『妖怪シェアハウス』4話ネタバレあらすじと感想│困ったときはアマビエさま〜!

にこ

今回は、2020年8月22日『妖怪シェアハウス』第4回【アマビエ】のネタバレあらすじと感想をまとめました。

澪(小芝風花)が自分のどん底体験を書いた記事が大炎上!?

 

そんな時、シェアハウスに片桐仁演じるアマビエが現れ、澪の今後を占うという。

 

いったい澪はどうなっちゃうの??

それではさっそく、4話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『妖怪シェアハウス』第四怪【アマビエ】のネタバレあらすじ

荒波神社の神主・水岡譲(味方良介)が、シェアハウスを潰して貸駐車場を作ると言い出した。

住民たちはもちろん大反対。

神社の経営がうまくいかないのは、譲のせいだと責め立てる。

 

それに対し、譲はこうなったのは全て澪(小芝風花)のせいだと反論。

先祖代々伝わる神鏡にヒビが入ったというのだ。

 

神鏡を見せられた伊和(松本まりか)たちは『ヤダ〜!!!』と逃げ惑う。

だが、酒井涼(毎熊克哉)だけは鏡を見ないようにして立ち上がると、サッと鏡に布をかけ、『お〜』と感嘆の声が上がった。

 

神鏡が割れたのは、人間界と妖怪界の均衡が崩れた証。

澪がシェアハウスに来たせいかもしれない。

 

澪が『そ、そんなに??』と焦りまくると、妖怪たちはまた白目でテレパシーを使って話し始めた。

 

「この家に人間をいれれば、いずれ災いが起こることはわかっていた…」

 

「2千年の禁を破った罰か…」

 

「だから俺は人間を入れるのは反対だったんだ…!」

 

妖怪たちはテレパシーをとくと、ここがなくなったら自分たちはどうなっちゃうの…と嘆く。

責任を感じた澪は、みんなに迷惑をかけられないと、ここを出ていく覚悟を決める。

 

記事を投稿する澪

でも澪には引っ越しする資金がない。

困った澪は、上司の原島響人(大東駿介)が「バズっているネタがあったら書籍化する」と言っていたことを思い出す。

そしたら金一封を出すというのだ!

 

けれども澪にはそんなバズりそうなネタなどない。

澪が頭を悩ませていると、妖怪化した酒井と沼田飛世(大倉孝二)たちが障子越しにスプラッターな喧嘩を始めた。

 

それを見た澪は「自分にしかない体験はこれだ!」と閃き、情報配信サイト「note」に 自分がクズ男に引っかかり、妖怪たちが成敗してくれたことを匿名で書いた。

 

澪の書いた記事が大バズり!

すると翌日にはその記事は、こんじゃくプロダクションの社員全員が知っているほどバズりだす。

澪は自分の書いた文章をあーだこーだ言われ、落ち着かない。

そうこうするうちに、それを投稿したのが澪だと気付かれてしまう。

 

すると原島は、この文章力ではビギナーズラックで終わってしまうからとアドバイスまでしてくれた。

 

その夜、澪は伊和たちに囲まれ『私たちのことは誰にも言わないって言ったじゃないか!』と怒られた。

 

澪が必死で謝ると、伊和たちは『どうせ妖怪なんて信じるわけないからいっか〜』と許してくれた。

 

でもなぜそんなに澪の記事がバズり始めたのか?

それは、フォロワー6万人の“しらはま”という人物が澪のnoteを面白いと拡散してくれたからだった。

 

その時、ちょうどしらはまからアドバイスが届き、『陰ながら応援しています』と言われた澪はキュンとする。

 

令和のスーパースター・アマビエ

でもそんなうまい話には裏があるはず。

沼田が澪に注意を促すと、辺りが急に暗くなり、『見えます、見えますッ』と声が聞こえてきた。

 

『この声は……、アマちゃぁぁぁぁん♡

シェアハウスの住人たちは目を輝かせると、一斉に縁側に駆け寄った。

 

すると井戸から光が溢れ出し、中から妖怪・アマビエ(片桐仁)が現れた。

みんなはアマビエを囲んで大喜び。

 

