『恐怖新聞』2話ネタバレと感想│予想外の結末にハラハラ!ギャルの走りっぷりがいい!

にこ

今回は、2020年9月5日放送『恐怖新聞 』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

詩弦(白石聖)は恐怖新聞の前の契約者・蜷川冬夜(猪野学)と再会し、

恐怖新聞は読むたびに寿命が100日縮まる”ことを知る。

 

そんな中、新たな事件を予言する恐怖新聞が届き、詩弦は事件を阻止しようと動き出す!

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

『恐怖新聞』2話のネタバレあらすじ

葬儀には恋人の松田勇介(佐藤大樹)も駆けつけてくれた。

 

そんな中、突然『ガタンッ』という音がして飾られていた遺影が傾く。

しかし母・歌子(黒木瞳)も勇介も誰も気づいていないようだ。

 

詩弦は、死の間際に父から『お前のせいだ…お前が産まれたせいだ…』と言われたことを思い出し、複雑な気持ちになるのだった…。 

 

詩弦を心配する勇介

葬儀終了後、詩弦はふいに勇介から恐怖新聞のことを訊かれ、驚く。

1人で苦しまないでほしいんだ

勇介は言うが、詩弦は勇介のことを巻き込みたくなかった。

 

でも勇介は恋人なんだから、もっと頼ってくれという。

泣き出す詩弦の肩を抱いて、勇介は歩き出した。

 

その姿を引越し業者で働いていた初老の男・蜷川冬夜(猪野学)が陰から見つめていた…。

 

歌子に真実を話す詩弦

夜になっても、歌子は父の遺影の前から離れようとしなかった。

 

お父さん、最後になんて言ったの?看護師さんから聞いたよ。病院に運ばれてきたとき、お父さん、詩弦に何か言ってたって…』

 

『…何も?何か言おうとしてたけど、言葉にならなかったみたいで…』

 

詩弦は嘘をつくが、歌子は父親が亡くなったというのに落ち着いた様子の詩弦が気に入らない。

 

『たった1人の父親よ?あんた悲しくないの?』

歌子に問われ、詩弦は涙を1筋流すと息を吸った。

 

お父さん、最後に言ったの。

お前なんか生まれてこなきゃよかった。全部私のせいだって』

『嘘よ』

『ほんとだよ!』

嘘よ、嘘、嘘!!!

…なんでこんな時にそんなこと言うの?なんでお母さんを苦しめるの?』

 

泣いている歌子の姿を、詩弦はただ見つめるしかなかった…。

 

蔵之介の怪…

その後、アパートに帰りシャワーを浴びていた詩弦は、背後に気配を感じ、振り返る。

でも誰もいない…。

 

詩弦は再びシャワーを浴び始めるが、咳き込み始める。

喉に異物を感じた詩弦は、指を口の中に入れた。

すると長い髪がズルズル…ズルズル、どこまでも出てくるではないか…!

 

ボトッ…

詩弦が落ちた髪に目を奪われていると、だんだん流れる水が赤くなり、シャワーヘッドから鮮血が!

『キャーーーーーーーーー!!!!』

 

そこで詩弦は脂汗を浮かべ、跳ね起きた。

しかし安心したのもつかの間、カサリと足元で音がして、ハッとする詩弦。

そこにはいつの間に届けられたのだろう?

新しい恐怖新聞があった。

 

詩弦が恐る恐る布団を引っ張り上げると、次に起こる事件が禍々しい挿し絵入りで予告されていた…

 

桃香に相談する詩弦

翌日、詩弦は幼なじみの宮沢桃香(片山友希)に、恐怖新聞が届き、そこに父の死の予言が書かれていたことを打ち明けた。

 

驚く桃香に、詩弦は新たに届いた恐怖新聞を見せるが、桃香には白紙にしか見えない。

 

でも詩弦には見える。

そこには

7月5日午後3時。

京都市内で刃物による死傷事件が発生。女性1人が死亡する

と書かれていた。

 

挿し絵には、首を切られて横たわる女性と鬼のような顔で立つ男性の姿が描かれている。

その絵から判断するに、犯人はおそらく中年の男。

 

『ねぇ、信じて!

