『マリーミー!』3話ネタバレと感想│元カノと三者面談…!?秋保が出した答えは?

にこ

今回は、2020年10月17日放送『マリーミー!』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

和歌(佐藤晴美)から、2年前まで秋保(瀬戸利樹)とつき合っていたと告げられ、ショックを受ける陽茉梨(久間田琳加)。

 

そんな中、仕事だと割り切って結婚した秋保の心にも徐々に変化が…。

 

2人の女性に挟まれ、秋保は決断を迫られる!!

それではさっそく、3話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『マリーミー!』3話のネタバレあらすじ

秋保心(瀬戸利樹)の同僚・山田航平(柾木玲弥)と、上司の吉浦和歌(佐藤晴美)が家に押しかけてきた!

 

『私、2年前まで秋保とつき合ってました

和歌の突然の告白に、陽茉梨(久間田琳加)はショックを受ける。

 

翌朝、秋保は職場で、和歌から『陽茉梨さんのこと好き?』と訊かれる。

秋保は結婚はあくまで法律の被験者としてだと言い張るが、

和歌は『うるさい!いいから答えろ。好き?愛してる?』と秋保を問い詰める。

 

はいはい、好き好き。大好き

秋保はしかたなくそう答えた。

 

いきなりの離婚届

 

その後、和歌は陽茉梨の家を訪ねた。

陽茉梨は緊張しつつも、和歌が買ってきてくれたケーキを一緒に食べませんか?と誘った。

 

ところが和歌は『秋保と別れてほしいんです』と離婚届を差し出す。

陽茉梨はしっかりしているし、秋保と結婚しなくてもじゅうぶん社会復帰できるのではないかと言うのだ。

 

秋保と4年つき合った和歌は、秋保がどんなに欠陥のある人間か知っていた。

和歌が別れようと言ったときも、

秋保は『わかった…』と一言だけ。

 

私のことなんて全く好きじゃなかったの

そう言うと、和歌はニート保護法の欠陥について話し始めた。

 

すると『私のことはいいんです!』と陽茉梨は叫ぶ。

『要するに、あなたは秋保さんに傷つけられたんですね?

許せません!』

テーブルをバンッと叩き、大声を上げる陽茉梨を見て、和歌はびっくりしてたじろいだ。

 

鈍すぎる秋保

一方、山田から『和歌ってまだお前のこと、好きなんじゃないかなぁ』と言われ、秋保は驚く。

和歌は未だに独身だし、未練があるんじゃないかというのだ。

 

でも和歌とつき合っていたのは2年も前だし、振られたのは秋保のほうだ。

 

秋保が『そんなはずがない』と憤慨すると、

『お前はそういうドライなとこ、陽茉梨さんと暮らして学んでいったらいいよ』と山田。

 

仕事のためと割り切って結婚した秋保だが、口を開けば『陽茉梨さん、陽茉梨さん』とそればかり。

 

山田から“もうお前は陽茉梨さんのことを好きになっている”と指摘された秋保は、ひそかに動揺するのだった。

 

陽茉梨、怒る!

秋保が帰ると、家の中は真っ暗だった。

秋保が明かりをつけると、部屋の片隅に陽茉梨が正座していて、

秋保は『ヒャー!』。

 

陽茉梨は幽霊のように振り返ると、

秋保にそこに座るよう促し、離婚届を突き出した。

 

これ、吉浦和歌さんからいただきました。

私はお二人のことはよくわかりません。

誰かとつき合ったこともありません』

 

『あいつ…。でも和歌とはもう終わってて、過去の話で!』

 

でも!吉浦さんはまだ傷ついてらっしゃるようでした。

4年のお付き合いは長いです。…長いんです』

 

陽茉梨は座卓の上に離婚届を置くと、この件は秋保次第で対応を考えると言った。

 

離婚という職務放棄をすれば、秋保の仕事に支障が出る。

そこで陽茉梨は、和歌と和解するよう秋保に頼んだ。

 

その後、困った秋保は『まだ俺のこと好きなの?』と和歌にメールした。

『殺す!』

和歌の返事を見て、秋保は『怖っ』と震え上がった。

 

誰かがそばにいてくれるだけで

翌日、秋保が昨夜のことを報告すると、山田は『とんだ災難だったな』と大笑い。

『いつも穏やかな陽茉梨さんも、秋保にだけは感情を見せるんだな』

 

でも秋保は特に陽茉梨に何かしたあげたわけではなかった。

心を閉じていたのも最初だけだし、好奇心旺盛で気も遣ってくれる。

陽茉梨は本当は明るい子なのだ。

誰かがそばにいてくれさえすれば…。

 

じゃあ、今はお前がそばにいるからよかったな』

そう言うと、山田は和歌と早く話し合うよう促した。

 

一方、昨日あんな強気に出てしまった陽茉梨だが、

本当はまたひとりになってしまうかもしれないという不安を抱えていた

 

『…美味しくない。なんでだろ』

陽茉梨はケーキを一口たべると呟いた。

 

