『アンサングシンデレラ 』最終回ネタバレと感想|とっても晴れやかなエンディング~!

にこ

今回は、2020年9月24日放送『アンサング・シンデレラ』最終回のネタバレあらすじと感想をまとめました。

瀬野(田中圭)が治験薬の投与を始めてから2年…。

 

みどり(石原さとみ)は萬津産婦人科医院の薬剤師として働いていた。

 

バラバラになった薬剤部メンバーの心はまたひとつにまとまるのか?

 

そして瀬野さんの現在は…?

 

エンディングが気になりますね!

それではさっそく、11話(最終回)のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終回

『アンサング・シンデレラ』最終回のネタバレあらすじ

瀬野章吾(田中圭)が副腎がんの治療のため、治験薬の投与を始めてから2年後…。

葵みどり(石原さとみ)は萬津産婦人科医院の薬剤師として働いていた。

 

こちらに移っても、患者のためを思って行動するみどりのスタイルは相変わらず。

医師やスタッフ、患者さんたちと和気あいあいと過ごしていた。

 

そんな中、小野塚綾(成田凌)がみどりを気にかけてやってくる。

院内では、みどりの恋人じゃないかという話題でもちきりだ。

 

行きつけのカフェに行くと、小野塚は萬津総合病院の様子を教えてくれた。

薬剤部には今、簑島心春(穂志もえか)が研修にきていて、指導係は相原くるみ(西野七瀬)

小野塚は瀬野が不在のため、救急薬剤師として奮闘中だという。

 

それを聞き、顔が曇るみどり。

やはりみどりは、治験薬について責任を感じているようだ。

 

葵さん、萬津総合病院に戻りませんか?

今、販田部長(真矢ミキ)が上に掛け合ってて許可が下りるかもしれないんです。

それに葵さんが責任感じる必要ありませんよ。あれはみんなの責任でしょ?』

 

『なんか小野塚さん、変わったね。前はもっとクールな感じだったのに…』

 

けれども みどりは今の仕事が大事だからと、小野塚の申し出を断った。

 

てんかんの持病がある千歳

そこに、妊娠35週目の向坂千歳(土村芳)が家で立ちくらみを起こし、倒れておなかを打ち、緊急搬送されてきたと連絡が入った。

みどりは急いで自転車に乗り、病院に急行。

 

幸い母子ともに無事だったが、千歳には てんかんの既往があった。

みどりが抗てんかん薬は飲んでいるか確認すると、付き添いで来ていた母・世津子(朝加真由美)が『ちゃんと飲んでいる』と答えた。

 

看護師や助産師は千歳の状態を見て、もっと大きな病院に転院してもらったほうがいいのではというが、産婦人科医の道場健太郎(前原滉)は、患者の意志を尊重し、ここで受け入れることにする。

 

とは言ったものの、道場は『もうちょっとみんなの意見を聞いたほうがよかったですかね…』と自信がない。

みどりは『大丈夫です!みんな、先生を信じてますから』と励した。

 

薬を飲まずに捨てる千歳

そんな中、千歳がこっそり抗てんかん薬を捨てるところを、同室の星名優(入山法子)が見てしまう。

 

他の3人が仲良くおしゃべりしたりトランプを楽しむ中、千歳は1人暗い顔。

星名はそんな千歳を気にかけ、『一緒にやらない?』と誘ってみるが断られる。

 

その後、服薬指導にやってきたみどりが千歳に薬(デパケン)を飲んでいるか確認すると、千歳は『はい』と嘘をつく。

 

すると『薬剤師さんに言われなくても大丈夫ですよ。この子のことは私がちゃんと見てますから』という世津子。

 

そんな母親に、千歳も少し困っているようだった。

 

みどりが産婦人科に来た理由

翌日、みどりは看護師たちになぜ、こんな田舎の産婦人科に来たのか尋ねられる。

 

それでみどりは、瀬野に治験薬を投与するまでの経緯を話した。

みどりは治験審査委員会の承認が下りる前に、瀬野に治験薬の内容を話してしまった責任を取り、異動になったのだ。

 

それを聞き、みんなはもう この話には触れないほうがいいねと顔を見合わせた。

 

不安を抱える星名優

その後、みどりは子宮頚管長の短縮で入院している妊婦・星名優の元へ。

星名は薬を増量したことで、手が震えたり、お腹が張って食欲もなくなってしまっていた。

 

本当にこんな薬を体に入れ続けていていいんですか?