恐怖新聞に書かれた未来は必ず実現する。これは事実なの!』

詩弦がそう訴えると、

詩弦が引っ越した部屋、呪われてるんじゃないの?

だってあの部屋に引っ越してからでしょ?こんな変なことが起きるようになったの』

と言い出す桃香。

 

それを聞き、詩弦は言葉を失うのだった…

 

一方、ある会社では、遠藤という男が不祥事を起こし、自主退職を迫られていた。

 

どうやら未成年に手を出したらしい…。

 

命を食らう新聞

翌日、詩弦が河川敷に配達のアルバイトに向かうと、『こっちだ』と木の陰から男の声が。

詩弦が近づくと、それは初老の男・冬夜だった!

 

詩弦は逃げようとするが、冬夜は『恐怖新聞から逃れる方法を知りたくないのか?』と追いかけてくる。

なんと詩弦の前に恐怖新聞を受け取っていたのは、冬夜だったのだ!

 

驚く詩弦に、冬夜は20代半ばの男性の写真を見せる。実はそれが4年前の自分だというのだ。

でも今の冬夜は白髪頭でどうみても50〜60代にしか見えない。

 

恐怖新聞は1度受け取るごとに、100日寿命を吸い取る。そして最後には死ぬ。

俺のようになりたくなければ、1日でも早く恐怖新聞を止めろ。さもないと…

 

冬夜はそこまで言うと、苦しそうに咳き込み、吐血した。

 

『どうしたらいいんですか?どうしたら私は助かるんですか?』

『知りたいか?それは…』

冬夜が話そうとしたその時、刑事の篠崎(駿河太郎)が現れた。

 

冬夜は詩弦を篠崎のほうに突き飛ばすと、逃走!

死にもの狂いで走って逃げるが、石階段で追いつかれる。

 

冬夜は篠崎と揉みあううちに階段から転落、頭を強打して意識不明で入院してしまう。

結局、詩弦は恐怖新聞から逃れる方法を聞くことはできなかった…。

 

狂気の歌子…

その直後、詩弦は知人から連絡を受け、慌てて実家に戻る。

母・歌子の様子がおかしいというのだ。

 

詩弦は歌子に声をかけるが、歌子は『うん…』と遺影の前に座ったまま…。

詩弦はテーブルの上に広げられたアルバムを見て『懐かしい!』と声を上げた。

 

それはまだ詩弦が小学生の頃、誕生日に家族で出かけた日の写真だった。

父の笑顔を見て嬉しくなる詩弦。

 

でも歌子は、詩弦が何を言っても『忘れた』と繰り返す。

カリ…ポリ…カリ…ゴリ…

 

異変に気づいた詩弦が歌子の前に回り込むと、歌子は父の骨壺を抱え、骨をかじっていた。

 

詩弦は慌てて止めさせようとするが、歌子は激しく抵抗する。

その拍子に遺骨がバラバラと床に落ちてしまった。

 

歌子はそれを拾い集めると『なんでお父さんを助けてくれなかったの?』と詩弦を責める。

詩弦のせいよ、詩弦がお父さんを殺したのよ!!!

 

ねぇ、お父さん、痛かったねぇ。…どうして詩弦に殺されたの?

