『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』1話あらすじと感想│“ありがとう”って言われたらやっぱり嬉しい

今回は、2020年7月17日放送『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~第1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

現代日本の医療現場で増え続けるクレーマー患者。

 

主人公・真野千晶(貫地谷しほり)は、日々モンスターと化した患者たちと向き合いながら、成長していきます。

 

そんな中、突然現れた座間敦司(田中哲司)という患者に、千晶は恐怖のどん底に突き落とされます。

 

彼はなぜ千晶に執拗につきまとうのか?

 

そんなサスペンス要素も含んだドラマになっています。

原作は南杏子さんの小説『ディア・ペイシェント』です。

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~1話のネタバレあらすじ

真野千晶(貫地谷しほり)は、首都圏にある佐々井記念病院に勤める内科医。

病院をサービス業と考え、患者さま第一主義を掲げるこの病院は、経営を重視し患者獲得に力を入れていた。

 

半年前にこの病院に転勤してきたばかりの千晶は、1日150人もの患者の診察を先輩医師の浜口陽子(内田有紀)金田直樹(浅香航大)と分担して診察していた。

 

千晶にとって、明るくサバサバした性格の陽子は頼れる先輩。

金田(通称・カネゴン)は思ったことはなんでもズケズケ言う性格。

年下だけど、この病院では先輩だ。

 

正午までに診療を終えるためには、1人の患者さんにあてられる時間は約3分。

さらに、この病院にきて千晶は、患者には『S』『M』『L』の分類があると教えられた。

まず病状を簡潔に伝え、説明もすぐに理解してくれる患者は、スムーズの『S』。

 

すぐに答えられるような質問でもイチイチ首をひねったりする患者は、まどろっこしいの『M』。

 

そして『L』は、英語で低気圧を表すロープレッシャーの頭文字。

災いをもたらす台風の状態。

 

浅沼知恵子(鷲尾真知子)は、高血圧と脂質異常症で通院中。

話は長いけど、分類でいえば、Mの上あたり。

けれどもこの日は特に長かった。

この前検査したばかりなのにまた検査をしてほしいと言ったり、さっきと同じ話を始めたり、今年が何年かもわからない。

浅沼さんはどうやら認知症の疑いがあるようだ。

結局、1人3分のところを彼女だけで15分も診てしまい、千晶は看護師に怒られる…。

 

キレる患者

そんな千晶の元に、藤井宏明(佐野史郎)典子(宮崎美子)夫婦がやってくる。

前に担当していた医師が退職したため、千晶が引き継いだのだ。

典子は肝臓腫瘍の疑いで、超音波とCT検査を受けていた。

 

その結果、腫瘍らしきものが認められたため、千晶はまた日を改めて肝生検することを説明した。

すると宏明は『今すぐしてくれ』と言い出した。

でもそんなすぐには予約は取れない。

千晶が謝ると、『じゃあいつならできるんですか?明日は?』と宏明は怒り始めた。

 

でも検査ができるのは、最短でも3週間後…。

『ガンかもしれないのに、そんなに待たされるんですか!?』

宏明は目を丸くして驚くと『いったい何なんですか?あなた方は!!』とキレ始めた。

 

『妻がPET検査で肝臓ガンかもしれないと言われて、1週間後に超音波やCT検査をした。

その結果が出るのに1週間待たされ、今度は3週間後に検査に来いだって!?ふざけるな!!!』

宏明は顔を真っ赤にして、千晶を怒鳴りつけた。

 

今すぐ検査できるようなんとかしろ!なんとかするまでここを動かない!

宏明がまくしたてる声は診察室中に響き渡った。

 

結局、『大学病院を紹介しろ!』と宏明に言われ、千晶が紹介状を書いてその場はおさまった。

 

千晶の本能

『大学病院も混んでると思うけどね〜』

午前の診察終了後、先輩の陽子は心配そうに言った。

『患者さんが不安な気持ちもわかるけど、暴言は辛いね…』

 

患者さんと向き合う医療がしたくて、大学病院をやめたのに、千晶は時間に追われる日々を過ごしていた。

 

すると『私は医者として、千晶先生のことを信頼してる』と、陽子が言った。

樹海の真ん中で育った千晶には、ときどき野生の勘が働くことがある。

『前にもあったじゃない?みんなが気付かない病変を見つけたことが!』

ワクワクした表情で、陽子が言った。

明るい陽子と話しているうちに、千晶は元気を取り戻した。

 

 

その夜、千晶の妹・万里(高梨臨)が『今週の日曜に帰ってきてよ』と電話をしてきた。

『その日は夜勤明けだし、帰るのは辛い』と千晶は言うが、そんなことをイチイチ聞いていたら、いつ帰ってくるかわからない。

万里は『いいから帰ってきて!』と言うと電話を切った。

モンスター登場!

