『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』4話あらすじと感想│心も身体も解き放て!爽快なストーリー

にこ

今回は、2020年8月7日放送『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~第4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

モンスターペイシェント✕モンスターペイシェント!?

 

今回は便秘に悩む女性・真弓(中島ひろ子)と、座間敦司(田中哲司)が結託!千晶(貫地谷しほり)を苦しめます。

 

それでも千晶は、真弓に寄り添おうとしますが…

原作は南杏子さんの小説『ディア・ペイシェント』です。

それではさっそく、4話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』4のネタバレあらすじ

ある日、真野千晶(貫地谷しほり)の元に、便秘に悩む女性・広瀬真弓(中島ひろ子)がやってきた。

予約しているのに診察までに1時間半以上待たされた真弓は、開口一番不満を口にする。

 

真弓は10年前くらい前から便秘になり、1週間に1回出ればいい方だった。

便秘薬にも詳しく、どれも効かないと訴える。

 

千晶は便秘の他に何か病気が隠れているかもしれないので検査しましょうというが、真弓はとにかくよく効く薬をくれと要求する。

 

挙げ句の果てにはクイズを出され、千晶が間違うと、真弓は『こんな簡単な問題もわからないなんて、医師として不勉強じゃないですか?』と顔をしかめた。

彼女はいわゆるモンスターペイシェントだったのである!

 

その後も、真弓は受付で千晶に対する不満をイライラとぶつけ続けた。

すると座間敦司(田中哲司)が近づいてきた。

2人は千晶に欲しい薬を出してもらえなかったという話題で意気投合し、連絡先を教え合った。

 

何かと大変な千晶

一方、座間のブログに『魔の千晶は必要な薬の処方を渋る信用ならない医師だ』と書かれた千晶は、院内裁判にかけられることになった。

 

千晶の取った行動は、医師からしてみれば当然だったが、同僚の金田(浅香航大)は『コイツは刺激したらマズイことになるぞ』と忠告する。

 

なぜなら座間は、母親の介護日記も書いているのだが、これがかなり攻撃的な文章なのだ。

要介護の親を施設にぶち込む悪魔に天罰を!

など…

 

先輩医師の浜口陽子(内田有紀)は心配するが、明日は休みを取っていていないらしい。

千晶は頼れる陽子がいなくて、不安になる…。

 

その後、陽子は溝口先生の代わりに、痴呆症で入院中の西園寺光隆(竜雷太)の回診に行った。

 

美人な陽子を見て、それまで暴れていた西園寺は急にニッコニコ。

しかし陽子の隣にいた千晶を見つけると、西園寺は突然千晶の顔をガシッと両手で押さえ、

『50億集めろ!できないならお前は死ね!』とギリギリと力を込めた。

 

慌てて介護士の瀬戸翔太(笠松将)が引き離したが、千晶の顔は真っ赤になってしまった。

 

その後、瀬戸と千晶は売店へ。

瀬戸は、なんだか食欲がないという千晶に、ラスト1個の煮卵おにぎりを握らせた。

(この2人は、いつもラスト1個の煮卵おにぎりを取り合う仲なのだ)

 

『そういう時こそ食うんです。食えばなんとかなる』

瀬戸は何かと大変そうな千晶を励ました。

 

緊迫の院内裁判

そして翌日、患者様プライオリティ委員会が開かれた。

プロジェクターに座間のブログがデカデカと映し出され、千晶はみんなの前で『ここに書かれていることは事実ですか?』と、高峰事務長(升毅)に質問された。

 

それに対し、千晶は『この患者様は何度も薬を盗まれたと再処方を申し出られたので断りました』と反論。

 

さらに高峰事務長は、ピラフ代450円についても追求してくる。

千晶は『診察中に返却しようとしたら、小銭を投げ返された』と証言した。

 

すると高峰事務長はマイクを片手に『それだけのことを患者様にさせるなんて、真野先生のミスでは』と迫った。

 

事務長の執拗な攻撃に、見るに見かねた佐々井院長(石黒賢)が助け舟を出し、その場は丸くおさまった。

しかし千晶には、便秘に悩む真弓からも厳しい意見が寄せられていたのである!