不安になる星名に、みどりはみんなが見守っているから安心してくださいと優しく語りかける。

 

星名は1度赤ちゃんを亡くしているので、不安でたまらないのだ。

『今度こそ絶対この子に会いたいんです』と涙する星名に、みどりは寄り添った。

 

一方、萬津総合病院では、販田部長がみどりが戻る許可が取れたと喜んでいた。

でも薬剤部のメンバーはみんな『葵さんは戻ってこないそうですよ』と冷めた反応。

みどりにはみどりの考えがあるからしかたないと、みんなわかっているのだ。

 

そんな中、別れたばかりの羽倉(井之脇海)工藤虹子(金澤美穂)は痴話げんかを始める。

 

今の薬剤部は本当にバラバラ…。

でも小野塚から、みどりが生き生きしていたと聞くと、みんなは嬉しそうに口元を緩めるのだった。

 

千歳が薬を飲まなかった理由

その頃、産婦人科医院では…。

千歳が待合室でボーッとしているのを、星名が目撃する。

呼びかけても応答がなく、焦る星名。

 

でもちょっとすると千歳は呼びかけに応じ、立ち上がって歩き出した。

でもすぐにフラつき、壁に当たってしまう。

 

それを見た星名は、千歳が薬を飲まずに捨てていたことをみどりに伝える。

 

みどりはすぐに千歳の元に行き、確認。

すると千歳は7年もてんかんの発作は起きていないし、大丈夫だと思ったと答える。

薬を飲まなければ自分も普通の妊婦さんになれる。

母親からずっと『あなたは普通じゃないんだから』と言われ続けてきた千歳は、そんなふうに思ってしまっていたのだ。

 

『千歳さん、誰のために出産を頑張るんですか?

自分は普通だって証明するためじゃないですよね?』

みどりは優しく千歳に問いかける。

 

千歳はお腹に手を当てると『この子の…ためです』と涙ぐんだ。

千歳はこれからはちゃんと薬を飲むことを約束してくれた。

 

自分は普通じゃない?

その夜、千歳が薬を飲んでいると、隣のベッドの星名が『薬のこと話してごめんね』と紙に書いて謝ってきた。

それをきっかけに、2人は話をすることに。

 

千歳がてんかんの持病があることを打ち明けると、保育士をしている星名は今までにてんかんの子を見たことがあるという。

 

てんかんにもいろいろあって、薬でコントロールしている人もたくさんいるという話をし、千歳はわかってくれる人がいて嬉しくなる。

 

千歳は在宅でウェブデザイナーをしていて、それも全て母から『人に会わない仕事をしなさい』と言われたからだと話す。

 

子どもの頃、千歳がてんかんだとわかってから、母・世津子にとって自分は普通の子ではなくなった。

『あなたは普通と違うんだから』と言われ続け、それが千歳の中にしみついてしまっていた。

 

『だから心配なんですよね。普通に出産して、普通の子ども産んで、普通に育てられるかどうか…』

 

でも誰だって、出産育児は不安がつきもの。

どんな子が産まれてくるかもわからない。

 

千歳と星名は不安を共有すると『楽しみだね、赤ちゃん!』と笑い合う。

 

明るい笑顔の千歳を見た母・世津子は、病室に入らずそのまま帰っていった。

 

言い合いになる親子

それから数日後、道場医師は千歳と世津子に、このまま何も問題なければ経膣分娩を予定していることを伝えた。

ただし、てんかんの発作が起こったりした場合は、帝王切開の可能性がある。

 

でも産後に不安をもつ世津子は、母乳への薬の影響や、赤ちゃんと2人きりの時に発作が起きたときの不安を口にする。

 

みどりたちは薬を飲んでいても母乳には問題ないし、育児の上で気をつけなければいけないことはあるが、それはどのお母さんも同じだと説明する。

しかし世津子は『綺麗事は言わないでください!』と突っぱねる。

 

普通の母親でも育児は大変なのに、てんかんを抱えた千歳がこれから苦労するのは目に見えている。

娘の惨めな姿を見たくないというのだ。

 

それを聞き、『もういい加減にして!』と叫ぶ千歳。

『結局、お母さんが言いたいのはそれじゃない。

私は普通じゃないから、隠れるように生きていけって。

私はそんなに恥ずかしい娘なの?

 

千歳は『もうお母さんの手は借りない。この子と2人で生きていくから』と言うと部屋を出ていってしまった。

 

販田部長のお願い

そんなある日、なんと販田部長がわざわざ産婦人科医院にやってくる。

でもみどりはちょうど、患者さんの家族に会いに自宅に行っていて留守だった。

 

それを聞いた販田部長は『そのほうが都合がいいかな』と呟く、大きな声を張り上げ、一世一代のお願いをした!

