『親バカ青春白書』2話ネタバレあらすじと感想│あぁ、勘違い。試されるハタケの心意気!

にこ

今回は、2020年8月9日放送『親バカ青春白書』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

畠山(中川大志)の部屋におばけが出ると聞いた同級生たちは大興奮!肝試しを企画します。

 

そんな中、さくら(永野芽郁)は初恋をこじらせ中。

 

その相手が畠山だと知ったガタロー(ムロツヨシ)は…!?

 

今回も、今日俺メンバーがゲストで登場!強烈な個性で、ドラマを盛り上げます♪

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『親バカ青春白書』2話のネタバレあらすじ

さくら(永野芽郁)寛子(今田美桜)は、天文サークルの入部体験に参加する。

 

望遠鏡で星を見るさくらを口説こうとする先輩(鈴木伸之)

さくらの手に自分の手を重ねた先輩は、いつのまにかその手がガタロー(ムロツヨシ)の手に変わっていることに気付く。

ガタローがさくらの父で、文学部の1年生だと知った先輩はびっくりだ。

 

そんな中、早くも寛子は天文サークルの先輩とつき合うことに。

寛子が先輩とお泊りキャンプに行くことを知ったガタローは『さくらは禁止!』と大声で叫ぶ。

すると倹約家の衛藤美咲(小野花梨)が『退場!』を宣告。ガタローは離れ小島に飛ばされた。

 

登校してきた畠山(中川大志)が、落ち込むガタローに気づき、心配そうに声をかける。

さくらはそんな畠山に気づき、振り返って手を振った。

 

ガタローは、さくらが自分ではなく、畠山を見ていることに気付く…。

 

ハタケの部屋にお化けが!?

一方、さくらは畠山がガタローを好きなことを知りながら、彼に惹かれていた。

 

お昼に、畠山に手作り弁当を褒められたさくらは動揺し、無意識にシャカシャカと炭酸を振って開けてしまう。

当然、炭酸は溢れてブシュー。

隣に座っていた畠山は溢れた炭酸を飲み干すと、かわりに未開栓のものをさくらにくれた。

 

そこに自称・YouTuberの根来(戸塚純貴)とガタローが合流。

畠山が何気なく呟いた『部屋にお化けが出る…』という言葉に、一同は騒然!

なんと畠山=ハタケの部屋は、夜中に急に電気がついたり、勝手にテレビが消えたりするらしい。

 

ハタケはあまり怖がっていないようだが、寝るときに女の人の泣き声が聞こえてくるのはさすがに辛いらしい。

 

それを聞いた根来は『根来TVの出番でしょうが〜!心霊現象とか、超バズりそう』と大盛り上がり。

そこで同級生たちは、ハタケの部屋で肝試しをすることにした。

 

ハタケの秘密!

翌日の放課後、みんなはさっそくハタケの家へ。

ガタローはなんとかさくらをハタケの家に上がらせないよう粘るが、寛子に『もう黙れ!』と叫ばれ、大人しくついていくとに…。

 

ハタケが住んでいるマンションはとっても広くて家具付きの部屋だった。

なのに家賃はたったの5万!

それを聞いたガタローは、事故物件だと気付く。

 

寛子が『お祓いとかしてもらった方がいいんじゃない?』と心配する中、さくらは部屋の奥に、ガタローの小説が原作の映画のポスターが飾られているのを発見する!

ハタケはガタローの大大大ファンだったのだ!

 

見ると、本棚にはガタローの本ばかりが綺麗に飾られている。

ガタローが小説家だと知った寛子たちは驚愕する。

 

ハタケは初めて大学で会ったときから、ガタローが小説家・小比賀太郎(おびかたろう)その人だと気づいていた。

ハタケは『自分は小比賀太郎の小説でできていると言っても過言じゃない』と、首の血管を浮き上がらせながら熱弁した。

 

さくらに『ガタローさんのことが大好きなんだ!』と言ったのも、実はそういう意味だったのである。

それを聞いたさくらと寛子は、ひと安心。

 

ハタケは、家にガタローが来たらこのことを打ち明けられると思って、昨日は眠れなかったと涙ぐむ。

 

『ハタケ、おまえ…』

ガタローは笑うと、自分の小説を暗記するほど読み込んでいるハタケに『気持ち悪い!』と 叫んだ。

そんな奴には未だかつて会ったことがないからだ。

 

でもハタケは懸命に、ガタローの弟子にしてほしいと土下座する。

ガタローは嫌がるが、さくらと寛子に考えてやったら?と頼まれ、困ってしまう。

 

ガタローが学んだこと

すると、ポチョン!

