『親バカ青春白書』1話ネタバレあらすじと感想│まさに青春!?ドラマに合わせたゆずの主題歌がいい!

今回は、2020年8月2日放送『親バカ青春白書』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

男手ひとつで娘・さくら(永野芽郁)を育ててきた小比賀太郎(ムロツヨシ)、通称:ガタローは、筋金入りの親バカだ。

 

そんなさくらも大学生!

 

心配になったガタローは、さくらと同じ大学に入学することに!?

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『親バカ青春白書』1話のネタバレあらすじ

小比賀さくら(永野芽郁)は、今朝も亡き母・幸子(新垣結衣)直伝の梅干しを頬張る。

父・小比賀太郎(ムロツヨシ) 通称:ガタローはといえば、仏壇の前で手を合わせ、必死でお願いをしている。

今日は、さくらの大学合格発表の日なのだ。

 

一緒に合格発表を見に行った2人は、さくらの合格を喜ぶ。

するとガタローは『幸子ありがと〜!』と泣きながら、自分の受験票を見た。

ガタローはさくらに秘密で、同じ大学それも同じ学部を受験し、合格したのである!

 

家に帰ったガタローは、隣に住む前田のおばちゃん(濱田めぐみ)と合格の喜びを分かち合う。

しかし、さくらだけじゃなくガタローも受かったことを知ったおばちゃんは驚愕する。

だって太郎ちゃん(おばちゃんはこう呼んでいる)は、東大を出ているんだから!

 

そんな太郎ちゃんがなんでまた大学に入るのか?

それは小中高とずっと女子校だったさくらが、共学の大学に行きたいと言い出したから。

 

かくして、さくら大好き!筋金入りの親バカ・ガタローは、さくらに悪い虫がつかないよう見張るべくキャンパスライフをスタートさせたのだった。

 

入学式

そして入学式がやってきた。

そこでさくらとガタローは、同じ文学部の山本寛子(今田美桜)と知り合う。

広島出身の寛子は、さくらとガタローが親子で入学したことに驚く。

なぜなら寛子は、父(佐藤二朗)と記念写真なんて恥ずかしくてやってられないからだ。

 

それに対し、仲良し親子なさくらとガタローは、その場でパシャリ。

『羨ましいのぉ〜〜!!!』と、寛子の父は叫んだ。

 

しかしガタローがさくらと一緒の学部に入学したことを知った父はフリーズ。

けれどもさくらはそんなことは全然気にせず、寛子と自己紹介し合った。

 

ガタローの職業

そんなガタローの職業は、売れない小説家だ。

20年前のデビュー作は映画化されるほどのヒット作になったが、その後は細く長く続けている感じだ。

 

でも担当編集の尾崎(谷口翔太)は、さくらに好意があるようで、ガタローは気になってしかたない。

それに尾崎は心の声もだだ漏れで、なにかと失礼な発言をする。

 

自分が大学生になったことが知れたら仕事を干されるとおもったガタローは、尾崎に内緒で大学に通うことにした。

 

同級生との出会い

ガイダンスの日、ガタローは最後列に座り、さくらに近寄りそうな男子学生に目を光らせ、写真を撮った。

それに気付いた担当教授・大村(野間口徹)は、ガイダンスが終わったら話があるとガタローを呼び出す。

 

一方、さくらは入学式で知り合った広島出身の寛子と一緒に学食へ。

そこで寛子は、同じ学部のイケメン同級生・畠山雅治(中川大志)と、衛藤美咲(小野花梨)を発見!

『ここ、いいですか?』と、相席しようとした。

 

すると『ここ空いてる〜』と、先輩たちが割り込んできた。

畠山はそんな先輩たちに、寛子たちのほうが先だと言う。

先輩だろうが後輩だろうが言うことは言う。

そんな畠山の毅然な態度を見たさくらは、もう畠山のことしか見えない。

 

福岡出身の衛藤美咲は、黒い汁のうどんを見て、濃くて飲めないと嘆く。

急に方言の出た美咲を見て、畠山はテンションアップ!

