『極主夫道』6話ネタバレと感想│ゆかりの意外な正体は!?雅の恋を巡って大騒動!!!

にこ

今回は、2020年11月15日放送『極主夫道』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ゆかり(玉城ティナ)が『結婚するならちゃんと家事ができる人がいい』と言っているのを聞いた雅(志尊淳)は、龍(玉木宏)に家事を教えてもらうことに!

 

でも雅は、ゆかりが元カレらしき男性ともめているところを目撃してしまい…!?

それではさっそく、6話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『極主夫道』6話のネタバレあらすじ

今日も雅(志尊淳)は喫茶店に行き、仕事中のゆかり(玉城ティナ)に熱い視線を送っていた。

 

仕事が一段落ついたゆかりは、雅の向かいの席に座ると『うわ~疲れた~』と伸びをした。

そこで雅も『お疲れ様~』と真似して伸びをする。

相手のしぐさを真似することで、親近感を持ってもらおうと思ったのだ(ネット情報)。

 

でもゆかりは『馬鹿にしてる?』と一言。

全然効果ないじゃん…と雅は肩を落とした。

 

そこで雅は思い切って、ゆかりにお付き合いしてる人がいるのか尋ねた。

すると『かわいい~』と、ゆかり。

雅が照れると、ゆかりが褒めていたのは龍(玉木宏)のインスタグラムだった

 

見ると、龍のインスタには手作りの可愛い小物たちがい~っぱい!

やっぱ結婚するなら相手は家事ができる人がいいなぁ

ゆかりの言葉を聞き、

雅は『俺に家事のイロハを教えてください!』と龍に頼み込んだ。

 

雅の恋を応援する美久

雅がゆかりを好きなことを美久(川口春奈)と龍に告白すると、

恋愛に疎い龍はまったく気付いておらず、目を見開き、ポカーン。

美久は、雅の恋を全力で応援することにする。

 

そこに向日葵(白鳥玉季)が学校から帰ってきた。

雅を見て嬉しそうな向日葵。

 

でも『今、雅くんの恋バナしてたんだ♪』と美久がバラすと、

向日葵は急に顔を曇らせ、部屋に行ってしまう。

 

雅の家事修業

その後、雅は龍に教えてもらい、家事に挑戦!

まずはフライパンを金たわしで洗ってしまい、殴られる雅!

 

そんなもんで洗ったら、フッ素加工はがれてまうわ!

廊下まで吹っ飛ばされた雅は『いきなり辛い…』と呟いた。

 

次はアイロンがけ。

『できました!』

喜んだ雅は、アイロンを持った手を龍に向けてしまい、龍の顔すれすれに!

 

話しかける時は、アイロンを置いてからや!

…これはもう詰めてもらうしかあらへんな』

龍にすごまれ、小指を詰めるのだと雅は思った。

 

しかし次にやらされたのは、家計簿。

しっかりつけて、生活費の無駄を詰めるのだ。

 

もちろん節約ばかりでは嫌になってしまう。

そんな時はモチベーションをあげるために、己へのプチご褒美も必要だ。

そう言うと、龍は加湿器をつけながら、フェイスマスクをしてくつろいだ。

 

家事の道は厳しいが、なんでも楽しんでやることがコツなのだ。

 

料理教室に行く雅

その後、雅は龍と一緒に料理教室へ。

それで田中和子(MEGUMI)太田佳世(田中道子)にも、雅が恋していることがバレてしまう。

 

今日はパン作り。

龍はここぞとばかりに生地を叩きつけるが、雅は遠慮がち。

 

そんなんじゃダメよ!試しに好きって言いながらやってみて!

和子と太田に焚きつけられ、

雅は『好きだ…好きだ…!好きだ!好きだ!好きだ~~~~~~~~!』と生地を叩きつけ、

興奮のあまり、オーブンレンジを落として壊してしまう。

 

すると龍は炊飯器でもパンを発酵させることができるという。

そして保温モードで待つこと10分。

そこから電源を切って40分。

ガスを抜いて型を作ったら、また炊飯ジャーに戻し、ベンチタイム。

さらに保温モードで40分。

最後に油を塗って、炊飯モードで焼きあげたら、

『せいや!』

かわいいたぬきちゃんの形のパンのできあがり!

 

雅はチョコペンで顔を描くと、

ゆかりにあげるため、スキップしながら喫茶店へ。

 

ところがその途中で雅はトラックのクラクションに驚き、転倒。

トラックにたぬきパンを轢かれてしまう!

 

ゆかりの元カレ!?

『うおぉぉぉぉぉ!待てこらぁ~~~!!!』

雅が怒ってトラックの後を追いかけていくと、

男はゆかりが働いている喫茶店へ。

 

『ゆかり…』

『タケシ…、なんの用?』

お前を迎えにきた。もう一度 俺とやり直してほしい

 

でもゆかりは『私たちはもう終わったの。あんたのことなんて思い出したくない』と拒絶。

 

『俺もお前のこと忘れたことないよ。

俺のトラックに乗ってるゆかりの笑顔が忘れられないんだよ。

これからも乗ってほしいんだ。

もう二度とゆかりを悲しませたりしない』

 

そう言うと、タケシは去っていった。

その言葉に、ゆかりは心が揺れているようだった。

 

美久の告白大作戦

ゆかりにつき合っていた男がいることを知った雅は、2人の間に割り込むべきか悩む。

 

龍は、どんな時も相手の気持ちを考えるのが人の道だと諭すが、

美久は『恋愛は戦いよ!そこは割り込むべきでしょ!』と主張。

ゆかりをデートに誘って告白すればいいと言い出す。

 

そこで美久が考えたのは…

まず、龍が雅と3人で遊びに行こうと誘い、

当日は龍はお休みして、雅とゆかりが2人でデートするという作戦だ。

 

でも向日葵は、

『ゆかりさん、雅に興味ないんでしょ?諦めた方がいいんじゃない?』と冷たい。

 

『大人にはいろいろあるのよ』

美久が龍のスマホを使ってゆかりを誘うと、OKの返事が。

 

デート当日、美久は江口(竹中直人)雲雀(稲森いずみ)にも声をかけ、作戦に参加してもらうことにした。

 

『お控えなすって!』

美久が極道流に挨拶をして、雅がゆかりに恋をしていることを伝えると、

『なんだってぇ!?』

『あのイカれた女に?ハハハハ』と雲雀と江口。

 

雅くんの恋を成就させてあげたいんです』

美久が頼むと、かわいい雅のためだと雲雀たちはノリノリで引き受けた。

 

デート開始!

その後、龍が来ないことを知ったゆかりは帰ろうとするが、

雅はなんとかランチに誘うことに成功。

 

美久と龍は隠れてその様子を伺うと、雅にあれこれ指示を出した。

 

『歩くときは男が車道側よ!』とか、

『なんか信じられないな、君とこうしてランチしてるなんて。

俺、今日のこと、本気で楽しみにしてた』と雅に言わせたり。

 

『今日、兄貴が来ないのだって…』

と、2人がいい雰囲気になったところで、雲雀がBGMをオン!

 

しかし流れ出したのは、雲雀が大好きな切ない演歌!

(雲雀は美久が渡したCDを入れたはずなのに)

 

それを聞いたゆかりは、雅の話どころではなくなってしまう。

 

そこで美久は、龍が用意したアクセサリーをプレゼントして、好感度を爆上げすることに!

 

『あの、これプレゼント。絶対君に似合うと思って…』

『嘘!嬉しい~』

『あの、せっかくだからつけてみて…』

 

しかし、中に入っていたのはメリケンサック!