恐怖の三者面談

そんな中、秋保は和歌を連れて家で話し合いの場を持つことに。

 

結婚はちゃんと好きになった者同士でするべきだ』という和歌は、

離婚するなら早いほうがいいと陽茉梨に迫る。

 

すると陽茉梨は視線を落としたまま、低い声で言った。

『秋保さんは私と結婚するより他にすべきことがたくさんあると思います。

私は、秋保さんにふさわしくないのかもしれません…

 

その目は、秋保と出会ったばかりの時のように孤独で、すべてを諦めたような目だった。

 

それに気付いた秋保は、離婚しないことを選ぶ。

 

確かに結婚したのは、仕事上のことだったかもしれない。

秋保は隣に座っている陽茉梨の顔を見つめると、和歌に言った。

 

でも誰かと一緒にいて彼女が幸せになるなら、俺がそばにいようと思う

 

そう断言する秋保の顔を、陽茉梨はハッとして見つめた。

 

秋保の揺るぎない瞳を見た和歌は『…そう』と答える。

和歌はニート保護法には反対だが、今は陽茉梨の幸せが最優先だから様子を見ると言い、帰っていった。

 

陽茉梨の視線に気付いた秋保は、視線を泳がせると、目の前のお茶を流し込んだ。

 

夫婦のかたち

その夜、秋保は『お月見しませんか?』と陽茉梨を誘い、縁側で月を見た。

 

『綺麗な月ですね』

『…はい。あ、寒くないですか?』

『秋保さんこそ、お風呂上がりなのに』

『大丈夫です』

 

2人は一緒にまん丸なお月さまを見上げる。

 

秋保さん、私、とっても幸せです

 

陽茉梨のこぼれるような笑顔を見て、秋保は驚きつつも微笑む。

 

秋保はそっと陽茉梨の手に自分の手を重ねると思った。

 

“俺たちは普通の恋人のようなことはできないけど、こうして手を繋ぐことはできる”

 

今はこの生活が、2人の夫婦の形なのだ。

 

秋保と家族の関係

そんなある日、2人が買い物して帰ると、バイオリンの音が。

秋保が急いで庭に行くと、2階の踊り場で秋保の弟・翔(水沢林太郎)がバイオリンを弾いていた。

 

ひさしぶり。今日、泊めて

翔のいきなりの申し出に、秋保は『…は?』

 

秋保が陽茉梨と結婚したことを告げると、翔は『…は?』

実は秋保はまだ結婚したことを実家に報告していなかったのだ!

 

しかし秋保の家は、温かで笑顔が耐えない家とは無縁の家族。

あんな両親を見たら、陽茉梨はショックを受けるに違いない。

秋保はできれば一生、陽茉梨を両親に会わせたくないと思っていた。

 

すると『何、カッコつけてんだよ!』と山田。

家族を含めてお前なんだよ。それを受け入れてもらうのが、結婚なの

 

『…わかったよ。今日、実家に行ってくるから』

秋保がそう覚悟を決めたとき、陽茉梨から電話がかかってきた。

 

なんと秋保の両親が家に来ているというのだ!

さらに翔が高校に行かずに、部屋に立てこもっていることを知った秋保は大慌てで家に帰る。

 

する秋保は家に入るなり、

どういうことなの?勝手に結婚なんてして!と母・椿(高橋ひとみ)に怒鳴られた。

 

秋保が父親の圭(神保悟志)を見ると、圭は腕組みをして無言で目を逸らす。

 

『…いや、それは後でゆっくり…』

秋保は何も変わらない両親に落胆すると、2階に向かった。

 

秋保はドアをノックし『高校に行ってないなんてどういうことだ!』と話しかけるが、

『おまえに関係ないだろ!』と翔。

 

言い合いになった翔は秋保を突き飛ばすと、陽茉梨を人質にとり、ドアを閉めた。

 

『…嘘だろ?』

秋保は呆然と呟いた。

 

 

『マリーミー!』3話の感想

今回は山田くんの名セリフがいっぱい!

山田くんは独身みたいなのに、なぜそんなに女心や結婚について詳しいんだ?

『家族を含めてお前なんだよ』という言葉が、特に引っかかりましたね〜。

 

結婚は本人同士がよければそれでいいわけじゃなく、

やっぱりそれなりにいろいろ家族同士のつき合いがあるわけで…。

 

まだ秋保の両親がどんな人なのかよくわかりませんが、

ギスギスした家なのは間違いなさそうですね…(>_<)

翔もそこから逃げてきたのかな〜?

 

和歌さまとの対決が一段落ついたかと思ったら、今度は家族か〜。

和歌さまもいきなり離婚届を出してくるとか、恐ろしすぎる…。

自分だけ取り残されているようで惨めな気持ちになったのかな?

 

秋保も鈍いから、自分が陽茉梨のことを好きだと認めようとしないし…。

でも陽茉梨のことを幸せにしたいと、その笑顔を守りたいと1番願っているのも秋保で、

お月見しながらそっと重ねる手がじれキュンでした。

 

早くお互いに好きだと認めてくれたらいいな〜。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話