『私たちはどうかしている』6話ネタバレと感想│15年前の事件の犯人は?闇落ちした七桜が綺麗…

にこ

今回は、2020年9月16日放送『私たちはどうかしている』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

大旦那(佐野史郎)主催の茶会の後、1年に1度だけ開かれるという樹(鈴木伸之)の部屋に入る機会を狙う七桜(浜辺美波)…。

 

いろいろな人たちの思惑が交錯する中、夕ざりの茶事が始まろうとしていた…!!!

それではさっそく、6話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 最終話

『私たちはどうかしている』6話のネタバレあらすじ

うだるような暑さの中、大旦那・宗寿郎(佐野史郎)主催の“夕ざりの茶事”が開かれた。

 

1年に1度、茶会が終わった後にだけ開かれるという樹(鈴木伸之)の部屋に入る機会を伺う七桜(浜辺美波)…。

 

来賓客の中には、市議会議員の溝口(吉沢悠)多喜川(山崎育三郎)に混じり、椿(横浜流星)との結婚が破談になった栞(岸井ゆきの)の姿もあった。

 

来賓客たちは、七桜と栞が挨拶しているのを見てヒソヒソ噂話をする。

そこに宗寿郎が入ってきて『桜の根のように太く、美しい花を咲かせるような図太さがないと、この店はやっていけないでしょう』と発言する。

 

それは宗寿郎が七桜のことを嫁として認めているということ…。

焦った今日子は、来賓客が椿の作った美しい“夕顔”のお菓子に舌鼓を打つ中、宗寿郎の遺言書を始末しようと部屋をあさり始める…

 

今日子が邪の蛇になった理由

そこに宗寿郎がろうそくを手に現れた。

『探しものはこれか?』と懐から遺言書を取り出す宗寿郎。

 

『相変わらず油断のならない女だな』

遠くに雷の音を聞きながら、宗寿郎は昔の記憶を思い出す。

ちょうどこんな夜、今日子が他の男と庭で密会しているのを見たことを。

 

あの夜から、椿は 樹の息子ではないと、宗寿郎は疑惑を抱いていたのだ…。

 

『その遺言書を渡してください!』

遺言書を奪い取ろうとする今日子を、宗寿郎は突き飛ばす。

 

どうして裏切った!お前をこの家の嫁に迎えたのは私だぞ!

 

今日子は加賀御三家・鳳(おおとり)家の娘で、蝶のように美しく聡明で、光月庵のいい嫁になる。

宗寿郎はそう思った。

でも違った。

 

おまえはこの家を飲み込む邪の蛇だ!

宗寿郎の叫びと共に、雷鳴が轟き、今日子の何かが壊れる。

 

…私をそうさせたのは、誰ですか?』

今日子はついに積もり積もった宗寿郎への恨みを吐き出した。

 

25年前、この家に嫁いだ今日子は、樹に愛されて幸せな毎日を送るんだと希望に満ち溢れていた。

しかし樹はただの1度も、触れてくれなかった。

それがどんなに辛かったことか…。

 

『お父さまだって、調べなかったのは椿が本当の孫じゃないとわかったら困るからでしょ?

どうして私から何もかも奪おうとするんですか!

この店を継ぐのは、椿なんです!』

 

涙を流しながら、今日子は宗寿郎に掴みかかる。

そして揉み合ううちに、宗寿郎は倒れ、座卓に頭をぶつけてしまう。

その拍子に倒れるろうそく。

 

遺言書を手にした今日子は、宗寿郎の頭から血が流れ出すのを見て、驚く。

だが思い直し、今日子はそのまま宗寿郎の部屋を後にする。

 

当主殺害事件の犯人は?

一方、茶室のろうそくを取り替えに行った七桜は、宗寿郎がいないことに気づく。

もしや宗寿郎は、樹の部屋に行ったのでは?

