ドラマ『アシガール』6話ネタバレあらすじと感想│若君が現代にタイムスリップ!変わる意識と生まれた友情

アシガール ネタバレあらすじ

にこ

今回は、ドラマ『アシガール第6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

兄・成之(松下優也)の陰謀により、瀕死の重傷を負った忠清(伊藤健太郎)

 

唯(黒島結菜)はなんとか救いたいと、忠清を現代にタイムスリップさせます!

 

はたして唯の家族は、忠清を受け入れてくれるのか?そして戦国時代に残された唯は…!?

それではさっそく、6話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『アシガール』6話 平成に若君キター! のネタバレあらすじ

忠清(伊藤健太郎)は、高山との和議のために訪れた吉田城で、何者かに矢で胸を射られ重傷を負います。

瀕死の忠清を見て、唯(黒島結菜)はなんとか助けようと、忠清を現代にタイムスリップさせます!

 

現代では、実験室にいきなり着物姿の忠清が現れ、尊(下田翔大)と父・覚(古舘寛治)、母・美香子(中島ひろ子)がびっくりしていました。

でも忠清が怪我をしていることに気づき、美香子はすぐに病院に運び、手当てをしてくれます。

 

尊は床に落ちていた『たける、わかぎみをよろしく』と書かれた唯の手紙を見つけ、

瀕死の若君を丸投げですかぁ!?

と目を丸くしました。

 

帰ってこない若君

一方、戦国時代に残った唯は、忠清が戻ってこないので焦っていました。

タイムマシンのルールなら3分後には戻ってくるはずなのにおかしい!!

忠清を送り出してからもう1時間経っています。

 

すると外に出ていた天野信茂(イッセイ尾形)が戻ってくる声がして、唯は慌てて隠れました。

 

信茂は忠清がいなくなったことに気づくと、すぐに城内を探させました。

小平太(金田哲/はんにゃ)が『高山の仕業では…』と言い出し、話はどんどん大きくなります。

 

そこに、高山の武将・坂口(山本龍二)が見舞いに現れ、唯はびっくり!

その男こそ、如古坊(本田大輔)と若君暗殺について話をしていた男だったのです!

 

唯はそいつが犯人だと言いたくてうずうずしますが、ここで戦になるのはまずいと我慢します。

 

信茂は坂口を疑いつつも、黙って帰らせました。

なぜなら、あの日の城の守りは完璧。

ということは、刺客を手引きしたのはこちら側の人間ということ…。

信茂はそう睨み、まずは忠清の捜索を急がせました。

 

唯は忠清は絶対生きていると信じ、城を抜け出しました。

若君に事情を説明する尊

一方、現代では、忠清が意識を取り戻し、ひと安心。

忠清は看護師さんたちに名を聞き、『芳江殿、エリ殿、難儀をかける』と言葉をかけます。

それを聞き、芳江もエリも『痛みいります…!!』とかしこまるのでした。

 

その後、尊は、唯が自分の作ったタイムマシンで戦国時代に行き、あとひと月は帰ってこないことを両親に説明しました。

 

同じことを忠清に説明すると、忠清は唯之助は大丈夫かと心配しました。

でも向こうでは、こちらのひと月がたった3分。少ししか時間は経ちません。

だから次の満月までゆっくり休んでくださいと、尊は言いました。

 

すると忠清は『450年。これは奇怪な話じゃ…』と呟きました。

その姿を見て、尊は一瞬見とれてしまいます。

前略 お姉様

 

お姉様は超面食いだったのですね

と頷く尊…。

 

尊はタイムスリップの話を聞いても驚かない忠清に、どうしてそんなに落ち着いていられるのか尋ねました。

すると忠清は、

『わしは何もわからぬ時は全てわかる顔で何も言わぬ。見えぬ時は見えるまで黙す。むやみに騒ぐは無意味なことじゃ』

と答えました。

 

尊は、さすが戦国武将と納得。

忠清に名を聞かれ、

『それがしは唯之助の弟で、尊と申します』

『よい名じゃ。励め』

『ははっ』

とすっかり忠清モードになるのでした。

若君、退院

数日後、忠清の傷は無事に塞がり、退院の日がやってきました。

忠清はパーカーにジーンズに着替え、初めてタクシーに乗ることに。

 

しかしさすがに車は刺激が強かったようで、忠清は唯の部屋で休みました。

そこで忠清は唯の写真を見つけ、微笑みました。

 

そこに尊が卵がゆを作ってきました。

唯が尊の誕生日にあげた『肉食系』と書かれたTシャツを着て、卵がゆを食べる忠清。

そんな変なTシャツも忠清には似合っています。

 

尊は忠清に『うまい』と言われただけでこんなに嬉しいのかと、忠清の家臣の気持ちのような気持ちになりました。

 

すると忠清は、傷も癒えたし城に帰りたいと言い出しました。

実は忠清は、タイムスリップのことを何もわかっていなかったのです。

そこで尊は、忠清に現実を知ってもらうため、黒羽城跡に連れていくことにしました。

真実を知る若君

翌朝、美香子は忠清に、尊の制服を着せてご満悦。

街を歩けば、女子高生たちがキラキラとした目で忠清を振り返ります。

 

すると途中で、木村先生(正名僕蔵)が不良3人組にたかられているのを発見!