風呂場から水音がして見に行くと、シャワーヘッドが床に落ちていた。

たまに落ちるんだよね〜というハタケだが、誰もいないのにこんなことが起きるわけがない。

 

…これは本当に怪奇現象なのか?

部屋に戻った一同は、きゅうと小さくなって黙りこんだ。

 

するとおもむろに、『さっきの話だけど、俺、本当に弟子は取らないから』とガタローが口を開いた。

 

ガタローが小説を書き始めたのは、20歳のとき。大学生の頃だった。

40になって もう1度大学に通い始めたガタローは、大学生は大学生であるべきだと改めて感じたという。

 

今じゃなきゃできないこと。

その大切さ。

でもそれがわかるのはずっと後になってから…、社会に出てからだ。

 

ガタローはハタケを見つめると『今は大学生活を満喫したほうがいい』と淡々と語った。

 

その時、根来が窓も開いていないのにカーテンが動くのを目撃!

さくらも見たという。

 

そこに遅れて、美咲がやってきて、ガタローのおごりで宅配ピザを取ることに。

でも美咲が来てからは、なんにも起こらない。

ガタローはさくらたちを連れて帰ることにした。

 

幸子との想い出

家に帰ったガタローは、さくらが産まれたばかりの頃を思い出す。

 

赤ん坊のさくらを見ながら、ガタローはさくらに恋人ができた時の心配をする。

 

亡き妻・幸子(新垣結衣)は『今からそんな心配?そんなのさくらを信じるしかないんじゃない?』と言った。

でもガタローは、さくらが上辺だけの男に騙されるんじゃないかと気が気じゃない。

 

『そんな男に騙されるってことは、さくらは馬鹿なんじゃない?』

幸子に言われて、ガタローは『さくらが馬鹿なわけがない』と強く否定する。

『ほら、それなら安心だ』

幸子は笑うと、ベビーベッドの中のさくらを覗き込んだ。

 

そのさくらも、もう18歳。

さくらが作ったご飯をウマそうに食べている担当編集の尾崎(谷口翔太)を発見したガタローは、さっそくキツイ言葉を尾崎に浴びせた。

でも尾崎はへっちゃらだ。

 

さくらは尾崎の知り合いの霊媒師に、ハタケの部屋を見てもらうことにした。

 

お節介な霊媒師

後日、さくらとガタローも見守る中、ハタケの部屋のお祓いが行われた。

 

見るからに怪しい霊媒師(シソンヌのじろう)を見て、ガタローはツッコミが止まらない。

霊媒師は『熱い、熱い!』と奇声をあげながら、箱の中からルービックキューブを取り出し、できなくて駄々っ子し始めた。

 

これにはハタケも笑いが止まらない。

 

結局、ルービックキューブは揃わず、霊媒師はそれを投げ捨てた。

『以上です』

 

こうして効いたのか効いていないのかわからないまま、お祓いは終了。

ガタローは、絶対インチキだと呟いた。

 

そんな中、ハタケはさくらに話したいことがあると言う。

ガタローは俺にも聞かせろと粘るが、霊媒師に呼ばれて出ていった。

 

さくらと2人きりになったハタケは『やっぱりガタローの弟子になりたい』と言った。

実際のガタローは、ハタケが思い描いていた小比賀太郎のはるか上をいっていた。

 

成績も普通、運動神経も普通、何もかもが普通なことに悩んでいたハタケは、ガタローに弟子入りすれば、自分も普通を超えられる気がしたのだ。

 

それを聞いたさくらは、自分からもガタローにお願いしてみることにした。

 

 

一方、外で霊媒師と話をしていたガタローは…。

さくらにいい守護霊がついていると言われ、幸子のことかなと喜ぶ。

 

しかし、霊媒師にさくらの恋路を邪魔していると指摘されたガタローは『あんたに関係ないでしょ!』と激怒する。

 

ガタローの勘違い

家に帰ったガタローは、料理中のさくらにハタケと何を話していたのか尋ねた。

 

するとさくらは料理の手を止め、ガタローと向き合った。

畠山くんね、すごく真剣なの。私も、お父さんにちゃんと認めてほしい

 

それを聞いたガタローは、さくらと畠山がつき合っている様子を思い浮かべた。

さくらとハタケが仲良く話しているところ。。

そして、さくらが畠山とファーストキス!?