そう思った七桜は急いで向かう。

 

すると錠前が開いていて、七桜は恐る恐る中へ。

そんな七桜の目に飛び込んできたのは、樹の着物を抱いて、愛おしそうに頬ずりする今日子の姿だった!

 

それを見た七桜は、15年前の事件の記憶がフラッシュバック!

椿の花が咲き乱れる庭に、今日子が立っていたことを思い出す。

 

『あなた、どうしてここに?』

物音に気付いた今日子が、七桜に話しかける。

 

ここで旦那さまが刺殺されたんですよね?一緒に働いていた職人さんに…。

その人と旦那さまは仲が良かったと聞きました。

“愛し合っていたんだって”

 

七桜の言葉に、今日子は着物をかける手を止め、振り返る。

 

“愛してるんです、ずっと前から。樹さんを返してください”

そう、涙ながらに今日子に訴えた百合子(中村ゆり)の姿が、七桜の姿と重なる。

 

…うるさい!よくもそんなことが言えるわ!

 

今日子は近くにあった燭台で、七桜を殴り、睨みつける。

七桜は倒れながらも、必死に座布団でろうそくの火を消した。

 

ねぇ、愛し合ってるなら、何をしても許されるの?生涯を誓い合った妻がいるのに…?』

 

今日子も、最初は百合子のことを職人として雇われたのだと信じていた。

でもある夜、今日子は、樹と百合子が会っているのを見てしまった。

 

その時から、今日子は美しい羽をむしり取られ、嫉妬むき出しの獣になった。

なのにあの2人はなんの罪にも問われない。

憎らしかった。

今日子は、2人が憎らしくてたまらなかった。

 

…だから母に罪を被せたんですか?旦那さまを刺したのもあなたですか?』

『違うわ!なんの根拠もないでしょ?』

 

七桜は今日子に掴みかかるが、今日子はそれを突き飛ばし、去ろうとする。

 

私があなたを訴えます!あの日、あなたを見たって』

『…なんですって?』

 

私は“さくら”です。その職人の、大倉百合子の娘です』

 

七桜の告白を聞き、今日子は息を呑み、目を閉じる。

だがその瞬間、愉快そうに高笑いし、手を打つ今日子。

彼女はこの時を待っていたのだ!

 

『ねぇ、聞いたでしょ?』

 

今日子に言われ、七桜は恐る恐る横を向く。

そこには七桜の告白を聞き、ぼう然とする椿の姿が!

 

あの夜、椿は、百合子と樹が話しているのを聞いてしまった。

店は椿に継がせるつもりだということ。

椿があの子のことを“さくら”と呼んでいること。

“さくら”には、こんな店に縛られず、自由にお菓子を作ってほしいと言っていたことを…。

 

火災になる母屋

そんな中、外が騒がしいことに気付いた今日子は、部屋の外へ。

すると屋敷内で火事が起き、大変な騒ぎになっていた!

 

『…なぁ、さくらって言ったのか?嘘だよな?』

 

七桜は涙を溜めた目で椿を見つめ、お腹に手をあてる。

 

15年前、この部屋で何があったのか知りたくて…』

七桜は、母・百合子の無実を証明するため、この家に来たことを打ち明ける。

 

じゃあ、今まで言ったことはすべて嘘だったのか?…全部…、全部、全部!!!』

 

椿に壁に詰め寄られ、冷たい目で睨みつけられる七桜。

 

『椿…違う…』

 

そこに、職人の山口(和田聰宏)が飛び込んできた。

屋敷で火災が起こり、宗寿郎が行方不明だというのだ!

 

宗寿郎の部屋が煙がすごくて近づけないことを知った椿は『自分が探す』と出ていこうとする。

 

『椿!』

『おまえは早くここを出ろ』

待ってる。椿をここで待ってるから!

