに連れて行ったり、楽しく過ごしていた。

 

そんなある日、沙織が起きると光は部屋におらず、朝になってから帰ってきた

光は眠そうな顔で『歌を詠んでいた』というと、そのままソファで眠ってしまった。

沙織は『夜中に歌』と聞き、光が外で女の人を口説いているのではと考えた。

沙織はソファで眠る光を見て、『なに堂々と朝帰りしちゃって。居候でしょ?その上ニート』と怒りが止まらなくなった。

会社に行っても気分はおさまらず、隣の同僚に『大丈夫?クマができてるよ』と心配される沙織…。

その夜、沙織が2人ぶんの食事を持って帰ると、光はまた部屋にいなかった

その日、沙織は夜中まで光を待ち続けたが、光はとうとう帰ってこなかった。

 

翌朝、沙織は光に起こされた。

沙織はテレビをつけたまま、ソファで眠ってしまっていたのだ。

光はテレビを見ると『見よ、あの女人の髪を…』と言った。

するとこの前、テレビに出ていた女優さんが話していた。

ボブの髪を見た光は、『この女人は尼に成り果てたのだ…。あんなに豊かで美しかりし黒髪を切り落として…』と泣き出した。

沙織が『別に髪が短くても、尼ってわけじゃないんだけど』と言うと、光はびっくりして『違うのか?じゃあ、沙織殿も尼ではないと??』と大声で言った。

そこで沙織は、光が自分に手を出してこなかったのは、尼だと思っていたからだと思い喜んだ。

しかし光は『それなら、なぜ沙織殿の元へ通う男はおらぬのだ?まあ、焦ることはない。世の中には物好きもいるからな』という。

それを聞いた沙織はすべてが吹き飛んだ。

沙織は『ねぇ光くん、出てってもらえるかな?今すぐ!』と言うと、光を玄関の外に突き出した。

 

光は沙織に締め出され、しかたなく街に出た。

そして綺麗な花や、猫の置物、理容室のクルクル回る看板、散歩中の犬の写真や風景を撮り始めた。

光は『思えばずいぶん遠くに来てしまったものだな…』と涙を流した。

するとティッシュ配りのお姉さんが、『どうぞ』とティッシュを差し出した。

光はそれを受け取ると、

袖濡らす〜我に遣われし〜白き紙〜〜と歌を詠み始めた。

 

一方沙織は、部屋でどっぷり落ち込んでいた

するとスマホが鳴り、光がさっき撮った写真が次々SNSにあげられた。

沙織はその普通の人ならなんとも思わないであろう写真を見て、『外…寒そうだな』と呟いた。

 

沙織がSNSにあがった写真を頼りに光のところに行くと、光はポケットティッシュをたくさんもらっていた。

光が1枚ティッシュを取り出すと、ティッシュは瞬く間に風に連れて行かれ、地面にふわりと落ちた。

沙織がそれを拾うと、光は『なにゆえ私の居場所が…』と驚いた。

沙織は、くしゃみをする光に自分がしていたマフラーを巻くと『うちに帰ろう』と優しく言った

 

沙織が本当に帰ったかと思って心配だったというと、光は『帰りたくてもその術がわからない』という。

光は『頼れるのは沙織殿、そなただけだ』と言うと、沙織の目をじっと覗き込んだ。

沙織は『光くん…』と見つめ合うと、(あぁ、危なっ!今流されるとこだったよ)と大慌て。

沙織は光に、ルールを決めようと提案した。

ひとつ。朝帰りは禁止。そういう関係の人がいるなら、真面目につき合った上でその人の家に住むこと。

 

ふたつ。自分のお菓子代は自分で稼ぐこと

沙織は『今のあなたは立派なニートだからね!』というと、バイトでもなんでもして稼ぐようにと言った。

 

翌日、沙織が会社にいるとスマホがピコンと鳴った。

沙織がそっと見ると

『和歌教室 開設』

 

私たちと一緒に、いろんな“歌”を楽しみませんか?

