『ディアペイシェント〜絆のカルテ』2話あらすじと感想│この雨が上がったら、星を見に行こう

今回は、2020年7月24日放送『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~第2話 命の重さのネタバレあらすじと感想をまとめました。

千晶(貫地谷しほり)は小児科病棟に入院している美和(新津ちせ)と知り合い、交流を深めるようになります。

 

そんな中、自殺未遂を繰り返している祥子(小島藤子)が運ばれてきます。

 

美和は祥子に屈託なく話しかけますが、祥子はいつも『やだ』としか答えず…!?

原作は南杏子さんの小説『ディア・ペイシェント』です。

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』2話 命の重さのネタバレあらすじ

内科医の真野千晶(貫地谷しほり)は、小児科病棟に入院している美和(新津ちせ)と知り合い、話をするようになった。

美和は悪性の脳腫瘍で、2年前に手術をしたが半年前に再発。

佐々井記念病院に転院してきたのだが、これ以上治療しても回復の見込みはない状態だった。

 

しかしなんとか美和を助けたい両親は、先輩医師の浜口陽子(内田有紀)のポケットに、泣きながら5万円の入った封筒を入れて『どうかよろしくお願いします』と頭を下げた。

 

でも佐々井記念病院では、心付けをもらってはいけないという規則がある。

陽子は直接は返せないので、事務局を通じて返してもらうことにした。

 

この前、千晶はモンスターペイシェント・座間敦司(田中哲司)にエピピラフ代を勝手に払われてしまった。

 

そのせいもあったのかもしれない。

千晶は座間に押し通され、依存性の強い睡眠薬を処方してしまった。

 

千晶は早くピラフ代を返さなければ…と思うのだった。。

 

自殺願望

そんなある日、千晶が当直していると、笠原祥子(小島藤子)という意識不明の若い女性が緊急搬送されてくる。

千晶はペンライトで瞳孔を確認しようとするが、胸ポケットにあるはずのペンライトがない。

仕方なく、千晶は看護師に借りて瞳孔を調べた。

 

祥子は大量の睡眠薬や精神安定剤を服用したため、急性薬物中毒を起こしていた。

にもかかわらず、病院まで付き添ってきた同居人の男性は『彼女、大丈夫そうなんで』と言って帰ってしまった。

 

実は祥子は自殺未遂を起こして何度かここに運ばれたことがあった。

祥子はクラブに勤めていて、あのヒモ男性に貢いでいるらしい。

 

千晶は念のため、祥子を入院させることにした。

 

星の命

その後、千晶は屋上で星を見ている美和を見つける。

お星さまってね、長い時間がたつと死ぬんだって

美和は本で読んだ話をし始める。今、見えている星も、実は死んでいるかもしれないと。

『でも、あんなに星は光ってる』

 

千晶は美和と一緒に星空を見上げると、小さな美和に目線を合わせるようにかがんだ。

星の中にはね、死ぬときに大爆発して粉々になる星があるんだって。その時飛び散った星くずは、また集まって新しい星になるって聞いたことがあるよ』

『新しい星?』

『うん、だからその星にとって、死ぬことはまた 生まれることなのかもしれない

 

美和は千晶の手をそっと握ると、星のように目を輝かせて言った。

『それならお星さまが死んでも悲しくないね』

 

2人はいっしょに満点の星空を見上げた。

 

どうしてそれを…

その後、千晶が暗い病院内を歩いていると、また座間が現れた。

座間はウォーキングの途中で飲み物を買いにきたというが、そのペットボトルは使い回しのようだった。

座間はなんでそんな嘘をつくのか?

 

『僕、体を動かすのが好きなんです。唯一の気晴らしはウォーキング!』

座間はペンライトを取り出すと、千晶の顔をなぞるように照らした。

なんとそれは、千晶のものだった。

座間は落ちていたというが、、誰のものかなんてわかるだろうか?