 

七桜の言葉を聞き、椿は宗寿郎の部屋へ。

しかし既に宗寿郎の部屋の周りは火の海と化していた。

 

そんな中、流れる今日子の歌。

〽指切りげんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指切った

 

『私の勝ちよ』

今日子は遺言書に向かって語りかけると、微笑んだ。

 

宗寿郎救出に向かう椿

『おじいさま!そこにいるんですか?おじいさま!』

椿が叫ぶと、宗寿郎が助けを呼ぶ声が!

 

しかしそこで椿は倒れ、意識を失いかける。

 

『椿…。椿…』

そこに幼い頃のさくらの幻が現れた。

 

椿はそれを見て、さくらが自分からすべてを奪いにきたのだと思った。

いつかこんな日が来ることを、椿は恐れていた。

 

七桜にとって、椿は母の敵。

なのにどうして七桜はいつも自分が欲しかった言葉をくれたのか?

 

『七桜…』

椿は炎の向こう側に手を伸ばす。

 

薄れゆく意識の中、走馬灯のように七桜との想い出が駆け巡る。

 

七桜は、椿が見つけた 初めての幸せだったのだ。

 

病院に運ばれる七桜

一方、七桜は椿のことが好きだと、それだけは伝えなければ…と、ずっと待ち続けていた。

でも突然の腹痛に見舞われ、うずくまる七桜。

 

七桜は、やってきた多喜川たちに抱えられ、救急車で病院に運ばれた。

 

七桜が目を覚ますと、夕子(須藤理彩)が付き添っていてくれた。

椿のことを心配する七桜に、夕子はあの火事で亡くなった人は誰もいないと告げる。

 

でも、椿は意識不明の状態だった。

そして七桜のお腹の赤ちゃんも…。

 

『こんなママ、嫌になっちゃったんですね、きっと』

自分を責める七桜を、夕子は抱きしめる。

『違うよ!誰のせいでもない』

 

七桜は天罰が当たったんだと、泣きじゃくりながら思うのだった。

 

その後も、椿のことはわからないまま、七桜は入院生活を送る。

するとテレビのニュースで光月庵の火事が取り上げられた。

椿は宗寿郎を助けた後、命がけで当主だけに受け継がれるお菓子の型を守り抜いたという。

 

それを見た七桜は、椿が戻って来てくれなかったのは自分が椿をずっと騙していたから。椿が許してくれないのも当然だと思う。

 

やっと、…やっと母に罪を被せたのが今日子だとわかったのに…。

屋上に行くと、七桜は何もできなかった自分を責め、天国の百合子に謝った。

 

すると七桜を心配した女の子が『おひとつどうぞ』と和菓子をくれた。

それを食べた七桜は『甘い、美味しいね』と微笑む。

 

さっきご飯を食べたときは全然味がしなかったのに、どうして和菓子の味はわかるのだろう。

 

七桜が泣いていると、多喜川が現れ、その手をそっと包んだ。

『七桜ちゃん、これから君はどうしたい?光月庵に戻る?それとも…』

 

『私は、…私はお菓子をつくりたい』

 

七桜は戻りたかった。幼き日のように、ただ和菓子を作るのが楽しくて、ただそれだけだった日々に。

 

七桜は椿のことも光月庵のこともきっと忘れられる…と覚悟を決め、違う道を歩き出した。

 

火事の時、椿を助けたのは…

それから3ヶ月後。

若い女性たちを相手に、和菓子教室を開く椿の姿が。

椿は宗寿郎が入院している間、当主の代わりを務めていた。

 

その一方で、椿は七桜の行方を捜し続けていた。

火事の後、10日間眠り続けていた椿は、七桜を見つけてどうしたいのか、自分でもよくわからなくなっていた。

 

そんな椿に、『あなたにはもっと向き合うべき相手がいるでしょう?』という今日子。

 

それはあの火事の時、燃え落ちてきた天井から身を呈して椿を救ってくれた“栞”だった。

栞はその時、顔に火傷をおってしまったのだ。

 

そんな栞のために、和菓子教室を開く椿。

真っ赤なお菓子を作る栞を見て、そういえば栞は、着物も髪飾りも赤ばかりだと気づく椿。

 

