『私の家政夫ナギサさん』最終回ネタバレと感想|家政夫から“夫”へ!幸せいっぱいのエンディング♪

にこ

今回は、2020年9月1日放送『私の家政夫ナギサさん』第9話(最終回)のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ナギサさん(大森南朋)が本社に転勤になることを知り、焦ったメイ(多部未華子)は逆プロポーズ!

 

4日間のトライアル結婚生活を始めます。

 

いよいよ最終回、メイとナギサさんが選んだ結末は…?

それではさっそく、9話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『私の家政夫ナギサさん』9話のネタバレあらすじ

ナギサさん(大森南朋)が本社に異動することを知ったメイ(多部未華子)は、激しく動揺。

私たち、結婚しませんか?』といきなりのプロポーズ。

 

メイは自分にはナギサさんが必要なんだと必死に訴えるが、ナギサさんはなかなか本気で取り合ってくれない。

 

それでもなんとかナギサさんを繋ぎ止めたいメイは、お試し結婚生活を提案。

困惑するナギサさんをなんとか説き伏せ、メイは4日間のトライアル結婚生活を開始した。

 

トライアル初日

そしてトライアル生活初日。

メイはナギサさんが来る前に片付けを始めた。

その途中でおツマミを作ろうか迷うメイ。

でも最初から頑張りすぎてもダメだとやめておく。

 

メイは最低限のメイクくらいはしておこうと、口紅を塗り直した。

するとなんだか緊張して、プチプチを潰し始めるメイ。

 

ナギサさんが来るのなんていつものことなのに、何ドキドキしてるんだろう?

 …嘘!?今、私 恋をしている?”

 

その時インターフォンが鳴り、ナギサさんがやってきた。

メイは買っておいた新しいスリッパを出し、ナギサさんをお出迎え。

緊張のあまり、お風呂場や洗面所について説明を始めるメイ。

でもメイの部屋のことなら、ナギサさんの方がずっと詳しい。

 

メイは苦笑いしてリビングへ。

今日は夕食は済ませていたので、ナギサさんが作ってきてくれたイチゴパイを食べながらお茶を飲むことに…。

 

2人は口についた生クリームを指摘し合い、甘い空気を楽しむ(メイ限定)。

そんな中、メイはナギサさんが旦那になったらどんなふうになるか妄想する。

 

朝、ベッドで寝ているメイ。やってくるナギサさん。

 

『おはよう。時間だよ、メイ』

 

呼び捨て!?〉ドキッ

 

 

遅く帰った時は…

 

壁に寄りかかり、腕を組むナギサさん。

 

『遅くなるときは連絡しろって言ってるだろ』

 

『ごめんなさい』

 

『仕事頑張ったんだな』頭ポンポン

 

ツンデレ!?

 

メイはフォークを加え、すっかり妄想のトリコだ。

ナギサさんに呼ばれて我に返ったメイは、明日から“ちょっと亭主関白なナギサさん”をリクエストしてみる。

 

ナギサさんはそれを承知すると、結婚するにあたり、働き方やお金の管理、役割分担などについて話したいという。

その中には、子どもを望むかどうかというものもあり、メイはドキッとする。

 

焦ったメイは『お風呂に入ってきます!』と逃走。

今までちゃんと考えたことはなかったが、結婚するということは家族になるということなのだ。

 

その後、ナギサさんの寝る場所を考えていなかったメイは慌てる。

結局、勉強がしたいのでメイはリビングのソファで、ナギサさんはベッドで寝ることに。

 

ナギサさんが寝室に行った後、メイはナギサさんと自分の子どもが産まれたらどんな顔か検索し、衝撃を受ける。

 

するとナギサさんがすりガラス越しに、シュッシュッとシャドーボクシングのような怪しい動きを始めた。

メイはそっと近づき、聞き耳を立てるが、初日で知るにはまだ早いか…と諦める。

でもそれは、ナギサさんがおじさんのための消臭スプレーをかけている音だった。

 

その後、ナギサさんはベッドの上で、さだまさしの『関白宣言』を見ながら、亭主関白について勉強…。

ナギサさんがそっとリビングを覗くと、メイはソファで眠っていた。

ナギサさんはにっこり笑ってメイにフリースケットをかけた。

 

ジャギから出禁を言い渡される瀬川

そしてトライアル2日目の朝。

いつものようにメイが起きると、ナギサさんがキッチンに!

朝ご飯はずっとゼリー派のメイには、久しぶりのちゃんとした朝食だ。

お弁当ももらい、メイは笑顔で出勤。

 

メイはまるで新婚さんのように、ベランダにいるナギサさんと手を振り合った。

 

一方、天保山製薬では新病院の建設が始まり、みな根回しに必死になっていた。

そんな中、メイは、しろくまメディカルの駒木坂(飯尾和樹)から新病院の薬剤部長についての情報を入手する。

 

それは天明大学のラオウと呼ばれている薬剤部長で、ジャギこと阪本先生(高木渉)とは、いつも採用する薬のことで揉めるような犬猿の仲らしい…。

 

ところが、メイが会社に戻ると、阪本先生に挨拶に行ったはずの瀬川遥人(眞栄田郷敦)堀江耕介(岡部大)が『出禁になった…』と落ち込んでいた。

なんと堀江がちょっと席を外している間に、瀬川が阪本先生を怒らせてしまったらしい。

 

天保山製薬の薬剤で副作用を起こした患者さんがいて、瀬川が元の薬剤に戻すことを提案したところ、

『誰に頼まれた』とジャギに訊かれ、『ラオウ』と答えてしまったのだ。

 

ジャギとラオウが仲が悪いことを知らなかった瀬川は、初めて“出禁”を言い渡され、激しく落ち込む…。

 

メイはそんな瀬川を『いつまでもクヨクヨしない』と叱咤するが、実はメイにも出禁になった過去があった。

『でも、そのおかげでいろんな治療法を勉強するきっかけになったから、先生には感謝だよね』

瀬川は、先生に酷いことを言われたというのに、感謝するメイに驚く…。

 

田所と会うメイ

その夜、メイは田所に会い、ナギサさんにプロポーズしたことを伝えた。

でも自分からプロポーズしたものの、今まで家政夫だった人が夫になるとどうなるのか、いまいちメイにはわからない。

 

すると田所は『自分と一緒になれば、一生懸命仕事をして、苦手な家事は専門家に任せればいいんだから楽ですよ』という。

それを聞き、ちょっとグラッとするメイ。

 

『やっぱり僕たちはライバルでいましょう。

新病院もナギサさんも、うかうかしてると僕が取っちゃいますよ』

田所は謎の言葉を残し、去っていった。

 

考えが変わっていくメイ

その後、メイが帰宅するとナギサさんがいない…。

すると奥からナギサさんが『遅かったじゃないか、こんな時間までどこに行ってたんだ』とカッコつけて現れ、メイはびっくり。

 

ナギサさんは昨日メイがリクエストしたとおり、亭主関白な夫を演じてくれたのだ。

でもメイは『やっぱりナギサさんにはそういうのは似合わない』とバッサリ。

 

遅く帰ったメイはご飯を1人で食べ、その間にナギサさんはお風呂へ。

茶碗を洗うのはナギサさん。

メイは勉強。

前と変わらない生活に、メイはこのままでいいのかな?と思う。

ナギサさんはもう家政夫じゃないのに、ナギサさんにばっかりやってもらうのは、ズルいと思ったのだ。

 

でもメイにできることなど、あるだろうか?

