『姉ちゃんの恋人』7話ネタバレと感想│みゆきと和輝、2人の壁は桃子!?日南子の恋にも進展が!

にこ

今回は、2020年12月8日放送『姉ちゃんの恋人』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

真人(林遣都)の過去を知っても、”もっと好きになった”と言ってくれた桃子(有村架純)の気持ちを受け入れ、恋人としてつき合うことを決めた真人。

 

2人はそれぞれの家族や友人、仲間にすべてを打ち明ける。

 

そんな中、桃子は親友のみゆき(奈緒)と弟の和輝(髙橋海人)がつき合っていることを知り…!?

それではさっそく、7話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ

『姉ちゃんの恋人』7話のネタバレあらすじ

自分の過去を知っても、『もっと好きになっちゃいました』と涙ながらに話す桃子(有村架純)を見て、恋人としてつき合う覚悟を決めた真人(林遣都)

 

真人が母・貴子(和久井映見)に報告すると、

『すてきな人と会えてよかったね』と貴子は涙を流して喜んでくれた。

 

一方、桃子はホームセンターに行き、仕事中の日南子(小池栄子)に報告。

『おめでとう~!』と祝福される。

 

ご機嫌な桃子は、いつも無口な警備員さんにも『いつもご苦労様です~』と笑顔で挨拶して驚かれる。

 

その後、桃子は仕事中の真人のところに行き、投げキッス。

真人は焦って辺りをきょろきょろ。

すると桃子は自分にもしてとジェスチャーしてきた。

 

真人がすると、桃子は大喜び!

『じゃあ頑張って』と小声で言うと去っていく。

 

真人がにやけていると、その様子をばっちり悟志(藤木直人)に見られていて、

『真人~!そういうことか~!』と悟志は投げキッス。

 

悟志は真人のもとに駆け寄ると『ほんと嬉しいよ』と涙ぐんだ。

最強の弟たち

その夜、桃子は3人の弟たちを集め、真人とつき合いだしたことを報告した。

3人は大喜びで姉ちゃんの恋を応援するというが、真人の過去を聞いて不安になる。

 

『姉ちゃんはそれで大丈夫なの?幸せになれるの?』

末っ子の朝輝(南出凌嘉)が尋ねると、

うん、なる。私も幸せになるし、あの人も幸せにする』と、桃子は即答。

 

1度してしまったことを繰り返してしまうひともいるかもしれない。

でも真人は違う。

傷つけて辛い想いをしたからこそ、優しい。

だからもう2度と人を傷つけたりしない。

桃子はそう信じていた。

 

『でも、世の中ってそんなに優しくないと思うんだ。

だから姉ちゃんもときどき、悔しい想いをしたり きつい時もあると思う。

そんときは、…助けてください。

姉ちゃんの味方でいてください。お願いします

 

桃子がそんなことを言うのは、初めてだった。

ましてや弟たちに頭を下げて頼むなんて…。

 

和輝(髙橋海人)は桃子の気持ちを受け止めると

今度は俺たちが姉ちゃんを守る。世界中が敵に回っても、俺たちは味方だから』と約束する。

 

『へへへっ、生意気!』

桃子は笑うと『頼りにしてます、大中小』と茶化した。

 

2人を祝福する人々

翌日、桃子と真人はファミレスで会った。

でも2人はなんだか緊張して、お互いの飲み物を間違って飲んでしまう。

 

貴子も悟志も祝福してくれたことを知り、安心する桃子。

 

そんな中、悟志が年末で配送センターからいなくなることがわかる。

やめるわけではないらしいが、もう一緒に仕事はできないみたいで、真人は泣きそうになっていた。

 

それを聞き、『私も日南子さんがいなくなったら泣く』と激しく同意する桃子。

 

すると真人は、桃子が言いづらいだろうと思い、日南子には自分から過去を伝えておいたという。

日南子はまったく動じることなく、

『私は桃子を応援する。だから桃子が君を好きなら応援するよ』と真人と固い握手をしてくれた。

 

それから、真人にはもう1人 伝えたい人がいた。

それは保護司の川上菊雄(光石研)

 

桃子は、菊雄が自分の叔父であることを明かすと、その場で電話をかけた。

驚く菊雄に、『今日はデートだよ~』と桃子は報告。

 

