ドラマ『アンサング・シンデレラ』3話ネタバレあらすじと感想│たとえ綺麗ごとだと言われても

にこ

今回は、2020年7月30日放送『アンサング・シンデレラ』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

みどり(石原さとみ)の行きつけ・娘娘亭の常連、小野塚(成田凌)の正体が判明!

 

小野塚とみどりは、小学校教師の新田(浅利陽介)の服用薬を巡って対立することに…!!?

それではさっそく、3話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

アンサング・シンデレラ』第3話のネタバレあらすじ

救急センターに、小学校教師の新田奏佑(浅利陽介)が運ばれてきた。

その時ちょうど救急センターにいた葵みどり(石原さとみ)は、医師の豊中(臼田あさ美)と共に処置にあたった。

意識が戻った新田は、豊中に入院するよう言われて『そんなの困ります』と起き上がろうとする。

みどりは新田に『落ち着いてください』と声をかけた。

 

だが、新人の相原くるみ(西野七瀬)は何もできず、見ているだけだった。

みどりにとっても、救急は特別。緊張感があるところだ。

救急認定薬剤師の瀬野章吾(田中圭)はいつもあんなことをしているのかと、くるみは感心する。

 

そんな慢性人手不足の薬剤部に、産休育休を取っていた先輩が戻ってくるという朗報が入った。

可愛い赤ちゃんの到来に、瀬野も主任の刈谷(桜井ユキ)も、赤ちゃんを抱っこしてニッコニコ。

しかし先輩は、ドラッグストアに転職することになってしまった。

 

だが、このまま人手不足が続いたら、本当にみんな辞めてしまう。

部長の販田(真矢ミキ)は危機感を抱いていた。

 

新田の薬

その後、みどりとくるみはいつものように、入院中の患者さんたちがちゃんと薬を飲んでいるか確かめて回った。

でもくるみは、『こんな大きい薬飲まれへん』と患者に押し切られ、嫌になってしまう…。

 

みどりが新田に服用中の薬を聞くと、新田は大量の薬を袋から出した。

その中には数年前の薬もあり、半分に割られて処方された錠剤もあった。

 

それに気付いたくるみは思わず指摘しそうになるが、みどりはサッとくるみを見て黙らせる。

 

みどりたちが新田の病室を出ると、ランドセルを背負った男の子がいた。

みどりが声をかけると、男の子は『ゲロゲロ先生とは会っちゃいけないって言われてるから』と走っていった。

 

その後、調剤室に戻ったみどりは、刈谷と工藤虹子(金澤美穂)に錠剤を見せた。

すると、アダラートCRを割る処方をはじめ、気になる点を見つけた刈谷たちは『これは許せない』と憤る。

 

みどりはさっそくナカノドラッグに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、『10㎎のものがなかったのでとりあえず20㎎を半分にした』という対応にショックを受ける。

 

小野塚の正体

その夜、みどりはその薬剤師と会って話をしようと、ドラッグストアに向かった。

 

店内に入ったみどりが近くにいた薬剤師に声をかけると、それは『娘娘亭』で話をしたことがある小野塚 綾(成田凌)だった。

 

新田の薬を処方したのが小野塚だと知ったみどりは『アダラートを割るなんてあり得ないです。もっと薬をちゃんと扱ってください』と訴えた。

しかし、小野塚は『暇なんですか?』と、みどりを一蹴。

この辺で夜もやっている店はここだけだし、やることがたくさんあって1人ひとりの患者に気を遣ってなんていられないと言い放つ。

 

『で、でも、それをやるのが薬剤師の仕事ですよね…?』

みどりが言うと、『なんか病院って偉そうですよね』と小野塚は言い出した。

 

病院薬剤師は、自己負担金を払わない患者の家に集金にいったり、レセプトをすることもない。

『しっかり患者と向き合う時間ってやつ、作れてますもんね』

小野塚はみどりに嫌味を言った。

 

小野塚によると、新田は慢性糸球体腎炎で透析を受けている。

それが終わって、ナカノドラッグに薬を取りに来るのは23時過ぎ。

そのたびに、カップラーメンと栄養ドリンクを6本買っていく。

 

