『レンタルなんもしない人』8話ネタバレあらすじと感想│優しさ+α

にこ

今回は、2020年5月27日放送『レンタルなんもしない人第8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ある日、将太(増田貴久)は『デートコースを一緒に振り返ってほしい』という瀬戸正一郎(松尾諭)の依頼を受けます。

 

 

彼は3週間前に、婚活で知り合った女性に告白したけど返事がなく、何が悪かったのか一緒に見てほしいというのです。

 

 

将太はいつもどおり依頼者の質問に答えながら付き合いますが…!?

 

 

 

ショートストーリーには、ヒャダインさんが「ベターライフ」の編集者として登場!

 

 

沙紀(比嘉愛未)とのやり取りも多く、今までで1番好きなお話かも!!!

 

それではさっそく、8話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじはコチラ

『レンタルなんもしない人』8話のネタバレあらすじ

ある朝、森山将太(増田貴久)が立っていると、若い男性が走ってきて交通費だけ渡し、走っていった。

 

あまりの早さに、『え?それだけ??』と走ってくるベターライフの編集者・河野(ヒャダイン)

 

その依頼とは『授業に遅刻しないよう、大学の前で待ち合わせをしたい』というものだった。

出会った瞬間別れたので、レンタル最短記録を更新!

将太はすぐにツイッターで報告した。

 

初めてのメディア取材

その後、2人は喫茶店に移動し、取材を受けた。

・今までで1番遠かった依頼は?

 

「カンボジア。でも直前になって胃腸の調子と海外のWi-Fi事情が気になり、断りました」

 

 

・レンタルなんもしない人をやろうと思った理由は?

 

「なんもしないことが向いていると思ったから」

 

 

・常になんもしないというのはかえって難しくないか?

 

「別に平気です」

 

 

・この活動で大変な思いをしたことは?

 

「ないです。大変そうだと思ったら断るので」

 

 

・最後に伝えたいことがあれば

 

「特にないです」

 

という感じで、初めてのメディア取材はサクサク終わり、将太は『胡散臭いネーミングの雑誌だけど、ちゃんとした人が来てよかった』とツイートする。

次の依頼

その夜。

将太は洗濯物を畳むのに挑戦していた。

でも沙紀(比嘉愛未)のシャツをどうやって畳めばいいかわからない…。

 

将太が困っていると、沙紀がやってきて『男子には難易度が高いか』とサササっと手際よく畳んでくれた。

将太が拍手すると、沙紀は『どうもどうも』とペコペコした。

 

将太は沙紀に、『奥さんもよかったら一緒にっていう依頼なんだけど、明日の夕方、暇?』と尋ねた。

でも沙紀はマンションの会合があり無理だった。

 

すると、瀬戸正一郎(松尾諭)という42歳の男性から

マッチングアプリで知り合った女性に、デートの時に告白したけど返事がない。何が悪かったのか、一緒にデートを振り返ってくれませんか?

という依頼が届いた。

 

将太は『15時までなら大丈夫です』と依頼を引き受けた。

 

振り返りデート開始!

翌日、将太は瀬戸に会い、彼女とデートしたコースを一緒に回った。

 

まずはパンケーキのお店から。

瀬戸は彼女がパンケーキを好きなことを知り、都内の店をリサーチしたという。

 

将太はデートの下準備なんてしないが、瀬戸は話そうと思う内容もスマホにメモ、デートも30分前には着いて下見するという入念さだ。

 

瀬戸は周りを見回すと、いつか運命の人と出会って結婚できるかなと思ったけどそんな出会いはなく、去年から本気で婚活を始めたという。

 

でも結果は30戦30敗で、なかなかうまくいかない。

そんな時に出会ったのが彼女だった。

 

彼女とは気も合うし、旅行好きという趣味も一緒だし、瀬戸は思い切って3回目のデートで告白した。

でも3週間経っても返事がない。

『これは駄目ってことですよね〜』と瀬戸は嘆いた。

 

その後、瀬戸は『レンタルさんはどうやって奥さんと知り合ったんですか?』と質問した。

将太は『ネット大喜利のオフ会で知り合いました』と答えた。

でも瀬戸の言うような、ビビビっとくる出会いではない。

瀬戸は彼女に、ビビビっときたのだという。

だから余計に落ち込んでいるのだ。

 

占い

食事の後は、占いへ。

彼女との相性は95%で、彼女もまんざらじゃなさそうだんだけど…と瀬戸は笑った。

 

まず最初に瀬戸が占ってもらい、『自分の気持ち、まだ伝えてないでしょ?告白したほうがいい』と言われた。

それを聞き、瀬戸はもうしたとは言えず、苦笑いする…。

 

次は将太。

仕事運がいいわね。必ず努力は実を結ぶわ』と自信満々に言う占い師に、『特に努力はしてません』と答える将太。

 

『いや、人に隠れて努力してるはず』

『隠れてもないし、努力もしてません』

『謙遜しなくていいのよ。あなた仕事は何をしてるの?』

『レンタルなんもしない人をやってます』

『え?』

 

通じない2人のやり取りに、瀬戸は思わず吹き出してしまった。

 

告白の場所

次は、ボート乗り場。

瀬戸はボートを漕ぎながら、将太がどうやって奥さんに告白したのか尋ねた。

でも将太は『あまり覚えていない』と無表情に答えた。

 

すると『それ!そういうミステリアスなところに女性は惹かれるんでしょうね』と瀬戸は羨ましそうに言った。

 