それから千晶は、休みを取るために仕事を頑張った。

そしてようやく実家に帰れるめどが立った土曜日。

千晶が当直の夜に、侵入者が現れた。

 

千晶先生!

暗い待合室で突然、千晶は呼び止められた。

今の時間は一般の人は入れないはずだが、男(田中哲司)は『こんばんは、千晶先生』と平然とした顔で近づいてくる。

 

〈私の患者さん?なんで私の名前、知ってるの?〉

千晶は暗闇に目を凝らすが、見覚えはない。

男は、黄色い縁のメガネにパーカー、それに黒いリュックを背負っていた。

 

『千晶先生、ここへいらして半年ですよね?優しい女医さんがきたって評判ですよ』

男がグングン近づいてくるので、千晶は思わず後退りした。

 

千晶が『すいません、ご用がないのなら…』と言うと、男はしおらしくなって『そうでよね、今日のところは帰ります』と去ろうとした。

 

だが千晶がホッとして歩き出した瞬間、男は『僕!これから千晶先生に診てもらいますから!!!』と千晶を指さして大声で叫んだ。

男は満面の笑みを浮かべると、暗い廊下を足音を響かせ走っていった。

 

これが、モンスターペイシェント 座間敦司との出会いだった。

 

千晶の里帰り

翌日、千晶は半年ぶりに山梨の山奥にある実家に帰った。

父・徹(伊武雅刀)の診療所には、野生動物のハンターが集まる。

狩りで負傷したハンターが、徹に治療してもらいにくるのだ。

 

千晶が家に戻ると、徹も母・佑子(朝加真由美)も嬉しそうに迎えてくれた。

千晶は佑子の作ったアロマオイルをもらって帰ることにした。

これは、実家の診療所でも“魔法のオイル”だと人気のオイルなのである。

 

でも、佑子は昔からの知り合いを思い出せないくらい、認知症が進んでいた。

『やっぱりまた検査したほうがいいね…』と呟く千晶に、『お母さんには認知症の施設に入ってもらおうと思うの』と言う万里。

千晶は知らながったが、佑子の症状はここ半年でかなり進んでいたのだ。

 

夜中に叫んだり、近所を徘徊して3回も警察に保護されたり、火事になりかけたり…。

今までずっと万里が佑子のめんどうを見ていたが、診療所の事務もしている万里には負担が大きい。

それで徹が、佑子を施設に入れようと言ったのだ。

 

『ごめんなさい…お父さんと万里に全部押しつけて…』

何も知らなかった千晶は肩を落として、小さな声で呟いた。

『お姉ちゃんはいいよね。いつまで勉強するつもり?

診療所、継がないつもり?お父さんのこと、考えたことある?』

万里は矢継ぎ早に千晶を責めたてた。

 

『わかってるよ、お父さんもそろそろ自分のこと…』

わかってない!!! 

お父さんは、、お母さんのそばにいたいんだよ?』

万里は涙を溜めた瞳で千晶をじっと見つめた。

 

でも徹は『戻ってくる必要はない』と千晶に言う。

こちらのことは心配しなくていいから、自分の仕事をしっかりしなさいというのだ。

 

母さんには今まで、なんにもしてやれなかった。これからは母さんのことを考えていくつもりだ……

振り絞るような声で徹は言った。

 

そこに『大変よ!お財布がないの!』と佑子が飛び込んできた。

泥棒が盗んだと言い張る佑子を、万里と徹は優しくなだめる。

 

これが、今の真野家の現状なのだ…。

 

突き飛ばされた千晶

翌朝、出勤した千晶は、“沖田亮介”という患者について詳しく書かれた紙を階段で拾う。

 

当直明けの陽子に見せると、陽子は顔色を変え、『カネゴンがこの前、心筋梗塞がどうのこうのって言ってたから渡しておくね』と受け取り、自分のロッカーにしまった。

 

その後、千晶は外来の待合室で、『おい』と、藤井宏明に呼び止められる。

やはり大学病院でも肝生検は3週間待ちだと言われたのだ。

 

どういうことなんだ、たらい回しにしやがって!今日中に肝生検を受けられるようになんとかしろ!

人目も気にせず、宏明は叫ぶ。

 

千晶がそれは難しいと断ると、『あんた、人の命をなんだと思ってんだ!』と宏明は千晶をつき倒した。

 

脳震とうを起こした千晶は気を失い、医務室に運ばれた。

その間に、宏明は警備員の蓮見(平田満)たちに確保され、帰宅していた。

大ごとになると困ると、事務長の高峰(升毅)が帰らせたのだ。

 

意識を取り戻した千晶は、高峰事務長から『お客さまとトラブルになるなんてもってのほかです』と注意を受ける。

千晶は謝ると、外来に戻ろうとした。でもさらに、高峰の説教はつづく。

 

『真野先生はまだ大学病院の気分が抜けないんでしょうかね。まったく医者のエリート病は厄介です。

お客さまはお金を払って診察を受けているんです。だから感謝する必要はない。なのに、エリートは『ありがとう』を求める。

だから感謝されないと心が折れて潰れるんです』

 

その後、千晶は診察室に急いだ。

でも結局、外来は大幅に終了時間をオーバーしてしまった。

 

これがはじまり…

千晶がトボトボと『食堂 オアシス』に向かうと、なんだか嫌な気配がした。

『気のせいか…』

千晶は食堂に入ると、えびピラフを頼んだ。

 

千晶がえびピラフを食べていると、『お疲れさまです、千晶先生』と誰かが伝票を持った。

千晶が顔をあげると、それは座間敦司だった。

 

座間は騒ぎがあったことを知っていて、ここは自分が払うと勝手に持っていってしまう。

でも、患者さんにごちそうになるわけにはいかない。

慌てて千晶は座間を追いかけた。

 

だが座間は、千晶のピラフ代450円を支払うと全速力で走っていってしまった。

 

千晶は座間を見失い、途方に暮れる。

さっき感じた嫌な気配は、これだったのか…。

 

病院の外に出た座間は、千晶の驚いた顔を思い出し、笑いながら階段を駆け下りた。

 

夫婦の関係

千晶が戻ると、典子が走ってきた。

典子は知人から、夫の宏明が千晶を突き飛ばすのを見たと聞き、飛んできたのだ。

 

平謝りする典子を、千晶は中庭のベンチに連れ出す。

典子によると、宏明は典子を心配しているのではなく、自分のメンツを守るために怒っているという。

 

宏明は、子どもたちに『母さんがガンになったのは、父さんのせいだ』と言われ、夫らしいところを見せようとムキになっているのだ。

でも典子はもう、宏明に期待しないことにしていた。

 

…ほんとにそれだけだろうか?

そう思った千晶は、母・祐子が作ったアロマオイルを典子にプレゼントする。

これを使って足のむくみをマッサージすれば、楽になるかと思ったのだ。

 

システマの呼吸

千晶は2年前から、運動不足解消のため、ロシア武術・システマを始めた。

システマの呼吸を始めてから、千晶は当直で傷を縫合する時に手が震えなくなった。

 

システマは戦いを目的としない、護身術のようなもの。

戦闘の場であっても、呼吸をし、体を硬直させずにリラックスする。

システマは、安全におうちに帰るための武術なのだ。

 

千晶はこの呼吸を、出勤前の移動中、意識的に行うようにしていた。

 

だがシステマの中にも、苦手なワークがあった。

それは『ストライク』。

極限の苦しみに直面しても、速やかに平常心を取り戻すための訓練だ。

 

講師の吉良大輔(永井大)は1人ひとり、思いきり腹を拳で殴りつけていく。

千晶が苦痛に体を丸めると、吉良は『ほら、身体を曲げない曲げない』と千晶の体を真っすぐにした。

背骨が曲がるとダメージが抜けない。

千晶は泣きそうな顔で、『フー フー』と呼吸を繰り返した。

 

魔法のオイルが繋ぐもの

そんなある日、千晶に朗報が舞い込んだ。

なんと検査に空きができたのだ。

さっそく千晶がそれを宏明に伝えると、今度は典子ひとりで行かせるという。

 

そんな宏明に、千晶は1つお願いごとをした。

 

家に帰った宏明は、典子からアロマオイルの瓶を取り上げると、『座れ!座れ!』と典子をソファーに座らせた。

そして床にあぐらをかくと、典子の足をマッサージし始めた。

でも今までマッサージなどしたこともない宏明は、加減がわからない。

 

痛がる典子に、『スマン、加減が…』と宏明は眉間にシワを寄せたまま、謝った。

『なに?急にどうしたの?』

典子はそんな宏明の行動をいぶかしむ。

 

『…今まで俺は、おまえの肩を揉んでやったこともなかった。優しいことばをかけたこともなかった。

おまえがいなかったら、俺は靴下の在り処もわからんし、飯の炊き方も洗濯機の使い方もわからん』

『不便なのは最初だけよ。すぐに慣れるわ』

『おまえがいなかったら、来年定年になって何をしたらいいのか、どう生きていっていいのかもわからん。

おまえが癌になったのは俺のせいだ。

だから 死ぬな。頼むから 生きてくれ…

宏明は硬い表情のまま、典子の足をさすり続ける。

典子はこらえていた涙を、 解放した。

 

