『アンサング・シンデレラ』9話ネタバレと感想|やっぱりあなたに生きていてほしい

にこ

今回は、2020年9月10日放送『アンサング・シンデレラ』第9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

みどり(石原さとみ)の前で吐血し、倒れた瀬野(田中圭)。

 

精密検査を受けた彼に告げられたのは、受け入れがたい事実だった。

 

はたしてその病名とは…!?

それではさっそく、9話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

アンサング・シンデレラ』第9話のネタバレあらすじ

薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)葵みどり(石原さとみ)の前で、吐血して倒れた。

 

救急センターに運ばれた瀬野はすぐに意識を取り戻し、付き添ってきたみどりに仕事に戻れ…と指示する。

みどりは後ろ髪を引かれながら、医師の豊中瑠衣(臼田あさ美)に後を頼んだ。

 

翌朝、病院内に瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室もその話で持ちきりだ。

 

ところが、いつものように瀬野が調剤室にやってきて、みんなはびっくり。

瀬野は逆流性食道炎だったと笑顔で伝え、みんなを安心させる。

 

『でも油断は禁物ですよ。安静にしていた方が…』

主任の刈谷(桜井ユキ)の助言もあり、みどりは救急センターの手伝いをすることになった。

 

しかし医師の豊中によると、瀬野は肺に腫瘍がありそうだとのこと…。

瀬野は精密検査を受けることを、販田部長(真矢ミキ)に報告した。

 

オーバードーズに苦しむ陽菜

そんな中、救急に若月陽菜(徳永えり)が搬送されてくる。

陽菜は大量の抗不安薬・ロラゼパムの殻を所持しており、オーバードーズ(薬の多量摂取)の可能性があった。

 

陽菜は無事に意識を取り戻したが、肝機能の数値が高く、不整脈も見られたため、入院することになった。

 

入院中は服薬は中止して、点滴のみ。

錠剤を飲みたくなった時は、成分が入っていない錠剤を飲むことに。

 

みどりと相原くるみ(西野七瀬)が服薬指導に行くと、陽菜は『プラセボでしょ。こんなの飲んでも意味ないよね』とその場でボリボリ食べ始める。

 

それに陽菜は複数の医療機関から処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた。

でも抗不安薬のロラゼパムも睡眠導入剤のゾピクロンも、国の医療費が使われている。

これは立派な不正行為だ。

 

くるみが注意すると、陽菜は『お姉さん、怖い〜』とみどりの後ろに隠れ、その隙にみどりから薬を奪って逃走。

廊下で大量に薬を口に入れ、飲み込もうとした。

 

みどりたちが必死に止めようとすると、陽菜は口からぺぺぺッとみどりの顔に薬を吐き出し、冗談よと笑う。

 

怒りを顕にするくるみを、みどりは必死に制するのだった。

 

瀬野の検査の結果

一方、瀬野は消化器内科の医師・畑中聡(長谷川朝晴)から、非小細胞肺がんのステージ4という診断を受ける。

他に、食道と副腎にも腫瘍があり、重複がんで3ヶ所とも進行しており、手術で根治は難しいという。

 

実は瀬野の家は、お母さんもお婆ちゃんも重複がんで、遺伝性のがんだと思われた。

 

畑中はひとまず経口薬のS1で様子を見ようと言うが、そもそも副腎に効く薬はない。

 

余命は3ヶ月…。

 

たとえ抗がん剤で少し寿命が延びたとしても、治る可能性は0に等しいし、仕事も辞めなければならない。

それなら医療麻薬で痛みを軽減したほうが…と動揺した様子で話す瀬野。

 

『瀬野くん…』

畑中に呼びかけられ、瀬野はハッとする。

 

『すいません、こういうのは先生が決めることですよね。

でも、最後にどう生きるかは自分で決めたいんです

 

瀬野は青空の下に出ると、ベンチに座り、悔しそうに何度もベンチを拳で叩いた。

 

小野塚の決意

そこに急患の呼び出しが入り、瀬野は救急に戻る。

瀬野は患者が所持していた薬から、すぐに原因を特定。

そのおかげで患者は命を取り留めた。

 

そんな中、救急の仕事が見たいとドラッグストア勤務の薬剤師・小野塚綾(成田凌)が訪ねてくる。

 

先ほど瀬野が患者を救っているのを見た小野塚は『薬剤師も患者を救うことがあるんですね』という。

でも瀬野は『違う。助けたのは医師だ』と。

『それ、前にも言われました』

 

小野塚は大学時代に研修で来たとき、瀬野に同じことを言われたことを伝える。

 