栞は、美人で器量の良い姉たちより目立とうと、子供の頃から赤いものを身につけているうちに赤が好きになったのだ。

 

父には似合わないと言われますが…。ほんと、そう思いますよね』

『そう思うなんて、どうして決めつけるんですか?俺の気持ちなのに』

 

椿は赤い椿のお菓子をこしらえると『俺はけっこう好きです』と微笑む。

 

『ズルいです、椿さん』

栞は目を潤ませながら、呟くのだった。

 

七桜を探し続ける椿

そんなある日、椿は宗寿郎のお見舞いに行く。

宗寿郎は未だに意識が戻らないままだった。

 

花を持ってきた椿は、花瓶に桜の花が生けられているのに気づく。

『10月桜…』

それを見た椿は七桜が来たのだと思い、院内を探す。

椿はそれらしき女性を見かけるが、見失ってしまう…。

 

縁談を断る栞

一方、栞の縁談話は着々と進められていた。

相手の男性は、結婚したら栞にはずっと家にいて、家庭を守ってほしいと考えていた。

 

それを聞き、“なんで決めつけるんですか?”という椿の言葉を思い出す栞。

 

栞はその場に手をつくと『私、やっぱり結婚できません』と謝罪した。

 

栞が頬に貼ったガーゼを剥がすと、大きな火傷の跡が顕になった。

 

私、どうしても欲しいものがあるんです

 

それを聞いた栞の父親は、無理やり栞を連れて行こうとした。

でも栞はその手を振りほどく。

 

“なんの取り柄もないから、お前は早く嫁に行くのがいい”。父はそう言った。

それを栞はずっと信じてきた。

でも…

 

私、着物は赤が着たいんです!私を自由にしてください!

 

光月庵で働きたいという栞

その後、家を出た栞は、椿に光月庵で働かせてほしいと頼む。

椿が理由を尋ねると、栞は2年前、絵付けの展示会で初めて椿と会った時のことを話し出す。

 

その日、栞は赤い椿の柄の湯呑みや茶碗、皿などを出品した。

でも誰も気に留めてくれなくて、やっぱり私なんて…と栞が思った時、声をかけてくれたのが椿だった。

その時から、椿は栞にとって特別な存在になったのだ。

 

お願いします、光月庵で雇ってください。自分のこと、もう諦めたくないんです

 

『素質がないと思ったら、すぐに追い出しますよ』

『私、死ぬ気で頑張ります!』

七桜の幸せを祈る椿

こうして栞が光月庵で働き始めて、3年の月日が流れた。

栞は店の看板娘のようになり、城島(高杉真宙)も店を辞めずに続けていた。

 

椿は宗寿郎の代わりに全てを任されて忙しく、お菓子を作ることもほとんどなくなっていた。

 

そんな中、今日子は栞を呼び出し、爪を磨いてあげる。

『お嫁さんにこうしてあげるのが夢だったの』と微笑みながら…。

 

3年もここにいて、椿とは何もないの?しょうがないわね

今日子はそう言うと、栞の首筋に香りをつけた。

 

男を虜にする、妖艶な香り。時には自分から攻めなくちゃ

 

今日子に焚きつけられ、栞は椿の部屋に行き、デートに誘おうとする。

だがそこに城島が現れ、言えない栞。

 

栞が出ていくと、城島は椿に封筒を渡す。

城島はあれからずっと、椿が立て替えてくれた店の借金を返済し続けていたのだ。

 

そんな城島に、椿は明日からメインの菓子作りの手伝いに入るよう指示を出す。

城島も店に来てもう4年目。

椿は、城島の出す鮮やかな色はいつかきっと強みになると思っていたのだ。

 

それを聞き、七桜の作るお菓子は淡い色だったことを思い出す城島。

 

『椿さん、あの…』

俺はあの日、七桜よりこの店を選んだ

 

椿は今も、七桜が幸せに、どこかの和菓子屋でお菓子を作り続けていることを願っていた。

 

3年、過去にするには十分な時間だ。あいつはきっともう、前を向いている』

 

その話を聞いた栞は、あの火事の日の記憶を思い出す。

椿を助けた後、すぐに消防隊員がやってきた。

でも振り向いた栞は何かを見て、目を見開く。

彼女は一体、何を見たというのだろうか?