ありがとうという言葉

翌朝、千晶が出勤すると、宏明と典子が待っていた。

2人は千晶を見ると、深々と頭を下げた。

 

『最初、あんたに足を揉めと言われたときは馬鹿かと思った』

宏明は相変わらずの口調で話しだす。

『でも俺は今まで、女房に何もしてやれなかった』

 

千晶は同じことを言っていた父・徹の姿を思い浮かべ、仕事に打ち込んできた男性はみんなそう思うのかもしれないと言った。

 

宏明は素直に、千晶に酷いことを言ったことを詫びると『俺はあんたに救われた』と言った。

 

まっすぐと千晶を見つめるその瞳に、以前のような険しさはない。

柔らかな顔をした宏明は『じゃあ、これで』と、少しバツが悪そうに立ち上がった。

そんな宏明を見て、典子は嬉しそうに微笑む。

『真野先生、ありがとうございました』

典子は立ち上がると、深々と千晶に頭を下げた。

 

典子は、待っていた宏明に駆け寄ると、共に歩いていく。

その姿を見送りながら、千晶は胸がいっぱいになる。

 

『ありがとうを求めるから医者は潰れるんだ』と事務長は言った。

確かに感謝を求めるなんて、おこがましい。

でも、素直に『ありがとう、先生』と言われたら、ほら、こんなに嬉しい。

 

そのひと言をよりどころに、医者は前を向ける。

それは間違いないことなのだ。

 

その後、典子は初期の肝臓がんで転移がないことがわかった。

今は2人に1人は癌になる時代。

癌になっても、癌とともに生きていかなければならない。

『うまくつき合っていけたらいいわね』と言う陽子に、『旦那さんがしっかり支えてくださると思います』と千晶は笑顔で答えた。

 

闘いの火蓋

そんな千晶のもとに、座間敦司が初診でやってくる。

睡眠薬をください。母の介護で眠れない日が続いて

 

いきなり睡眠薬を求める患者は要注意だ。

 

千晶が具体的な症状を教えてもらわないと、合う薬を処方できないと言うと、座間は『せっかくご馳走したのに、硬いな〜』と顔をしかめた。

 

座間は千晶の顔をじっと見据えると、千晶の出方をうかがう。

 

これが、モンスターペイシェント・座間敦司との闘いのはじまりだった…

 

〜 2話につづく 〜

 

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~1話の感想

座間敦司、怖っ!

見事に、宏明・典子夫妻の感動シーンをぶった切ってくれましたね…。

なんでなんで〜?なんでドラマって感動したまま、終わらせてくれないの(>_<)

 

座間さんとの闘いがこのドラマの醍醐味なのはわかるけど、めっちゃいい話だっただけに、なんだかもったいない。

ほっこりしてた気持ちが、ザワザワになっちゃったよ〜(ノД`)

 

でも、宏明が平常心を取り戻してくれて本当によかった。

相変わらず言い方は厳しいし、甘々な感じにはならないだろうけど、最後に典子を待っていてあげるところにジーンときました。

 

これからは夫婦2人で助け合いながら生きてくんだろうなぁって、2人の未来が見えるような素敵なシーンでした(*´ω`*)

 

 

モンスターペイシェントがたくさん出てくると聞き、どんだけ辛いドラマなのかと思ってましたが、座間さんが出てくるところ以外は、とても爽やかで明るい空気が漂っていて驚きました。

あんだけ怒って叫んでいる宏明ですら、座間さんのおかげで大したことがないように見える…。

田中哲司さん、すごいよ。

 

でも座間さんも、寝たきりのお母さんの介護でそうとう参ってるようで、それがどうして千晶を攻撃するようになるのか謎ですね。

患者で来ていたわけでもないのに、病院にしょっちゅう来ているのも不思議…。

家が近いのでしょうか?

仕事はしてないみたいだけど、どうやって暮らしているんだろう。

謎が深まりますね。

 

それに、ロシア格闘技のシステマも気になるな~。

序盤から『フッフッフッ』と千晶が呼吸法をしていたのも、システマの呼吸だったんですね。

システマは、安全におうちに帰るための武術。

まさに今の千晶に必要な、自分を護る護身術。

 

精神を鍛える訓練とはいえ、お腹を殴るなんてすごいな、システマ。

でもこれが、座間敦司との闘いに不可欠になってくるんだろうなと思いました。

 

次回はどんなモンスターペイシェントが現れるのか、座間敦司は千晶にどんなことを仕掛けてくるのか?

楽しみ?ですね!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうをございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話