 

陽子の秘密

実は真弓は、座間にたきつけられてクレームを言いに来ていた。

座間はなぜそこまでして千晶を攻撃するのか?

千晶は怖くなった。

 

その後、千晶は金田(カネゴン)から、陽子が今日、青森地裁に行っていることを知らされた。

陽子は前の病院で医療訴訟を起こされているのだ。

 

千晶は、あんなに技術もあって、患者を親身に思っている陽子が訴えられるなんて信じられないと驚く。

それでも訴えられるのが、医者なのだ。

 

その頃、真弓はコールセンターで働いていた。

便意を感じ、トイレに行こうとした真弓だが、途中で部下に呼び止められ、クレーム対応をすることに。

真弓はトイレのタイミングを失ってしまった…。

 

何もなかったかのような陽子

翌朝、千晶が出勤すると、いつもどおり笑顔の陽子がいた。

千晶は昨日の院内裁判で、事務局も座間のブログに対応してくれることになったことを報告した。

 

でも真弓にクレームをつけられ、千晶は困っていた。

すると便秘にうるさいカネゴンが熱く語りだした。

千晶は、忙しくて時間のない患者さんでもできる解消法はないか尋ねるが、

『便秘の症状は十人十色。やる気のない人間には無理だ』と断られた…。

 

診察開始

その後、千晶は診察を開始。

トップバッターは、認知症の検査を拒否している浅沼知恵子(鷲尾真知子)さんだ。

 

浅沼さんはいつも同じことを言っていて、症状が進んでいるようだ。

千晶はもう直接息子さんに連絡するしかないのかもしれないと思う。

 

そして、便秘症の真弓の番になった。

真弓のお腹を触診した千晶は不自然なハリを感じ、大腸の内視鏡検査を勧めた。

でも真弓は忙しいからと嫌がる。

結局、真弓は検査の予約だけして帰った。

 

するとその途中で、座間敦司が脇から ぬっと現れた。

真弓から話を聞いた座間は、またブログを更新し、千晶の悪口を書いた。

 

千晶はそれを見て、今日の午前中の診察のことだと驚いた。

 

患者に寄り添うということ

そして日曜日。

千晶は妹の万里(高梨臨)の誘いで、母・佑子(朝加真由美)が入っている施設を訪れた。

 

千晶たちは家族みんなで焼き芋を食べるが、最近飲み込みが弱くなっている佑子はむせてしまう。

 

焼き芋を冷やして食べると便秘にきくという話から、千晶は真弓のことを思い出した。

 

ねぇ、お父さん。クレーム言う患者さんにも普通に診察や治療ができる?

 

千晶が尋ねると、『当然だ』と徹(伊武雅刀)は答えた。

 

病気というのは山と同じで、いろんな山があっていろんな登り方がある。

患者の症状、診断、治療、予後。

それぞれみんな違うことを丁寧に説明する。

そしてその人の山を一緒に登る。

1人ひとりのペースに合わせてゆっくりと。

それが“患者に寄り添う”ということだと、徹は言った。

 

座間の診察

翌朝、千晶は実家からもらったさつま芋を、警備の蓮見主任(平田満)にあげた。

 

その後、いつものように午前中の診察が始まった。

今日は座間も来ている。。

千晶はシステマの呼吸でリラックスしながら、座間を迎えた。

 

座間は千晶の悪口をブログに書いたにも関わらず、笑顔で現れた。

千晶がブログを見たことを告げると、座間は『そうですか!僕は千晶先生と、この病院のために良かれと思って!』と、声を弾ませた。

 

座間は今日は風邪っぽくて寒気がするので来たらしいが、平熱だった。

千晶は念のため口の中を確認し、胸の音を聴くが問題はない。

 

座間は、口を開ける前に一旦出した飴をまた口に戻した…。

 

しかし千晶が『風邪の症状はないので様子を見ましょう』と言うと、態度を激変!

座間は『後で重病だとわかったら責任取れるんですか!?』と机をバンバン叩いてキレ始めた。

 

結局、千晶は座間に30分近くも粘られてしまった。

 

真弓の入院

真弓が大腸の内視鏡検査に来なくて、千晶は心配になった。

するとそこに、真弓が救急車で運ばれてきた!

