『レンアイ漫画家』10話ネタバレと感想│漫画が描けなくなった刈部!そんな中でも、愛を確かめ合う2人がかわいい。

にこ

今回は、2021年6月10日放送『レンアイ漫画家』10話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

出典:『レンアイ漫画家』公式ツイッター

ついに、あいこ(吉岡里帆)とつき合いはじめた刈部(鈴木亮平)は、遊園地デートをしたり、幸せを感じていた。

 

そんな中、刈部はネームが書けず、初めて原稿を落とす!

 

『まっとうな幸せは才能をダメにする』

 

この呪いから…、はたして刈部は抜け出すことができるのか!?

それではさっそく、10話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ

『レンアイ漫画家』10話のネタバレあらすじ

ついに、つき合いはじめた刈部(鈴木亮平)あいこ(吉岡里帆)

レンアイなんて自分とは無縁だと思っていた刈部だが、あいこを仕事部屋のソファで寝せるという暴挙に出るほどメロメロに。

でもそういうのも悪くないと思えるほど、幸せを感じていた。

 

そんな中、編集の仕事に興味をもったあいこは、ダメもとで面接をうけることに。。

あいこはもう疑似恋愛の仕事はしなくていい、”禁止”だと刈部から言われたのだ♪

 

そこに、可憐(木南晴夏)早瀬(竜星涼)が訪ねてきた。

 

可憐は日本漫画大賞受賞のお祝いと、2人がつき合いだした記念に、あいこに花束を渡す。

この前の授賞式でのスピーチを聞いて、刈部のあいこへの想いに気づいたのだ。

 

そして驚くことに、早瀬もあいこのストーカーを卒業したという。

これからは遠くから、あいこたちを見守っていくらしい。

 

可憐が帰った後。。

刈部は、午前中にはネームを書きあげるので、面接が終わったら一緒に食事に行こうとあいこを誘う。

それなら遊園地に行こうという話になり、刈部は『しょうがないなー』と言いつつ嬉しそう♪

 

レン(岩田琉聖)

『お付き合いを始めたんですね!デート頑張ってください』

と刈部を応援するのでした(๑˃̵ᴗ˂̵)وヨシッ

 

クォリティーの低下

一方、向後(片岡愛之助)は読者アンケートで、「銀天」が2位の可憐に追い上げられていることに気づき、青ざめる。

最近の可憐は筆がのっていて、神回の連続なのだ。

 

向後は恥をしのんで、『最近の銀天ってどう思う?』と可憐の担当編集者に尋ねた。

すると彼女は『えっと~』と言葉をにごし。。。

向後は、刈部の漫画のクォリティーが下がっていることに不安を抱く。

 

初めてのデート!

その頃、刈部はネームを描きあげることができないまま、遊園地に来ていた。

 

『わっ!』

背後から、あいこに肩を叩かれ驚く刈部。

あいこはわざわざ家に帰って着替えてから来ていた。

それにこうして待ち合わせするのが、デートの醍醐味というものだ。

 

あいこに腕を組まれてドキッとしつつ。。

絶叫系が苦手な刈部は、ワーワー言いながら優しめのアトラクションから順にハードルをあげていく。

 

そして夕食のお好み焼きを食べるときにはちょっとお疲れ気味。。

でも次は茨城にある滝を見に行かないかと、あいこを誘うのだった。

 

人生の相方

その帰り道。

すっかり酔っぱらったあいこは、刈部におんぶしてもらう。

けどいつも漫画を描いてる刈部さんが一緒にいるわけな~い!と、あいこはくだを巻く。

 

『なんだ、それが不満なのか?』

『はぁ!?

努力家で、天才でめっちゃストイック!ひと言でいうと、漫画バカ!

でも私はそういう刈部さんが、大好き。

もしも刈部さんが人生の相方だったら・・・』

 

『だったら??』

けど、あいこはいびきをかいて気持ちよさそうにグゥ~~。

 

『おい!だったらどうなんだ?

嬉しい?悲しい?つらい?嫌だ?』

 

刈部はあいこを仕事部屋のソファに寝かせ、ネームに取りかかった。

 

銀天の休載

それから2週間後。

「銀河天使」休載の知らせを見て、可憐はショックをうける。

 

『刈部さん、急病だって。大丈夫かな~?』

早瀬が雑誌を覗き込むと、

『ばかね!』

と可憐はそれを戒める。

 

漫画家の急病は、99%描けなかった。ぎりぎり載せられなかった。

”原稿を落とした”という意味なのだ。

 

可憐も今までに2度経験があるが、自己嫌悪で消えてしまいたかった。

でも刈部は、今まで1度も落としたことがない。

11年「銀天」を連載していて、1度もだ。

それなのに・・・。

 