 

闇落ちする七桜・・・

それから数日後、椿は常連客だった五月雨亭の女将から、これから1年間は別の和菓子屋にお菓子を頼むことに決めたと告げられる。

 

その和菓子屋の名前は、“花がすみ”。

店主は、七桜。

もちろん、椿は知るはずもない…。

 

五月雨亭のお菓子、うちに決まったよ。椿くんは、君のお菓子に気付くかな?』

『…たぶん。でも関係ない。

今の光月庵には消えてもらうから

 

そう呟くと、七桜はまるで別人のように微笑むのだった!

 

〜 7話につづく〜

 

『私たちはどうかしている』6話の感想

い、いろいろ起こりすぎて頭が…(^_^;)

やっぱり、樹を殺して百合子に罪をなすりつけたのは、今日子だったんでしょうか?

今日子は否定していたけど、七桜の中では犯人確定したみたいだからそうなのかな?

 

それに今日子はやっぱり、最初は純粋に樹のことが大好きで、幸せになりたいと思っていたんですね。

それが愛してもらえないどころか、自分の好きな女性を家に呼ぶとは…!

おまけにその人から『私に樹さんを返してください!』と言われるなんて…!なんて仕打ち!(>_<)

 

私の中で、いかにも優しいお母さんで、あんこに命を賭ける職人さんというイメージだった百合子の好感度が、ガラガラと音を立てて壊れました…。

やはり百合子も女だったのね…(TдT)

そうだよね…。

 

こうなってくるとなんだか今日子がかわいそうになってくるから、不思議だ。

そして大旦那までもみ合いの末に倒れて、頭を打ってしまいました。

 

でも死んだかと思った大旦那は生きてたんですね!

絶対死んだかと思ったよー。

しかも火事の時も助かって、びっくりだよー。

 

椿もそれを助けた栞も、あの状況で天井落ちてきたら、あんなかすり傷で済みませんよね。

謎だ…。

 

でもその顔の火傷がもとで、責任を感じた椿は、栞と会うように。

しかも七桜を想いながら、栞にも思わせぶりな態度を取る椿。

いかんいかん!

 

でも3年の月日が経ち、椿もそろそろ七桜のことを忘れ、栞と結婚するのかと思いきや、

絶妙のタイミングで敵として現れる七桜!

 

なぜそんなに、光月庵を倒そうとしているの!?

 

おばちゃんの頭はもう、パニックです(゚A゚;)

3年の間に、何が七桜をそこまで変えたのでしょう?

 

それはどうやら、未だに七桜をなんとかしなきゃと思っている今日子と、最近全然お菓子を作らなくなった椿に原因があるようです。

 

次回は、今まで七桜を支えてきてくれた多喜川が七桜に、栞は椿に積極的にアプローチするようですね。

 

なかなか一筋縄にはいかない物語。

そんな中、栞が火事のさなかに見たものが気になります。

椿はあの時、七桜より店を選んだと言っていたけど、

とても自分の足で歩いて、お菓子道具を取りに行ける状態じゃありませんでした。

 

だとしたら、誰がそれを持ってきたのか?

栞が驚くような相手って誰だろう。

謎ですね。

でもこれは引っ掛けで、この先ドラマに関係なかったらごめんなさい。

 

あと気になるのは、今も意識不明の大旦那の存在ですね~。

彼が生きている間は、椿は正式な当主になれない。

そこがポイントなんだろうなと思います。

 

ますます激化する当主争い?と、錯綜する恋模様が楽しみですね!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 最終話