『ゆるキャン△2』3話ネタバレと感想│ふかくにもグッときてしまった~!姉妹の絆!

にこ

今回は、2021年4月15日放送『ゆるキャン△2』3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

なでしこ(大原優乃)はどうしてもガスランタンが欲しくて、バイト探し中。

 

そんな中、珍しく姉の桜(柳ゆり菜)から『天丼を食べに来ない?』と誘われて・・・?

 

なでしこの成長と、それを見守る家族の姿にほわんとしますよ〜

それではさっそく、3話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
SP 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話

『ゆるキャン△2』3話のネタバレあらすじ

冬休み中、なでしこ(大原優乃)が郵便配達をしたバイト代は、月末に入る予定だった。

それもこれも、アウトドアショップで一目惚れしたガスランタン¥5,980を購入するため!

 

なでしこは姉の桜(柳ゆり菜)と一緒に店に立ち寄ると、名残惜しそうにガスランタンを見つめ、『また来ます!』と去っていった。

その様子を見て、無愛想な店長も『取り置きしといてやるか』という気持ちに・・・。

 

そんな中、なでしこはいつかリン(福原遥)のようにソロキャンプをしたいと思うようになっていた。

 

新たなバイト探し

学校も始まり、なでしこは新たなバイトを探していた。

でもなかなか地元で高校生OKの物件はない。

あってもすぐに決まってしまうのが現状だ。

 

一方、姉の桜は車通勤にもかかわらず、使い捨てカイロの消費量が半端ない。

『お姉ちゃんは寒がりだもんね~』

『ところであんた、こんなゆっくりしてて大丈夫なの?』

『わっ!いってきま~す!』

バタバタとなでしこが出かけて行った後、食卓に残された求人誌を見て『ふ~ん』と桜はつぶやいた。

 

なかなか見つからないバイト探し

放課後、なでしこはバイトについて千明(田辺桃子)犬山(箭内夢菜)に相談した。

 

そこで始まったのが、求人百人一首!

『未経験~即日可能なコンビニスタッフ~』

など、千明が札を読み上げ、なでしこと犬山が取り合う。

でもよく見ると、求人は甲府市のものばかり。

 

やっと身延駅から徒歩5分の求人があった!と思っても、それは朝9時から夕方6時までのフルタイムの仕事で、なでしこはがっくり・・・。

 

特に希望はないが、なにか楽しい仕事がしたいというなでしこに、『いいか?労働っていうのはな』と千明は教えようとした。

 

そのとき、犬山がいいことを思いついた。

『スキー場とか旅館とかはどう?

期間限定やけど、山中湖のキャンプ場でも住み込みのバイトを募集していたみたいやし』

 

『何それ!』

それを聞き、千明となでしこは飛びついた。

 

キャンプ場ということは、仕事が終わったら毎日キャンプができるということか?

うふうふうふ・・・

3人はその光景を想像してにんまりすると、すぐに現実に戻った。

 

『ま、うちの店で募集出たら教えるから』

『お願いします!』

 

携帯カイロ

そんな中、犬山は借りてきたキャンプ雑誌「ビバーク」の最新号を取り出す。

 

特集は『はじめての冬キャン』。

その中で、何度でも繰り返し使えるハンディカイロが紹介されていた。

このカイロは、中にオイルを入れ、入り口をライターであぶって使うのだが、使い捨てカイロよりずっと温かくて便利な優れものなのだ。

それを見たなでしこは、あることを思いつく・・・。

 

そのとき、珍しく桜から『美味しい天丼の店を見つけたんだけど、来ない?』とお誘いが。

『2人ともごめん!今日は帰るね!』

なでしこは慌てて荷物を持つと、天丼が私を呼んでいるの!と走っていった。

 

桜の気遣い

食事処『ゆたか屋』につくと、桜はもう待っていた。

桜が頼んだのは、海老天重 ¥1,450(税抜)。

 

『わ~!海老天だ~!』

なでしこはスゥ~ッと匂いを吸い込むと、美味しそうにバクバク食べ始めた。

 

桜はじっとその様子を観察した後、おもむろに自分の海老天に箸をつける。

そのお味は・・・。

 

海老天の名に恥じぬサクサク衣、ご飯にしみ込んだ甘めのタレが海老の旨みを最大限に引き出し、

── ご主人、やるわね?

キラーン!

桜はメガネの奥から鋭い視線を、奥の厨房で働いているご主人に向け放った。

するとご主人はぺこり。

 

『ねえ、お姉ちゃん、こんなの食べていいの?今日、なんか特別な日だっけ?』

『ああ、今日、あんたの給料日でしょ?たまにはあんたにおごってもらおうかと思って』

桜がさらりと言うと、

『あ!あれは~!ガスランタン買ったり、キャンプ資金にしようと思って』

と、なでしこは大慌て。

 

『冗談よ。あれ、探してたでしょ?』

桜があごで指すと、そこにはアルバイト募集の貼り紙が!

高校生もOKだと知り、桜が教えてくれたのだ。

 

『はい!やります!やらせていただきます!』

大喜びでなでしこは両手を挙げて宣言!