腎機能障害がある人がそんなに栄養ドリンクを飲んだら、排出がうまくいかなくて中毒になることもある。

小野塚はそれを知っていて、新田に売っていた。

自分にそれを止める権利はないと思ったからだ。

 

アダラートCRを割ったら、成分が変わることも小野塚はわかっていた。

でも新田のように時間がない人に、また来てくれとは言えない。

だからとりあえず出す。そういうときもあるのだ。

 

患者ととことん向き合うのが薬剤師の務めだと盛り上がるのは構わないけどさ、病院の外にまでそっちの理想振りかざしてんじゃねぇよ

小野塚はみどりをまっすぐに睨みつけた。

 

理想と現実

翌朝、夜勤を終えて家に戻った小野塚は、みどりに言われたことを思い出す。

小野塚さん、なんのために薬剤師になったんですか?

 

机の上には救急薬学についての本などが積まれている。

小野塚はそれをじっと見ると、持っていたバスタオルを投げ、視界から消した。

 

一方、病院ではみどりが『あんな薬剤師に、新田さんのことを任せるわけにはいかない』と息巻いていた。

 

みどりが新田の病室に行くと、新田はクラスの子たちからの寄せ書きを見ていた。

新田先生は人気らしい。

 

みどりは新田に、薬局を変えてみてはと提案するが、夜中までやっているあのドラッグストアじゃないと駄目だと断られる。

 

新田は週3日仕事を早く帰らせてもらって、4時間血液透析。

次の日は、そのぶんの仕事を取り返すため、遅くまで残業。

そして翌日はまた透析。

そのため、時間を作るのは難しいという。

 

みどりはそれを了承すると、せめて病院では仕事をやめて、治療に専念してほしいとお願いした。

でも仕事を優先したい新田は、しつこく食い下がるみどりに業を煮やし、『会ったばかりのあんたにとやかく言われたくない!』と病室を出ていってしまった。

 

みんなの隠し事…

そんな中、新人を獲得するべく説明会に向かった販田とくるみは、半日かけて学生2人しか来なかったとガッカリする。

やっぱり病院薬剤師は人気ないのか?

でもこのままでは薬剤部は成り立たない。

 

販田が悩んでいると、薬剤部の面々が自分に内緒で何かを企んでいるのが聞こえてきた。

傷心の販田は、DI室の荒神(でんでん)に『みんなでストライキするつもりなんですよね?』と、必死に問い詰める。

でも荒神はとぼけて答えてくれなかった。

 

いなくなった新田先生

その夜、みどりが当直していると、瀬野がやってきた。

みどりは、小野塚に『自分の理想を振りかざすな』と言われ、新田には『ほっといてくれ』と言われ、自分のやり方は間違っているのかと悩んでいた。

 

それに対し、瀬野は『自分がやりたいことじゃなく、患者がしてほしいことをやれ』と言う。

 

新田の薬をひとつひとつ確認し始めたみどりを見て、瀬野は遠くから微笑む。

 

すると、新田が病室からいなくなったと連絡が入った。

みどりは新田の引き出しの中に鉄剤のフェロ・グラデュメットが服用されずに残っているのを見つける。

この薬は、副作用で吐き気を起こすときがある。

児童が言っていた『ゲロゲロ先生』とは、このことだろうか?

 

みどりは病院内を探すが、新田はいない。

朝になっても新田は見つからず、みどりはナカノドラッグの小野塚に電話をかけた。

 

みどりは新田がずっとフェロ・グラデュメットを飲んでいなかったことを明かすと、小野塚に協力を求めた。

会ったばかりの自分が何を言っても、新田は聞いてくれない。

ずっと新田とつきあってきた、小野塚でなければ駄目なのだ。

 

みどりは新田が行きそうな場所を尋ねるが、小野塚は『俺には関係ありません』と電話を切ってしまった。

 

新田、発見!

でもその直後、小野塚は新田が勤める小学校の運動会が今日だということに気付く。

小野塚は必死で自転車を走らせ、小学校に向かった。

そして、校門前で新田が倒れているのを発見する!

