『ごくせん2002』特別編・2話あらすじと感想│きみが心を開いてくれるまで

にこ

今回は『ごくせん2002』特別編・2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

山口久美子(仲間由紀恵)はこの春、念願叶って白金学院高校で教師をすることに!

 

でも担任になったクラスは問題児ばかり。

 

教頭の猿渡(生瀬勝久)の3-Dへの風当たりは強いし、沢田慎(松本潤)ら生徒たちとの距離もなかなか縮まらない。

 

そんな中、彼女とつき合いだした南陽一(石垣佑磨)がトラブルに巻き込まれ…!?

それではさっそく、特別編・2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『ごくせん2002』特別編・2話のネタバレあらすじ

ある朝、山口久美子(仲間由紀恵)は期待を込めてバス停に向かった。

この前バスに乗り遅れそうになったところを助けてくれた篠原(沢村一樹)に会えるんじゃないかと思ったからだ。

 

でも篠原はおらず、久美子はがっかり。

すると篠原が自転車に乗って現れた!

篠原はその日の気分によって通勤方法を変えているという。

久美子は『私も今日はジョギングの日なんです』と言い、篠原と一緒に走って学校に向かった。

 

ヘロヘロになりながらもなんとか学校に着いた久美子は、校門前で南陽一(石垣佑磨)が彼女のあゆみと話しているのを見かける。

『恋だね〜』

 

校門をくぐると掲示板の前に人だかりができていた。

久美子が前に行ってみると、猿渡教頭(生瀬勝久)の悪口が書かれたビラがたくさん貼られていた。

それは『教頭上等』の等の字が間違っていて、3-D の生徒の仕業に違いなかった。

おまけに久美子を中傷したビラも貼られており、久美子は憤慨。それを剥がすと教室へ持っていった。

 

教壇に立つと久美子はみんなにビラを見せ、『この、“ヤンクミ”って何?』と尋ねた。

すると熊井輝夫(脇知弘)が『あだ名に決まってんだろ?山口久美子だから略して“ヤンクミ”』と答えた。

 

今まで久美子のあだ名といえば、小学校の時も中学校の時もずっと“組長”だった。

なので久美子は『可愛くて気に入った』と喜ぶ。

こうして生徒たちはみな、久美子のことを“ヤンクミ”と呼ぶようになった。

 

ただ1人、沢田慎(松本潤)を除いて…。

 

バレたらおしまい!

そしてお昼。

久美子がお弁当を食べようとすると、箸がない。

すると学校に舎弟の朝倉てつ(金子賢)が電話をかけてきた!

 

電話を受けた藤山静香(伊東美咲)は、『山口先生を呼んでおくんなせい』ってどこの方言?と首を傾げる。

久美子は慌てて『バカ!学校に電話してくんじゃねえよ』と小声でてつをどやしつけた。

それを静香と川嶋菊乃(中澤裕子)が興味津々、聞き耳を立てている。

 

久美子は電話を切ると、『弟分、いや弟なの!』とごまかした。

でも静香と菊乃は、彼氏だと疑う。

 

『じゃあ合コンなんか興味ないわね』という静香の言葉を聞き、『ありますよ思い切り』と久美子は飛びついた。

なんと静香はいつのまにか篠原の携帯番号をゲットしていて、部下の柏木(坂田聡)も交えて会う約束をしていたのだ。

犯人は誰だ!

すると『大変だ!』と鷲尾先生(斉藤暁)が血相を変えて飛び込んできた。

久美子たちが外に出てみると、猿渡教頭の車に『退学上等!』など落書きがいっぱいしてあった。

 

怒った猿渡教頭は『誰だ!私の車にあんないたずらをしたのは!』と3-Dに怒鳴り込んできた。

久美子が『証拠はあるんですか?』と言うと、猿渡は床に垂れたペンキを指差した。

 

しかし生徒たちは『知らねえって言ってんだろ!知ってても仲間をチクったりしねーよ』と叫ぶ。

それを聞き、久美子は『お前ら、義理と人情わかってんだな。いいとこあんじゃん』と褒めた。

 