その内容とは…?

 

世津子の想い

一方、みどりは最近、病院に来なくなってしまった世津子を気にかけ、家を訪れていた。

中に入ると、世津子は引っ越しの準備をしていて、千歳と離れて暮らすつもりだという。

 

みどりは『てんかんの持病もありバートナーもいない千歳さんには、お母さんの力が必要です』と訴えるが、世津子の意志は固かった。

 

千歳にてんかんの持病があるとわかってから、世津子はずっと元気に産んであげられなかったことを悔やんでいた。

 

だから妊娠がわかってからは、千歳が自分と同じような想いをするのではないかと不安だった。

 

でも心配しすぎて千歳を惨めにさせていたことに、やっと気付いたという世津子。

今は一緒にいないほうが、千歳のため…。世津子はそう考えたのだった。

 

破水する千歳

病院に戻ったみどりは、世津子から預かった安産御守を千歳に渡す。

みどりは『もう1度世津子と話して合ってみてはどうですか?』と促すが、千歳は御守を受け取らずに行ってしまった。

 

しかしその瞬間、千歳は立ち止まる。

なんと千歳は破水してしまったのだ。

 

赤ちゃんが逆子になっているため、道場は帝王切開をすることに

しかし麻酔科の先生が不在のため、あと2時間はオペできない。

 

その間、子宮収縮を抑えるため、みどりはリトドリンを点滴しようとした。

でもあるはずのリトドリンがない。

なんとスタッフの1人が床に落として、在庫がなくなってしまったというのだ。

 

みどりは近くの医院に電話し、リトドリンではなく、テルブタリンはあるかと尋ねる。

テルブタリンは気管支拡張剤だが、子宮筋の弛緩作用もあるので代用が効くのだ。

 

みどりは薬を入手して戻ると『すぐに戻ります!』と、どこかへ行ってしまった。

みどりは世津子を呼びにいったのだ!

 

世津子は意識が朦朧としている千歳に、『千歳!しっかり!しっかりね』と必死で呼びかける。

千歳は世津子の安産御守を握りしめながら、意識を失った。

 

仲直りする母子

千歳が目を覚ますと、病室のベッドの手すりにもたれ、世津子は疲れて眠ってしまっていた。

千歳の手にはまだしっかりと安産御守が…。

 

そこに、みどりが入ってきた。

赤ちゃんは無事で新生児室にいるという。

 

すると世津子は『体に気をつけてね』と帰ろうとする。

千歳はそんな世津子を引き止め、一緒に赤ちゃんに会いに行くことにした。

 

千歳がガラス越しに覗くと、我が子はバタバタと手を動かし、泣いていた。

2030グラムの元気な女の子だった。

 

ごめんね、小さく産んじゃって…。私の体じゃなかったら大丈夫だったのかな…

 

でも早産は誰にでも起こること。

あなたのせいじゃない。あなたはちっとも悪くないんだよ。

千歳、おめでとう

世津子は後ろから千歳を抱きしめると、頭を撫でた。

 

販田部長が送った刺客

そして千歳が退院する日がやってきた。

晴れやかな笑顔で世津子と寄り添いながら歩いていく千歳の姿を、みどりは笑顔で見送った。

 

すると『みどり、お疲れさま』という助産師たち。

『瀬野さんのことは残念だったけど、そろそろ向こうに戻ったら?』

 

実は先日、販田部長がやって来て、『萬津総合病院にはどうしても葵さんが必要なんです!』と頼みにきたのだ。

 

でも、みどりはここでまだ働きたいと思っていた。

産婦人科は、赤ちゃんとお母さん、両方を診なければいけないし、患者さんの家族とも深く関わる場所だ。

ここでなら、みどりは尊敬する薬剤師さんに近づけるような気がしたのだ。

 

『それに皆さん、なんか勘違いしてるようなんですけど…』

みどりが言いかけると、『葵!』と瀬野がやってきた。

 

『あら!瀬野さん!?』

『生きてたの?よかったわね〜』

てっきり瀬野は死んだもんだと思っていた助産師たちは大喜び。

 

瀬野はもう退院して、リハビリもこなし、萬津総合病院の薬剤部に復帰することになったという。

 

これでみどりも戻れば、薬剤部は元の活気を取り戻すのだが…、

販田部長が送った刺客・瀬野をもってしても、みどりの意志は変えられなかった。

 

ここで勉強して、佐緖里さん(田中美里)のような理想の薬剤師に近づけたら戻ろうと思います』

 

『…守れそうなのか?約束』

 

『はい!』

 

『そっか。じゃあな』

瀬野は去りかけて『葵!』と振り返る。

 

『ありがとな』

『…いえ!』

 

笑顔で去っていく瀬野の後ろ姿を見て、みどりは微笑む。

その顔は日の光を浴びて、輝いていた。

 

エンディング

入院中の星名は、千歳からのメッセージを見ている。

『星名さんへ

ありがとうございました。また検診でお会いしましょう』

 

その言葉どおり、元気な赤ちゃんを産んだ星名は、検診で千歳と世津子に再会。

赤ちゃんを抱っこして、スタッフみんなで写真を撮る。

 

そして萬津総合病院には念願の作業ロボットの導入が決定!

 

『これで人手不足は解消します。これからの薬剤師はロボッツ!そして、人間の真心よ』

『よっ!販田部長!』

 

その後、心春は指導係のくるみと一緒に服薬指導へ。

心春も、くるみが新人の頃と同じように院内を歩き回る薬剤師のハードさを痛感する。

くるみの万歩計は、34,209歩。歩行距離22.3Km。

 

『ほんま、やってられへんよな』

そう口で言いながらも、くるみの表情は充実感に溢れている。

 

『医者は感謝されるのに、薬剤師は感謝されないんですね』

『心春ちゃんは患者さんに感謝されたいの?じゃあ、向いてないかな〜』

 

これも誰かさんに新人の頃、くるみが言われた台詞だ。

 

一方、救急に戻った瀬野と小野塚とのコンビネーションもよくなってきた。

そんな瀬野の様子をそっと見にくる七尾副部長(池田鉄洋)

 

娘娘亭の辰川(迫田孝也)も相変わらずだし、虹子は羽倉と結婚して赤ちゃんを抱っこしていた。

 

『そこ!しゃべってないで手を動かす!』

『ほら、ママが尊敬する刈谷さん(桜井ユキ)ですよ〜』

 

すると赤ちゃんを見た刈谷はメロメロに。

 

そこに荒神(でんでん)が現れ、お祝いに手品を見せてくれる。

 

そして『遅いですよ、一人ひとりの患者さんに時間かかりすぎですよ』

と、くるみに注意されたのは、もちろんみどりだ。

 

『そこ、処方箋たまってますよ!』

『はい!手を動かす!』

手を動かす!』と一同。

 

こうして萬津総合病院に戻ってきたみどりと仲間たちは、今日も患者さんの日常を守るため、笑顔で頑張るのだった。

 

〜 fin 〜

 

『アンサング・シンデレラ』最終回の感想

瀬野さん、生きてましたね〜!

産婦人科医院の人たちがみんな、瀬野さんは死んでしまったと思っていて驚くところがよかったです。

 

販田部長が『秘密兵器を投入した』と言っている辺りから、薄々気づいてはいたんですけど…(^_^;)

とにかく元気そうでよかったです!

 

でもエンディングの時間経過がわからず、みどりが戻ってくるの早くないか〜?と。

 

途中で、1年後とか書いてあったかな?と繰り返し見てみたけど、色がセピア色から普通の色に変わっただけでした…。

心春はまだ研修生のままみたいだけど、虹子さんが赤ちゃん産んでるから、みどりは1年後くらいに戻ってきたのかな??

 

もし私が気付かないでいるだけならすいません(>_<)

 

最終回は萬津総合病院のみんなの出番が少なかったけど、最後のエンディングで総出演!

販田部長、念願のロボッツ導入も面白かったし、

刈谷さんが赤ちゃんを見て、キリッとした顔からホニャ〜とした笑顔になるのがよかったです。笑

 

最後はみんな、スタッフも患者さんも全員笑顔で、見ていて清々しい気持ちになりました。

 

実際にはそんなうまくはいかないけれども、ドラマの中くらい、全てがうまくいったっていいですよね!

 

千歳と星名さんの赤ちゃんも元気に生まれてきてくれてよかったです♪

 

ドラマを通じて思ったのは、縁の下の力持ちの存在。

薬剤師さんだけじゃなく、何をするにしても誰かが陰で支えてくれているということ。

こうして私たちの日常を守るため、走り回ってくれている人がいるんだということを改めて感じました。

 

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終回

 

☆ブログ村のランキングに参加しています。

下のほうにバナーがありますので、ポチッとしていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします(>ω<)