 

小野塚は震える手で救急車を呼ぶと、30代男性がヘモグロビン値が下がって重度の貧血になっている可能性があると的確に指示を出す。

新田はすぐさま萬津総合病院に運ばれた。

 

救急センターで対応するみどりたちの様子を、小野塚は真剣な眼差しで見つめる。

しかし看護師に閉め出され、何もできない小野塚は拳を握りしめた。

 

その後、瀬野から新田の容態が安定したことを聞いた小野塚はその場を去ろうとした。

すると瀬野は彼が小野塚だと気づき、『新田さんに同行してくれたんだって?ありがとう。救急認定薬剤師の瀬野です』と名乗った。

 

瀬野は、この前みどりにドラッグストアのことを教えてくれたお返しに、この辺の薬剤師を集めた合同の勉強会に来ないかと誘う。

 

『萬津総合病院の薬剤師の人たちってなんなんすか?そんなに俺のこと、ダメ薬剤師扱いしたいんだ』

俺はキミのこと、ある程度認めてるよ。救急隊員に、ヘモグロビン値のことを伝えたのは、それなりに知識を持っている証拠だ

『…全然ダメだった。手が震えて、119も押せなくてなんにもできなかった。俺はアンタたちとは違う』

小野塚は瀬野に背を向け、立ち去った。

 

薬の副作用

その後、みどりは新田の手荷物から、児童1人ひとりの似顔絵が書かれた運動会の旗を発見する。

新田は夜遅くまでこれを作っていたのだ。

 

みどりは意識を取り戻した新田に『フェロ・グラデュメットを飲むのをやめていたんですね』と確認した。

新田はそれが大事な薬だとわかりつつも、気持ち悪くなるので飲んでいなかったのだ。

 

それに、いつも新田が見ていた寄せ書きも今の学校のクラスのものではなかった。

これは新田の病気がわかり、離職したときに前の学校の子どもたちがくれたもの。

その時はまだ体育もできたし、無茶な残業も平気だった。

新田的に、理想の教師ができていた。

 

でも今は透析に時間を取られ、仕事も疎かになり、理想とはかけ離れている。

周りの先生たちも、早退ばかりしている新田を次第に白い目で見るようになった。

それが保護者にも広がり、新田先生のクラスはハズレのクラスと言われるようになり、子どもたちも言うことをきかなくなっていった。

 

でも運動会のかけっこの練習中、子どもたちにせがまれ、新田は無理して走った。

ここで全力で走れたら、理想の教師に戻れるような気がして…。

しかしそこで新田は気持ちが悪くなって戻してしまった。

そしてそのまま入院し、結局、運動会の旗を届けることもできなかった。

僕は何もできていない。本当にダメな先生です

新田は言うと、旗をビリビリに破いてしまった。

 

みどりたちが病室を出ると、またあの男の子が立っていた。

男の子は新田がまた倒れてしまったことを知り、心配で来てくれたのだ。

男の子は自分が走らせたせいだと自分を責めていた。

 

『先生が死んじゃったらどうしよう…』

『大丈夫。先生は強いから。病気に負けたりしないよ』

泣き出す男の子を、みどりは笑顔で励ました。

 

世界にひとつだけのお薬カレンダー

数日後、退院していく新田に、みどりは薬の説明をした。

吐き気を起こす鉄剤は、医師と相談し、副作用の少ないフェロミアに変えてもらった。

 

でも大切なのは、薬を決められた処方どおりに飲むこと。

そこでみどりとくるみは、薬を小分けに入れられるお薬カレンダーを用意した。

でも新田は、すぐに入れるのがめんどくさくなるし、もう教師も辞めようと思っていると言い出した。

 

僕にはもう無理なんです。理想の教師になるのは

 

するとみどりは、新田のクラスのかきざわしんごくんに書いてもらったメッセージをお薬カレンダーのポケットに入れる。

かきざわくんが心配してくれていたことを知った新田は、少し元気になる。

 

『ひとりだけじゃないですよ』

みどりは次々に、クラス全員の子たちのメッセージカードを入れていく。

みどりは校長先生にお願いして、小学校まで児童たちに書いてもらいにいったのだ。

 

その時の様子を撮った動画には、子供たちのメッセージが入っていた。

新田が頑張っていること、伝えようとしたこと、してくれたこと、子どもたちはちゃんとわかっていた。

子どもたちに会って、それを実感したみどりは、穏やかな口調で語り出した。

 

昔、思い描いた理想の教師にはなれないかもしれません。

でも、病気とつき合いながら、別の形の先生を目指すことはできるんじゃないですか?

