『この恋あたためますか』2話ネタバレと感想│新しい風を吹きこめ!シュークリームのように膨らむ恋

にこ

今回は、2020年10月27日放送『この恋あたためますか』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

“1番売れるシュークリーム”のアイディアを出し、見事採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野大賀)。

 

しかし社内でもう1つ、優秀なアイディアが出され、どちらか一方が選ばれることに。

 

それは何やら浅羽社長(中村倫也)と浅からぬ関係の里保(石橋静河)の案でした…!

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『この恋あたためますか』2話のネタバレあらすじ

一番売れるシュークリームのアイディアを出し、社長の浅羽(中村倫也)に「美味しい」と言わせた樹木(森七菜)新谷(仲野大賀)

 

しかし社内でもう一つ有力なアイディアが出され、もう一度勝負することに!

相手は商品開発部・スイーツ課の北川里保(石橋静河)

 

彼女の案は「プチシューオーケストラ」。

いろんな味を楽しみたいという女性のため、4種類の味と色のシュークリームをひと袋に詰めるというもの。

 

“ひと口の幸せをみんなでシェア”というコンセプトも、さすがプロの企画は違うと、浅羽の目に留まったらしい。

 

もし審査に落ちれば、樹木が作ったシュークリームはボツになる。

これが悪い話。

 

そして良い話は、またスイーツを作れること。

樹木は浅羽に「もっとスイーツを作りたい!」と言っていたからだ。

 

でも話を聞いた樹木はちょっと気後れ気味…。

そんな樹木に、浅羽は『もし勝てれば、正式にスイーツ課に採用してやってもいい』と発破をかけた。

 

一岡に浅羽の裏を調べさせる専務

一方、浅羽は先日の会議で、親会社であるエクサゾンに退職願を出し、ココ・エブリィに身を捧げると宣言していた。

 

しかしそんなことをしても、浅羽にメリットがあるようには思えない…。

そう思った専務の神子亮(山本耕史)は、スイーツ課から社長室に異動になった一岡智子(市川実日子)に浅羽のことを探らせる。

 

味はそのまま、価格を落とせ!

その頃、樹木はスイーツ課に到着。

再来週の審査まで、ここでゲストとして働くのだ。

 

そこでまず樹木が言われたのが、この前考えたシュークリームの価格を、コンビニでお客様が買おうと思う160円まで下げること。

 

そのためにスイーツ課の人たちが、品質・コスト・物流あらゆる面から価格に見合った原材料を探し出すという。

 

樹木がやることは、その売り値の範囲内でできるだけあの味を再現すること。

 

すでに里保のアイディアは160円以内に抑えられているため、2週間後に両者のシュークリームを食べ比べ、どちらにするか決定することに。

 

『お互い頑張りましょう』

里保に笑顔で言われ、樹木は黙って頷くと、走って浅羽を追いかけた。

 

ねぇ!もちろん、こっちの味方だよね?

 

しかし浅羽の答えは『売れる方の味方』。

こうして樹木は新谷とまた試作を始めた。

 

できる女

でも安いカカオでシュークリームの皮を作っても、色も薄いしうまくいかない。

それに比べ、隣では色鮮やかにコーティングされたシュークリームを並べ、順調そのものの里保たちが笑っている。

 

『あっちはあっち。こっちはこっち。配合変えてやり直そう』

新谷に励まされ、樹木は作業を開始するが指を包丁で切ってしまう。

 

すると里保が駆けつけ、応急処置をしてくれる。

敵に優しくされた樹木はなんとも言えない気持ちになる…。

 

浅羽がエクサゾンを辞めたのは…

一方、一岡が浅羽の情報を探ろうとしていると、エクサゾンの営業本部長・都筑誠一郎(利重剛)がやってきた。

 

『お前を買ってたのにさ〜。残念だよ』

都筑が言うと、

あなたにとっても渡りに船でしょ。私が辞めることは』と浅羽。

 

今後は対等な関係です。

この意味、都筑さんならわかりますよね?

ココ・エブリィなんてなんの興味もない。せいぜい利用させてもらいますよ』

浅羽は不敵に微笑んだ。

 

浅羽とつき合っていた里保

その夜、新谷は里保に、なぜ急に売れるシュークリームのアイディアを出したのか尋ねた。

 

すると里保は『新谷には悪いことをしたね』と謝る。

でも新谷はそんなことはどうでもよかった。

 

里保が企画書を出したのは、浅羽とリングでやり合うため。

浅羽に思いどおりにさせないためだと、新谷は思ったのだ。

 

北川さ、拓兄ィのこと、まだ…』

『終わらせたのは私』

里保は新谷の言葉を遮ると、

『なんか手伝えることあったら言って。敵同士みたいになってるけど、そんなつもりないから』

と明るく去っていった。

 