出身が秋田な畠山は、案外平気だと言う。

 

寛子は広島だから、美咲の気持ちがわかる。

盛り上がった畠山は、さくらにも出身を訊いた。

でもボーッと畠山の顔を見つめていたさくらは、何を訊かれたかわからない。

 

さくらは寛子に『出身、東京だよね?』と言われ、『うん』と答えた。

『東京ではこれが普通?』

畠山がうどんを指差すと、さくらは『これ、うどんって言うんだよ』と答えた。

どうやら、さくらは天然らしい。

 

サークル選び

そうとは知らないガタローは、はしゃぎながらサークル勧誘のビラをもらいまくっていた。

すると同級生の自称YouTuber・根来恭介(戸塚純貴)が現れ、2人は意気投合。

その勢いのまま、学食のさくらたちと合流した。

 

でも、さくらのことが心配で、ガタローが一緒に入学してきたことを知った同級生たちは耳を疑う。

みんなに衝撃が走る中、ガタローはさくらに先ほどもらったサークル勧誘のビラを見せる。

 

畠山は落語研究会に入ることに決めていて、さくらは寛子に誘われ、テニスサークルの見学に行くことにする。

 

そこでさくらは、先輩(磯村勇斗)からフォームの密着指導を受ける。

それをガタローが許せるわけがない。

ガタローは、触らなくても口で言えばいいだろと食ってかかった。

 

『お父さん!』

『お父さん…!?』

ガタローがさくらの父親だと知った先輩はびっくりだ。

ガタローはラケットを振って、2人を離させた。

 

落研に行くさくら

その後、ガタローはボール拾いで突き指し、冷やしにいった。

さくらはテニスサークルは無理そうだと寛子に謝る。

 

ガタロー不在の中、さくらと寛子はテニスサークルの別の先輩から、インカレパーティーのチラシを渡される。

父・ガタローに内緒で参加すれば?と、先輩は言う…。

 

でもさくらは落研(落語研究会)が気になって、ガタローと一緒に見学に行った。

すると畠山は既に入部していて、部員は男4人だけだった。

それを知るやいなや、ガタローはお笑いサークルにさくらを誘い、さくらを連れて行こうとした。

 

けれども、今年5人以上部員が集まらなければ、伝統のある落研は廃部になる。

『お願いします!』と、畠山と部長は必死に頭を下げた。

 

ガタローも困っていると言われたら放ってはおけない。

女子が増えれば入ってもいいかと考えたガタローは、部員を獲得し、落研を立て直すことにした。

 

最愛の妻・幸子との想い出

そんな中、さくらたちはYou Tubeの撮影のため、スカイツリーに行かないかと根来に誘われる。

この中で東京出身なのは、さくらだけ。

当然行ったことがあるだろうと思った寛子は、さくらにナビを頼む。

でも実はさくらはまだ、スカイツリーに行ったことがなかった。

 

その夜、さくらはさりげなくガタローに、スカイツリーの最寄り駅を訊いた。

 

するとガタローは、花火大会のときの母・幸子の浴衣姿を思い出した。

 

あの時、ガタローは幸子の手に偶然触れてしまい、『わざとじゃなくて』と謝った。

幸子はそんなガタローの手を握りしめると、『わざとがよかったな』と微笑んだ。

花火に照らされる幸子の横顔は、とても綺麗だった。

 

思いがけない告白!

そして同級生5人でスカイツリーに行く日がやってきた。

ガタローに秘密でやってきたさくらは、ひさしぶりに羽を伸ばす。

 

でも上にあがるのにお金がかかることを知った美咲は、行かないという。

彼女はバイトを幾つも掛け持ちしていて、何やらお金が必要らしい。

 

上にあがると、寛子は根来を連れてさくらたちから離れた。

さくらが畠山を好きなことに気づいた寛子は、気を利かせて2人きりにしたのだ。

 

そんな中、畠山はさくらに落研に来てくれたことを感謝する。

ガタローさん来れなくて残念だったね

『うん…』

 

畠山は落ち着かない様子でうなじのあたりを触ると、

実は俺、好きなんだ。…さくら、俺、ガタローさんが好きなんだ!

 

畠山はそう口走ると、慌てて自分の口を押さえた。

焦った畠山は『言うときは自分で伝えたいから。これは秘密ね』と言う。

さくらはショックで倒れてしまう。

 

インカレパーティに行くさくらと寛子

その後、さくらから報告を受けた寛子は『そっちだったか〜』と唸る。

美咲はもう帰ったらしいし、根来もYou Tubeの編集をするから帰るという。

寛子は、心配だから残るという畠山に『そういうのマジやめな!』と啖呵を切ると、帰るよう促した。

 

畠山が去った後、寛子はさくらを元気づけようと、テニスサークルのパーティーに誘った。

するとそこに、ここの面接を受けてきたと、美咲が戻ってきた。

 

寛子は美咲にもパーティーに誘うが、『女子から千円も取るなんて信じられない!』と、美咲は帰っていった。

どのみちバイトがあるからいけないらしい。

 

2人は呆れながら、パーティー会場に向かった。

でもそこは想像と違って、東京の大学生が行きそうなクラブだった。

 

戸惑ったさくらはガタローに連絡しようとするが、寛子に『出た、お父さん』と言われて電話するのをやめる。

 

さくらはせっかく大学生になったんだし!と勇気を出すと、クラブの中に入っていった。

 

ピンチを救え!

一方、ガタローは門限の19時になっても帰ってこないさくらを心配し、電話をしていた。

でもさくらは電話に出ない。

 

すると畠山から電話がかかってきた。

さくらがインカレのパーティーに行ったというのだ。

インカレとは何かわからないガタローに、畠山は他の大学とのコンパだと答える。

そこはあまりいい噂をきかないので、畠山は気になっていた。

 

ガタローはさくらの現在地をGPSで調べると、畠山と一緒にその場所へ向かった。

 

その頃、さくらと寛子は、薬物入りの飲み物を飲まされ、物陰に隠れていた。

そこに『何逃してんだよ』『すいません、いつもより効きが悪かったようです』と男たちが話す声が聞こえてきた。

 

しかし足がガクガクして震えの止まらないさくらは、バランスを崩し物音を立ててしまう。

 

2人は男たちに見つけられ、連れて行かれた。

それをクラブに来たガタローと畠山が目撃。

普通にやってもダメだと思ったガタローは、ナイフを持って『殺したる〜』と大声で叫び、畠山と小芝居を始めた。

 

それに気付いた男たちは、さくらたちを置いて部屋から出てきた。

ガタローは男を挑発すると、『殺しっていうのはこうやってやるんだよ』と畠山を刺した。

 

畠山の腹に血が滲み、警察を呼ぶ騒ぎとなり、男たちは退散。

 

その瞬間、ガタローは『はい!ここまで!皆さん警察は必要ありませんよ〜』と叫び、畠山を引っ張り起こした。

 

畠山の腹には、ケチャップが仕込まれていたのである。

 

『これは落語。今度やるので見に来てくださいね〜』

2人は『気をつけ、礼』をすると、さくらと寛子を連れて外に出た。

 

普通じゃなくてもいいんだ

『何やってんの、もぉ〜』と言うガタローに、さくらは謝る。

 

でも、さくらももう大学生だし、自分のことは自分で決めたい。

そんなさくらをかばうように、寛子は『私が誘ったんです。私が初めての東京に浮かれてて…』と言った。

 

するとガタローは『初めての東京で浮かれないはずがない!』と叫ぶ。

『でも怒ってたんじゃ…』

怒ってるよ!俺もスカイツリーに行きたかった!!!

ガタローは、さくらにあの辺で教えたい店とかいろいろあったのだ。

 

そんな父・ガタローを見て、さくらはやっぱり自分の家が普通じゃないことに気づく。

あのクラブがわかったのも、さくらにGPSをつけていたからだと知り、寛子は驚いて大声を出す。

それを見て『ほら、うち普通じゃないって』とガタローを見るさくら。

 

でもガタローは普通じゃなくてもいいと言う。

なぜならさくらを大大大好きなおかげで、こうしてさくらを助けることができたからだ。

そのためなら普通じゃなくても全然いい。

『普通なんてクソくらえだ!』とガタローは叫んだ。

 

さくらの頭をポンポンっと撫でると、ガタローはさくらの無事を喜んだ。

 

モテ期到来!?

後日、落語研究会の発表会が行われた。

そんな中、ガタローは見事な落語を披露し、笑いを取る。

 

その日の打ち上げで、とっても楽しそうなガタローを見たさくらは、自分よりガタローのほう大学生活を満喫してるなと思う。

 

でも、さくらが他のサークルを見てみると言うと、ガタローも一緒についていくという。

『それはなんだかな〜…』と、さくらが困っていると、ガタローの肩に寛子がしなだれかかってきた。

 

寛子は酔っ払ってもいないのに、『ガタロー、チューしようか♪』と言う。

『それはだめ!』

『ガタローさんはみんなのものです。抜けがけは許さない!』

さくらと畠山に制止され、ガタローはモテ期がきちゃった?と浮かれる。

 

一斉にガタローコールが起き、ガタローは大学生活ってこんなに楽しいのかと思うのだった。

 

〜 2話につづく 〜

 

『親バカ青春白書』1話の感想

もう、これはこういうもんだと思って笑うしかない!

思っていたよりずっとテンポがよくて、随所にお楽しみが盛り込まれていて、ニヤニヤしてしまう。

エンディングのゆずの、アップテンポでじゃかじゃかしたアレンジが最高!

わちゃわちゃして、楽しさ爆発な青春コメディを盛り上げてくれていましたね~☆

 

それに『今日から俺は!』チームの最新作ということで、佐藤二朗さんや磯村勇斗さんがゲストで出てましたね!

2人ともちょっとしか出てこないのに、存在感デカかったな〜。笑

 

そして、もうムロツヨシは、娘が好きすぎる親バカなガタローにしか見えない!

だからこんな親子もいるんだろうなと思わされるし、何より純真すぎるさくらちゃんが予想外に可愛かった〜。

 

『知らないの?それは、うどんだよ』って、いくら話を聞いてなくても、すごすぎるよ、さくらちゃん…。笑

 

そんなさくらが初めて恋したのが、畠山!

秋田出身ってことで秋田弁を楽しみにしてたけど、全然なまってないじゃないか!

と残念に思いながら、出会ってすぐに飛び出す、ガタローラブ宣言。

しかもさくらにそれを言うなんて〜!

さくらの初恋は初っ端からくじかれてしまいましたね〜(>_<)

 

それに寛子も、まさかのガタローラブ??

いきなりモテ期がきて、ガタロー大変ですな。

というか、ガタロー元気だなぁ。

 

大学であんなに羽目をはずしながら、家では小説を書いてるんだよ。

現在はどんな小説を書いてるんでしょうね〜?

クセがありまくりの担当編集さんとのやりとりも楽しかったです(≧▽≦)

 

落研つながりで、クラブ内のプールサイドで小芝居を打って悪い奴らを追い出すシーンも、わざとらしくて面白かったなぁ。

 

ムロツヨシさんの演じる役って、温厚そうに見えて、目が鋭いというか、何を考えているかわからない、キレものなイメージがありますよね。

 

ガタローにもそういう面がふんだんに現れていて、これからもいろんな方法でさくらのピンチを救ってくれるんだろうなぁと思いました。

 

それに対し、うちは変なんだって気づき始めたさくらの成長も楽しみですね。

同級生もみんな変わってるし、これからどうなっていくのやら。

次回はこちらも夏らしく、ホラーな展開に!?

 

新垣結衣さんはさすがの貫禄!

浴衣姿の幸子さん、可愛かったなぁ。。。(*´艸`*)

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました!

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