原稿が描けなくなった刈部

心配になった可憐は向後に電話し、二階堂(眞栄田郷敦)の店で会った。

 

『描かなかったの?描けなかったの?どっち?』

 

すると向後は、令和編は次号で終わり、主人公はまたアメリカ西部開拓時代にタイムスリップする予定だったという。

ところがネームに入ると途端に、思うようにキャラが動かなくなった。

予定通りの展開でラストに行きたいのに描けない。

刈部の部屋はあっという間にぐしゃぐしゃに丸められた紙だらけになった。

 

今まで刈部は、孤独を背負いながら愛や恋を漫画に描くことでバランスをとってきた。

でも今は現実と虚構とのバランスが取れなくなっている。

その葛藤と闘い、懸命に描こうとしているのだ。

 

そんな刈部を、向後は急かしたくなかった。

また描けるようになるまで、いつまででも待とうと。。

だから次も原稿を落とすようなことになったら、「銀天」は再開未定の休載にしようと考えていた。

 

でも『あなたはそれでいいかもしれないけど、読者はそんなに待ってくれないわよ』と可憐は言う。

SNSではすでに、銀天はもう終わったなどの書き込みが相次いでいた。。

 

由奈からの連絡

一方、由奈(小西桜子)は二階堂の店を辞め、コンビニでバイトしていた。

「銀天」が休載になったことを知り、二階堂に電話する由奈。

刈部が描けなくなったのは自分のせいじゃないかと思ったのだ。

 

『大丈夫。由奈ちゃんのせいじゃないよ』

二階堂は、あれ以来 連絡が取れなくなっていた由奈を心配していた。

でも『私はどこでだって生きていけるよ』と由奈は電話を切る。。

 

想いを確かめ合う2人

その頃、あいこの部屋には、刈部が来ていた。

12年前、初めて出版社に持ち込みをした原稿を見せる刈部。

それを読んだあいこは、自分をモデルにした漫画だと気づいて驚く。

 

刈部もこの前、ひさしぶりに原稿を見てそれに気づいた。

そしてあいこに初めて会った時、「レンアイしろ」といきなり無理難題を言ってしまったのは、

本能的にあいこが自分にインスピレーションをくれるということを覚えていたからじゃないかという。

 

『信じられない、そんな前から繋がっていたなんて』

あいこが呟くと、刈部は言った。

 

『もしかして、君がいう”人生の相方”っていうのは、こういうことだったりするんじゃないか?』

 

でも刈部が原稿を描けなくなったのは自分のせいだと、あいこは思っていた。

『それは違う』

刈部ははっきりとそれを否定し、

『俺はもう、”まともな幸せは才能をダメにする”という呪いには負けない』

と言い切る。

『刈部まりあは天才だぞ』

 

それを聞き、ようやくあいこの顔に笑顔が戻った。

刈部があいこを見つめると、

あいこは笑って刈部のほうに向きなおり、刈部とギューッ。

 

刈部はあいこを抱きしめたまま、

『30日、誕生日だろ?何がしたい?』

と尋ねた。

向後があいこの姉と連絡を取っていて、あいこの誕生日が近いことを教えてくれたのだ。

 

『じゃあ、一緒にいてください』

『え?もっといろいろあるだろ?』

『いや、それで。。それがいいんです』

 

『そうか。。じゃあ、原稿はそれまでにあげる。大丈夫だ』

 

刈部は笑顔でそう自分に言い聞かせた。

 

ストーカーを卒業した早瀬

ストーカーを卒業した早瀬は時間を持て余し、可憐の家によく手伝いにいっているらしい。

今日は可憐が飼っている大型犬「みすずさま」の散歩だ。

 

レンは麻央(星乃あんな)から原稿を落とす大変さを聞かされ、不安になる。。

 

追いつめられる刈部

そんな中、刈部は原稿が書けずやつれていく。。

あいこはそんな刈部を気遣うが、

刈部は『明日の夜、何が食べたい?レンと一緒に食事に行こう』と言う。

 

でもろくに睡眠も食事もとらず、自分を追いつめつづけた刈部は手が震え、

『お前、描けなくなるぞ』と自分自身に言われる幻影を見て、ついに倒れる!