真弓はサブイレウスを起こしていたのだ。

(イレウスは腸閉塞のこと。少し隙間がある場合、サブイレウスというそうです)

 

治療のため、真弓は入院することになり、千晶は付き添いで来ていた女性社員に説明をした。

しかし真弓は、お母さんはもう亡くなっていて、熊本の実家にお父さんがいるという。

 

千晶が病室に行くと、真弓は検査を受けなかったことを謝った。

そしてこんな時にも、仕事のメールチェックをしたいという。

自分が指示を出さないと、作業が滞ってしまうというのだ。

 

真弓が10年コールセンターにいることを知った千晶は、それが便秘が始まった時と一致していることに気付く。

 

すると『バチが当たったんです』と、ポツリと真弓が呟いた。

千晶がどういうことか尋ねると、真弓は別に大したことじゃないと、はぐらかす。

でも千晶は治療の手がかりになるかもしれないと、話を促した。

 

真弓はコールセンターの前は広報部にいた。

でも真弓の母は、実家に戻って結婚しろと、そればかり。

 

それで真弓は

なんでそんな水をさすようなことばかり言うの?田舎でつまらない人生を送ってるお母さんに私の気持ちなんてわからない!

と、怒鳴ってしまった。

 

でもその直後、母はクモ膜下出血で急死し、真弓はコールセンターに飛ばされた。

 

 

『…手がかりになんてなりませんよね、こんなつまらない話』

明るく笑ってみせる真弓に、『つまらなくなんかありません』と千晶は言った。

 

仕事のことが気になってしかたない真弓に、千晶はまだお腹の中のものが出きってないので退院は無理だと伝えた。

 

システマ

その夜、千晶はシステマのジムに行った。

千晶は講師の吉良大輔(永井大)に、ファイティングポーズを取るように言われた。

 

しかし千晶は、吉良に脇から軽く押されただけで倒れてしまった。

身構えるということは、目の前の敵に心を奪われているということなのだ。

 

大切なのはリラックス。

リラックスしていれば、出遅れても解消できる。

 

千晶はまた身を持って、リラックスの大切さを知るのだった。

 

カネゴンの熱血指導

翌日、千晶たち内科チームは、警備員の蓮見の奥さんが作ってくれたいきなり団子を頂いた。

いきなり団子は熊本名物で、中にさつま芋とあんこが入っている。

その美味しさに、千晶は目を輝かせた。

 

結局、真弓は本人の希望で今日の午後に退院することになった。

だが根本的に体質と生活習慣を改善しないと、便秘は繰り返すし難しい。

 

千晶と陽子が頭を悩ませていると、

しょうがねぇな。俺の必殺技を伝授してやるか』と、カネゴンが立ち上がった。

 

いいか?腸と心はつながってる。まずはリラックスすることが重要だ

 

カネゴンは自身の編み出した便秘体操を千晶と陽子にやらせると、熱血指導を行った。

2人はカネゴンが目の前で体操しているのを見て、おかしくてしかたない。

 

野外治療

その勢いのまま、千晶は真弓を連れて、近くの緑地公園へ。

ラジカセをかけて、ミュージックスタート!

千晶は音楽に合わせながら、真弓の前で体操を始めた。

 

千晶にこれは治療だと言われて、渋々真弓も真似し始める。

千晶はよりリラックスするために、『フッフッフッ』とシステマの呼吸法も取り入れていた。

 

向き合いながら体操していると、だんだん真弓は楽しくなってきた。

そして千晶と一緒に『ロー ハイ!ロー ハイ!』と連続キックを繰り出す頃には、真弓は楽しくてたまらなくなっていた。

 

こうして体操も終わり、ヘトヘトの真弓に千晶は水を渡した。

緑の中で飲む水は体にしみ渡り、開放感があって気持ちいい。

 

2人はベンチに腰掛けながら、空を見上げた。

そんな中、千晶は真弓にいきなり団子を渡した。

今は絶食中なので無理だが、それが終わったら食べてほしいと。

 

すると熊本出身の真弓は大喜び。母が亡くなってから食べていなかったという。

 

真弓は母にあんなことを言った手前、仕事だけは頑張ろうと思ってやってきた。

でもそれももう無理なのかもしれない。

幸せそうな人を見ると嫉妬して、年を重ねるほどに自分が嫌になる。

 