考えただけでガタローの頭は爆発だ!!!

 

『ちょっと出かけてくる!』

ガタローは最後までさくらの話を聞かず、叫びながら外に飛び出した。

 

男の約束

翌日、ガタローは畠山を呼び出した。

『さくらから話は聞いた。…真剣、なんだな?』

『はい、真剣です』

『じゃあ、お前が本当の男かどうか見せてみろ』

 

ガタローは畠山に『俺ができないようなこと、俺を唸らせるようなことをやってみせろ』と凄んだ。

すると『……宙返りとか…?』

畠山は真面目な顔で答えた。

でも、宙返りはできない。

 

ハタケは農学部の使われていない畑を指差すと、自分1人で野菜を育ててみせると息巻いた。

なぜならハタケは農家の息子だからだ。

 

それを聞き、ガタローは誰の助けも借りずにできたらハタケのことを認めると約束した。

 

頑張るハタケ

それからハタケは土を耕し、野菜を育て始めた。

しかしガタローは農学部の教授に聞いて知っていた。

その畑はもう完全に死んでいて、どんなに頑張っても野菜はできないことを!

 

そんなこととは知らず、畠山は来る日も来る日も畑の面倒を見た。

授業中は野菜の作り方の本を読み、前期試験は泥だらけのTシャツにタオルをかけた姿で臨んだ。

 

そして試験も終わったある日、ハタケは小さな芽が出ているのに気付く。

しかし炎天下の中作業をしていたハタケは、熱中症で倒れてしまう。

 

ハタケよ、よく頑張った。ここまでだ

ガタローは地面に突っ伏しているハタケを見下ろし、低い声で呟いた。

 

普通ってすごい

その後、ハタケは救急車で大学病院に運ばれた。

 

ハタケを診た医師(シソンヌの長谷川)は、『炎天下で水も飲まずに農作業なんて、絶対だめな奴じゃん!わかりますよね、お父さん』と、ガタローを責めた。

『だから、お父さんじゃねぇし』

さくらはガタローの頭を無理やり下げさせると、ガタローにどういうことなのかと尋ねた。

 

すると、ガタローは『あいつと男の約束をしたんだ』と硬い表情で言う。

弟子入りするのにそこまでする必要あったの?

『……は?なんの話?』

 

さくらとハタケがつき合うもんだと思い込んでいたガタローは肩透かしをくらって、急にヤバいことをしたと焦り始めた。

 

ハタケの病室に行ったさくらは、みんなの前でハタケに言う。

もう少しで死ぬとこだったんだよ。畠山くんに何かあったら私…

 

それを遮るように、ガタローは手を合わせてハタケに謝った。

でもやっぱり弟子入りは無理だという。

 

でももう普通と言われたくないハタケは、このままじゃだめだと涙ぐむ。

そんなハタケに、ガタローはひと言ひと言語りかけるように、話し始めた。

 

あのな、ハタケ。普通ってすげーんだぞ

『え?』

『でもお父さん、前に普通じゃないほうがいいって』

『そりゃあ俺の場合は普通になりたくてもなれないんだから、開き直るしかないだろ…。

でもな、どんな時でも、どんな状況でも、普通でいられる奴がイチバン凄いんだ。

だから俺は、さくらの横にはそういう普通の奴がいいと思ってた』

 

普通は本当にすごい。普通が1番。普通が最高。

でも…、

 

ハタケよ。おまえ、全然普通じゃないからな。こんなんなるまで畑耕す奴、全然普通じゃない。異常!そんな男前の奴、なかなかいない。異常!