スイーツ課社員とのいざこざ

翌朝、出社した樹木は『お気楽な身分だな』と嫌味を言われ、バターと卵、牛乳も変えなければならないことを知る。

 

材料が変われば、どんどん味も落ちる。

それをなんとか工夫するのが樹木の仕事なのだが…。

 

すると樹木は、昨日友人のリ・スーハン(古川琴音)からもらったベトナムのお菓子を取り出した。

このチョコ菓子はチョコの味がとてもしっかりしていて、口溶けもよく、樹木はこのカカオをシュークリームの原料に使いたいと思ったのだ。

 

でも樹木は『遠足に持っていく材料を決めてんじゃねぇの。全国3,000店に置かれるシュークリームの材料を決めてんだよ』と先輩に怒られてしまう。

 

コンビニスイーツのイロハも知らない樹木の自由な言動に、スイーツ課の社員たちは不満を募らせていた…。

 

浅羽が一岡を異動させた理由

そんな中、里保はリサーチ先のカフェでばったり浅羽と遭遇し、相席することに。

 

『甘いの、平気になったの?』

『いや、でも味のトレンドはころころ変わる。審査するなら知っておかないと』

 

そう言うと、浅羽は樹木の様子について尋ねた。

台風の目みたい。今朝も引っかき回していった

里保が答えると、浅羽は『よかった』と答える。

浅羽は審査に買ったら、樹木を正社員にすると言ったのだ。

 

里保は一瞬目を見開くと『なんで一岡課長を社長室に異動させたの?』と尋ねた。

すると『なんで急に企画書を出した?』と浅羽。

 

『こっちが聞いてる』

今のが答えだ

 

1人カリスマがいれば、その人の顔色を伺い、判断を委ね、いずれ地盤沈下を起こす。

 

君も感じてるだろ?風向きが変わったのを。

だから企画書を出したんじゃないの?

 

浅羽に言われ、里保は目を伏せて黙り込んだ。

 

浅羽が言うとおり、一岡が社長室に異動になってから、スイーツ課からは次々と新しいアイディアが出されるようになった。

毎日仕事で、各課の報告書を見るようになった一岡はその変化に気付き、驚く…。

 

気まずい食事

一方、樹木はシュークリームが思うようにできず、苦戦を強いられていた。

 

『これじゃー、ゼロからレシピを考えるのと一緒だよぉ!』

樹木はまた“どうせ私なんてスイッチ”が入りそうになるが、

『ゼロからじゃない!1からだよね?積み上げたものもあるし、目指す味もわかってるし!』

と自ら再起動。

 

そんな樹木の姿を、新谷は好ましく思っていた。

 

その時、浅羽から呼び出しがあり、2人は外へ。

ところがそこには里保もいて、めっちゃ気まずい空気が流れる…。

 

その後、4人は高級レストランで食事をするが、樹木は『こういうのより牛丼が食べたかった』と不満を漏らす。

 

新谷はなんとか場を盛り上げようとするが、シラけるばかり。

浅羽が里保の飲み物だけ何も聞かずに頼むのを見て、樹木は2人のただならぬ関係に気付く。

 

あの2人、なんかあるの?なんか変じゃない?

樹木は新谷に尋ねるが、答えてくれなかった。

 

無邪気な樹木

なんだかもやもやした樹木は酒に手を出し、ベロンベロンに酔っ払ってしまう。

新谷に無理やりタクシーに乗せられ、樹木は『なんであっち2人なの?』と言う。

 

『あいつら方向一緒なんだよ』

新谷が必死になだめるも、酔っ払いの勢いは止まらない。

おい、浅羽!送っていけよ、置いてかないで!

樹木は窓から身を乗り出して叫ぶが2人は行ってしまう。

 

樹木は笑って『全然聞いてなくないですか?』と新谷に言った。

 

その距離の近いことったら!

新谷は無邪気な樹木の行動にドキドキするのだった。。

 

まだ好き?

一方、里保は並んで歩いていた浅羽の手をいきなり掴む。

見つめ合う2人。

 

でも里保はフッと微笑むと

『(手を繋いでも)もう何も感じないね』と歩き出す。

 

浅羽はそんな里保の後ろ姿を切ない表情で見送った。

 

樹木の過去を知った新谷

その後、新谷が樹木をアパートまで送っていくと、バイト先の店長(飯塚悟志)やスーハンたちが集まって鍋をしていた。

 

そこで新谷は、樹木が元・地下アイドルで、樹木が抜けたあとにそのグループがどーんと売れてしまった過去を知る。

 

だから樹木は、自分は賞味期限が切れて捨てられた、“終わった人”だと言っていたのか…。

 

新谷は鍋をごちそうになり、翌朝、寝不足で出社した。

 

今度は勝ちたい!