『うるさいわね~。早く食べないと冷めるわよ』

『えへへ、ありがとね。お姉ちゃん』

 

『たまたま見つけただけよ』

ほんのわずかだが、桜は微笑んだように見えた。

 

念願のガスランタンをゲット!

翌日、なでしこは千明と犬山と一緒に、アウトドアショップへ。

お会計は2点で、¥9,830。

念願のガスランタンを手に入れ、

『ありがと~!ありがと~!』となでしこはみんなとハイタッチを交わし、拳を上に突きあげた。

 

『ガス製品なので取り扱いには注意してくださいね』

店員さんから注意され、

『はい!かしこまりました~!』

なでしこは元気よく返事をすると、ガスランタンの入った箱を勢いよく持ち上げた。

 

すると箱はポーンと飛んでいき、落ちる寸前のところに店長が走り込み、ナイスキャ〜ッチ!!!

『ふん!』

『セーーフ!』

 

『店長~~~!!!』

なでしこたちは店長の周りに集まり、『店長!』『店長!』とぐるぐると回り続けた。

 

ウルトラギア

一方、リンはバイト先の本屋で、キャンプで使える『ウルトラライトギア』という特集に目を奪われる。

主に山岳用として販売されているもので、特殊素材などを使用し、極限まで無駄をそぎ落とした驚くほど軽量でコンパクトにパッキングできるよう考えられた商品である。

 

これは登山者のみならず、積載量に制限のある自転車やバイクのキャンパーにも嬉しい装備で、積載量を抑えることができる。

ただし、ものすごく高いので(テントが¥59,800とか)、高校生のリンにはなかなか買えそうもない。

 

『これが格差社会か・・・』

リンが嘆いていると、なでしこから『ガスランタンを買ったよ!』とメッセージが届いた。

 

温かなサプライズ

その夜、各務原家ではリビングを暗くしてガスランタンを灯し、お父さんもお母さんも大喜び。

 

『小さな焚き火みたいだよね』

チロチロと燃える火を見て、なでしこはつぶやいた。

 

そのとき、桜が入ってきて、なでしこはキャンプで使うのが楽しみだよ~と満面の笑みで桜にガスランタンを見せた。

炎の大きさを調節して盛り上がるなでしことお父さんを見て、桜の顔にもフッと珍しく笑みがこぼれた。

 

『じゃ、コンビニ行ってくるね』

桜が車に乗り込むと、助手席のダッシュボードの上に包みが置いてあった。

 

寒がりな桜のために、なでしこが繰り返し使えるアウトドア用カイロを買ってくれたのだ。

 

『バイト代は、キャンプに使うって言ってたのに・・・』

桜はカイロを取り出すと、家のほうを見てささやいた。

『無理してんじゃないわよ』

 

 

お姉ちゃん いつもありがとう!

山梨の冬は寒いけど

負けないでね!!

 

なでしこ

 

へやキャン△ #3 キャンプの思い出

部室で今までみんなで行ったキャンプを思い出し、語り合うなでしこと千明と犬山。

そこで、そんな楽しい思い出をいつでも見られるようにプリントアウトしてもらったと、なでしこが写真を持ってきた。

 

『わあ!半年も経ってないのに、めっちゃ懐かしい感じするわ~』

『写真っていいもんだよなぁ』

千明も犬山も写真を見てしみじみ。

 

なでしこはこれからキャンプの写真を部室の壁に貼っていくのはどうか?と提案した。

犬山と千明は、大賛成!

すると『実は、さっそく幾つか貼ってみました~』と、なでしこは写真を持って部室の隅にしゃがみ込む。

 

見ると壁の左下の部分から几帳面に貼られているではないか!

 

『端からぴっちり敷き詰めるつもりじゃ・・・』

『間違いない』

 

犬山と千明がつぶやくと、ニシシシ・・・となでしこは小悪魔な笑みを浮かべてみせた。

 

~4話につづく~

 

 

『ゆるキャン△2』3話の感想

まさか、ゆるキャン△で泣くことになるとは思いもよらず。

なでしこと桜お姉ちゃんの絆にほろりとしてしまいました。

いつも怖い印象のお姉ちゃんだけど、ちゃんと妹のことを気にかけてくれてるし、なでしこもまた、そんなお姉ちゃんのことが大好きなんですよね。

家族みんなに愛されてるなでしこのことをやっかむ気持ちもあるのかな、なんてちょっと考えたりもしたけど、原作を読めば、謎めいた桜さんの過去とか(昔からこんな性格なのかとか)わかるのかな?

 

初めてのお給料で、自分が欲しいものと同じくらいの値段がするものをお姉ちゃんにプレゼントするってなかなかできないことだと思うので、なでしこってすごいと思いました。

なんかシーズン2入って、リンよりなでしこエピソードのほうが強いような…?

へやキャンのせいもあるかな?

野クルの部室が縦に細長くて、椅子も何もなくて、あそこがほんとに自分の部室だったらきついな~。

部屋の隅から隅まで写真を貼ったら、めっちゃすごいことになりそうだわ、なでしこちゃん。笑

 

海老天重もめっちゃ美味しそうで、ひさしぶりに食べたくなりました~!

ていうか、天重なんて人生でほとんど食べたことないような気が…( •̀ㅁ•́;)

あー、お腹すいた~。

ほんと飯テロドラマだよ~。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
SP 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話