 

そこに天の助けか。『真野先生、患者さんです!』と看護士が呼びにきて、千晶はその場を去った…。

 

しかし喘息の発作で呼吸困難を起こした男性はかなり大柄だった。

千晶たちが運ぶのに苦労していると、『手伝いましょうか?』と警備員の蓮見勇夫(平田満)が現れた。

さらに座間もやってきて、『母の看護で慣れてますから』と男性を運ぶのを手伝う。

 

千晶たちが処置をしている間に、座間は院内限定の患者様対応マニュアルを見つけ、写真に撮った…。

 

生きる意味

その翌日。

笠原祥子は屋上から飛び降りようとするが、できずに涙を流す。

祥子は病室に戻るが、様子を見にきた千晶に問いかける。

ねぇ、人ってなんで生きてるの?』

 

千晶は簡単には答えられなかった。

 

その後、千晶は外来で常連患者の浅沼知恵子(鷲尾真知子)に、今度は息子さんと一緒にきてほしいと頼んだ。

しかし、歯科医の息子は忙しいと断られる。

 

浅沼さんは、認知症の疑いがあった。

千晶は、認知症の母・佑子(朝加真由美)のことを思い出し、複雑な気持ちになった。

 

祥子と美和の出会い

一方、中庭のベンチに座っていた祥子は、美和と出会う。

美和は無邪気に『お姉ちゃんの髪、綺麗!触らせてもらってもいい?』と尋ねる。

だが祥子は『ヤダ』と、一言。

 

美和はそんな祥子にくっつき、病院の探検に誘う。

でも何を言っても、祥子は『ヤダ』しか言わない。

 

美和は『病院ではワガママは駄目ってママが言ってたよ』と、祥子に言う。

その後も美和は諦めず、『一緒に探検しようよ』と祥子の後をついていく。

 

陽子と千晶はそんな2人の様子を見てビックリする。

いつの間にか祥子は、美和の“友達”に昇格していた。

 

そこに美和の母が戻ってきて『勝手に病室を抜け出して!心配するじゃないの』と、美和をしかった。

それを見て、祥子の脳裏に、母に置いていかれた記憶がよみがえる。

祥子の両親は幼い時に離婚していた。

 

祥子はそれを思い出すと、何も言わずに行ってしまった。

髪のキレイなお姉ちゃん、またね!

美和は、祥子の後ろ姿に向かって叫んだ。

 

その日の午後、祥子のヒモが病院にやってきた。

祥子は男の借金を返すため、強引に退院していった。

 

心付けなどなくても…

千晶が美和の病室に行くと、父親の仕事がお休みで、母と妹、家族全員が揃っていた。

美和は折り紙で作ったお星さまのメダルを、千晶にくれる。

そこには『ちあきせんせい だいすき』と書かれていて、千晶はとっても嬉しくなる。

 

すると脳外科が専門の院長・佐々井宗一郎(石黒賢)と、陽子が回診にやってきた。

 

美和はときどき頭が痛いけど、月末に行われる音楽会が楽しみだと笑顔で言った。

 

診察後、病室を出た院長を追いかけ、両親がやってきた。

涙ながらに院長の白衣のポケットに心付けを入れる両親に、『私は美和ちゃんのために最善を尽くします』と、院長は向き合う。

 

今の美和にしてあげられることは、あまりない。それでも…

『美和ちゃんの命の力を信じましょう』と、院長は両親の手にお金を返した。

 

千晶と陽子は、院長の対応に感心する…。

 

戻ってきた祥子

その夜、また笠原祥子が緊急搬送されてきた。

当直の金田直樹(浅香航大)によると、今回はリストカットで、ヒモが金を根こそぎ持って消えたらしい。

 

千晶が急いで病院に戻ると、祥子はロビーでぼんやり外を眺めていた。

祥子を退院させるべきじゃなかったと責任を感じる千晶に、『私はいつも死にきれない』と祥子は呟く。

 

自殺未遂を起こすことで、祥子は一瞬だけ 生きていていいんだと思えた。

それでこんなことを繰り返してしまう。

千晶はそんな祥子の気持ちをわかろうとした。

 

でも親からも誰からも愛されず、人の顔色をうかがって、人の幸せを妬んできた祥子は、自分の気持ちなんてわかるわけがないと叫ぶ。

死にたくても死ぬのが怖くてできない。

だから生きるために、嫌なことをされてもヘラヘラ笑うしかない。

そんな自分より 親に愛されてる美和のほうが、死んだってよっぽど幸せじゃないという祥子。

『誰にも愛されずに惨めに生きるより、誰かに愛されて死ぬほうがずっといい』

そう言い切る祥子に、千晶は言った。

 