そのために、これからは1日も忘れず、きちんとお薬を飲んでください』

みどりはみんなのメッセージカードが入ったお薬カレンダーを見せた。

 

新田は1人ひとりのメッセージを見ると、涙を浮かべて言った。

泣いてる暇なんてないな。ちゃんと薬を飲んでしっかり働いて、自分の力で周りに納得してもらわないと…』

 

『これは一生の宝物にします。ありがとうございます』

新田はみどりとくるみに頭を下げた。

 

たとえ綺麗ごとだと言われても

その後、みどりは小野塚にお礼を言いに、ドラッグストアに行った。

 

小野塚が救急まで来たことを知ったみどりは、小野塚がもっと患者のために何かしたいのではないかと思い、勉強会に誘う。

しかし『いい加減にしろよ!』と、小野塚は叫ぶ。

 

小野塚は薬剤師の資格を取るのに、6年間奨学金を使った。その額、600万。

このドラッグストアは、就職して3年間働けばそれを全て肩代わりしてくれる。

それで小野塚は理想ではなく、現実を取った。

 

最初は小野塚だって希望があった。

勉強会に行って、認定薬剤師の勉強もした。

でも3年間、週3日夜勤を続けていたらそういうことはどうでもよくなっていく。

栄養ドリンクの補充をして、トイレットペーパーを品出しをしているうちに、読まない参考書が山積みになっていく。

 

みどりのように理想に燃えてやる気満々でやっていたら、この仕事は続かない。

 

けれどもみどりは『それはあなた次第なんじゃないですか?』と、潤んだ瞳で小野塚を見つめる。

 

ドラッグストアにだって、志の高い薬剤師はたくさんいる。

どこにいても、どんな境遇でも必死に理想を追求し続けている人はいる。

『新田さんもその1人です』と、みどりは言った。

 

新田は4時間の血液透析と、1日7種類15錠もの薬を飲みながら、理想の教師を目指すと言っていた。

その姿を見て、みどりも頑張ろうと思った。

それを綺麗ごとだとか、青臭いと言う人もいるだろう。

 

『でも私は患者さんのためにできる限りのことをする薬剤師を目指します。

だから新田さんのこと、どうか…どうかよろしくお願いします』

みどりは小野塚に深々と頭を下げた。

 

小野塚の夢

みどりが帰った後、小野塚は学生時代に、萬津総合病院の救急センターを見学したことを思い出す。

その時、瀬野が患者さんを助けているのを見て、薬剤師も人を助けられるんだと、小野塚は感動したのだ。

 

あの時、興味があるなら救急認定薬剤師の資格も取ってみたらと勧めてくれたのは、瀬野だった。

 

そんなある日、新田が処方せんを持ってやってきた。

小野塚は、鉄剤がフェロミアに変更になっていることに気付く。

 

小野塚はいつものように新田に薬を渡し、その背中を見送ろうとして呼び止めた。

新田さん!困ったことがあったらなんでも相談してください

新田は一瞬驚いた後、『ありがとうございます』と笑顔で会釈し、去っていった。

それを見て、小野塚は初めて薬剤師らしいことをしたような気持ちになった。

 

ストライキ!?

そしてある朝のこと、販田部長が調剤室に行くと誰もいない。

『わかる…。人手不足で投げ出したくなるのはわかる…でも、、』

 

すると花束を持った七尾副部長(池田鉄洋)を先頭に、薬剤部メンバー全員が現れた。

みんなはサプライズで、販田の勤続20年のお祝いをしようとしていたのだ。

 

みんなに祝われ、『ストライキじゃなかったの〜』と販田は涙ぐむ。

これからは人手不足解消のため、販田にも調剤してもらわねばならない。

ということで、プレゼントは調剤グッズ。

 

『これからも“わかる”の精神でお願いします』と書かれたメッセージを見て、販田は気持ちを新たにする。

 

くるみはそんな販田を見て、20年もこの仕事をしてるなんてすごいなと見直す。

 