でもアマビエを知らない澪には、カッパの仲間にしか見えない。

『え〜!どっちかっていうと、人魚寄りでしょ?そんなに知りたい?』と、アマビエはノリノリで澪に尋ねる。

『知りたい、知りたい…!』

『どうしよっかなぁ〜?そんなに知りたい?』

『はい』

『どうしよっかなぁ〜?』

 

もったいぶって話さないアマビエの代わりに、スポットライトを浴びた詩子(池谷のぶえ)が頬杖をついて『むかぁし、むかし』と語り始めた。

 

アマビエ伝説

時は江戸時代末期、肥後の国。

熊本県の浜辺に現れたのは、全身ウロコだらけ、くちばしを持った人魚“アマビエ”だった。

 

これからしばらくは豊作が続く。その後、病が流行るので、我が姿を絵に描いて 人々に見せよ

アマビエは、浜辺にいた役人に告げると海に帰っていった。

 

その予言どおり、しばらくは豊作が続き、数年後 疫病が流行った。

役人はアマビエに言われたとおり、絵を描いた。

かわら版に載ったアマビエの絵は、江戸にまで広がったという…。

 

アマビエ占い

今は原宿で占い師をやっているというアマビエは、すごく当たると評判だった。

アマビエは澪の未来が見えると言い、

『見えますッ見えますッ見えますッ』とポーズを取ると、胸元のカメラで澪を撮った。

 

しばらくはいいことが続くでしょう。でも長くは続きません。もし悪いことが起きたら、私の顔を絵に描いて人々に見せなさい

 

でもアマビエにも、悪いことが何かまではわからないという。

アマビエの予言は絶対当たるということで、澪はまた伊和に憐れみの目で見つめられる…。

 

順調な澪

その後、アマビエの予言どおり、いいことが続いた。

記事も好評で、こんじゃくプロダクションの先輩・美雪(内藤理沙)沙羅(宮本茉由)も褒めてくれた。

さらに、あの辛口な原島まで『これはうちで書籍化するぞ』と笑顔で言う。

 

でも原島には心配なことがあった。

それはこの先、ネタ切れがないかということだった。

正直もうネタは出尽くしていた澪だったが、100万ビュー到達したこともあり、大丈夫だと答えてしまう。

 

澪の送別会

書籍化も決まり、勢いづいた澪はさっそく三軒茶屋のほっそくて鋭角な三角形の部屋を見つけてきた。

 

寂しいなぁ…。せっかく仲良くなれたのに…

伊和はお花を用意してくれていて、澪に会えてよかったという。

しんみりする住人たちに、澪は一人ひとりお礼を言った。

 

すると伊和が酒井に瞬きをしてピピピピ…と交信。

酒井はそれを瞬き受信すると、懐からマイクを取り出し、

涙の別れ、、、からの〜』と叫んだ。

 

するとたちまち庭は、澪の送別パーティーに早変わり。

妖怪たちはキラキラ三角帽を被り、庭で沼田DJによるクラブミュージックに合わせて踊り出した。

 

酒井はホストのように、澪にシャンパンを開けさせると、音楽に合わせてグラスに注がせた。

 

『最初ここに来たときは貧相な女だと思ったけど、いい女になったな!…少しだけな』

酒井に褒められて、澪は上機嫌!

酒井と澪は、ツーショット写真をアマビエに撮ってもらった。

でもそれを、アマビエは誤ってSNSにアップしてしまう。

 

奈落の底に落ちる澪

そんなことになっているとは露知らず、翌朝元気に澪が出社すると、『どういうこと?』と美雪にスマホを突きつけられる。

酒井と澪のツーショット写真が流出し、“現代の蟹工船と言われた作者が、実はイケメンと遊びまくるリア充だった”と炎上していたのだ。

 

既に澪の実名も会社のこともバレていて、

“実話じゃなくて全部ビジネスだったのか”と、会社にもクレームの電話がかかってきていた。

 

これで書籍化の話は、パー。

澪はまた下っ端の仕事を任されるようになった。

 

その帰り道、顔が割れてしまった澪は人々から好奇の目で見られる。

そんな中、1人の青年が『ファンなんです』と話しかけてきた。

 

澪が『ありがとうございます』と握手に応じると、男は『俺の感動を返せよ〜!』と態度を急変!