そう呟きながら遺骨を拾う歌子の姿を見て、詩弦は激しいショックを受けるのだった…

 

あらがえないもの

失意の中、詩弦がアパートに戻ると、ベランダで隣人の片桐ともを(坂口涼太郎)と会う。

 

詩弦が“父を見殺しにした”と母に言われたことを打ち明けると、

世の中には抗えないものがある。

僕も君も、あらかじめ定められた運命の中で生きているんだよ

と静かに語る、ともを。

 

『じゃあ、ともをさんが病気なのも、私のお父さんが死んだのも、全部運命だっていうの?』

 

…運命は変えることができない。だから向き合うしかないんだ

 

すると、隣のおばさんが“ともを”を呼ぶ声がした。

『もういくよ…』

ともをは虚ろな声で詩弦に告げる。

でもその足元は白い着物のようなものを着ていて見えない…

 

詩弦がともをに話しかけようとした時には、もう“ともを”の姿は消えていた。

 

一方、会社を自主退職した遠藤は、酒を飲んで自暴自棄になっていた。

 

暗い部屋の中で、妻と子供の写真を見る遠藤…。

 

その形相は、恐怖新聞に描かれた鬼のような顔をした男と酷似していた。

 

運命を変えろ!

翌日、詩弦は配達バイトへ。

恐怖新聞を見ていると、勇介がやってくる。

 

『俺んとこ来るか』と、詩弦を1人にしておくことを心配する勇介。

詩弦はそれを嬉しく思いつつも『大丈夫』と答える。

 

勇介は再び恐怖新聞を見てみるが、やはり白紙にしか見えない。

 

『でも、私には見えるんだ。わかっていながら、助けられなかった』

詩弦は、これから何が起こるのかわかっているのに何もできない無力さを痛感し、涙を堪えた。

 

すると『変えればいいじゃん』という勇介。

これから起こる悪い未来がわかってるのなら、変えればいいというのだ!

 

詩弦は父が死んでから、自分が生まれてきてよかったのか、ずっと考えていた。

生まれてきたことになんの意味があるのだろうと…。

でももし、誰かを救うことができたら、自分が生まれてきた意味があるのかもしれない。

 

“ 未来を変える ”

勇介の言葉に突き動かされ、詩弦は事件を阻止するため、勇介と幼なじみの桃香に協力を求めることにした。

桃香に協力を依頼する詩弦

恐怖新聞によると、事件が起こるのは明後日の午後3時。

総合運動公園で、子どもと一緒にいる30代の女性が首を刺されて死亡するという。

 

事件を起こさないためには、犯人を先に見つけ、被害者に近づけないようにするしかない。

詩弦は恐怖新聞の挿し絵を書き写したものを桃香と勇介に見せ、特徴のある柄の服を着た男を捜してくれるよう頼んだ。

 

その頃、恐怖新聞に描かれていた男・遠藤は、中学生の息子・ケンタに会いに行っていた。

 

しかしケンタは無視して行こうとする。

 

遠藤は話を聞いてもらおうとするが、そこに母親のユミが現れた。

 

 

ユミは遠藤が未成年に手を出したことを非難すると『2度と私たちの前に姿を現さないで!』と去っていった。

 

冬夜の部屋

一方、篠崎刑事は、冬夜の住んでいるアパートで、壁に貼られた大量の写真を発見する。

それは全て、詩弦や桃香、勇介を撮ったもの。

 

さらに篠崎は、机に置かれていたスクラップブックに目を留める。

その中には、何枚かの新聞記事が貼られている。

 

“ネット通販3強、競争激化”

そして、京電の通算決算グラフ。

最後のページには、赤字で大きく『恐怖新聞』と殴り書きがされていた。

 

篠崎は冬夜の免許証を発見して驚く。

25歳…?

篠崎は白髪頭の冬夜の姿を思い浮かべ、困惑するのだった。

 

詩弦に恩返しがしたい桃香

事件前日、詩弦たちは犯人を取り押さえるデモンストレーションを行ってみた。

でもそれはどうも無理らしい。

そこで詩弦たちは、犯人を見つけたら警官を呼ぶことにした。

 

詩弦が飲み物を買いにいっている間、勇介と桃香は2人きりに。

勇介が『詩弦のことを信じてくれてありがとう』と感謝すると、桃香は『私だって半信半疑だよ』という。

 

でも桃香には、小学生の頃に“嘘つき”とイジメられた過去があった。

その時、唯一信じてくれたのが詩弦だった。

 

今度は私が詩弦を助ける番。勇介くんは?