仕事のこと、お金のこと、子供のこと…。メイはこれからのことについて考えてみるが、考えがまとまらない。

 

そのうちメイは、もしかしたらナギサさんは無理やりつき合わされて迷惑なんじゃ…と考え始める。

やっぱり最初から結婚なんて無理だったのだと。

 

メイはソファで眠るナギサさんにフリースケットをかけると、明日ちゃんと話そうと思うのだった。

 

研修後の配属先が決まった瀬川

そしてトライアル3日目。

メイが起きると、ナギサさんは本社に呼ばれたと言って出かけてしまう。

なんだかよそよそしいナギサさんに、メイは違和感を感じる。

 

初日はあんなにベランダから手を振ってくれたのに…。

メイは初日との落差を感じ、結婚生活なんてこんなものかと思う。

 

一方、天保山製薬では、なかなか阪本先生が謝罪に応じてくれず、瀬川が責任を感じていた。

そんな中、瀬川の研修後の配属先が決定。

それは以前、横浜支店にいた松平(平山祐介)が支店長を務める福岡支店だった。

 

でも瀬川は、出禁を解決しないとここを去れないという。

『今まで勉強してきたことの中にヒントがあるはずよ』と、支店長の古藤(富田靖子)は笑顔でそんな瀬川の背中を押した。

 

ラオウに会いに行くメイ

そんな中、メイは天明大学のラオウ・畠中(宇梶剛士)に会いに行った。

本来なら薬剤部から阪本先生に話をしてもらえたらいいのだが、どうやらそれは無理らしい…。

 

阪本先生は畠中のお姉さんの旦那で、畠中にとっては義理の兄。

ところがどっこい、これが名前を出すたびに『シャア!』となるくらいの犬猿の仲なのである。

 

一方、瀬川は肥後先生(宮尾俊太郎)に、なぜ医師は薬剤部と仲が悪いのか聞きにいっていた。

 

肥後先生曰く、医師は患者に最も効果的な薬を処方しようとするが、薬剤師は患者さんの状況に応じて飲みやすい薬を用意する。

薬剤部長ともなると、コストを考えながら新薬の導入を検討する。

つまり、1つの薬に対するアプローチが違うので、処方を巡って対立することがあるのだ。

 

でもどちらも、患者さんのことを考えているのは同じだ。

そこで肥後は瀬川に、MRとしてできることを考えてほしいと提案した。

 

家を出て行ってしまうナギサさん

その夜、メイが家に帰ると『やっぱり結婚のことはなかったことにさせてください』というナギサさんの書き置きが…。

ナギサさんに愛想を尽かされたのかと思ったメイは慌てて連絡。でも電話は繋がらない。

 

キッチンの鍋がまだ温かいことに気付いたメイは、マンションの外へ。

付近を探すが、ナギサさんはいない。

そこに田所が現れた。

 

メイがナギサさんとトライアル結婚生活をしていたことを聞いた田所は驚く。

メイはナギサさんに3日で出ていかれた原因は、ちゃんと向き合って話し合うことを避けていたからだと思った。

 

『私、嫌われました…』

落ち込むメイに、田所は『落ち込むのはまだ早いです。ちゃんと話して、相手の口から聞かないとわからないでしょ?』と励ます。

『相原さんがいつも仕事でやっていることです』

 

メイはナギサさんにLINEを送るが、既読にもならなかった。

 

阪本に想いを伝える瀬川

翌日、メイが薫(高橋メアリージュン)に話を聞いてもらっていると、瀬川が飛び込んできた。

なんと阪本先生が5分だけ会ってくれることになったのだ!

 

瀬川はアポを取るために、1日5通もメールをしたという。

もうすぐここを去るのに、チームに迷惑はかけられないと思ったのだ。

メイは『成長したね』と瀬川を褒める。

 

しかし、阪本先生は『せっかく天保山製薬の薬を使ったのに、薬剤部長に言われたから薬を元に戻せなんて!』と大激怒!

 

メイは謝罪すると帰ろうとした。

でも瀬川は『やっぱり薬剤は元に戻してほしい』と阪本に頼む。

 

なぜなら、瀬川のおばあちゃんは少しくらい違和感があっても、偉い先生が出してくれた薬だからと我慢して飲んでいる。

でも薬剤師さんになら相談できる。

それは先生のことを信頼し、お世話になっていると思っているから…。

 

先生も薬剤師も薬剤部長も、立場や役割が違うだけで、患者さんを思う気持ちは同じである。

なのにその思いがすれ違っていたら、患者さんのためにならない。

だからやっぱりコミュニケーションは大事だと、瀬川は訴えた。

 