『本当は妖怪みたいな住人なんていないんだろ?』と澪に迫ってきた。

 

澪は本当ですと言いそうになるが、そんなことを言ったら伊和たちの居場所がなくなってしまう。

澪は泣きながら『全部嘘です…』と答えた。

 

すると男はスマホで動画を撮りながら、ここで謝罪会見をしろと言う。

澪は『許してください!』と叫ぶと、走って逃げた。

 

でも荒神神社の近くまで来たところで、また男に捕まり、謝罪会見の続きを迫られる。

それを見つけた譲は男の手をひねり上げ、投げ飛ばす。

男は『覚えてろよ!』と捨て台詞を吐くと、去っていった。

 

アマビエの絵

『あんなにチヤホヤしておいて、たった1枚の写真で手のひらを返すなんて…』

人間は怖い。妖怪より怖い

澪の話を聞いた伊和たちは口々にそう言った。

 

しかし沼田だけは『人間なんてそんなもん。自業自得…』と鼻で笑う。

すると怪しい煙が立ち上り、『予言どおりになっちゃったね〜』とアマビエが掛け軸の裏から現れた。

 

沼田たちは、そもそも写真をアップしたアマビエが悪い!と言い合いになる。

 

やめてください!

わかってたんです。アマビさんが言わなくても、いつかはこうなるんじゃないかって…』

 

肩を落とす澪に、さらに悲劇が襲う。

さっき澪の謝罪動画を撮った男がSNSにアップしたのだ。

澪はこんな大事になってしまって、これからどうしたらいいのかと泣き出した。

 

するとアマビエが、チョンチョンと澪の肩を叩き、自分の顔を指差した。

もし悪いことが起きたら、自分の顔を描いて人々に見せなさいと占いで言ったでしょ〜というのだ。

 

そんなことをしてなんの意味が…と渋る澪だったが、『いいからサッサとやれ!』とアマビエに怒鳴られる。

そこで澪は、ポーズを撮るアマビエの姿をノートに描き始めた。

 

でも出来上がった絵は、かろうじて面影があるかなレベル。

『版画ならもっとうまく描けるんですけど…』と言って、澪は沼田に怒られた。

 

でもアマビエは『まあ、いい。なんとかなるでしょう』と、その絵を写真に撮ってアップした。

 

すると……、アマビエの絵が大バズり!

…からの〜

 

目黒澪バズりパーティーが庭で盛大に開かれた。

今回はみんな妖怪の姿だ!

そして流れ出したのは詩子の『わらべうた アマビエ CLUB MIX』!!

みんなが楽しそうに踊りまくる姿を、澪は困惑した目で見つめた。

 

その間にも、澪の描いたアマビエが可愛いと、好意的なコメントが幾つも並ぶ。

澪はいつの間にか『文才に続き絵の才能も発揮!マルチクリエーター・長屋の住人さん』という評価に浮上していた。

 

逆に澪を吊し上げた男は、住所を特定され 炎上。

あんな絵、1枚で…と澪は驚愕した。

 

『これでわかったろ?人間なんてものは、そんな変わらないのよ。

右に倣えば褒めたたえ、左に倣えでこき下ろす。

あんたも他人の評価に振り回されちゃだめよ。

しょせん他人は他人、自分は自分なんだから』

 

アマビエの言葉は、澪の深いところに響いた。

 

その後、アマビエはホタルの光が流れる中、井戸から帰ろうとした。

でもアマビエは澪の顔を見て『お嬢ちゃん、ここだけの話だけど…』と何かを言いかけて、やめる。

 

アマビエは『じゃあね〜』と光に包まれながら帰っていった。

 

その夜、澪はこれでスマホを気にせず寝られる!と、布団に入った。

でもパチリと目が冴えて眠れない。

『もっとアマビエが見たい』というみんなの呟きを見て、澪は絵を描き始めた。

 

しらはまの正体

でも翌朝になっても、会社での扱いは酷いままだった。

昨夜、澪が描いたぬらりひょん=沼田の絵はネットで酷評の嵐!