『確かに私はあなたの気持ちはわからないかもしれない。

でも美和ちゃんの幸せを、あなたの尺度で、あなたの価値観で 決めつけないでください

『……もう、わかんない。わかんないよ…』

祥子は涙を流してうつむいた。

 

祥子は生きるために、リストカットを繰り返している。

それがわかっていて、美和のことを言われて千晶は思わず、祥子を責めるようなことを言ってしまった。

千晶は、自分が医師としても、人としてもまだまだ未熟だと痛感する…。

 

そんな中、座間敦司は新聞紙に包んだ佐々井記念病院のファイルか何かを、男に渡す…。

 

事務長による吊し上げ

その後、病院で患者様プライオリティー委員会が開催され、謝礼金について問題行動があった女性医師がいたと報告があった。

 

座間にピラフ代を支払われてしまった千晶は、自分に違いないと思った。

事務長の高峰修治(升毅)はまっすぐに千晶のほうに向かって歩いてくる。

しかし告発されたのは、先日、美和の両親から5万円を受け取った陽子だった。

 

陽子は前に連れて行かれ、まるで裁判のようにみんなの前で尋問にかけられる。

陽子はたしかに断りきれずにお金を受け取ったが、4日前に事務局に届けたと答えた。

 

でもそのようなことは聞いていないと、高峰事務長は言う。

陽子はたしかに若い女性事務員の方に渡したので確認してほしいと頼んだ。

院長も味方をしてくれ、調査することで話はついたが、『これは高峰の作戦かもしれない』と金田は考える。

 

人望がある陽子に、『金を受け取った』というマイナスのイメージを与えるのが目的だったのではないかというのだ。

 

それを聞き、千晶は自分も座間にピラフをご馳走になってしまったことを打ち明ける。

たかが450円、されど450円。

陽子はすぐに事務局に届けたほうがいいと言うと、千晶と一緒に事務局に向かった。

 

すると陽子が受け取った5万円はちゃんと事務局にあり、陽子はホッとする。

事務員が金庫に入れるのを忘れていたのだ。

 

千晶は『私も返却をお願いします』と、名前を書いた。

高峰事務長が遠くから見ている視線に気付いた千晶は、金田の予想は当たっているのかもしれないと思う。

高峰事務長は、思いどおりにならない職員を排除するつもりなのかもしれない…。

 

自分の直感を信じろ

千晶は不安を感じながら、ロシア格闘技・システマのジムに向かった。

今日はみんなでゴロゴロと床に寝転び、背後の気配を感じる訓練。

 

千晶は座間にピラフ代を払われたとき、店の前で嫌な気配を感じたのに中に入ったことを悔やむ。

あの時、自分の直感に従っていれば、こんなことにはならなかったのに。

 

千晶は訓練中、後ろから男性に肩に手を回され、思わず男性の首根っこを押さえつける。

座間に襲われたような気持ちになったのだ。

 

千晶は、講師の吉良大輔(永井大)から、リラックスするよう注意を受ける。

 

限りある命

翌日、笠原祥子が中庭のベンチに座っていると、美和がやってきた。

ねぇ、髪のキレイなお姉ちゃん。今度一緒に音楽会に行こうよ

『やだ』

『また、やだなの?』

 

祥子が無言で立ち去ろうとしたその時、美和が急に頭を押さえてしゃがみ込んだ。

祥子が心配して駆けつけると、それは嘘だった。

『美和、いいもの見つけたんだ』

美和は祥子に メダカを見せる。

 

そこに、美和を探しにきた千晶も合流。

美和は『たくさん“大好き”を見つけたい』と言う。

美和は自分の病気がもう治らないことに気づいていて、ここに来るのも最後かもしれないと呟く。

 

この前、美和と同じ病気の子が亡くなったのだ。

千晶は『美和ちゃんはその子とは違うよ』と声をかけるが、美和は『自分が病気だとみんなが大変なの』と言う。

 

病気の美和に付き添うため、家族はどこにも行けないし、妹の奈々は好きなおもちゃも買ってもらえない。

美和の頭が痛くなって、奈々はお誕生会もできなかった。

だから美和は もういいの

 

美和の言葉を聞き、また幼い頃の記憶が祥子の脳裏によみがえる。

母が自分についてこいと言ったとき、『もういいの。…私、おじさんの家に行く』と言ったのは、祥子だった。

 

もういいわけないじゃない。もっとワガママ言いなさいよ!

美和ね、いったん天国に行って、元気になって、またパパとママの子どもに産まれてくるの。

お姉ちゃんみたいに髪を伸ばして、またママに三つ編みしてもらうんだ!』

笑顔の美和を見て、祥子は何も言えなくなる。

千晶はそんな美和を黙って抱きしめた。

 

祥子の頬を涙が伝って、流れ落ちた。

 

美和が残してくれたもの

千晶がふたたび美和の病室を訪れると、家族みんなで折り紙をしていた。

美和は千晶に『お願いがあるの』と、折り紙のうさぎがついた封筒を預けた。

 

その夜、美和は暗い病室でたどたどしく、キラキラ星を弾く。

その手を止めると、美和は窓の向こうを見上げ、微笑んだ。

 

翌日、美和の容態は急激に悪化し、帰らぬ人になった。

祥子は美和が楽しみにしていた音楽会に行き、美和がいないことに気付く。

 

退院前、祥子に美和のことを訊かれた千晶は『他の患者様のことはお話できないんです』と答える。

代わりに千晶は、美和から預かっていた封筒を祥子に渡した…。

 

その中には、お花の形のメダルが入っていて、“かみのきれいなおねえちゃん だいすき”と書かれていた。

祥子はそれを見て、美和が天国に行ってしまったことを悟る。

 

美和が楽しみにしていた音楽会。

祥子は流れる音楽に身を任せ、泣いて泣いて、むせび泣いた。

 

 

それから 祥子が自殺未遂をして運ばれてくることはなくなった。

 

モンスター

そんなある日、また座間敦司が睡眠薬をもらいにやってくる。

ひったくりに遭ったので、また出してほしいというのだ。

 

座間に盗難届を見せられ、千晶は『事務局から何か連絡はありましたか?』と尋ねる。

でもまだ座間に連絡はいってないようだった。

それで千晶は、ピラフ代の450円を座間に返却した。

 

僕の厚意を無にするのか!俺は患者様だぞ、偉そうにするな!

座間は突然切れると、千晶を指差した。

 

〜 3話につづく 〜

 

↓ カネゴン!

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』2の感想

今回もこうなるとわかってたのに、泣いてしまった。

子供ネタはヤバいよ〜。

なのに最後は座間様で終わるんですね〜(>_<)

この見事なまでのギャップ、凄すぎる〜。

このドラマは視聴者を感動させたいのか、震え上がらせたいのか、よくわからないですな(^_^;)

 

そんな中、ピラフ代を返された田中哲司さんの手のひらがやたら綺麗で、変なところに感心してしまいました。

そこだけが座間さんじゃない気がして、残念でした。

いくら役者さんでも、手のひらまでは変えられないですもんね。

 

 

でも今回の祥子の気持ち、少しわかるなぁ。

私もよく死にたくなるので。でも死ぬのが怖くて死ねなくて、そのたびになんて弱っちぃんだろうと凹む。

 

自殺未遂をしなくなった祥子はどうしてるだろうか?

また変な男に貢いだりしてないといいな。

美和のように、好きなことを見つけてくれていたらいいな。

 

千晶が美和に、『爆発して散らばった星くずが 新しい星になることがあるって聞いたことがあるよ』って話すシーンがよかったな。

そんなこともあるんだなぁって。

それこそ、新しい星の光が地球に届くようになるまで、何十年何百年とかかるんだろうな。

 

ふだん見ている星が、生きてるとか死んでるとか考えたことなかったから、すごく感慨深くて、

別に星は誰かに見てほしくて光ってるわけじゃないけど、それが最後の光なのかもしれないと思うと、命の輝きというか、そこにある光はあたりまえのものじゃないんだなと思いました。

 

この雨が上がったら星を見に行こう。

そんなことを思うドラマでした。

 

それではここまで読んでくださり、本当にありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話