忠清はたまたまそこに落ちていたステッキで不良たちをあっという間に倒します。

 

そのうちの1人が木村先生のカバンを持って逃げ出し、忠清は尊に追うよう命じます。

 

尊はビビりながらも大奮闘。

初めての喧嘩に、腰を抜かしてしまいます。

それを見た忠清は『幸せなことじゃ。争いを知らずに暮らすことができる』と笑顔で尊を助け起こしました。

 

この後、お礼を言ってきた木村先生を見て、忠清は家臣の木村そっくりで驚きます。

忠清はふっと笑うと、『やはり木村は不意討ちに弱い。精進せよ』と言い、立ち去りました。

 

黒羽城跡につくと、忠清は『ここが黒羽城…』と城壁に触れました。

そして、唯之助が何度も『若君を守る』と言っていた言葉の意味を、尊に問いました。

 

そこで尊は覚悟を決め、唯は忠清を救うために450年前の世界に行ったこと、今年中に羽木は滅びること、忠清も家臣もみんな亡くなることを伝えました。

 

若君の決意

それを知った両親は『若君はまだ18歳なのよ!?』と驚きました。

でも尊は、忠清なら何があっても逃げ出さず、全力で困難に立ち向かうはずだと信じていました。

 

その後、尊が唯の部屋に行くと、忠清は唯の写真を見ていました。

 

尊が『姉はほかはなんにもできないけど、走るのだけは得意』と言うと、忠清は『存じておる』とにっこり笑いました。

 

そして忠清は尊に、

『唯之助、…唯は、わしを守るために450年前の世界に行ったのだと言ったな。では唯は、己の力で定めを変えることができると考えているのか?

と尋ねました。

 

それに対し尊は、唯は何も考えていない、できるかできないかじゃなくて、ただ『若君を守る…』それだけだと答えました。

 

忠清は今までの唯の言動をありありと思い出し、『そのとおりじゃ』と笑いました。

 

ならば定めは、わしが己の力で変えてみせよう

忠清はそう言うと、竹刀を持ち鍛錬に励みました。

戦国時代に戻る日に向け、忠清は本格始動したのです。

 

忠清は、覚の得意料理・れんこんのはさみ揚げをもりもり食べると『このようにうまいものを食べたことがない』と言いました。

それを聞き、覚もとっても嬉しくなります。

尊と覚は忠清に習って、素振りを始めることにしました。

成之が跡継ぎに!?

一方、戦国時代では…。

城主・羽木忠高(石黒賢)が、忠清の行方がわからず苛立っていました。

 

今は、高山との和議、松丸との婚儀、小垣城の立て直しとやることが山積みです。

城では忠清が見つかるまで、兄・成之(松下優也)に出てもらってはという意見も出ていました。

 

するとそこに、成之がやってきて、忠清の捜索は自分に任せてほしいと名乗り出ました。

 

このまま忠清が見つからなければ成之が跡を継ぐことになり、お付きの如古坊も出世します。

それを聞いた唯はいてもたってもいられません。

成之の屋敷に向かいました。

 

狙われる唯

唯が屋敷に行くと、成之が現れ、花を生け始めました。

唯が如古坊について尋ねると、彼は忠清がいなくなった日から姿を消していると言います。

 

唯がどういうことかと考えていると、今度は成之が『若君の行方を知らないか』尋ねてきました。

唯は会えばいつも『若君様は』と後を追っているのに、今日は尋ねてこない。ということは、居所を知っているのでは?というのです。

 

唯は慌てて『私はただ信じているんです。若君が帰ってくることを』と言いました。

自分だけではなく、お馬番のみんなも、足軽のみんなも。

 

でも唯は、忠清は兄上である成之に探してもらえるのが1番嬉しいだろうと言いました。

だって忠清は、成之のことを話す時、とっても嬉しそうだったから。

ずっと離れて暮らしていた兄上さまと暮らせるようになって、兄上さまに幸せになってほしいんだなと思ったと、唯は語りました。

 

するとその時です!

唯目がけて小刀が飛んできて、殺気を感じた成之は刀でそれを払い落としました。

そして『今の何?』と驚く唯に、急いで立ち去るよう命じました。

 

唯はその剣幕にたじろぎながらも、成之が剣が上手なんて意外だと思います。

唯を襲った犯人

唯がいなくなった後、成之は裏であくびをして寝転がっていた如古坊の脇に、先ほどの小刀を突き立てました。

 

さっき唯を殺そうとしたのは、如古坊だったのです!

