『ゆるキャン△2』10話ネタバレと感想│リンとなでしこ、桜の 3者3様の旅!友達想いのリンちゃんの行動が熱い!

にこ

今回は、2021年6月3日放送『ゆるキャン△2』10話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

奥山梨の旅の途中、桜(柳ゆり菜)と遭遇したリン(福原遥)は一緒にお茶することに…。

 

はじめは緊張するも、意外な話題で意気投合!

 

その頃、なでしこ(大原優乃)は順調にソロキャンを楽しんでいた。

 

ところが途中から連絡が途絶え、心配になったリンは…!?

それではさっそく、10話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
SP 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 最終話

『ゆるキャン△2』10話のネタバレあらすじ

奥山梨の旅の途中。

桜(柳ゆり菜)と遭遇したリン(福原遥)は、古民家カフェ「かぎや」でお茶をすることに。

 

最初は何を話したらいいかわからず緊張していたリンだったが、意外なところで意気投合!

桜は「原付旅」というテレビ番組の大ファンだったのです!

その食いつきのすごさに、リンはびっくり!

 

一方、なでしこ(大原優乃)は念願の「しぐれ焼き」に大興奮!

しぐれ焼きは、お好み焼きと富士宮焼きそばを合わせたご当地グルメ。

口に入れると、イワシの削り節とソースのさっぱりとした味付け、もちもちの太麺が食べ応え満点です!

 

今まで1人で外食をしたことがなかったなでしこは、ちょっと大人な感じを堪能しつつ、おでんも食べるぞ~と思うのでした

ŧ‹”ŧ‹”(๑´〰`๑)ŧ‹”ŧ‹”

 

同じ気持ち

リンがえごまチーズケーキを『ウマっ♪』と至福の表情で食べていると、

話題はなでしこの話に。

 

桜の気持ちを考えたら、妹がひとりでキャンプなんて心配だろう。。

リンはやっぱり止めたほうがよかったかと悩みました。

 

そこに、なでしこから

「はらごしらえ完了!これから買い出ししてキャンプ場に向かいます!」

と、元気いっぱいのなでしこの自撮り写真が届きました。

 

もちろん桜にもおんなじメッセージが届き、2人は同じ気持ちを共有してほっこり~。

一気に打ち解けた2人は、お互いのスイーツを交換して食べ合いっこするのでした(,,>᎑<,,)

 

その後、リンと別れた桜は、奈良田の里温泉の「女帝の湯」へ。

でも桜には少しぬるめだったようです。

 

ここをキャンプ地とする!

その頃、買い出しを終えたなでしこは富士川駅から5.5㎞の場所にある「野田山健康緑地公園」へ!

 

坂道を登っていく途中、見晴らしのいい場所から景色を見てしまったなでしこは、

これじゃキャンプ場から見た時の感動が薄れてしまう!と目隠しをしながらよろよろ前進。

ついにキャンプ場に到着しました!

 

目の前には富士山が見え、なでしこはごきげん♪

テントを設営する前に、キャンプ場を見て回ることに。

他にもキャンプをしている親子連れを見つけ、安心します。

 

なでしこは親子に元気にあいさつすると、その隣にテントの設営場所を確保。

近くのほこらに手を合わせ、さきほど我慢した景色を見に向かいました。

 

すると目の前がパ~ッと開け、駿河湾まで一望できる絶景が!

こんな景色がただで見れるなんてサイコー!

なでしこはご満悦でソロキャンの準備に取り掛かりました。

 

まずはテントの設営から!

1人だとちょっと大変なところもありましたが、なんとか組み立て。。

お次はアウトドア実験料理~!

 

美味しくできたら、みんなでキャンプに行くときのレパートリーに加えられるし、1人だと失敗しても迷惑がかからない。

 

ウキウキと食材を出しているなでしこを見て、

『あの人、1人でキャンプしてる。。』

『めっちゃしゃべってる。。』

と、隣の子供たちは不審に思うのでした(;´∀`)

 

熊の手

一方、温泉を出た桜は「ジビエ処理加工施設」にある直売所へ。

そこには鹿、熊、イノシシの肉が売られていました。

 

ツキノワグマのはく製も置かれていて、桜は高級中華の「熊の手」もジビエだと気づきます。

 

でも「熊の手の煮込み」をスマホで検索してみると、

まずショウガやネギと一緒に4、5時間煮込んで臭みを抜き、

次に毛抜きですべての毛を抜くのに6時間!