樹木は新谷に謝ると、すでに作業中の里保を見て、『できる女って感じ〜』と呟いた。

 

しかし新谷によると、里保も企画が通って作ったのは初めてだという。

前にいた一岡課長は何をやっても『はい、ダメ』『はい、やり直し』ばかりで、里保はずっとアシスタントをしていたのだ。

 

樹木は新谷から『勝ち負けじゃなく、誰かを喜ばせたいという気持ちで作ったほうが断然美味しくなる!』というアドバイスを受け、試作に試作を重ねた。

 

だがどの組み合わせもイマイチで、表は×ばかり。

おまけにコンビニスイーツは運送中に形が崩れてしまってはだめなので、課題は山積みだった…。

 

そんな中、樹木が残業していることに気付き、スイーツ課の社員たちが文句をつけにやってきた。

 

『何やってんだよ。いつまでもやってないでさっさと帰れよ』

『でもまだ全然できてなくて…』

『でもでもでもでもうるさいんだよ!』

『負けたくない!!!』

 

今度は選ばれたい。今度は勝ちたいんです!

だからやらせてほしいんです。

社長が美味しいと言ってくれた味が再現できるまで、何時間だって何度だってやります!!』

 

そう言うと樹木は深々と頭を下げた。

 

新しい風

翌朝、樹木は髪がボサボサのまま、出社した。

スイーツ課の課長・三田村(佐藤貴史)は『自分で残ってるんだから、眠いとかそういうの出さないでね』と言いつつも、掲示板を顎でさした。

 

そこには、土屋(長村航希)藤野(中田クルミ)が“ベトナム出張”中の文字が!

 

彼らは樹木のシュークリームに賭ける熱い想いを知り、ベトナムまでチョコレートの買い付けに行ってくれたのだ!

 

それを聞いた樹木はガッツポーズ!

現地での契約はうまくいき、すぐにカカオが送られてきた。

濃厚で油分も申し分なしのカカオが手に入り、樹木と新谷はとうとう満足のいくシュークリームを作り上げる!

 

そんな中、スイーツ課の変化に気付いた一岡は、社内に新しい可能性の芽が芽生えつつあることを神子専務に告げる。

『気になるなら調べて』

そう言うと一岡は去っていった。

 

牛丼屋の社長

一方、里保は会社帰りに、浅羽が牛丼屋にいるのを見つける。

そこからだと会社がよく見えて、社員が残っているのがよくわかるのだ。

 

シュークリーム対決はいよいよ明日。

井上(樹木)さんと新谷はきっと徹夜よ

『だろうな』

 

浅羽は樹木を巻き込んでしまった手前、差し入れくらいしようかと思っていた。

 

疲れて眠ってしまった樹木

その頃、新谷は完璧なシュークリームを完成!

ところが樹木は疲れて寝てしまっていた。

 

新谷は樹木のあどけない寝顔を覗き込むと、毛布を取りに走っていった。

すると入れ替わるように、浅羽がやってきた。

 

浅羽は差し入れの牛丼をドンッと置くが、樹木はまったく起きない。

樹木が下敷きにしていたノートを取り出してみると、ほっぺたにくっきりと✕や△、花丸模様が移っていた。

 

浅羽はフッと笑うと、ジャケットを脱いで樹木にかける。

それを戻ってきた新谷が見てしまう…。

 

審査当日

そのまま朝が来て、樹木は浅羽が来てくれたことに気付いて、ジャケットに顔を埋めて微笑む。

 

一方、浅羽は一岡に今日行われるシュークリームの審査を頼んでいた。

 

一岡は24歳でヒット商品を生み出し、今もそのシュークリームは定番商品として売れ続けている。

15年以上第一線で活躍してきた一岡なら、知識と経験だけでなく、スイーツを線で見ることができる。

 

その言葉を受け、一岡は審査に加わることにした。

 

そして審査の結果、満場一致で里保のシュークリームが選ばれた。

味もコンセプトも素晴らしいと一岡に褒められ、里保は満面の笑みで喜ぶ。

 

新谷は樹木を励まそうとするが、

樹木は『相手はプロなんだし、そんな甘いもんじゃないよね』『もう部外者だし』と行ってしまう。

 

樹木は荷物を取りに行くと、エレベーターで降りようとした。

でも何度押してもエレベーターは来ない。

 

樹木は階段を降りていくと、踊り場にしゃがみ込んで泣いた。

 

樹木のデスクにはゲストカードと、掲示板には『ありがとうでした』と書かれていた。

 