歌会仲間と朝までカラオケ。

という書き込みと一緒に、おばちゃんたちに囲まれた光の写真がアップされていた

それを見て、沙織はひと安心。

家に帰ると、さっそく光にその写真を見せた。

すると光は『こちらの歌合わせは随分と様式が変わっていた。1つの歌がやたら長いのだ』というと、沙織に青い巾着袋を渡した。

沙織が見ると、中には小銭がじゃらじゃら入っていた。

光はちゃんと自分の食いぶちを稼いできたのだ。

光はおばちゃんたちに『次は中将殿(桐山漣)も連れてきて』と言われたという。

頭中将といえば、光源氏のライバル光とは全然タイプが違うセクシー系イケメンだ

『それなら私も会ってみたい』と沙織が思っていると…、

中将は、光と同じように暗闇の中を、須磨を目指して歩いていた…!

 

〜3話につづく〜

『いいね!光源氏くん』2話の感想

 

今回も面白ポイントがたくさんありましたね〜!

まず、妹の詩織ちゃん!

意外に気さくで話しやすい感じで、光くんとは女友達みたい。笑

ネイルをしてもらってポーズを決めるところは笑ってしまいました。

原作でもこのシーンはあるんですね!

黄緑っていうのが春っぽくて、平安時代を意識してるのかな〜と思いました(それとも1話の抹茶ラテフロート?)

私的に、詩織ちゃんが烏帽子を見て『何これ、おじゃる丸みたい〜』と言ってたのがツボでした。笑

 

それから、TVの中の女優さんに恋するシーン!

あれ、予告で見て戸田恵梨香さんかと思ったんですが、武田玲奈さんでした!!!すいません。。。。。

テレビの中に人が入ってるのか?と驚くシーンは今までにも見たことあるけど、このようにへばりついて、『閉じ込められてかわいそう…』と泣くのは初めて見たので、とても新鮮で面白かったです。

沙織が横でブツブツ2.5次元について考えてる間も、去っていく武田さんに『待たれよ!』と小声で呼びかけていておかしかったです。千葉さんやるな〜(≧∀≦)

 

あと今回は、和歌大量放出でしたね!3本も出てきてびっくり。

和歌って感動したときや恋したときだけじゃなく、悲しいときも詠んでたのが印象的でした。

でも考えてみれば現代の歌だってそうだけど、悲しいときや辛いときのほうが心が動きますもんね。と妙に納得してしまいました…。

それに、沙織に家を追い出された光が、街で撮ってた写真も、優しくて好きだったなぁ。あれも、光が心動かされたものなんですよね。

しっかし、髪がボブくらいの長さでも、尼さん認定されてしまうんですね。

ツルツルじゃなくても尼さんなのか…(; ・`ω・´)

数多の女性に手を出してきた光が、なぜ沙織に出を出さないのか?

それが解明して喜ぶ沙織が可愛かったです。

なのにその直後に、沙織を好きな物好きもいると言われちゃうなんてあんまりだわー(>.<)

でもそんなひどいこと言われても許せるくらい、沙織にとって光は、なくてはならない存在になっていて

けど、光は元いた世界に戻りたくて

3話では、帰れるかどうか、光の考えた方法を試してみるようですが…。

もしかしてその時にちょうど中将殿がやってくるのかな?中将も、光と同じような場所を歩いてましたからね!

そしたら中将も、沙織の部屋に出ちゃうのかな?一体、どこに住むんだろう??

と気になるところがてんこ盛りですね〜!

でもなにはともあれ、光の朝帰りの理由が、おばちゃんたちとのオールカラオケでよかったです。笑

 

ではでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

まんつの〜。

原作の中将殿 & 岡崎体育さんの主題歌!明るくてアップテンポでとってもドラマに合ってます〜。

沙織のお部屋。私には質素には見えません~小物がいっぱいで女子~なお部屋!

そして3話には、このお方も登場!