桃香はくったくなく勇介に尋ねるが、勇介は笑って教えてくれなかった。

 

一方、遠藤はいくつも面接を受けるも、全て不採用。

 

ヤケになって公園で酒を飲んでいるところを、親父狩りにあう…。

 

 

俺が何をした…どいつもこいつも、死ねばいいんだ…

 

暗闇の中、遠藤は吐き捨てるように呟いた。

 

惨劇の運動公園

そして予言当日、午後2時半。

詩弦たちは、公園内で犯人の男を捜し始める。

 

その頃、遠藤は恐怖新聞の挿し絵と瓜二つのサマーセーターを着て、どこかに向かっていた。

 

予告時間が迫り、焦る詩弦たち。

そんな中、桃香は篠崎刑事に『話を聞かせてほしい』と連れて行かれてしまう。

 

そこを通り過ぎる遠藤!

 

一方、勇介は若い女性にしつこく話しかけられ、困っていた。

 

友達もいないし、話を聞いてくれる人もいないという彼女は『どうして私のことを誰も好きになってくれないんですか?』と、まとわりつく。

 

時間はあと4分前。

勇介は必死にそれらしき男を探すが、その背後を遠藤が通過していく…!

 

そして遠藤が中央の広場に到達したところで、詩弦が遠藤を発見!

詩弦はすぐに桃香に連絡。男を見つけたので、勇介に連絡するよう頼む。

 

その頃、勇介はまだ女の子に絡まれていた。

焦った勇介は『勇気を持って踏み出せば、きっといいことがあるから』と彼女に助言する。

 

一方、詩弦は遠藤に話しかけ、必死に止めようとするが、『邪魔するな!』と突き飛ばされる。

そこに、遠藤の元妻と息子が仲良く話しながら歩いてきた。

 

それに気付いた詩弦は『ダメ!来ないで!』とユミとケンタに叫ぶ。

2人は、遠藤に気付いて立ち止まった。

 

 

勇介がぼう然と立ち尽くしていると、背後で『見〜つけた』という女の子の声が。

彼女はバックの中から“南無阿弥陀仏”と書かれたサバイバルナイフを取り出すと、笑顔でカバーを剥ぎ取った。

 

そのまま彼女は獲物を狙う野生動物のように風を切って駆けて行く!

 

詩弦が親子を助けようと走り出したその時、広場の時計のチャイムが鳴り、音楽が流れ始めた。

午後3時だ!

 

思わず詩弦が時計を振り返ると、その後ろを駆け抜ける女の子。

そして、それを追うように走ってくる勇介と桃香。

 

女の子は遠藤の横を猛然と通り過ぎると、笑顔のまま、ユミに切りかかった。

 

首を切られ、倒れるユミ。

女はその勢いのまま、ケンタに切りかかる。

 

やめろ〜〜!!!!!!!!

遠藤が止めに入ろうとするが間に合わない。

 

『なんでだ…』

だってオジサン、私じゃなくて奥さんと子ども選ぶんだもん。悲しくて泣いちゃったよ

 

女の子はフラフラと歩き出すと、

『南無阿弥陀仏!』と自分の首をかき切った。

 

 

血しぶきを浴び、全身血だらけになる詩弦、勇介、桃香。

倒れた後も彼女の顔は笑っていた。

それを見下ろす遠藤。

 

恐怖新聞に描かれていたのは、加害者ではなく、被害者の姿だったのだ…!

 

内容が変わる恐怖新聞

詩弦が恐る恐る恐怖新聞を見ると、内容が変わっていた。

死者2名。被害者は、30代女性と少年。

 

少年は軽傷で済むはずだったのに、詩弦が運命を変えてしまったのだ。

 

そんな詩弦を遠藤は責める。

『お前のせいだ…。お前が引き止めたせいでケンタは死んだんだ。お前がケンタを殺したんだ!!!』

詩弦に掴みかかろうとする遠藤を、警察が取り押さえる。

 

ぼう然と座り込む詩弦に、篠崎刑事が話しかけてくる。

もしかして今日起こる事件のこと、知ってたんじゃないんですか?