『やっぱアマビさんじゃなきゃだめか…』と澪は呟いた。

 

でも今の澪は前とは違う。

バズっても炎上しても、どうせ人の噂は75日。すぐに忘れ去られてしまうのだ。

『自分は自分。他人の意見なんて気にしません!』

力強く言い切る澪を見て、原島は驚く。

 

『ま、陰ながら応援してるよ』という原島に、澪は『堂々と応援してくださいよ〜』と答えてハッとした。

まさか、澪の記事を最初に広めてくれた“しらはま”は、はらしまだったのか…!?

 

『おい、炎上!サッサと仕事しろ!』

『はい!』

澪はまさかね…と思いながら、仕事に戻った。

 

わら人形を操る妖怪たち

その夜、シェアハウスの庭では譲が妖怪たちに縛られ、神社の経営がうまく言ってないなんて嘘じゃないかと責められていた。

 

わら人形をくすぐられたり、水につけられたりするたび、譲は苦しむ。

とうとう譲は、澪をここから追い出すためだと白状した。

澪がこのままここにいたら、大変なことになるからだ。

 

でも妖怪たちは譲に容赦なし!

『俺たちのこともここから追い出そうって魂胆か?』と譲を睨みつけると、わら人形と人形ちゃんを戦わせ、ドッカーンと一発強烈なアタックをお見舞いした。

 

その後、譲がヨレヨレになりながらシェアハウスを出ると、澪が帰ってきた。

澪は引っ越すのはやめて、またここにお世話になるという。

見ると、譲のあげた勾玉のお守りは真っ黒に焼け焦げたようになっていた。

 

譲は『悪いことは言わないから 早くここを出ろ』と懇願するが、澪はここにいると、つきものが取れたような調子の良さを感じていた。

 

『調子がいい?…はぁ、何もわかってないな』

譲は呆れて、澪に神鏡を見せた。

 

するとそこには、頭から角が生え、紫色の妖気をまとった澪の姿が映っていた…!!!!!!!

 

〜 5話につづく 〜

 

『妖怪シェアハウス』4話の感想

今回も面白かったですね~☆

最後に『自分は自分!他人の意見なんて気にしません』と笑顔で言い切る澪を見て、その変化に驚く原島がよかったです。

 

まさか、澪を応援してた“しらはま”が原島だったとは!( ̄ー ̄)ニヤリ

はらしまは、入れ替えると“しらはま”だもんな〜。

口では酷いことを言いながら、澪のことを応援している原島にキュンキュンしますな。

 

でもそんな澪は着々と鬼化!

心はつきものが落ちたようにスッキリとしていても、角が生えて目は紫色に、妖気の量も倍量に…。

あの神鏡は真実を映す鏡なのかな。

妖怪たちが鏡を見て嫌がるシーンが印象的でした。

 

あと、わら人形を使って譲をイジメるシーンも…。

なんであんなに妖怪たちは譲に厳しいんだ。

ボロっとなった譲を見てちょっと可哀想になりました。

 

でも譲のお父さんは今修行に出てるらしいので、いざとなったらお父さんが登場するというのもアリかもしれませんね!

 

アリといえば、アマビエ役の片桐仁さんは流石でしたね。笑

存在感ありあり!

アマビエがあんなに癖のあるキャラクターに変身するとは思いませんでした〜。

アマビエの似顔絵を描いて解決するなら、いくらでも描きますわ〜!

 

でも去り際にアマビエは、澪のどんな姿が見えたんだろう?

しかもそれをなんで言わずに去ったんだろう?

たぶんそれはいいことだから、言わずに去ったんだろうな。。

悪いことが起きるなら教えてくれたに違いない。

きっとそうに違いない!と思いたがる症候群。

 

それに不幸呼び寄せ体質の澪だけど、妖怪シェアハウスに来て強くたくましくなってきてますよね〜。

わらべうた CLUBMIXバージョンも楽しかったし、たとえ鬼化したとしても、自分が居心地がいい場所にいたいと思っちゃいますよね〜。

裏表のある人間に対して、妖怪たちのほうがまだ裏表なさそうですもん…。

毎回、1度はテレパシーで話してるけど(^_^;)

 

はたして澪はこのまま鬼として暮らしていくのか?それともシェアハウスを卒業できるのか?

きっと、この妖怪化が招く結末が、大きなメッセージとなるのでしょう。

その時、助けてくれるのが、澪を幸せにしてくれる人間なら嬉しいな〜

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