俺、救急認定薬剤師になろうと思います。それだけ、瀬野さんに伝えたくて来ました。

今まで言い訳ばかりだったけど、覚悟を持ってやりたいことを目指そうと思います』

小野塚は真っ直ぐに瀬野を見つめ、宣言する。

 

『そうだよな、誰かのために役に立てるっていうのは最高だよな…』

瀬野はガッシリと小野塚の腕を掴むと、『頑張れよ』と声をかけた。

 

陽菜が薬に頼るようになった理由

一方、みどりは陽菜から元夫の栗原謙介(高橋光臣)を紹介される。

 

離婚してから数年も経つのに、謙介は今も陽菜のことを気にかけていた。

その理由は、自分が出張ばかりで家を空けてばかりで、陽菜が育児ノイローゼになっているのに気付いてあげられなかったから…。

 

陽菜はいつしか抗不安薬を飲むようになり、

ある日、謙介が出張から帰ると、荒れ果てた部屋の中で大量の薬を飲み、心身ともにボロボロの状態でうずくまっていたという。

 

陽菜は入院し、自分には育児は無理だから離婚しようと謙介に告げた。

でもその時、赤ちゃんだった娘・結菜ももう6歳。

最近になって『ママに会いたい』と言うようになったという。

 

でも謙介は、陽菜に結菜を会わせるべきか悩んでいた。

謙介がみどりに事情を説明すると、みどりは陽菜のスマホの待ち受けが子どもの写真だったことを明かす。

 

するとそこに、陽菜が現れた。

6歳くらいの少女を見かけ、思わず目で追う陽菜。

でも謙介たちに気づくと、陽菜はいつもの調子で明るく話しかけてきた。

 

謙介は思いきって陽菜に『明日、結菜を病院に連れてきたい。幼稚園の制服、見たことないだろ?』と話す。

 

でも陽菜は『へぇ〜もう幼稚園なんだ。忘れちゃった』と言うと、

『お好きにどうぞ』と踵を返して歩いていく。

 

病室に戻った陽菜は不安になったのか、隠し持っていた抗不安薬を飲もうとして、ゴミ箱に捨てる。

 

瀬野の選択

一方、みどりは部長室で話す瀬野と販田の話を聞いてしまう。

 

瀬野は肺がんのステージ4で食道と副腎にもがんがあり、余命3ヶ月。

販田は入院して抗がん剤治療を勧めるが、今のところ、副腎がんに効く治療薬はないと言われている。

 

それに瀬野は今日仕事をしていて、やっぱりこの仕事が好きだと、治療はせず、1人でも多くの人を助けたいと思った。

 

それを聞き、販田はそれ以上何も言えなかった。

 

その日、仕事を終えたみどりは瀬野を待ち伏せし、一緒に娘娘亭に行った。

みどりは瀬野の病名は知らないフリをして、『逆流性食道炎なんでしょ』とおかゆを食べさせる。

 

『おかゆ、美味いな』

美味しそうに食べる瀬野を見て、みどりは問いかける。

瀬野さんはもし、自分がもう治らない病気にかかったらどうしますか?

 

…やれるところギリギリまで仕事する

瀬野は答えると、自分の母親も病院薬剤師で、ギリギリまで働いて満足そうだったからという。

 

瀬野の母は、自分に残された時間がわかって、今まで以上に誰かに尽くしたくなったと言っていた。

それが自分が生きてた証になると信じて…。

 

『まあ、薬剤師なんて替えが効く職業だから、それが本当に誰かの救いになっていたかはわからない。最後は自分が働きたいだけかもしれない…』

 

そう語ると、瀬野は『葵ならどうする?』と尋ねた。

 

『…わかりません。ただ、ショックでしばらく食欲出ないでしょうけど』

みどりは涙を堪えながら、冗談を飛ばす。

 

葵、若月陽菜さんのこと、ちゃんと見るんだぞ。次の課題だ。』

『課題なんてやめてくださいよ。もう新人じゃないんですよ』

笑って答えるみどりを見て、『そうか…』と瀬野は気まずそうに頷くのだった。

 

精神不安定になる陽菜

一方、陽菜は病室のカーテンを閉め切り、結菜が赤ちゃんの頃の動画を見返していた。

陽菜は結菜に、よくチューリップの歌を歌ってあげていたものだ。

 

でもそれを見た陽菜は精神不安定になり、プラセボを服用。

それだけではおさまらず、ゴミ箱に捨てた缶に入った抗不安薬を飲もうとする。

 

そこに、謙介から今日の17:30に行くねとメッセージが届く。

添付された結菜の写真を見た陽菜は、鏡に向かって『結菜…ママだよ』と笑いかける練習をする。

 

陽菜は隠し持っていた抗不安薬をすべてトイレに流すと、薬に頼るのをやめる決心をする。

 

6年ぶりの再会

そんな中、出勤した瀬野は自分の机に、みどりの手作り弁当が置かれてるのに気付く。もちろんご飯は柔らかめ!