さらにいろいろ時間がかかりまくることがわかり、、

もうそれ以上読むのはやめ、桜は食べやすそうな鹿肉を買うことにしました。

 

通行止め!

その頃、リンは冬季閉鎖中のゲートの前で立ち止まっていました。

 

『またこれか・・・』

と思いきや、ちゃんと下調べしてきていたリンはがっかりすることもなく、

こうして見ると趣深い気がすると写真に撮っていました。

 

それからリンはまたビーノに乗り、山道を走ります。

 

『テントにじゃがいも干してます、注意』

ブブー。

これは落石注意の標識です。

 

雨畑湖を通り、リンが着いた場所は、学校を改装して作った宿「すずりの湯 ヴィラ雨畑」でした。

 

長いつり橋

ビーノを降りて散策を始めたリンは、長いつり橋を発見します!

恐る恐る渡ってみると、思ったよりしっかりしていて調子に乗るリン。

 

すると急につり橋が揺れ、おわおわわ~~~!(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)

真ん中らへんは、超揺れるのです!

リンは足幅を広げ、腰をかがめながら用心深く元の場所に戻りました。

 

やっぱり心配!

その後、ヴィラ雨畑で温泉に入ったリンは扇風機の風にあたってまったり~。

やっぱり温泉は熱いぐらいがちょうどいい。

 

そのときリンは、なでしこからぱったり連絡がこなくなったことに気づき、不安になります。

送ったメッセージも未読のままだし、電話しても留守電。

あの辺は山だから、電波が通じないだけ。。

そう思い、リンはマッサージチェアに座りますが気になってしかたありません。

 

もし、なでしこが迷子になっていたら?

千明(田辺桃子)扮する熊?に襲われていたら?

謎のテーブルクロス結社に襲われていたら?

 

いくら「なでしこは電波が通じないだけ・・・」と思い込もうとしても、気になってしょうがありません!

 

時刻はもうすぐ午後4時。。

 

なでしこがソロキャンに行くと言い出したのは自分のせいだし。

責任を感じたリンはビーノを走らせ、なでしこのもとへ向かいました!!!

 

〜11話につづく!〜

 

へやキャン△ #10「うしろの斉藤さん」

図書室にやってきた斉藤(志田彩良)は、リンが居眠りしているのを見つけ、そっと近寄り。。。

くしを取り出し、リンの髪の毛に大量のアメピンをさします。

 

そしてできあがると、カシャカシャとリンの写真を撮影し、満足そうに帰っていきました。

 

その後、目を覚ましたリンはみんなの注目を浴びながら廊下を歩きます。

みんなに笑われていることに気づいたリンは、

『なに?』

と、ジロリ。

 

リンの頭の上には、斉藤がこしらえた二重の塔のようなものがドーンと乗っかっていたのです!

 

 

~おしまい♪~

 

 

『ゆるキャン△2』10話の感想

斉藤さん、すごっっ!

台本のト書きにも感動~。

あの一瞬に、こんなふうな想いが込められているんだなぁと思うと感慨深い。

あれに気付かずに帰ろうとするリンもすごいなぁと思いました。

気づいたときが恐ろしい(;^ω^)

 

しかし午後4時からビーノを走らせ、なでしこのところに向かうリン!

いくら自分のせいでなでしこがソロキャンに目覚めたからって、そこまでするって愛されてるなぁ、なでしこちゃん。

もしかして桜もラシーンでキャンプ場に駆けつけたりして?

 

それで一気に1人だったキャンプが3人になって、なでしこの実験料理を食べて、隣の子供たちを驚かせるのだ~。

 

原作を知らないので妄想しちゃってますが、

このなんとも言えない なでしことリンの絆がいいですね♪

 

つり橋が思ったより長くて高くて、私だったら足がすくんで絶対無理~!と思いました(;^_^A

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました!

またの~。

 

その他のあらすじ
SP 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 最終話