一岡は言う。

樹木が作ったシュークリームは、見た目も味も初めて作ったとは思えないほどよくできていたと。

そして、スイーツ課のみんなも変わったと。

 

『その風は、あの子から吹いてる』のだ。

 

浅羽の狙い

浅羽は初めからこうなることがわかっていて、樹木という異分子をスイーツ課に送り込んだ。

それは浅羽の想像を超える、期待以上のものだった。

 

その後、浅羽は樹木が置いていったジャケットに牛丼のごはん粒がついていることに気付き、電話をかける。

 

同じ頃、新谷も樹木を心配して探し回っていた。

でも樹木が電話に出たのは浅羽のほう。

 

浅羽は、夜の公園の滑り台の上で小さくなっている樹木を発見する。

 

『こういうのひさしぶりに登ったな。懐かしい』

『ふーん、こういうの懐かしいって気持ちあるんだ』

 

頑張ったのに結果が出なくて残念だったなと思う気持ちもある。悪くなかった

 

『悪くなかったって、10対0で負けたんですけど』

 

そうじゃない、君の働きだ

 

コンビニなんて、客からしたらどこのチェーンもおんなじで、入る理由はたまたま近くにあったから。

弁当おにぎりサンドイッチ、見た目はほとんど大差ない。

でもスイーツはニードやトレンドをキャッチできれば、他と大きく差別化できる。

 

そこが活性すれば、ココ・エブリィ全体が変わる。

 

君がいたから、北川(里保)さんは企画を出した。

君がいたから、スイーツ課はチームワークを見せた。

君の存在が、スイーツ課のプライドに火をつけた。

あのシュークリームができたのは、君がいたからだ

 

そう言うと浅羽は『審査にはボロ負けだったが、勝負には勝った』と、樹木にジャケットをクリーニングして返すよう命じる。

 

なんとその中には、樹木の社員証発行申請書が!!!

樹木は社員として正式に採用されたのだ。

 

驚いて浅羽を見上げる樹木に、浅羽は優しく何度も頷いてみせた。

樹木は嬉しそうに申請書を見つめた。

 

そこに一足遅く新谷が。

浅羽と楽しそうに話している樹木の姿を見た新谷は、その場に立ち尽くすのだった…。

 

〜3話につづく〜

 

『この恋あたためますますか』2話の感想

あーなんか、グッときた。

いろんなとこにグッときてしまった。単純〜。

 

シュークリーム対決では選ばれなかったけど、それ以上の化学変化をスイーツ課にもたらした樹木。

 

浅羽の狙いは、スイーツ課に新しい風を吹き込み、持っていたプライドに火をつけさせることでした。

 

市川実日子さん演じる一岡が、毎日報告書を見ているうちに、みんながどんどんアイディアを出してスイーツ課が活性化しているのに気付くところが心に残りました。

 

だって自分がいなくなったことで風穴が開いたんですよ。

そんなん複雑すぎますよ(>_<)

それなのに、浅羽はシュークリームの審査を一岡さんにお願いする…。

普通だったら断ると思いますが、その変化を冷静に受け止める一岡さん。

たぶん神子専務にはわかんないだろうなぁ…。

 

そういや、浅羽がエクサゾンに退職願を出して独立した理由も、私は頭が悪いからよくわからなかった。

すべてのしがらみを捨てて、真っ向から立ち向かう覚悟をしたということかな…。

 

それに加え、里保の心の内も複雑でようわからん〜(>_<)

本当に未練がなかったらあんな目で浅羽のことを見つめるわけないのに、

いきなり浅羽の手を掴んで『もう何も感じないね』と言ってみたり。

でも意外に優しくていい人だったり、お互い好きだと素直になれない事情があるのかなぁ。

気になる!

 

それに対し、樹木はみんなにひどいことを言われながらも、今度は勝ちたい、選ばれたいとへこたれそうになる自分と戦いながら頑張っていた!

 

アイドルには賞味期限があると捨てられた過去があるから…。

 

その熱意と努力が伝わって、スイーツ課の皆が急に協力的になったのにはびっくりしたけど、そこからの快進撃は見ててワクワクするものがありました!

 

だから勝負に負けた樹木が、人知れず嗚咽する姿はもらい泣きしそうになりました(;_;)

 

だって樹木ってふだんは口が悪いけど、そういうとこは繊細で乙女なんだもん。

新谷がほっとけなくなるのもわかりますね〜。

 

酔っ払った樹木がめっちゃ接近してきて、1人ドキドキしている新谷がかわいかったな〜。

何も思っていない相手にはこんな大胆になれるのにね。

 

そんなわけで、樹木がスイーツ課に入ることで、ココ・エブリィと恋の四角関係がどう変化していくのか楽しみです。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチっとお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話