龍はちゃんとネックレスを入れたはずなのに。

 

そこで美久は次の作戦を決行!怖がるゆかりをお化け屋敷に誘う。

お化けに扮した江口がゆかりを怖がらせ、手をつなごうという作戦だ。

 

すると笑いながら、落ち武者の格好をした江口が出てきた。

『この刀でお主の血を吸ってやる~~!』

『キャーーーー!!!』

ところが、江口が刀を抜くとまるで手品のようにフサフサが…。

ゆかりは大笑いして、計画は失敗に終わる。

 

その後、外に出た2人は夕日を見ながら話をした。

これが本当にラストチャンスだ。

 

『なんかいろいろごめんね』

雅が謝ると、ゆかりは『楽しかった』と思いがけない言葉を口にする。

 

俺も楽しかった。一生忘れられないくらい楽しかった。

俺、本当はずっと大前さんのこと…

 

その時、美久の携帯に、江口と雲雀から電話がかかってきた。

 

雅がなんとか話を仕切りなおそうとすると、

ゆかりは最近、1人でうじうじ悩んでいたことを打ち明ける。

それはやはり、タケシのこと。

ゆかりがまだタケシに未練があることに気づいた雅は、

ゆかりがタケシとやり直せるように、わざとゆかりを怒らせるような発言をする。

 

私だって、自分の人生にタケシが必要なことぐらいわかってる

だったらさっさとやり直せよ!

『言われなくてもそうするつもりだから…』

 

ゆかりは腹を立てて帰ってしまった。

 

怪しい向日葵

その後、作戦が失敗した美久は、江口と雲雀、龍に怒りをぶつける。

 

でも江口と雲雀が電話をしてしまったのはともかく、

演歌もメリケンサックも手品も、本人たちにはまったく覚えがなかった。

 

でも一番辛いはずの雅は『彼女が幸せならそれでいい』と言う。

無理して明るく振る舞う雅の姿を、向日葵はじっと見つめた。

 

その夜、美久が寝ている間に、向日葵はCDを戻した。

押し入れには、龍が用意したネックレスと刀も隠してあった。

なんと雅の恋路を邪魔していたのは、向日葵だったのだ。

 

そこに龍が一緒にケーキを食べようと言ってきた。

向日葵がそれを食べると、なんだかイマイチ。

龍はオペラというケーキは練習中で、まだうまく作れないのだ。

 

人と人もそう。

いろいろ策を練っても、人の気持ちは動かされない。

カッコ悪くても、まっすぐいろんなものにぶつかっていくのが一番だ。

 

『それが難しいんやけどな…』

『…うん。。いつから気付いてたの?』

 

『なんの話や。向日葵も大人になったっちゅうことや』

龍は微笑むと、どこかへ出かけて行った。

 

ゆかりを助けようとする雅

一方、雅は偶然、タケシがゆかりをどこかに売り飛ばすつもりだということを知る。

タケシにはゆかりを想う気持ちなんて、これっぽっちもなかったのだ。

 

雅が慌ててトラックの後を追いかけると、大城組の奴らにぶつかってしまう。

『今それどころじゃないんだよ、やるならさっさとやれよ』

『上等だよ』

大城組の連中が殴りかかろうとしたとき、警官の酒井(古川雄大)たちがやってきた。

 

雅はふらふらになりながらも、ゆかりを助けようと、ただその一心で走り続けた。

そしてついにタケシがライブハウスに入っていく姿を発見!

 

雅が地下に降りていくと、ラップが始まった。

なんとタケシはDJで、ゆかりはMC。

去年、2人はケンカをして解散していたのだ。

 

俺のトラックに乗ってるゆかりの笑顔、というのも、

俺のトラックにゆかりのリリックをのっけたかったという意味。

 

というわけで、今夜ゆかりとタケシは再結成することに。

 

フリースタイル!