『もう、この先、いいことなんてないのかも』

真弓は唇を噛み、涙をこらえた。

すると千晶が言った。

苦しさや不安、いろんな気持ちを抱えながら1人で立っている広瀬さんを、私は素敵だと思います

 

人はずっと孤独で、ずっと不安なのかもしれない。

ずっと誰かのことを羨んで、ずっと後悔し続けるのかもしれない。

 

でも、自分の幸せも、人生も自分で決めていいと思うんです。足りないものはあるけど、自分の人生を愛していいと思うんです

 

千晶の言葉を聞いて、真弓はただただ、無言で頷いた。

何かを噛みしめるように、涙を堪えて。

しかしその瞬間、真弓を便意が襲った。

 

真弓はお腹を抑えて、病院まで大爆走!

トイレに入った真弓を、千晶は心配しながら待った。

 

トイレから出てきた真弓は、笑顔で千晶に手を差し出した。

もちろんちゃんと手は洗ってある。

ひさしぶりにスッキリ感を味わった真弓は、千晶と共に足踏みをして、喜び合った。

 

ギャフンと言わされる座間

その後、通院に来ていた真弓を見つけ、座間が声をかけた。

でも真弓は『真野先生、なかなかの名医かもしれませんよ』と微笑む。

 

今まで何をやっても駄目だった便秘が、千晶の生活改善メニューに沿って生活していたら、よくなってきたのだ。

 

もう、メッセージは送ってこないでください。ストレスは便秘に悪いそうなので

 

真弓は笑顔でお辞儀をすると行ってしまった。

それを聞いた座間は、捨てられた子犬のような顔になる…。

 

その後、千晶と陽子は屋上で、真弓の話をした。

陽子は『つらいのは自分だけじゃないと気付けたらいいわね〜』と笑顔で言う。

 

自身も医療訴訟を起こされているというのに、そんな気配は微塵も見せず、陽子は笑う。

 

〈陽子先生は強い人だ。何があっても自分で乗り越えようとしている…〉

 

『どんなことがあっても頑張りましょうね』

 

陽子の言葉に、笑顔で千晶は頷いた。

 

その姿を上から座間が、悲しいような淋しいような、なんとも言えない表情で見つめていた…。

 

〜 5話につづく 〜

 

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』4の感想

緑地公園での課外授業ならぬ課外治療。

音楽に合わせて体操する千晶先生がよかった〜。

怪訝な顔でやっていた真弓も次第に笑顔になって、キックするところはほんとに楽しそうで、野外の開放感もあいまって、なんと爽やかなことか〜。

 

そこから真弓が病院のトイレに走っていくところは、なんか泣き笑いしてしまいました。

 

便秘に悩んだことがある方は誰でもわかると思う、あのスッキリ感と、

ありのままの自分を受け止めてもらえたスッキリ感が見事にシンクロしていましたね〜☆

 

千晶もモンスターたちに迫られて追い詰められていたけど、お父さんの言葉で救われてよかった。

 

ほんとみんな1人ひとり症状はちがくて、それぞれ対処法は違うはずなのに、

病院で言われて悲しかった台詞は『そんなはずはない』。

実際にそうだから言っているのに、理解してもらえないときの悲しさ。

結局、何を言ってもだめだと、言葉をしまい込むときの悲しさ。

 

だから私はできれば病院は行きたくないです。嫌な目にしか合わないから…。

でもたくさんの患者さんを相手にしているお医者さんからすると、私はM(まどろっこしい)患者か、L患者というところか…。

 

でも今回、便秘が治った真弓が『もう連絡してこないでください』と、座間さんをギャフンと言わせるシーンがあって、爽快だったな。

 

けどその後の座間さんの傷付いた表情を見たら、この人やっぱり千晶以外の人には強く出ることができない弱い人間なんだなって思いました。

 

なぜ千晶をターゲットに選んだのかはわからないけど、千晶が頑張っていい医者を目指そうとすればするほど、座間は自分も構ってくれ、治してくれって、攻撃性を増してしまうんだろうな…。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

PS.カネゴンの熱血指導が面白かったです!

 

その他のあらすじはコチラ