 

ガタローは急に早口になると『さくらはその顔面に惚れちゃったんだからな、バカヤロウ!』と、すね始めた。

 

ガタローは、ハタケがさくらにふさわしい奴かどうか確かめようとしたのだ。

それを知ったさくらは『何してんの、クソ親父!』と言う。

 

初めてさくらに罵倒されたガタローは激しく落ち込む…。

そんな中、超鈍感なハタケだけは意味がわからないのだった。

 

これでいいのだ!

数日後、ハタケは無事に退院した。

ハタケは入院中にガタローの本を読み直し、普通でも普通じゃなくても、自分を肯定できたらいいということに気付けたようだ。

 

ハタケは『弟子入りなんて恐れ多いことを言ってすいませんでした!』と頭を下げた。

 

それを聞いたガタローはやっと復活!

ハタケの部屋も、あの霊媒師が来てから何も起こらなくなったという。

 

元気になったガタローとハタケは、みんなと一緒に海に繰り出した。

 

その道中、さくらたちは寛子が天文サークルの先輩と別れ、入部するのをやめたことを知る。

 

さくらも、お母さんの星を探すのは大変だなと思って、サークルに入るのをやめていた。

そんなの本当じゃないとわかってはいるが、幸子が亡くなった時、『お母さんは星になった』と言っていたガタローの言葉が心に残っていたのだ。

 

するとガタローは、お母さんの星(ほし)は台所にあると言い出す。

それは幸子直伝の梅干し(うめぼし)のことだった。

 

『じゃあ俺、今度は梅の実を作りますよ〜』

笑いながら寄ってくるハタケに『それはもはやプロポーズだからヤダ!』と、ガタローは駄々をこねた。

 

海がそこに見えて、6人は走り出した!

 

〜 3話につづく 〜

 

『親バカ青春白書』2話の感想

今回、ドラマに出てきた今日俺メンバーは、さくらを口説く先輩役を鈴木伸之さん、怪しすぎる霊媒師をシソンヌのじろうさん、ハタケを診察した医師をシソンヌの長谷川さんが演じていました。

 

私、お笑いに疎いので初めて見たのですが、じろうさんってすごい強烈キャラですね!

とにかく圧倒されました。笑

 

それに後ろで笑いを堪えてる中川大志くんが気になって、笑わずにいられるムロさんと永野芽郁さんが凄いと思いました(>ω<)

 

肝試しの話はちょっと物足りなかったけど、要はガタローにハタケが筋金入りの小比賀太郎ファンだということを知らせる回だったんですね。

 

しかもガタロー、喜ぶと思いきや、『気持ち悪い』ってヒドい(;´Д`)

でもそれを上回るハタケの熱量!

台詞には出てこないけど、ガタローはハタケに大学時代の自分を重ねてたかもしれないですね。

 

大学生で小説を書き始めて、いきなり最初の作品が売れちゃったガタローの人生には、大学生らしい思い出がないのかもしれません。

そのぶん、今めっちゃ楽しんでるけど…。

 

なにかちょっと暗い表情のガタローを見て、若い頃のガタローのことが知りたくなりました。

デビュー作後、ヒットがなくて苦しんでいたガタローを救ってくれたのが幸子だったのかな?

 

今回も、幸子=ガッキーは輝いてましたね。

あんな可愛い顔で諭されたら、みんな言うことを聞いてしまいますね。

『ほら、それなら安心だ』と、強調していう言い方がツボでした。

 

あと、ツボといえば、さくらが振りすぎて溢れさせた炭酸を飲むハタケくん!

青春やん青春!

炭酸=青春なイメージ。

その後、テーブルに零れた炭酸を拭くのに、みんなが無言で大量のティッシュペーパーをテーブルにポイポイ投げてくのがなんかリアルで、面白かったです。

 

ガタローが、ハタケとさくらが真剣交際するもんだと勘違いして、ハタケが受けて立つところも、あり得ないけどよかったなぁ。

 

ガタローは、ハタケが男前なのを異常だと切り捨ててたけど、今回の一件でハタケのことを一応男として認めたようですね!

 

でも鈍感なハタケは、さくらの気持ちに気づいてない〜。

さくらって家庭的だし、人の悪口とかも言わないし、ほんといい子ですよね〜。

奥手な2人の恋が楽しみです!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