 

刈部は救急車で病院に運ばれ、入院。

向後は銀天は休載するつもりだと言い、

『刈部君を支えてやってください』とあいこに頼み、去っていった。

 

まりあ様を返して

家に戻ったあいこは、紙が散乱し、刈部が格闘した跡が残る仕事部屋を見て立ち尽くす。

本棚にはずらりと「銀天」の単行本が並べられていた。。

 

そこに可憐がやってきて、

『今逃げたら、きっと一生描けなくなる』という。

 

漫画は刈部のすべてなのに、

『私だったらもう生きていけないわね』

と可憐に言われ、やはり自分のせいなんだとあいこは唇をかんだ。

 

『あなたが悪いわけじゃない。でも、あなたのせい』

 

刈部は恋愛したことで、現実と虚構のバランスを崩してしまったのだ。

 

可憐はまりあ様なら大丈夫だと思い、あいことつき合うことを祝福した。

でも、まりあ様は天才だけど、刈部は血の通った人間だった。

 

『あいこさん、まりあ先生を返してちょうだい』

 

それを聞き、あいこは刈部の家から出ていくことを決めた。。

 

出ていったあいこ

刈部が退院して家に戻ると、レンが泣きそうな顔で出てきた。

何も言えないレンを見て、あいこが出ていったことに気づく刈部。

あいこの部屋には、刈部宛ての手紙が残されていた。

 

 

黙って出ていく不義理をお許しください。

 

顔を見たら決心が鈍ってしまいそうだから。。

 

刈部さんと一緒にいると、私はレンアイしたくなってしまう。

 

でも刈部さんはレンアイすると漫画が描けない。

 

けど私は漫画を描いている刈部さんが好きで、どうにもうまくいかないみたいです。

 

刈部さん、漫画を描いてください。

 

この家で、刈部さんとレンくんと過ごした時間は、本当に幸せでした。。

 

 

辛い誕生日

その頃、あいこは行くあてもなく、ベンチに座っていた。

 

誰にも告げず、こっそり出ていこうとしたあいこだったが、レンに見つかってしまい、新しい家を見つけたと嘘をついた。

 

レンは『嫌です!あいこさんも一緒がいいです!』と泣きじゃくりながらも、あいこにプレゼントを渡し、見送ってくれた。

 

レンが描いてくれた絵には、

「あいこさん、お誕生日おめでとうございます。」の言葉とともに、

刈部とレンとあいこ、3人が笑っている姿が描かれていた。

うさぎのメモリーも一緒だ。

 

あいこは刈部の顔を指でなぞり、こらえきれず声をあげて泣き出す。

本当は一緒にいたかった。

ずっと一緒にいたかった。

 

その頃、刈部もあいこにプレゼントしようと買ったペンダントが入った箱を抱きしめ、泣き崩れていた。

 

でもひとしきり泣いた後、あいこはまた歩き出す。

 

そして刈部も、一心不乱にあいこのことを想いながら原稿を描き始める。

 

『俺は、、漫画家だ!』

 

その目は、本物の漫画家の目だった。

 

おまけ

あいこは家を出ていく前に、病室で眠っている刈部の頬に触れ、

『刈部さん』

と呼びかけた。

 

でも刈部はぐっすり眠っている。。

 

『バイバイ、刈部さん』

 

あいこは眠ったままの刈部にそっとキスをした。

 

 

~次回、最終回につづく!~

 

 

『レンアイ漫画家』10話の感想

あいことつき合ってからの刈部は、あんなに怒鳴っていたのが嘘のように決してあいこに当たったりしない。

描けなくて苦しいのは自分のほうなのに、自分を責めてるあいこに『そんなことは決してない』『呪いになんて負けない』『俺は天才だぞ』と笑ってみせる。

 

しかもその後、刈部はなんとも言えない目であいこを見て…、

あいこはハグしたいんだなと体勢を整え、さあ来いと言わんばかりに手を広げる。

 

2人の間にはもう「愛」しかないのに、それが漫画を描けなくするんだから悲しいです。

しかもあいこが出ていって、また漫画が描けるようになるなんて。

あいこの笑顔を思い出しながら描いた絵が、主人公の泣き顔なんて。

切なすぎて悲しくなりました(><)

 

レンくんがあいこにあげた絵は、レンくんが実際に描いたものなのかな?

すごい力作で、うさぎのメモリーが可愛かった!

それを見て声をあげて泣くあいこが痛々しくて見ていられなかったなぁ。

でもひとしきり泣いたら前を向いて歩き出すところが、あいこらしい。

そうやって何度も乗り越えてきたんだよね、今までも。。

あいこはこの後、編集者になる夢を叶えるのでしょうか?

最終回予告での刈部の変貌ぶり、弾けっぶりも気になりますね〜。

あいこがいなくなって、タガが外れちゃった??今までしなかったこと全部やってみようと思ったのかな?

 

一方、可憐と早瀬コンビはさらに距離が近づいてて、ニヤニヤ〜。

でも恋愛には発展しそうにないかな?

早瀬さん、あいこを見守るのやめたら暇って、どんだけ暇な仕事なんだ。

そのうち可憐のところに就職しそうな勢いだなぁ(^_^;)

 

とにかく、最終回であいこと刈部がどんな再会を果たすのか気になる〜!

一緒にいても漫画が描けるといいな。

レンとあいこと刈部の3人でまた暮らせるといいな。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじ