『ナイト・ドクター』1話ネタバレと感想│朝を見せてあげたいんだよね。。誰かがやらなければならない仕事…!

にこ

今回は、2021年6月21日放送『ナイト・ドクター』1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

夜間勤務専門の「ナイト・ドクター」を起ち上げることにしたあさひ海浜病院。

 

集まったのは、主人公の朝倉美月(波留)をはじめとする5人の医師たち!

 

しかし先輩医師の成瀬(田中圭)以外は、みな新米ばかり。。

 

はたして過酷な救急の現場についていけるのでしょうか?

それではさっそく、1話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『ナイト・ドクター』1話のネタバレあらすじ

働き方改革を目指すあさひ海浜病院が、夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」を起ち上げるため、医師を募集。

朝倉美月(波留)は新しい就職先にナイト・ドクターを選び、やる気に燃えていた。

 

でも、

『夜働くってことは、昼の仕事をしている俺とは会えなくなるってことだよ?』

と恋人の大輔(戸塚純貴)は不満そうだ。

 

だいたい夜間勤務専門の医者なんて誰もやりたがらない。

そこで院長の八雲(小野武彦)は人数合わせのため、5人を集める!

その中の1人が内科医の深澤新(岸優太)だった。

 

不満でいっぱいの深澤だが、妹の心美(原菜乃華)の病気のことでお世話になっている八雲の頼みではしかたない。。

 

心美に『もしかしてお兄ちゃん、期待されてるのかもよ?』と言われ、

『まさか…』と深澤はニヤけ、『ないない』と打ち消した。

 

そのとき『キャー!』という声が聞こえ、2人は人だかりのほうに急いだ。

すると歩道橋から落ちたのか、ホームレスの男性が仰向けに倒れていた。

 

思わず尻込みする深澤だが、心美に頼まれ、脈をとり呼びかける。

そこに『患者を殺す気!?どいて!』とすごい剣幕で美月がやってきた。

 

素早く処置をほどこす美月に、言われるがままの深澤。

 

しかし男性から『なんで助けたんだよ。。死ねるところだったのに』と言われ、2人は言葉を失う…。

 

救急車が到着すると、美月は隊員たちにこの辺りで夜間受け入れをしている病院の名前をすべて伝える。

 

『かっこいい~。お兄ちゃんとは全然違う』

心美が感心していると、美月が近づいてきて深澤に告げた。

 

『あんな処置もできないなら、医者なんて名乗らないでくれる?

・・・迷惑だから』

 

その顔はなんだか辛そうで。。

美月は救急車のほうを見やると、ギュッとこぶしを握りしめた。

 

5人の仲間たち

初出勤日。

深澤がスタッフルームに向かうと、

『あ~、来た来た』と同い年の桜庭瞬(北村匠海)が人懐っこく出迎えてくれた。

 

あとの2人は鏡ばかり見ている高岡幸保(岡崎紗絵)と、上級医の成瀬暁人(田中圭)

成瀬以外はみな、研修医上がりのまだ経験の浅いドクターだった。

 

そこに美月がやってきて、深澤は驚く。

しかしそんな深澤を美月はスルーし、成瀬のもとへ。

成瀬は、美月の先輩だったのだ。

 

5人の指導医は、本郷亨(沢村一樹)

ニューヨークで夜間勤務専門医をしていた本郷は

『俺は手取り足取り教えるつもりはない。ついてこられるものだけついてこい』

と告げる。

 

そのとき、やっと美月が『あのときの』と深澤に気づき、『今さら?』と深澤はプチショック。

 

『私の足だけは引っ張らないでよ』

『うっせえよ』

 

そこにホットラインが鳴る。

工事現場で崩落事故があり、3人の重症者が出たのだ!

 

何もできない深澤

いきなり重症患者ばかりがやってきて、救急の経験のない深澤は立ち尽くす。

桜庭はやる気だけはあるのだが、医療用語がわからず役に立たない。。

 

そんな中、崩落現場で新たな重症者が発見されたと連絡が!

『使えない医者ばかりで無理だ』と成瀬は断ろうとする。

 

しかしすでに7件もの病院に受け入れを拒否されているとなると、他に受け入れてくれる病院はない。

『このままじゃ手遅れになる』

という美月の訴えを聞き、しぶしぶ成瀬は患者を受け入れた。

 

運ばれてきた20代の男性・重野は足に感覚がなかった。

 

『先生、明日、彼女にプロポーズするつもりなんですけど行けますか?』

血だらけの顔で重野は美月に尋ねる。

 

だが重野の足はクラッシュ症候群を起こし、右足を切断しなければ危険な状態だった。

 

何もできず突っ立っている深澤に、本郷は『患者の家族に連絡しろ。息子さんの命が危ないとな』と言い放つ。

 

一方、重野の足を見て気分が悪くなった桜庭はトイレにかけこみ、胸をおさえていた。

 

『こんなんじゃだめだろ。なんのために。。。』

桜庭は救命医になりたくて、ここにやってきたのだ。

 

持っていた薬を飲むと、桜庭は険しい顔で鏡に映った自分をにらみつけた。

 

諦めない美月

救命センターに戻った桜庭は、重野の足を見ないようにして、切断する美月のサポートにあたった。

 

切断も完了し、ホッとしたのもつかの間、心電図のアラーム音が鳴り響く。

 

『しっかりして!彼女にプロポーズするんでしょ!?』

美月は懸命に心臓マッサージを続けた。

 

本郷に止められても、

『じゃあ、なんのために右足を切断したんですか?なんのために受け入れたんですか?』

と諦めない美月。

 

そのとき重野の心拍が戻り、美月は喜ぶ。

しかしこんなに蘇生に時間がかかったら、脳死状態かもしれない。

本郷に指摘され、ハッとして美月は重野の顔を見つめた。。

 

何が正しいのか…

深夜なこともあり、重野の家族とは連絡がつかず、美月は留守電にメッセージを吹き込んだ。

 

朝になってようやく、重野の地元の友達と連絡がとれた。

 

重野は半年前に勤めていた会社が倒産。

少しでも早く結婚したいからと昼間は就活、夜は警備員のバイト。

そしてようやく就職先が決まったところだった。

 

『その結果がこれかよ。あんまりだろ…』

深澤が嘆くと、

『その結果? どの結果?』

と美月は思わず声を荒げる。

 

『生きようとしている人の前でそんなこと言わないで』

 

しかしそんな美月も、先輩の成瀬から

『おまえは生かしたかっただけだろ?この患者が目を覚まして自分の状況を知ったら、どう思う?』

と言われてしまう。

 

『朝が来た。交代だ』

 

こうして深澤の初めての夜間勤務は、何もできず、ただ苦い記憶だけを残して終わった。

 

つかの間の休息

その後、幸保は仕事の疲れも見せずにそのまま彼氏とデート。

彼氏も夜の仕事なので、ちょうどいいらしい。

 

深澤が疲れ切って病院の寮に戻ると、心美はちょうど高校に行くところだった。

実はここには成瀬と美月も住んでいて、まさかのお隣さんでしたwww

 

美月は引っ越しの片づけを手伝ってほしいと深澤と成瀬に頼むが、2人は無言で立ち去る。

『ケチッ!!!』

 

しかたなく美月は1人で片づけを始めるが、ぐっちゃぐちゃ。

ソファでぐったりしていると、「今週の土曜日に奇跡的にデートできたりしない?」と大輔からメッセージが届いた。

シフトを見ると、美月はちょうどオフだった。

 

どんなに頑張っても

その夜、出勤すると重野さんは亡くなっていた。

 

『ちゃんと全身管理してくれたんですか?』

美月は昼チームの長である救命センター長に突っかかった。

 

おまけに美月は重野の足を切断しただけじゃなく、蘇生するために肋骨を10本も折っていた。。

 

そのとき、重野の彼女がやってきて

『どうして助けてくださらなかったんですか!?』

と美月を責める。

泣き崩れる彼女に、美月はただ謝罪するしかなかった。

 

どんなに頑張っても、重野を助けることはできなかったのだから。。

 

無力

そこに身元不明の患者が運ばれてきた。

名前はミスターA。生年月日は明治11年11月11日。

IDカードをつくるため、臨時に登録しておくのだ。

 

そのとき、心電図のアラームが鳴り、本郷は除細動を与えるよう深澤に指示を出した。

 

『え?俺がですか?』

戸惑いつつもAEDを手にする深澤。

しかし『どうして助けてくださらなかったんですか?』という重野の彼女の泣き叫ぶ声が脳裏をよぎり、動けない。

 

見かねた美月が除細動をかけ、心臓マッサージをするが、ミスターAはそのまま息を引き取り。。

深澤はそれをぼう然と見つめていることしかできなかった。

 

俺には無理

深澤はショックだった。

あんなふうに誰かもわからず、誰にも看取られず死んでいく患者を診るなんて。。

そんな仕事、俺には無理だ。

 

それを聞き、美月は言った。

『深澤さん、あなたここに来て何かした? 本気で誰かを救おうとした?

何もしないで屁理屈ばっか言ってるあんたみたいな医者、大嫌い』

 

美月が去っていくと、

『やる気ないなら辞めたら?』

『そんなんじゃいつか患者を殺すぞ』

と幸保と成瀬にも言われ。。

 

深澤は本当に『辞めたい』と院長の八雲に言いにいく。

 

内科から移ったばかりでそう思うのも当然、そのうち成長できるよと慰める八雲だが、

成長した先に何があるのか、深澤にはわからなかった。

 

目の前でバンバン人が死んでいくのに、みんな平気な顔で仕事をしている。

深澤にはついていけない。

他に楽な仕事はいっぱいあるのに、わざわざあんな辛い仕事を選ぶなんて意味がわからない。

 

深澤は今夜限りで内科に戻してほしいと言い、その場を去った。

 

脱落者

それを聞いていた本郷は『いいんじゃないですか?』と八雲に言う。

 

でも深澤はああ見えて、持病のある妹を看病しながら医大を卒業した心根の優しい子だ。根性もある。

きっといい救急医になると八雲は思っていた。

 

しかし、本郷が育てようとしているのは、一流の医者だ。

こんなことで弱音を吐くようなやつは必要ない。

 

本郷は救命のスタッフルームに行くと、

『早くも脱落者が出た』

とみんなに告げた。

 

『内科に戻れば、定時で帰れるし、血まみれの患者がくることもない。

最高の仕事だな』

 

まるで深澤へのあてつけのような言葉がグサリと心につき刺さる。。

 

『おまえ、それでいいのか?』

桜庭に訊かれ、

『ああ…』

と深澤は複雑な面持ちで答えた。。

 

今日だけは

その頃、美月は大輔と横浜中華街でデート中。

でもそんな時でも美月の頭の中は仕事のことばかり。

今日が2人がつき合った記念日だということも忘れていた。。

 

反省した美月は『今日は仕事の話はしない!』と誓う。

2人は近所で行われる花火大会に行くことにした。

 

花火大会には、心美も来ていた。

深澤には内緒だが、心美には彼氏・勇馬(宮世琉弥)がいるのだ。

恋人つなぎをして幸せに浸る2人。

 

そのとき、急に具合が悪くなった心美は『勇馬はここにいて。すぐに戻るから』と薬を飲みにいく。

 

ところがこんなときに限って、薬ケースは空!

心美はお腹をおさえ、苦しそうにその場にひざをついた。

 

プロポーズ

その頃、花火を見ながら大輔は美月にプロポーズしようとしていた。

しかし遠くに火の手が上がっているのに気づき、美月は現場へ行こうとする。

 

『待って。“今日だけは”って言ったよね?』

 

美月の手をつかまえ、引き止めようとする大輔。

でもその時、爆発音と悲鳴が聞こえ、美月は大輔の手を離し、走り出す。

 

『ごめん…!』

 

爆発事故

その頃、救命センターには応援要請が入っていた。

花火大会で屋台のガスボンベが爆発し、多数の負傷者が出たのだ。

 

ナイト・ドクターたちが現場に向かうことになり、

応援が来るまで深澤は1人で救命センターに残ることに!!!\(◎o◎)/

 

心美はスマホで誰かに連絡しようとするが、そのまま意識を失ってしまう!

 

本郷たちが現場に着くと、現場は負傷者であふれ、混乱に陥っていた。

でも美月が先にトリアージして患者の優先度を色分けしてくれていたおかげで、スムーズに処置を行うことができた。

 

そんな中、ひとりぼっちで留守番中の深澤に『腹痛を訴える女性がいて、受け入れ可能ですか?』と救急要請が入る。

それは心美だった!!!

 

だがそうとは知らず、自分が対応しても何もできずに死なせてしまうかもしれないと思った深澤は、受け入れを拒否してしまう!

 

受け入れを拒否

一方、爆発事故に巻き込まれた負傷者の中には勇馬もいて、

『心美は?』と彼女のことを心配する。

 

そのとき、『受け入れを拒否され、立ち往生している救急車がいる』と消防隊員が走ってきた。

 

血管に基礎疾患があり、強い腹痛でショックを起こしていると聞き、

いてもたってもいられなくなった美月は『私に行かせてください!』と本郷に頼む。

 

急性腹症を起こして1時間以上たっているなら、このままでは手遅れになってしまう!

何もしないで見捨てることだけはしたくない!

 

本郷から許可をもらった美月は心美が待つ救急車に急いだ。

 

突然現れた謎の女に驚く隊員たち。

『彼女のことは私が受け入れます』

美月は心美のお腹を触り、救急車をあさひ海浜病院に向かわせた!

 

病院に運ばれた心美

その頃、あさひ海浜病院には本郷が頼んだ応援の医師2名(ミキの昴生と亜生)が来ていた!

 

さっき受け入れを断ったはずの腹痛の急患が来ると聞き、驚く深澤。

担架で運ばれてきた女性はなんと心美だった!

深澤は実の妹を受け入れ拒否してしまったのだ。

 

心美が手術を受けている間、深澤は震えて待つことしかできなかった。

 

『心美は!心美はどうなったんですか?』

『自分の目で確かめてこい』

本郷に言われ、手術室に様子を見に行く深澤。

何もできない自分が情けなくて悔しくて、涙が出る。

 

その後、ICUに移された心美は無事に意識を取り戻し、

『心美、ごめん・・・』

とそばについて手を握っていた深澤は立ち上がって謝った。

 

助けてくれた美月を見て、

『もう誰も助けてくれないと思った…!怖かった…!』

と泣きながら話す心美に、

『もう大丈夫、大丈夫だからね』

美月は優しく声をかけ、心美の頭をなでるのだった。

 

朝が来る

その後。

屋上で夜の街を見ながら美月と深澤は話した。

 

『あんた、辞めるんだって?情けない』

 

そんな美月に、深澤は夜になると『1人になるのが怖い』と泣いて自分の部屋にくる心美の話をした。

 

“もしみんなが寝ている間に具合が悪くなって、誰にも気づかれずに死んだらどうしよう”

 

深澤は誰よりもそんな心美の気持ちを知っていたのに、受け入れを拒否してしまった。

 

でも美月は言う。

別にあんただけじゃないと。

 

平気で 受け入れを拒否する医者はいる。

平気で たらい回しにされる患者がいる。

 

特に夜は、当直を任されるのは若い医師ばかり。

経験のない彼らが患者を受け入れたところで救えないのも事実。

別に深澤だけが悪いわけじゃない。

 

美月のお母さん

美月の母も実はたらい回しにされた1人だった。

 

その夜、自分の部屋で寝ていると突然、母のうめき声がして美月はリビングに行った。

すると母が頭を抱えて倒れていて、美月はすぐに119番通報した。

 

しばらくして救急車が来たが、いつまで経っても受け入れ先の病院が見つからない。

焦る美月の目の前で、母はどんどん弱っていった。

 

4時間以上たらい回しにされてようやく受け入れ先の病院が決まったが、その時すでに母は意識を失っていた。

そして結局、そのまま亡くなってしまった。

 

病院についたときにはすでに手遅れだったと医者に言われて。。

 

 

だから美月は絶対に受け入れる。

たとえ100人中99人救えなかったとしても。

たった1人救えるんだとしたら諦めない。

 

朝を、

 

見せてあげたいから。。。

 

 

 

そのとき、長い夜を超えて美月と深澤の前に真っ赤な太陽が姿を現した。

 

戦場のようだった救命センターにも、朝日が差し込み、片づけをしていた桜庭と幸保は眩しそうに窓を見上げる。

 

成瀬がブラインドを開け、心美の目の前にも朝日が広がった。

 

 

── 夜に働く、誰もがやりたがらない仕事。

でも、誰かがやらないと消えていく命がある。。

 

そのとき初めて、深澤は知った。

朝日がこんなにも美しく、尊いことを。

 

 

そしてその朝日を見られることは、

決してあたりまえではないということを。。

 

美月と桜庭のつながり

その頃、桜庭は救急隊員から美月が忘れていったバッグを受け取っていた。

 

急に胸をおさえて息苦しそうにしゃがみ込む桜庭。

そのとき落ちた美月のバッグからのぞいたポストカードのようなものを見て、

『どうしてこれを朝倉が…』

と桜庭は驚く。

 

でもそれには触れず、桜庭は美月にバッグを返した。

 

逃げたくない

深澤は『もう少しここで働かせてください』と本郷に頼んだ。

このまま逃げたくないと、そう思ったから。。

 

みんなの後押しもあり、本郷の『好きにしろ』というお許しが。。!

 

『深澤〜!次、逃げ出したら承知しないから!!!』

 

美月に言われ、

『わかったよ…』と深澤は嬉し涙をにじませる。

 

こうして無事なんとか夜を超えた深澤は寮に帰った。

 

すると桜庭もついてきて、なんと一緒の寮に住んでることが判明!

これで幸保以外のナイト・ドクター4人がここに住んでいることがわかり、

『楽しくなりそうだね♪』

と桜庭はつぶやいた。

 

 

──でもこの時の5人はまだ知らなかった。

人と違う時間に働くということで降りかかる、数々の代償があることを。。

 

 

合鍵を使って大輔の家に入った美月は、大輔の浮気現場を目撃してしまうのでした!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

 

~2話につづく~

 

 

『ナイト・ドクター』1話の感想

深澤と美月が屋上で話すシーンがいいですね~!

話し始めた時はまだ夜だったのに、深い話をしているうちに朝を迎える感じが。

 

その朝日は、仕事を終えた成瀬や桜庭、幸保、心美にも降り注いでいて。

眩しくて生命力にあふれていて、美月の『朝日を見せてあげたいんだよね』という言葉を力強く色づけていく。

 

あの瞬間、恋に落ちた。

もう1度頑張ってみよう、逃げずに闘ってみようと思った深澤の気持ちがすごく伝わってきて。

 

それまでのダメダメ感はどこへやら。

深澤くんがめちゃくちゃいい顔してましたよね~!

あの瞬間、朝日に全部溶けていったような。そんな感覚。

 

成瀬の言うように、その後のことを考えず、ただがむしゃらに目の前の命を助けようとする美月は医者としては向いていないのかもしれない。

 

でも目の前で何もできず、弱っていく母の姿を見た美月だから。

病院をたらい回しにされる現状を知っている美月だからこそできることがあって、それがみんなを変えていってくれるような気がしました。

 

しかしみんな何かしら抱えてるんだね~。

特に1話で目立っていたのは桜庭くん。

なんの病気を抱えているんだろう。

そして美月が持っていたポストカード?みたいなのを見て、

『なんでこれを朝倉が?』って。

気になるー!!!

2人はどういうつながりがあるのか、楽しみだなぁ♪

 

そしてもっと暗い話なのかと思ったら案外クスッと笑えるところもあって、見ていて面白かったです。

美月の彼氏を戸塚さんが演じてるのも、雰囲気を明るくしてくれてるのかもなー。

 

そしてまさかの助っ人救命医がミキの昴生さんと亜生さんで笑った。

しかもちょっとしか出てこないのにあの存在感、すごい。

心美が運ばれてくるという深刻なシーンだから笑ったらいけないのに、あそこで2人を出すところがすごいと思いました。

深澤役の岸くんもよく笑わずにいれたなぁと(;´∀`)

主人公は美月だけど、これは深澤の成長物語でもあって、深澤目線で入るモノローグが心地よかったです。

 

初回だからまだまだ様子見だけど、夜を超えて一緒の朝を迎える、おまけに住んでるところも一緒というナイト・ドクターたちのこれからに期待しまっす!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました(*ˊˋ*)

またの~。

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話