痺れを切らした猿渡は、犯人がわかるまで誰も帰さない!と言い、久美子に生徒たちの監視を命じた。

でも放課後になっても誰も口を割らず、久美子は大したもんだと感心する。

 

そんな中、南は『あゆみちゃんに会ってくるから』とウキウキと帰ろうとした。

久美子が引き止めようとすると、内山晴彦(小栗旬)たちに『デートくらいさせてやれよ』と阻まれる。

南はいつもナンパばっかりしてるが、今回は本気らしい。

 

久美子は、内山たちの仲間を想う気持ちに免じ、全員帰すことにした。

みんなで猿渡の車を綺麗にするのを条件に!

でも誰も来ず、久美子は1人で車を綺麗にする羽目になった。

ピンチと恋

久美子は、露店でたこ焼き屋を出しているてつとミノル(内山信二)のところに行き、今日あったことを話した。

するとそこに、南が彼女を連れてやってきた!

慌てて久美子は陰に隠れる。

 

南は気づかずタコ焼きをひとつ頼むと、煙草を吸おうとした。

それに気づき、久美子はタバコを取り上げるよう、てつに指示した。

てつが睨みをきかせ南からタバコを取り上げると、南たちはたこ焼きを手に、逃げるように去っていった。

 

1つのたこ焼きを2人で食べる、か〜。恋だね。たこ焼き好きかな、篠原さん

久美子は篠原の顔を思い浮かべにんまりする。

篠原さん?

いや、なんでもない。私、合コンだから合コン

いそいそと去っていく久美子を見て、てつは胸が苦しくなるのだった。

合コン

その夜。

てつがこっそり偵察する中、合コンが行われた。

うっかり飲み物を零した久美子に、篠原は『大丈夫ですか?』と声をかけ、テーブルを拭いてくれる。

 

「あの野郎〜馴れ馴れしくしやがって〜」

てつは、いてもたってもいられない。

 

すると今度は酔った柏木が、久美子がタイプだと迫ってきた。

てつはたまらず飛び出すと、柏木の胸ぐらを掴んだ。

でも久美子がすかさず眼鏡越しにキラーンと睨みをきかせ、てつは慌てて退散。

久美子はその場をなんとか誤魔化した。

ケンカ

その時、外で『喧嘩だ!』と叫ぶ声がして、久美子たちは慌てて外に出た。

すると数人の男たちが1人をボコボコにしていた。

 

篠原と柏木が『警察だ!お前ら何やってるんだ!』と声をかけると、男たちは慌てて逃げていった。

それを追いかける篠原と柏木。

 

見ると、倒れているのは南ではないか!

久美子たちは慌てて篠原たちが戻ってくる前に、南を逃した。

 

結局、誰一人捕まえることができず、篠原たちは戻ってきた。

さっき殴られていたのは白金学院の生徒じゃありませんでした?』と尋ねられ、久美子は、全然見たことない人だったとしらを切る。

沢田が犯人!?

翌日、学校に篠原と柏木がやってきた。

夜の繁華街で集団暴行事件が発生したので、犯人逮捕に協力してほしいという。

 

それを聞いた猿渡は、沢田が他の生徒に指示してやらせたのではないかと言い出した。

沢田は、前にいた学校で担任教師を殴って退学になっている。

白金学院に転校してきてから問題は起こしていないが、猿渡は沢田が影のリーダーだと思っていた。

 

それを聞き、久美子は黙っていられない。

証拠もないのに疑うんですか?もし沢田が無関係だったらどう落とし前つけるんですか?それじゃ、渡世の仁義もあったもんじゃないでしょう?