『じゃあ、いつものフリースタイル行きますか!』

今日の相手はお前だ!マ・サ~~!』

 

雅は問答無用でステージにあげられ、マイクを渡され、ゆかりにディスられる。

雅はなんとか歌おうとするが、できなくてブーイング。

 

するとそこに、エプロン姿の龍が現れた。

居酒屋で反省会をしていたときに、ゆかりからライブをすると連絡があったのだ。

 

おまえ、なにイモ引いてんのや!気持ち伝えるチャンスやろ!

『盛り上げるとかできませんし』

そんなん必要ないやろ?不器用でも気持ちを伝えたらええんや

 

『適当なこと言わないでくださいよ。俺は兄貴みたいに家事だって完璧にできませんし』

 

すると龍は『俺かて完璧ちゃう』と言う。

龍にだって、まだまだできないことがいっぱいあるし、

世の中に完璧な主夫なんて1人もいない。

それでも、家族の笑顔のために頑張って成長していくのだ。

 

盛り上げたろうとか余計なこと考えんな。

熱いハートをそのまま言葉にするんや!』

 

そう言うと、龍は雅の背中を思い切り叩いた。

 

ところがトラックが始まり、雅が歌いだそうとすると、龍はいきなり雅からマイクを奪い、歌いだした。

 

〽 俺の仕事は専業主夫。エプロンは戦闘服。

 

食洗器買うか検討中!リップクリームはメントール

龍のパフォーマンスに、観客たちは『イエ~~~~』と大いに盛り上がった。

 

大きな一歩

その後、ライブの時、ゆかりから『編んでみろよ、かわいいマフラー』とディスられた雅は、

赤いマフラーを編んでゆかりにプレゼントした。

 

『まぁやってみたら案外楽勝だったみたいな?』

そう言いつつも、雅の指には絆創膏が巻かれていて、ゆかりは微笑む。

 

『ねぇ、よかったら巻いてみて』

『うん』

ゆかりがマフラーを巻くと、

今は家事とかできないけど、いつかゆかりちゃんに認められるような』と雅は言った。

 

ゆかりちゃん?

『あ!いやいやいや!大前さん』

慌てる雅に、ゆかりは『ゆかりでいいよ』と笑う。

それは大きな一歩だと、雅は思った。

 

龍のラッパーデビュー?

でもあのライブの後、

龍は人気沸騰中のラッパー・MC三枚おろしとしてテレビに取り上げられるほどになっていた。

美久曰く、たぶん来週にはなかったことになっていると思うけど。

 

『じゃあ、最後に一言お願いします』

テレビのインタビューを受けた龍は、

『マジ キャベツに感謝』と締めくくった。

 

~7話につづく~

 

『極主夫道』6話の感想

今回もぶっ飛んでましたね~!

すんごい面白かったのに、その面白さをあらすじで伝えられなくて残念(>_<)

文章力ナッシングですいません(汗)

 

個人的には、パンを作ってるときにみんなが待ってる姿が一番面白かったかなぁ。

雅の家事修業してるときの、龍の顔も面白かった^m^

パンを作るのって本当に時間がかかるんですよね。でも手作りのパンって本当にうまい。

たぬきパン、ゆかりちゃんに食べてもらえなくて残念でした~。

 

でも、マフラーは喜んでもらえてよかったですね。

裾とかボロボロだったけど、愛情がこもっていたもんね。

いろいろあったけど、前よりゆかりが雅のことを好きになってくれてよかったです(*´ω`*)

向日葵ちゃんは可哀そうだけど、、。

 

落ち武者に扮した江口会長が刀を抜いたら手品になっちゃったところも最高でしたね。

ナイスアシスト、向日葵ちゃん。

 

そんな向日葵を優しく諭して、見守る龍もいいんだよなぁ。

雅には厳しいけど、女子には優しい龍。

まさかテレビに出るような人気ラッパーになっちゃうとは思わず、最後まで面白かったです。

 

次回は、龍が初バイト!?

また大変なことになりそうですね~(;^ω^)

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話