『なんだお前ら、お似合いじゃないか。

大事な2人がつき合うことになって嬉しいよ』

菊雄は手を振ると、真人に1つ言いたいことがあると顔を近づけた。

 

『桃子は気ぃ強ぇ~ぞ~!ははっ、頑張れよ~』

菊雄は明るく電話を切ると、

頼む、悪いことが起きないでくれよ…』と天に祈った。

 

貴子に会いに行く桃子と真人

一方、貴子はクリスマスを意識し、サンタの衣装でお弁当を作っていた。

 

すると弁当屋の店主・藤吉(やついちろう)が、真人も幸せを見つけたことだし、貴子も自分の幸せを見つけたら?と言い出した。

 

『ほら、よく言うじゃない?すっごい身近なところに運命の人がいた~!みたいな』

 

そこに真人が桃子を連れてやってきた。

貴子の顔を見た桃子は、前にホームセンターで会っていたことに気づく。

 

でも自分がサンタの格好をしていることに気づいた貴子は急に恥ずかしくなり、

『なんで大事な対面のときに、サンタ?やだもう~』と着替えに行ってしまう。

 

改めて、着替えをした貴子と桃子は挨拶し合う。

桃子と会っても泣かないようにしようと思っていたのに、泣いてしまう貴子。

 

2人はただただ笑顔でうなずき合うのだった。

真人に会いに行く和輝

その後、真人が出勤しようとすると、和輝が待っていた。

 

和輝は2人の恋を応援するというと、1つだけ言わせてくださいと話し始めた。

 

それは周囲の声や世間から桃子を守ることができても、2人の関係には立ち入れないということ。

 

本当に大切な姉なんです。

だからどうか傷つけるようなことだけはしないでください。

お願いします。

もしあなたが姉を傷つけるようなことがあったら、僕はあなたを許さない。

絶対に許さない。

約束してください』

 

『約束します。お願いします』

真人が頭を下げると、和輝は安心して『めっちゃ緊張した!』と笑い出した。

 

『あ、真人さん、昔、食品会社にいたんですよね?今度その頃の話聞かせてください。弟たちも会いたがってるので遊びに来てください』

 

和輝は早口で言うと『偉そうなこと言ってすいませんでした』と去っていった。

 

真人はそんな和輝の姿を、清々しい笑顔で見送った。

 

2人の壁は桃子!?

一方、桃子はコンビニ前でみゆき(奈緒)と会っていた。

するとみゆきは、桃子の表情で何を言いたいかもうわかっていた。

 

『早く会わせなさい。ちゃんと見極めてあげる。自信あるの?』

『うん、ある』

『そう、わかった』

 

桃子の恋に反対していたみゆきだが、意外にあっさり話は終了。

次はみゆきの番。

1つめは今日、会社がつぶれてみんなで泣いたこと。

辛いこともあったけど、この仕事が好きだったし、失業なんてどうしよう。

みゆきはこれからどうしたらいいか、途方に暮れていた。

 

そしてもう1つは、和輝とのこと。

みゆきは遠回しに、年下の大学生に好きだと言われて、子どものころから知ってる子だし、そういうふうには見れなかったんだけど、好きと言われたらすごく嬉しくてだんだん好きになってしまったことを打ち明けた。

 

でもね、2人には超えなきゃいけない壁があってね

『あ~壁ね。あるよね、壁』

その壁、桃子なんだ

『え??私が壁???』

その男ね、和輝

 

それを聞き、桃子はパニック。

走馬灯のように小さい頃から見てきた和輝の姿が浮かび、

みゆきと結婚する和輝の姿を思い浮かべる桃子。

 

桃子は家に帰ると、和輝を外に連れ出し、話をした。

 

みゆきから話は聞いた。

大切な大切な人なんだから、悲しい想いさせたら承知しないからね、私。

半端な気持ちだったら、今すぐやめろ

 

『やめないよ』

 

『そ~、ちゃんと女の子との約束、守ったんだね。そういう男が好きだよ、姉ちゃん。

でも姉としてはちょっとムカついた

 

桃子は和輝の腹を1発殴ると、優しく和輝の頭をなでた。

『でっかくなりやがって~!』

桃子は和輝の髪をぐしゃぐしゃにすると、笑い合った。

 

プロジェクトリーダーになる桃子

そんな中、ホームセンターではお正月に向け、店内をどうするか考えるよう、社長命令が来ていた。

 

そこで日南子がプロジェクトリーダーに選んだのは、また桃子!