 

『…とせいの じんぎ?』

『あ!私、昨日高倉健さんのビデオ見たんですよ。私すごく影響されやすくて…』

久美子が笑ってごまかすと、篠原は『とにかく何かありましたら連絡ください』と帰っていった。

 

「なんで篠原さんの前であんなことを…」

久美子は篠原にたんかを切る姿を見られ、もうダメだと落ち込む。

でもまぁこれで綺麗さっぱり諦めもつくってもんだ。

なんて言ったって、篠原は警察。久美子はその敵、任侠集団・大江戸一家3代目の孫娘なのだから。

 

沢田と南

その頃、沢田と南は外で喧嘩になっていた。

沢田が南に『あの女はやめとけ』と言い、怒った南が沢田を殴ったのだ。

 

それを見つかり、沢田は進路指導室で反省文を書かされることになった。

なぜなら、南の顔は痣だらけ。

猿渡は、沢田が一方的に南を殴ったと思ったのだ。

でもそれは昨日、南が他校の生徒に殴られた跡だった。

けどそのことを、久美子は猿渡に言えなかった。

 

教室に戻ると、沢田が反省文を書かず帰ろうとしていた。

久美子は沢田を引き止めると、みんなに『あんた達も仲間が退学になったら嫌でしょう?』と言った。

でもみんな何も言わず、黙っている。

 

仲間仲間って簡単に言うんじゃねぇよ!お友達同士仲良くしましょうってか?笑わせんなよ

沢田は久美子を睨みつけると去っていった。

 

『ほっときゃいいんだよ。どうせあいつ退学になったって、頭いいから他の学校に行けるだろ』

南が言うのを聞き、生徒たちは何ごともなかったかのようにまた騒ぎ出した。

仲間ってのはさ

久美子が家に帰ると、てつが頭に怪我をし包帯を巻いていた。

ミノルが庭で仕込み中に瓦が落ちてきて、てつが庇ったらしい。

そんなてつに代わり、若頭代理の若松(阿南健治)が今夜のシノギに行くという。

 

それを聞き、久美子は『これが仲間ってもんだよな』と呟いた。

いつも厳しいことを言ってても、いざっていう時は勝手に体が動く。

 

『最近の奴らはそんな当たり前のこともできなくなっちまったからなぁ。任侠の世界が廃れるのも無理ねぇや』

隣にいた祖父・黒田龍一郎(宇津井健)が言う。

俺たちの渡世で大事なのは、人様のためにどれだけ自分を投げ出せるかだからよ

沢田が退学になった理由

翌朝、久美子は、熊井が沢田を進路指導室に連れていくのを見かける。

久美子が熊井に声をかけると、熊井は沢田が退学にならないか心配していた。

 

沢田は理由もなく喧嘩をするような奴じゃない。

沢田が前の学校を退学になったのも、友達のため。

学校で煙草を吸ったと疑われた友達が、先生にボコボコにされて。

でもそれは勘違いだった。

だけど先生は謝らず、沢田は怒って先生を殴りつけた。

 

『だから、慎は仲間なんて馬鹿馬鹿しいって言ってるけど、1番仲間のこと考えてると思う』

そう言って去っていく熊井の背中に、

『クマ!おまえもいいやつだね!』

久美子は笑顔で最大級の賛辞を送った。

 

久美子は進路指導室に行くと、『心配している熊井のために反省文を書いてやれよ』と沢田に言い残し去っていった。

呼び出される南

一方、校門では、南がまた他校の生徒に絡まれていた。

実はあゆみは、南のほかに新高の渡辺ともつき合っていて、その怒りを買ってしまったのだ。

新高の渡辺といえば、相当な悪だ。

渡辺は南に、川沿いの資材置き場に来るよう言い渡すと去っていった。

 

久美子が教室に行くと、南はもう出ていった後だった。

久美子は『お前らいつも南とつるんでるのに、なんで止めないんだよ。それでも仲間かよ!』と内山たちを責めた。

 

新高の渡辺がどんなにヤバいかは関係ない。

勝つとか負けるとかの問題じゃない。

どんなにボコボコにされたっていいじゃないか?

 

『人は1人じゃ何もできない。だからつるんでるんだよ。それならどんなことがあったって最後までつるんでろよ。仲間を見捨てたりすんなよ。

お前らどうしようもない奴らだけど、根性だけは真っ直ぐだって思ってたのに、私悔しいよ。情けなくてたまんないよ』

 

久美子はそう言うと、教室を出ていった。

ただ、仲間だから

久美子は南を探すが、なかなか見つからない。

すると南のカバンが落ちているのを発見!