 

瀬野が蓋を開けると、中身は…

『端に寄ってんじゃん』

瀬野は小声で呟くと、嬉しそうに微笑んだ。

 

その頃、陽菜はお化粧中。

そこにみどりが入ってきて、慌てて隠す。

 

娘さん、夕方来られるそうですね。楽しみにされてるそうです

みどりの話を聞いた陽菜は、時間を見てドキドキ。

 

そして約束の時間になり、結菜と謙介がやってきた。

結菜はママが早く元気になるようプレゼントを作ってきていて、とても楽しみにしていた。

 

でも、みどりが2人を連れて病室に入ると、陽菜はいない。

すると隣の部屋で怒鳴り声がした。

 

みどりが慌てて駆け込むと、なんと陽菜が他の患者の抗不安薬を奪い、床に落ちた薬をかき集めて飲もうとしているところだった。

 

陽菜は結菜と目が合い、『結菜…ママだよ』と近寄る。

でも陽菜のパジャマは汚れ、髪はボサボサだ。

 

結菜は無言で謙介の後ろに隠れると、『帰ろう、パパ』と言った。

『また、来るから』

謙介は陽菜に声をかけるが、結菜は『帰ろう』と謙介の手を引っ張り、行ってしまう。

 

ぼう然と立ち尽くしていた陽菜は『…やっぱ治んないわ』と笑い出す。

看護師に連れられて病室に戻る陽菜の姿を、みどりは何もできず見送った。

 

床には、結菜がママのために作ったプレゼントが落ちていた。

 

調剤室に入り込む陽菜

その後、陽菜は心療内科に移り、心のケアを重点的に行うことになった。

責任を感じたみどりはオーバードーズの治療について調べることにした。

 

その夜、陽菜はスマホに入っていた結菜と自分の写真をすべて消去してしまった。

 

その後、陽菜はフラフラと調剤室に入り、薬を探し始める。

次々と落としては、目当てのものを探す陽菜。

 

陽菜さん、何してるんですか?ここは患者さんは立入禁止ですよ

当直のみどりが戻ってきて、声をかける。

 

みどりは優しく優しく陽菜を立ち上がらせ、病室に帰らせようとするが、

よこせって言ってんだよ!』

と、みどりの首にハサミを突きつける陽菜。

 

そこに瀬野がやってきて、ロラゼパムを出すよう要求する陽菜。

早く!

 

その状況を見て、瀬野は薬を用意し始める。

でも『やらなくていいです!瀬野さんが患者さんのためにならない調剤なんてする必要ありません』と訴えるみどり。

 

陽菜さんの病気は、陽菜さんが真剣に向き合えば治ります。

だから治療を放棄して、もうどうなってもいいなんて言わないでください。

本当に治らない病気の人だっているんです…!』

 

本気で泣き出すみどりを見て、陽菜は驚く。

瀬野は、

『ほんと意味わかんないですよね。すいません、バカな後輩で…。

だけど治らない病気を抱えている患者は大勢います。

私もその1人です』

と、がんで余命3ヶ月なことを明かした。

 

『嘘でしょ?』

調剤室に、みどりの泣き声が響く中、陽菜は瀬野に聞き返す。

 

本当です。私は…死にます。

でも、あなたは治ります。

治療は苦しくて大変かもしれません。でもあなたはもう1度再出発することができます。

だからこれからは、葵にすべてを任せてくれませんか?

 

みどりは新人の頃から不器用で、患者のために手を抜くことができない。

今もずっと、陽菜のことを考えている。

みどりは、どうしたら陽菜が無理なく薬を減らしていけるか、治療計画まで立てていた。

 

葵は、あなたに薬が必要なくなる最後の最後まで、とことんあなたにつき合います。

私が保証します。

だからもう1度、自分の病気や薬と向き合ってください』

 

瀬野の言葉を聞き、陽菜はハサミをみどりから離す。

みどりはそんな陽菜に、結菜からのプレゼントを渡した。

 

ママへ

はやくよくなってね

折り紙でできたチューリップには、たどたどしい字でメッセージが書かれていた。

 

それを見て、結菜にチューリップの歌を歌ってあげたことを思い出す陽菜。

あの頃の自分。

結菜が産まれて、本当に嬉しくて、可愛くて、

幸せだった自分。

 

…わかってる。わかってるんだって。このままじゃいけないことぐらい。

だけどどうしようもないのよ、私は…!