すると阪本先生は『そのとおりですよ』と認めてくれた。

そして、薬剤部長に“何か意見があれば、聞く耳くらいは持ってあげてもいい“と伝えてくれという。

 

『肥後先生に言われなければ、君たちに会おうと思わなかったよ』

阪本はそう言い残し、去っていった。

 

自分の思いが伝わった瀬川はガッツポーズ。

それを見て、メイは涙ぐむ。

 

ナギサさんに会いに行く田所

一方その頃、田所はナギサさんが働いている家事代行サービス会社に。

自分も家政婦を雇うことにしたのだ。

 

そこにナギサさんが帰ってきて、2人は外で話をすることに。

田所は、ナギサさんが出ていったのは自分のせいだとメイが落ち込んでいることを話した。

 

結婚はやめるんですか?…おじさんだから?

『まぁ、若い頃のようには決められません』

それくらいの気持ちだったんですか?じゃあ彼女にも理由を告げて、あなたもキッパリ諦めてください

 

田所は悔しいけれども、メイに必要なのは自分ではなくナギサさんなのだと訴えた。

それに、ナギサさんがメイのことを幸せにしてくれないと、田所もメイのことを諦められないのだ。

 

結婚とは・・・

そんなある日、母・美登里(草刈民代)がメイを訪ねてやってきた。

 

メイは美登里に、結婚した時大変じゃなかったか尋ねた。

すると美登里は『結婚なんて暗闇の中を進むようなものよ』と答える。

夫婦といったって、しょせん他人同士なんだし、考え方も価値観も違う。

一緒に暮らすのなら、お互いに先を照らして歩み寄るしかないという美登里。

 

美登里もそうやって何度も何度も父・茂(光石研)と話し合いながら、今の関係を築いてきたのだ。

 

『もともと決まった形なんかないんだから。お互いに自分たちの形を見つけていくしかないんじゃないの?』

メイは、美登里の口からまともな意見を聞き、ビックリする。

 

そんな中、美登里が見慣れぬ紙袋を発見。

その中にはナギサさんが選んでくれたお揃いの食器が入っていた。

それを見て、メイはナギサさんがちゃんと自分との生活を考えてくれていたことを知る。

 

ナギサさんが出て行った理由

メイは急いでマンションを飛び出すと、ナギサさんの家へ。

でも、いない。

その後、ナギサさんがメイのマンションの前にいることを知ったメイは急いで家に戻る。

そしていつもの陸橋の上で、2人は出会う。

 

メイがなぜ出ていってしまったのか理由を尋ねると、ナギサさんは昨日受けた人間ドッグで、心電図が再検査になり、不安になったという。

 

ナギサさんの父は、心房細動で最終的に脳梗塞を起こし、亡くなっていた。

それにナギサさんとメイでは20歳以上も年の差がある。

ナギサさんは、もしかしたら自分の介護や世話でメイの未来を潰してしまうかもしれないと思い、恐ろしくなって逃げたのだ…。

 

でもメイは言う。

その都度その都度、困ったときにどうすればいいか話し合っていけばいいと。

 

『おじさんなのに家政夫をやっているナギサさんが、年齢がどうとか、そんな型にハマったことを言わないでください!

結婚しても私は私です。

私にとって一片も悔いのない人生は、これからナギサさんと歩いていく人生です!

だからもうナギサさんを手放したくないんです!!』

 

『…あなたはそうやって、いつも私の肩の荷を下ろしてしまいますね。

お母さんになりたいという夢も叶えてくれたし、何よりメイさんのお世話をすることができて本当に幸せでした』

ナギサさんは改まると、話を続けた。

 

『…私の気持ちをきちんとお伝えしていなかったですね。

私もあなたを手放したくないんです。

それはつまり、恥ずかしながら好きだってことだと思います…。

私はメイさんが好きです…!』

 

ナギサさんの告白を聞き、メイは『私も好きです!』と告白。

『これからもずっとずっとよろしくお願いします』と手を差し出すナギサさんに、メイは元気よく『はい!』と答えると、携帯を渡して駆けて行く。

 