柵の向こうで、南が10人くらいの新高生に殴られていた。

 

とその時、久美子の目に沢田の姿が飛び込んでくる。

沢田は南から『お前の言ってた意味がよくわかった。悪かったな』と電話をもらい、助けにきたのだ。

 

無抵抗に殴られる沢田と南を見て、久美子の心に火がついた。

久美子は鍵のついた柵を物ともせず中に入ると、近くにあったドラム缶を持ち上げ、中の液体を不良たちにぶちまけた。

『誰だてめぇ!』

ずぶ濡れになった新高の渡辺が叫ぶ。

 

私?私はそいつらの担任の先生だよ

久美子は静かに燃える瞳で渡辺を睨みつけると、かかってくる不良たちを1人またひとりなぎ倒し、渡辺に近づいていく。

 

渡辺はジリジリと後退りすると、仲間たちと一斉に逃げ出した。

 

すると遅れて、内山と熊井、野田(成宮寛貴)の3人がモップやらなんやらを持ってヨタヨタと走ってきた。

久美子はそれを見てとても嬉しそうだ。

 

でも謹慎中にこんなことをして、沢田は大丈夫なのか?退学になってしまうんじゃないか?

心配する南たちに、久美子は言う。

心配するな。お前らのことは私がなにがなんでも守ってやる。私はお前らの先生だもんな!

 

たくさん書いたね~

翌日、久美子は職員室で猿渡に責められていた。

昨日、沢田が反省文を書かずに帰ったこと。そして久美子が授業放棄して出ていったことを。

 

久美子は沢田が腹痛を起こして病院に行ったと嘘をつくが、『じゃあ反省文は書いたんですね?』と猿渡に迫られ、大ピンチ!

そこに沢田が現れ、分厚〜い反省文の束を置き去っていった。

 

その後、久美子はガッツポーズして、3-Dのクラスに入った。

『おはよう!』

すると今まで挨拶しても返事もしてくれなかった生徒たちが『おいっス』とか『グッモーニン』とか挨拶を返してくれるではないか!

沢田は相変わらず何も言わないけど、その眼差しは少し柔らかくなっている気がした。

 

久美子は微笑むと『授業始めるよ!』と黒板に向かった。

 

〜『ごくせん』第1シリーズ・3話につづく〜

 

 

『ごくせん2002』特別編・2話の感想

とにかくエンディングが爽やか!

ただ久美子を先頭に若者たちが走っていって、夕日を眺めるだけなのに、なんて青春なんだ!

なんだかときめいてしまったよ。

『青春』という奴に滅法弱い私です。

 

今回のごくせんも面白かったな〜。

慎が前の学校を退学した理由もわかったし、何より久美子=ヤンクミと3-Dの生徒たちの距離がだんだん近くなっていくのが嬉しい!

 

クマも前回あれだけ久美子に助けられたのに、まだみんなの手前か冷たくてさ。

挨拶も何回も久美子が言わないとしてくれなくて、なんでだよ〜と思ったけど、最後はみんなそれぞれの言い方で挨拶を返してくれるようになってよかったです(≧▽≦)

 

沢田のガードも少しずつ溶けてきて嬉しい!これが3話には…ぐふふふふ。

3話を既に見てしまった私はニヤケが止まらない。

まだご覧になっていない皆さんには、ぜひ3話を見てほしいです♪

2020年6月現在、期間はわかりませんがTVerで全話放送中です。

 

 

また、舎弟のてつの片思いも判明しましたね〜。

久美子は全然気づいてないみたいで、切ないの〜。

てつ→久美子→篠原の一方通行の恋。

それに生徒たちも絡んでくるのかなと思うと、期待度大!

 

 

人情もので感動しちゃう上に、笑えるところもいっぱいで、恋のドキドキもあるなんて最高じゃないですか〜☆

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