日南子は勤務時間の違いでなかなか会えない桃子と真人の会う時間を増やそうと、気を利かせてくれたのだ。

 

2人がつき合っていることを知り、ホームファッション売り場の仲間たちは大喜び!

こうして桃子と真人は、2021年に向け、再び店内のレイアウトを考えることになった。

追いかけるほど好きな人

その夜、日南子はいつものバーで悟志と会っていた。

でも気づくと自分の失恋話ばかりしていて、日南子はがっかり。

 

でも悟志は重いとか軽いとか気にしないし、

束縛や一緒にいたいというのも自分を好きだということだから嬉しいという。

逆に、去っていく人は追わないという悟志。

 

気持ちのない人に、気持ちを求めてもいいことはない。

そこまで人を好きになったことがないのかもしれないと悟志は言った。

 

そこに電話がかかってきた。

相手は”高田誠志”という男性。

 

悟志は外に出ると、

ですから年内には、と申し上げました。それまでは自由にさせていただける約束です

と声を荒げた。

 

その後、悟志が戻ると店内に日南子の姿はなく、悟志は慌てて外に探しに行く。

でも日南子はトイレに行っていただけで、バーに戻った悟志はびっくりする。

 

『え?ていうことは私を追ったってこと?』

『…俺、そうとう好きみたい』

 

悟志に抱きしめられ、日南子は驚きつつも悟志を抱きしめ返した。

 

回る2人

翌日、和輝とみゆきも抑えきれない気持ちを抱え、待ち合わせ場所に走って向かう。

和輝が噴水の前で手を広げると、和輝の胸に飛び込むみゆき。

 

『回る?』

『回る!』

 

和輝はみゆきを抱えて、ぐるぐる回った。

なんてこと!

一方、その頃、桃子と真人もデート中。

お正月のレイアウトについて話しながら街を歩く2人。

 

すると真人が大きな地球儀が置いてあって、2021って大きく書いてあるんだけど、よく見るとそこにいろんな言葉で「新年おめでとう」って書いてあるのはどう?と提案する。

 

『もう最高!』

桃子は真人の背中を叩くと、青になった横断歩道を渡り始めた。

 

桃子が真人と腕を組み、幸せを噛みしめていた時、真人は車に乗っている女性に目を奪われる。

 

なんとそれは真人の元カノ・香里(小林涼子)だったのだ!

 

~8話につづく~

 

 

『姉ちゃんの恋人』7話の感想

今回はみんな、幸せいっぱいの回でした。

最後の最後にどどんときましたがね~。

自分だけ幸せになるなんてずるいとか、そんなところでしょうか…。。

嫌だな~。

おじさんが悪いことが起こりませんようにって言うからいけないんじゃないか~。

それはドラマじゃ、悪いことが起きるってことなんだから…(>_<)

 

でも幸せそうな桃子と真人の初々しさがよかったな~。

投げキッスし合うところとか、あまりにも幸せそうでこっちまで笑顔に。

真人がしてくれると思わなかったんで、いい意味で裏切られました^m^

 

それからとうとう、みゆきも和輝のことを言うことができましたね!

その前に会社がつぶれちゃっててびっくりだよ。

そのことが追々なにか関係してくるんでしょうか?

まさかのグルグルに、ちょっと照れ。

 

それから、あらすじには書けなかったんですが、

みゆきが桃子に話した後、桃子がみゆきになんか言って、みゆきが泣きながら帰るシーンがあったんです。

あの時なんて言われたのかな~って、気になりました。

まさかみゆきまで殴ってないよね?桃子さん。

 

そして悟志の追っかけ、抱きしめ、『そうとう好きみたい』宣言にも驚きました。

いつのまにそんなに日南子のことを好きになってたの?

でも日南子はいい人だから、好きになって正解!

 

けどやっぱり、悟志はなんかどっかの一族の人間っぽいですね。

会社を継がされそうになってるとか、そんな感じなのかなぁ。

こちらのほうも気になりますね!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