メイはそこからナギサさんの元に駆け寄ると、ジャンプして抱きついた。

ナギサさんはメイをクルクル回すと、腰の激痛に見舞われた。

 

その後の話

その後、家族みんなに祝われて、ナギサさんとメイは結婚することに。

そんな中、瀬川の送別会が行われた。

その席で泣き出す天馬あかり(若月佑美)

 

薫は相変わらず、婚活中。

メイはなんだか最近、薫のタイプが変わってきたことに気付く。

でも薫は自分のことをちゃんと見てくれる人というのはブレないという。

 

すると隣に座っていた堀江が、薫が落としたイヤリングを渡す。

『よくわかったね〜』という薫に、『だって、いつもしてるから』という堀江。

薫はそんな堀江に一瞬キュンとするのだった。

 

そこになぜかしろくまメディカルの駒木坂課長が参上。古藤支店長と夫婦だったことがわかる。

今まで瀬川がもらっていたお菓子は、全部古藤の手作りだったのだ。

 

一方、田所の家には、料理家の栗原心平さんが家政夫としてやってくる。

もちろん頼んだのは、掃除ではなくお料理!

 

結婚して何が変わったというわけではないが、メイは家に帰るのが楽しみになった。

『今日のご飯はなんだろう〜』

メイは、メロンパンを売るワゴンの前を通り過ぎ家路を急ぐ。

車内からは、一機捜本部から機捜404宛ての無線が流れる。

 

玄関を開けると、いつもエプロン姿のナギサさんが出迎えてくれる。

卵を買って帰るはずが温泉卵を買って帰っても、ナギサさんは『これでなんとかします』と動じない。

この何気ないやり取りが、メイを幸せにしてくれる。

 

“いつもありがとう。私の夫ナギサさん”

 

 

 

次回・新婚おじキュン!特別編2時間SPにつづくのです…!

 

『私の家政夫ナギサさん』9話の感想

なんかメイとナギサさん以外のところはバタバタと終わったな~と思ったら、新婚2時間SPとは!?

ここで天馬さんと瀬川の恋にも決着がつくのかな〜?

最終回では天馬さん、泣いちゃって終わりだったので、福岡と神奈川で遠距離になるかもしれないけど頑張ってほしいなっ。

 

最後はレギュラー陣大集合で、古藤支店長と駒木坂課長が夫婦だということも明かされ、びっくりでしたね!

別ドラマ『MIU』とのコラボあり、ナギサさんの料理監修をしていた栗原心平さんが田所さんの家政夫になったり、細かいネタがてんこ盛りでしたね!

最後まで観てる人を笑顔にしたいという気持ちに溢れた作品だったと思います。

 

中でも、『私の家政夫 ナギサさん』が『私の夫 ナギサさん』に変わるのが秀逸だなぁと。

最初からこうするつもりで、原作と違うタイトルにしたのかと思うとビックリです(@_@)

 

それに草刈民代ママの『結婚は真っ暗闇を進むようなものよ』という名言が効いてましたね〜。

うちなんて、話し合いをしようとする前に喧嘩になるんで、既に話し合いを諦めてるんですが、それではやっぱりいけませんよね〜…(^_^;)

 

ナギサさんの健康状態も若干不安はあるものの、深刻じゃなくてよかったです!

歳をとるとどうしても、自分のほうが先に死んでしまうとか、介護のこととか気にしてしまいますもんね。

メイはそこは『自分が稼いで介護のスペシャリストを頼む』と言っていて、次元が違うなと思いました。

 

でも幸せそうな2人を見ていると、ニヤニヤ。

特にトライアル初日と2日目は、ニヤけが止まりませんでした。

妄想の中のナギサさんが、壁に寄りかかってツンデレ台詞をはくところは、現在放送中の某ドラマを彷彿とさせ、吹き出しそうになりました。

 

でもやっぱりナギサさんはナギサさん。通常のナギサさんが1番ですね。

たまにナギサさんも、ブラックナギサになってメイの扱いが酷いときありますしね。笑

 

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