チューリップを握りしめて泣き出す陽菜を、みどりは抱きしめ、背中をさする。

 

『大丈夫です、少しずつやっていきましょう』

 

そんな2人の姿を瀬野はじっと見つめた。

 

やっぱり諦めたくない

その後、陽菜も落ち着き、みどりは瀬野と調剤室で2人きりに。

言葉もなく、カチャカチャという音だけが響く中、先に口を開いたのはみどりだった。

 

『私は病院薬剤師です。

医者じゃないし、瀬野さんの詳しい病状もわかりません。

でも瀬野さんにはカッコよく人生を全うするのではなく、無様でもいいから生きていてほしい。

今まで叱られてばかりで、嫌みもいっぱい言われたけど、治療を受けてほしいです』

 

みどりの頭の中を、今まで瀬野と過ごした想い出が過ぎる。

 

瀬野さんはもう治らない病気だと言いました。

でも本当にそうでしょうか?

何か方法があるかもしれません。

私にその方法を探させてもらえませんか?』

 

泣きながら訴えるみどりに、瀬野は自分の病名と詳細を伝える。

重複がんで、今後、脳や骨への転移も予想されること。

腫瘍が広範囲に広がっていて手術では取り切れないため、抗がん剤治療しかできないこと。

 

お前ならこの患者をどうする?次の課題だよ。…最後かもしれないけど。

…俺の治療と薬のことはすべて、薬剤師の葵みどりに任せる』

 

…はい!

みどりは涙を流しながら、口を一文字に引き締めた。

 

陽菜の退院

エンディングは、治療中の陽菜。

不安をコントロールするため、折り紙を始めた陽菜。

陽菜はだんだん笑顔が増えていき、退院の日を迎える。

謙介は、結菜を連れてきてくれた。

 

『ママ!』

結菜は陽菜に駆け寄ると、退院おめでとうのメダルをかけてくれた。

 

お返しに折り紙で作った花束を結菜にあげる陽菜。

『ありがとう、ママ!』

抱き合うふたり。

 

3人は笑顔で手をつないで歩いていく。

 

 

その後、販田部長は七尾副部長(池田鉄洋)に、瀬野の名前は伏せて抗がん剤の相談をする。

 

それを聞いた七尾は『非常にまれな例ですが治験に協力してくれた例がある』と、電子カルテを見る。

 

わかってる…。瀬野くんのお母さんでしょ?

『…まさか瀬野副部長が…?』

 

驚く七尾に、販田は条件に合う治験薬を探してほしいと頼み、出ていく。

ひとりになった七尾は、ニヤリと不敵な笑みを浮かべるのだった…

 

〈次回・10話につづく!〉

 

アンサング・シンデレラ』第9話の感想

なんと!なんなの?七尾副部長!

何を狙ってるの???その笑みは何!?

この時を待っていたって感じじゃないですか〜〜((((;゚Д゚))))

 

今まで執拗に、瀬野にお母さんのことを言ってきていた七尾副部長。

その執念がいい方に向いて、瀬野が奇跡的に助かることを祈るしかないですね…。

 

病気のことも、薬のことも瀬野はわかってて、お母さんと同じ選択をする。

私も余命3ヶ月だと言われたら、治療はせず、好きなことをすると思います。

 

最初はみどりもそれを受け入れようと思ったんですよね。

でも陽菜を見て、

治らない病気だと諦めるのは早いと、

諦めてほしくないと思っちゃったんでしょうね。

 

でも、『治らない病気の人もたくさんいるんです!でもあなたの病気は治ります』と、瀬野の前でわんわん泣き出すみどりを見て、それはあんまりだろと思ったのも事実です。

 

けど、このままじゃいけないとわかっていながらできない陽菜は、まるで自分の弱さを見ているようで…。

みどりみたいに人を否定せず話を聞いてくれる人がいてくれたら、どんなに救われることだろうと思いました。

 

でも、陽菜が隣の病室に乱入して、床に散らばった薬を飲もうとしてるところを娘ちゃんに見られるところは、本気で辛かったな〜。。

 

『帰ろう』とお父さんの腕を引っ張る娘ちゃんの姿がやたらリアルで、

陽菜がスマホの想い出の写真を全部消してしまうところは、陽菜の空っぽの心を映しているかのようでした。

 

でもこれはドラマだからかもしれないけど、結菜がまた『ママ!』って呼んでくれてよかった。

お母さんを捨てないでくれてよかった。

 

やっぱりどんな名医や素晴らしい薬があったとしても、無償の愛に代わるものはないと思いました。

 

瀬野にとっては、それがみどりなのかもしれない。

人として1番信用できる、信じてみようと思える、希望の光なのかもと思いました。

 

その道は険しいと思うけど、どうかその先に明るい未来が待っていますように…。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