『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』7話ネタバレと感想│初めての『うぜーよ』& モコミを襲う大ピンチ!

にこ

今回は、2021年3月13日放送『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ついに家族に本心を吐き出した俊祐 (工藤阿須加) は、家を出て行ってしまう!

 

萌子美 (小芝風花) は、涼音 (水沢エレナ) たちとなんとか花屋を続けようとしますが、常連のお客さんたちが求めているのは、俊祐のオーソドックスなアレンジメントで・・・!?

 

はたしてお兄ちゃんはお店に帰ってきてくれるのでしょうか?(>_<)

それではさっそく、7話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』7話のネタバレあらすじ

俊祐(工藤阿須加)は、幼いころから家族思いで、妹がいじめられていれば守ってあげる優しい兄だった。

 

しかし、父・伸寛(田辺誠一)も母・千華子(富田靖子)も、何かと言えば、『萌子美』『萌子美』と、いつも妹のことばかり。

俊祐が大学時代に、俳優を目指していたことも知らなかった。

自分のことを俊祐は『何もかも全部、中途半端』だと吐き捨てるように言う。

花屋を継いだのだって、就活から逃げただけ。

 

でも俊祐にとって、あの花屋は、唯一の「居場所」だったのだ。

それすら、萌子美の感性でリニューアルされてしまった。

 

自分なんている必要がないと思った俊祐は、ついに爆発!

『 いいお兄ちゃんの役は、今日で降板させていただきます』と、家を出て行ってしまう。

 

でもうっぷん晴らしに買った煙草も、むせるだけでちっとも気分はよくならず、俊祐は舌打ちすると、店の車の中で寝ることに。

 

その夜、萌子美は一睡もできずに朝を迎えた。

前々から俊祐が不満を抱いていたことに気づいていたからだ…。

 

” いい人 “

翌朝、萌子美は、俊祐が” いい人 ”という裏垢でSNSに投稿していた書き込みを家族に見せた。

それを見て、千華子は『俊祐のことがわからない』と、ティッシュ片手に涙ぐんだ。

でも・・・

 

『ちょっとこれ、何?』

千華子は、ある書き込みに目を留めた。

他のはすべて家族への不満だが、

「嫁でもないのに 嫁さんヅラするな」というのは、いったい誰のことだろう?

 

その書き込みに、萌子美は心当たりがあった。

花屋で働いている涼音(水沢エレナ)さん。

萌子美が言いにくそうに名前を告げると、

ズバリ『2人はつき合ってるんじゃないか』と祖父の(橋爪功)が言い当てた。

 

俊祐にそんな人がいたなんて・・・。

ずっと俊祐は大丈夫だと思っていた千華子は、大ショック!

思い返せば、俊祐には反抗期といえるものはなく、『うざい』と言われたこともない。

 

『私がちゃんと俊祐のことを見ていれば・・・』

『俺だって。花屋を継ぎたくなかったなんてショックだよ』

『あっ 萌子美は悪くないからね?』

 

萌子美は頷くと、暗い表情のまま花屋に向かった。

 

涼音の勘違い

『え!?店長、休みなんですか?』

 

俊祐が休むことを知った涼音は『私のせいです』と言い出す。

『今まで言ってなかったけど、私、店長とつき合っていて・・・』

涼音が打ち明けると、みんなシーン。

萌子美も、真由(内藤理沙)もとっくの昔に気づいていたからだ。

 

実は、涼音は昨日、自分とつき合っていることを隠している俊祐に腹を立て、勢いで『別れる!』と言ってしまった。

まさかそれで具合が悪くなるほど、落ち込むなんて・・・。

 

『あれは本気じゃなかったって、すぐにメールします!』

涼音は深刻な顔で走っていってしまうが、そうではない。

萌子美は本当のことが言えず、ハラハラしてしまう。

 

結局、俊祐から返事はなく、萌子美は3人でなんとか花屋を続けることにした。

 

お兄ちゃんが戻ってくるまで

『はぁ~、疲れた~』

萌子美が部屋のソファに座ると、ピカ~。ソファがオレンジ色に光りだし、

『ありがとう、安らぐ』

萌子美はソファの手すりにもたれて目を閉じた。

 

そのとき、デリバリーのアルバイトをしている青年・佑矢(加藤清史郎)からLINEが届いた。

「今度、いつ会える?」

佑矢の質問に、

「今、兄が店を休んでいて、戻ってきたら会える」

萌子美は笑顔で答え、窓辺に飾った小物にちょんちょんと触れた。

すると、ピカーン。萌子美の気持ちが伝わったのか、小物たちが光りだした。

 

「お兄ちゃんが戻ってくるまで、お店を守る」

「わかった。おやすみ」

「おやすみ」

萌子美は幸せな気持ちで眠りについた。

 

お弁当復活!