 

詩弦は焦点の合わない目で『…はい、知っていました…』と答える。

恐怖新聞に書いてありましたから…

 

取引を持ち掛ける篠崎

その後、警察で取り調べを受けた桃香と勇介は、廊下で詩弦を待っていた。

 

返り血を浴びたままの桃香は勇介のシャツをぎゅっと掴み、呟く。

『私、知らなかった…。人間の中にあんなに血が流れてるなんて』

その手は小刻みに震えていた。

 

そんな中、詩弦は篠崎に、今回の事件を含め、女子高生の自殺もガス爆発も、父の死もすべて恐怖新聞に書かれていたことだと告白する。

恐怖新聞は、これから起こる災厄を予言する新聞なのだ。

 

それを聞いた篠崎は、一概に恐怖新聞の存在を否定できないという。

なぜなら、冬夜の部屋で見た免許証や恐怖新聞と書かれたスクラップブックの件があるからだ。

でもそれを信じるには確証がほしい。

 

この際だから単刀直入に言います。小野田さん、俺と手ぇ組みませんか?

篠崎は、詩弦にそう持ち掛けた。

 

〜 3話につづく 〜

 

『恐怖新聞』2話の感想

いや〜怖かったですね。

特にシャワーシーンの髪の毛は、2話の監督さんのこだわりだそうで、父・蔵之介の長い髪をイメージしたそうです。

にしては、長すぎだけど(;^ω^)

 

前回はギャグっぽい感じもしたけど、今回はスピード感もあって、ぐいぐい引っ張りこまれる感じがしました。

 

それは詩弦が運命に翻弄されるだけじゃなく、運命を変えようと決めたから?

でもその結果、未来は前よりも酷くなってしまった。

 

(あれ、この台詞、テセウスと同じだ…)

 

まだまだ詩弦の出生の秘密はわかりませんが、

この話はただ血しぶきをあげて、みんなを怖がらせようとか、それだけではないような気がします。

 

詩弦の家にはもう3回恐怖新聞が届いているわけで、既に300日も寿命が縮んでいるわけです…。

恐怖新聞という壁に立ち向かうだけでも大変なのに、

今まで味方だったはずの母・歌子に『お父さんが死んだのはあなたのせいよ!』と責められる詩弦。

 

さらに次回は、幼なじみの桃香にも『あなたのせいよ!』と責められるらしい。

そして桃香に、恋人の勇介を取られかもしれません!(>_<)

 

女の子に頼られると、むげにできない勇介。

今回も、殺人鬼の女の子にまとわりつかれ、困ってましたね〜。

そんな彼も、何か隠していることがあるようです!

それは、彼の目の前で事故で亡くなった親友と関係があるのでしょうか?

 

また、隣人の“ともを”にも動きが…。

お母さんに『ともを、薬よ〜』と呼ばれていた“ともを”だけど、背後から見ると足がないように見えました。

 

もともと生気がなくて、幽霊みたいな彼ですが、本当の実体は病院にあるとか、そういうことかもしれません…。

 

次回は、児童虐待を止めようとする詩弦。

これにはなんと、歌子が一緒に立ち向かってくれるようです。

親子問題に、親子で望む。

 

詩弦がどんなふうに生まれてきたのか知っているのは、母親である歌子だけですから…。

歌子との絆を取り戻すこと、それが今後の鍵になってくるんじゃないかと思います。

 

それにしても、恐怖新聞の中の人たちは簡単に人を見限りすぎだよ。

なんでみんな詩弦のせいにするのさ〜〜!詩弦は何も悪いことしてないじゃかいか〜!!!

 

謎解き要素も強くなってきた恐怖新聞、これからも楽しみですね!

一応気をつけていますが、描写がグロかったらすいません…。。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話