 

成之は、城を血で汚すようなことがあれば、犯人が近くにいると触れ回るようなものだと、如古坊の胸ぐらを掴みました。

 

それにもう、馬番の小僧の始末は考えてある

そう言うと、成之は怪しく微笑みました。

 

するとそこに、騒ぎを聞きつけた成之の母・久(田中美里)がやってきました。

 

久は成之に城で辛く当たられていないか尋ねると、

父・忠高が成之には全く微笑みもせず、成之を亡きものにしようとした恨みつらみを話し始めます。

 

成之は『それは昔のこと…』と久の話を止めると『じきに私が総領となりましょう』と言いました。

それを聞いた久は、『よい子じゃ。おまえはよい子』と成之の背中を撫でました。

 

追われる唯

唯が馬小屋で仕事をしていると、馬番たちが『逃げろ!』と飛び込んできました。

なんと唯が高山と通じ、忠清を襲わせたとして指名手配されたというのです!

 

それを聞き、唯は如古坊のしわざかと思いますが、成之は今は如古坊はいないと言っていました。

ということは、まさか成之が…!?

 

唯はショックを受けながらも、馬番たちにお金や毛皮をもらい、抜け道を通って山に逃げました。

 

しかしお腹がすいた唯は、真っ暗な森の中で倒れてしまいます。

すると女性が近づいてきて、唯に水を飲ませてくれました。

それは、黒羽城に向かう途中の松丸の阿湖姫(川栄李奈)でした。

 

唯は道に迷っていた阿湖姫たちに道を教えると、また走り出しました。

 

ところが現代では…

忠清が感染症にかかり、しばらく安静にしなければならないことに。

 

残された唯ははたして生き延びることができるのでしょうか…⁉

 

〜7話につづく〜

 

『アシガール』6話の感想

 

現代でも若君は若君!

それにみんなが感化され、『はは〜っ』とかしこまる姿が面白かったです。

 

肉食系と書かれたTシャツ姿も可愛かったし、私的に、庭で竹刀を振る若君が1番かっこよかったです。

あれは、カッコいい!!

尊とお父さんも素振りを始めようかなと思う気持ちがよくわかりました。

 

若君も基本は誰のことも否定せず、褒めてくスタイル。

お父さん、レンコンのはさみ揚げ美味しいと言ってもらえてよかったですね!

 

あとは唯の写真を見る若君の目が、本当に優しくてえがったです♪

 

それから、尊の「姉はできるかできないかじゃなく、ただやるって人です。自分が若君を守るってそれだけです」という言葉がえがったですね~(´-`*)

なんだかんだ尊は、自分の想いのままに動ける唯を尊敬しているのかな…。

 

そしてその言葉に動かされ、今まですべては定めだと諦めていた若君の心に変化が…!!!

 

こうして現代に戻って戦のない穏やかな生活を知った若君は、己の定めと戦う決意をします。

 

意識の変わった若君が、これから父や兄に対してどんな発言をしていくのか、どんな国を作ろうとするのか、楽しみです!

 

 

一方、唯は戦国時代で大変なことに!

如古坊に殺されそうになるし、成之に指名手配されるし。

 

でも、成之が唯を助けたのは、城を血で汚したら怪しいと思われるからだと言っていたけど、それだけかな?

 

若君がどんだけ成之のことを思っているか、幸せそうに語る唯の話をもう少し聞きたいと思ったからじゃないかな、とか淡い希望を抱いてしまいます〜。

 

 

馬番の人たちは唯にいつも酷いこと言ってたけど、いい人たちでしたね!

唯に手持ちのお金を全部あげて、悪丸は抜け道を知ってる画治郎を引っ張ってくる。

画治郎は着ていた毛皮を唯にくれ、唯は『くっさ!』と顔をしかめながら、その毛皮をちゃんと着る。

 

出番はちょっとしかなくても、みんな愛しい人々!

唯と若君の周りに広がる温かい輪が大好きです。

 

 

ずっと実験ばかりで引きこもっていた尊も、若君に会うことで変わってきましたね!

日中から堂々と不良に絡まれる木村先生にはびっくりしましたが、木村先生だからねと納得してしまうのが不思議です。笑

 

最後には、にこにこ阿湖姫様も出てきて癒やされました。

今はひたすらいい子って感じの阿湖姫ですが、なんとなくドラマのキーパーソンな気がするんですよね~。

これから唯や忠清、成之たちとどう関わっていくのか楽しみです!

 

 

次回『アシガール』7話の見どころは?

 

唯は高山のスパイだと疑われ、山で野宿しているところを、“じい”こと天野信茂に助けられ、女中として働くことに。

 

 

すると業を煮やした追っ手は、吉乃(ともさかりえ)を人質にとり、唯をおびき出します!

 

 

忠清がいない間に、唯を試すかのように襲うピンチの数々!

 

このピンチを唯はどう切り抜けるのか?

次回は、成之と阿湖姫が出会うシーンもあるようで、楽しみです〜♪

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