翌朝、千華子が2つお弁当を作っているのを見て、

『それ、お義父さんのぶん?』

と伸寛は尋ねた。

 

『まさか。

俊祐のぶんも作ったんだけど、お店にも戻ってないみたいだから。あなた、食べておいて』

『え!?俺?』

『嫌なら別にいいけど』

『いやっ いただきます!』

伸寛が慌てて答えると、微笑みながら千華子は洗い物をはじめた。

 

帰りを待とう

一方、萌子美は観に頼んで、配達へ。

でも常連客が求めているのは、俊祐がつくる普通の、オーソドックスなフラワーアレンジメントだった。

俊祐は年上キラー。特に女性に人気があるのだ。

 

そんなときに限って、常連客からの注文がいっぱい!

俊祐はあれから2日も帰っていない。

心配した千華子は俊祐に電話をしようとした。すると、

『お母さん。 しないほうがいいと思う』

萌子美が止めた。

 

自分がどうしたらいいのかわからないときに、あれこれ言われたらもっと混乱してしまう。

自分と俊祐では違うかもしれないけど、

萌子美は待っていてほしかった。

 

不登校になったときも、先生が家までやってきたけど、安心して学校に行けるようになるまで、待っていてほしかった。

 

それを聞き、千華子も伸寛も「うんうん」と頷いた。

 

関係ねえだろ

その頃、店の車で寝泊まりしていた俊祐を、佑矢が発見!

俊祐がお店に戻ってくるまで萌子美に会えないと言われたことを伝える。

 

『萌子美さん、お兄さんが戻るまで” お店を守る ”って言ってました』

佑矢が立ち去ると

『・・・守る?何様だよ』

俊祐は悪態をつきつつも、幼いころの記憶を思い出す。

 

『萌子美のことは、お兄ちゃんが守ってやるからな』

『うんっ』

守るべき存在だったのは、萌子美だったはずなのに・・・。

 

『ヒーローごっこ、やりすぎたんだよ』

俊祐は誰もいない花屋に行き、花の在庫や伝票をチェックした。

『なんだ、俺、必要ないじゃん』

 

俊祐は自分が愛用している花切りばさみを手に取り、じっと見つめた──。

 

俊祐のように・・・

翌日、萌子美は常連さんのためのフラワーアレンジメントを作った。

でも花の気持ちを無視してオアシスに挿すたび、色鮮やかだった花は途端に色を失っていく。

萌子美は胸が痛んで、作るのをやめてしまった。

 

そのとき、萌子美はあることを思いつき、俊祐の花ばさみを手に取った。

はさみに意識を集中させ、

『大丈夫です、私が作ります』と覚悟を決める萌子美。

 

その後、萌子美は別人のように迷いなく、フラワーアレンジメントを完成!

俊祐っぽい品を次々と完成させていく。

 

その夜、萌子美はぐったりして家に帰った。

 

おかえり、俊祐

すると俊祐が帰ってきた。

『おかえり』

萌子美が笑顔で迎えると、俊祐は気まずそうな顔でリビングに向かった。

 

リビングに入っても、みんなは前のように過剰ではない。

千華子は夕食を作りながら『おかえり』と笑顔を浮かべ、伸寛は小走りでやってきて『おかえり』と嬉しさを隠して言った。

『おうっ ひさしぶり』

観にいたっては、足を伸ばしてソファにもたれかかったまま。

 

『今日の晩飯、なに?』

『鶏のから揚げと筑前煮とほうれん草のおひたしと、豆腐とわかめの味噌汁』

テーブルには、ちゃんと俊祐のぶんのお皿も箸も用意されていた。

 

『どうせ思ってんだろ?家出も中途半端だって』

俊祐が冷蔵庫から缶ビールを取り出して座ると、

『別に思ってないけど』

千華子は否定しようとした。そのとき、

『ああ、中途半端だな~!』

観が大声で言い、立ち上がった。

 

『でも、中途半端ってすごいぞ。

なかなか諦めがつかなかったり、ズルズル続けたり、

中には「中途半端はいけない」と意味なく続ける人もいる。

” 中途半端 ”、いいじゃないかっ』

観が俊祐の肩をバシバシ叩くと、

『確かに』と伸寛も同意。

『ぜんぜん、よくねぇよ』

俊祐は強がりを言って、缶ビールを開けた。

 

『ねえ、どこに泊まってたの?なに食べてたの?お風呂は?』

千華子の質問攻撃が始まると、

俊祐は『うぜえよ!』と一蹴。

『うぜえ!?』

千華子はショックを受け、救いを求めるようにみんなを見た。

これには観は大笑い!