その後、くるみは病室に行き、『大きくて飲まれへんがな』と薬を飲まずにいた患者の薬を目の前で半分に割る。

『半分に割ったらいかんのもあるけど、これは割ってもええやつや』

『なんやお嬢ちゃん、関西か』

お嬢ちゃんやない。病院薬剤師の相原くるみさんや

 

すべてはキミ次第

その日の夜、娘娘亭に行ったみどりは、小野塚に会う。

気を利かせた店主・辰川(迫田孝也)のせいで、みどりは小野塚と相席することに…。

 

みどりが新田のことを尋ねると、小野塚は『ちゃんと薬を飲んで、学校も前より楽しいみたいだ』と教えてくれた。

みどりが笑うと、小野塚も笑った。

 

『やっぱりかかり付けの薬剤師さんは、患者さんのことをよく見てますね』

『なんでそう上から目線なんですか?俺、知ってますよ。トローチになんで穴があいてるのか』

『・・・』

知らない様子のみどりを、小野塚はからかった。

 

小野塚の脇には、救急薬学の参考書が置かれている。

あれからまた彼は救急認定薬剤師の資格を取るため、勉強を始めたのだ。

 

 

相変わらず、薬剤部は人手不足だが、瀬野にはひとりだけ心当たりがあった。

でも来てくれるかどうかは、その人次第。

 

けれども案外、その人が一緒に働く日は近いのかもしれない。

 

エンディング

エンディングは、新田の学校での様子。

薬をしっかり飲んで、透析を受け、新田は自分にできることをしながら、子どもたちと向き合う。

子どもたちは新田のために、旗を作ってくれる。

『にったせんせい だいすき』と書かれた旗が振られる中、新田はスタートラインを切り、この前できなかったゴールを果たした。

 

そしてまた薬をもらってきた新田は、お薬カレンダーに入れていく。

 

1番最後のメッセージは、みどりから。

『いつでも相談してください』と書かれていた。

 

 

〜 4話につづく 〜

 

 

アンサング・シンデレラ』第3話の感想

 

小野塚さん、ほんとは救急認定薬剤師になりたかったんですね〜。

瀬野を見て憧れてたなんて、奇遇!

 

小野塚はきっと、好きなことを好きなようにやれてる(ように見える)みどりが羨ましかったんでしょうね。

おまけにみどりは、憧れの瀬野と同じ職場にいる。

 

でも、みどりはみどりで、今まで病院薬剤師の世界しか知らなかったわけで、

患者さんが外でどのように薬と接しているのかがわかって、お互いいい機会だったのかなぁと思いました。

 

理想を追求するみどり。

病気で、理想からかけ離れた生活を余儀なくされた新田。

そして理想はあるけど、やる気を喪失していた小野塚。

 

お互いの負の部分を見せつけられて、それでも自分のできることをするしかない。

色々悩んでも結局そこに戻るしかない。

そうなったとき、ものすごくクリアに物事が見えて、やる気がむくむく湧いてくることがある。

 

最近はそんなこともなくなってしまったけど、3人はぶつかり合うことで自分の目指したいものを再確認できてよかったなぁ。

 

今回は、こんな薬剤師いるわけない、みどりの行為は越権行為だとバッシングを受けることを予測した上の回だったのでしょうか?

それでも私はこうありたいという、みどりの強い気持ちを感じました。

やっぱりちょっと押しつけがましいと感じることもあるけど、みどりが新田の悩みに気づいて薬を変更してくれなかったら、きっと新田はまた薬を飲まずに倒れていただろう。

 

『自分がやりたいことじゃなく、患者がしてほしいことをやれ』

みどりが悩んでるとき、瀬野がかけてくれるひと言も突き刺さりますな。

 

そして瀬野さん、みどりにはキツイのに、小野塚くんには人当たり良かったのがちょっとおかしかったです。

やはり厳しいのは、身内だけなのね。。。( *´艸`)

 

にしても、ストライキじゃなくて販田部長の勤続20年祝いでよかった~!笑

くるみもやる気になって、患者さんを説得?してましたね♪

今回は、合わなきゃ辞める発言出てこなかったし、くるみももう病院薬剤師沼にハマってますな。フフフフフ…

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話