萌子美と伸寛は驚いて口をポカーン!

 

『腹減った!飯!飯!』

俊祐の変化に目を見張りながらも、

萌子美は俊祐が帰ってきてくれたことが嬉しくてたまらないのだった。

 

萌子美の異変!

翌朝、俊祐は仕事に復帰した。

真由は何事もなかったように笑顔で迎え、

俊祐が『おはよう』と気まずそうに涼音を見つめると、

涼音はこわばっていた顔を緩め、『おはよう』と笑顔で言ってくれた。

 

そんな2人を見て、萌子美は嬉しくなって『おはよう』と花に声をかけ、水をやろうとした。

でも、あれ・・・?

疲れているのかもしれない。

萌子美はお店を休ませてもらい、家に帰った。

 

緊張の面持ちで、自分の部屋のドアを開ける萌子美。

でも、部屋はシーンと静まり返ったまま。

萌子美はぬいぐるみのトミーを抱き上げると、背中をなでた。

 

その後、公園でしゃがみこむ萌子美を見かけ、佑矢がやってきた。

『お花と話してるんですか?』

『・・・何も聞こえない。話せなくなった』

 

萌子美は、モノとも花とも、トミーとも話せなくなってしまったのだ!

 

 

~8話につづく~

 

 

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』7話の感想

うわー!俊祐が帰ってきたと思ったら、今度は萌子美が大変なことに・・・。

花の気持ちを考えずにアレンジメントを作ろうとすると、萌子美には花が色を失い、死んでしまうように見えるのかぁ。

それは辛い。。

 

俊祐の花ばさみの気持ちを聞いてからは、別人のように花を切り、アレンジメントを作り始めた萌子美だけど、笑顔はなく・・・。

できあがった花はとても可愛く見えたけど、萌子美には灰色に見えていたのかな。

人にだけじゃなく、モノや花にも気を遣って。

前の晩、疲れて家に帰ったときに癒してくれたソファも、この日には既に反応しなくなっていたような。

ということは、帰ってきたときにはもう、聞こえなくなっていたのかな?

 

でも萌子美が、俊祐が戻ってくる気になるまで待とうと言ったせいか、千華子が拍子抜けするくらいあっさりと俊祐の帰りを穏やかに迎えていて、びっくり!

帰ってくるかどうかわからなくても、ちゃんと俊祐のぶんのお箸もお皿も用意されていたのには感動しました。

 

俊祐も家に帰るのはそうとう勇気がいったはず!

でもそんな気まずいときでも受け入れあえるのが、家族なのかなぁって。

俊祐に『うぜーよ!』って言われたときの千華子の顔がリアルすぎて笑ってしまいました。

 

私も一度だけ『うざい』とお母さんに呟いてしまったことがありまして、その時の凍りついた空気とか、お母さんの傷ついた顔を今でも覚えています。

めっちゃ反抗してひどいこともたくさん言ったけど、『うざい』はそれよりショックだったのかな。。

それ以来、私の中で『うざい』は禁句になりました(^_^;)

 

でもお兄ちゃんにしてみれば、すべてが初めてなわけで。

初めてのたばこに、舌打ち、車の中でカップラーメンを食べたのも初めてみたいでした。

いろいろやってみて、俊祐も自分には合わないなって。やっぱ家がいいなと思ったのかもしれませんね~。

 

花屋の仕事も『俺なんていらないじゃん』って言いながら戻ってきたのは、やっぱり花屋の仕事が好きだから、なのかもしれません。

花ばさみを見つめる表情が、そう語っていました。

萌子美は、あの花ばさみから何を感じ取ったのかなぁ?

 

萌子美にとってはずっとモノや花と話せるのが普通で、それが聴こえなくなるというのは非常事態。

早くもとに戻れるといいですね~(>_<)

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました☆

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話