瀬戸は池の中心まで行くと、空が夕焼けに染まる頃、ここで告白したことを明かした。

『結婚を念頭につき合ってください』という言葉だけでは足りなくて、ラブレターまで添えて…。

 

瀬戸は彼女とのデートを全て振り返ると、将太にデートはどうだったか尋ねた。

将太は瀬戸の顔をじっと見つめると『…普通ですね』と答えた。

 

それを聞き、瀬戸は軽くショックを受けた。そんなこと、誰もはっきり言ってくれないからだ。

 

でも瀬戸は、昔長くつき合っていた彼女にも『結婚は考えられない。優しいだけじゃ物足りない』と言われていた。

 

瀬戸は彼女のことを1番に考えているのに、なぜ想いが届かないんだろうと嘆いた。

『僕ってつまんないでしょうか?』という瀬戸に、『判断できません』と将太は答えた。

 

既に結婚している将太には、瀬戸の淋しさ、誰にも関心を持たれていないかもという気持ちはわからない。

 

瀬戸は誰かに自分の人生を見ててほしい、気持ちを共有してほしいと思い、そのことを彼女へのラブレターにも綴ったという。

 

そしてせっかくだから将太にも見てほしいと、ラブレターの文面をスマホで見せた。

 

すると『これ、「てにをは」の使い方を間違えてます』とツッコむ将太。

瀬戸はガクッとして、内容はどうか尋ねた。

将太は『よくわかりません』と答えた。

 

『そうですよね』と瀬戸は寂しそうに笑うと、岸に戻った。

将太は降りるとき、勢いがつきすぎてつんのめってしまった(たぶん素。)

 

告白の返事

その時、彼女からLINEの返事がきた!

瀬戸はドキドキしながら読み上げるが、途中で黙り込み『ダメでしたね』と笑った。

文面からするに、やはり優しいだけではダメなようだ。

 

 

女性は優しい人が好きって言うけど、実際はそうじゃない。優しさ+αを持ってる人が好きですよね』と瀬戸は言った。

お金とか顔とか強引さとか、ミステリアスさとか…

 

瀬戸は『レンタルさんはなんで結婚できたと思いますか?』と尋ねた。

すると将太は『さぁ?』と首を傾げた。

『そういうとこですよ!』と瀬戸は声を大にしてツッコんだ。

 

結婚できてる人は特別なんも努力もしない。ガツガツしてない。なのにあっさり結婚する。

だけど自分は努力しても、誰にも選ばれない。

 

瀬戸は『なんでお金を払って惨めな想いをしなきゃいけないんだろう』と呟いた。

 

それに比べ、将太は幸せが滲み出ている。瀬戸にはそう見える。

だから将太のことが正直羨ましいと、瀬戸は言った。

 

15時になり、瀬戸は『そろそろ時間じゃ…』と将太に声をかけた。

すると将太は『まずい!間に合わない!』と急に慌てはじめた。

 

微笑み返し

そこで2人はタクシーに乗り、次の依頼先の櫻木神社に向かった。

境内に入ると依頼人はまだおらず、将太はホッとした。

 

瀬戸がなんの依頼が尋ねると、将太はスマホを見せた。

それは『今日、結婚式をするので、偶然出くわしたくらいの気持ちで眺めてほしい』というものだった。

 

瀬戸はそれを見て『このタイミングで結婚式か…』と帰ろうとした。

するとその時、笙の音が聴こえ、向かいから年配の白無垢姿の花嫁さんと袴姿の旦那さんが歩いてくるのが見えた。

 

瀬戸はそれを見て、将太の隣で一緒に見ることにした。

 

あのご夫婦は年齢を気にして誰も結婚式に呼ばなかったが、直前になってやっぱり誰かに見ていてほしいと思い、依頼したという。

 

『あわよくば微笑んでいてほしい』という女性の願いを受け、将太と瀬戸は微笑んでみせた。

 

けれども将太の顔は、超緊張した顔にしか見えず、瀬戸は笑ってしまう。

そこで将太は笑顔を作り直す。

でも今度はなにか企んでいる顔。

その次は、ほぼ真顔。

 

その時、依頼人の女性が将太たちに気づき、嬉しそうに笑い、会釈をしていった。

 

結婚式を眺めながら、瀬戸は呟いた。

人生って不思議なもんですね。

自分の人生を誰かに見てほしかった僕が、誰かの人生を見てる。

僕もあんなふうに微笑みを微笑みで返す日がくるのかな…。

 

レンタルさん。

僕は、優しさに何をプラスすれば結婚できると思いますか?

 

将太は瀬戸を見ると

もう、優しさに優しさがプラスされてる気がしますけど

と答えた。

 

なぜなら将太が瀬戸の立場なら、失恋してすぐに結婚式で微笑むなんてできないから…。

 

それは、嘘をつくのが苦手な将太の、本当の言葉だった。

 

それを聞き、瀬戸は『フフッ。レンタルさんにそう言われると倍嬉しいですね』と嬉しそうに笑った。

 

その後、2人はおみくじを引いたり楽しい時間を過ごし、別れた。

 

将太は『一緒に過ごしている時にメールで相手に振られるという気まずい展開になったが、最後に微笑んでくれて何よりでした』とツイートすると、瀬戸の背中を見送った。

 

 

前を向いて

その後、瀬戸がランニングしていると、神社で会った花嫁さんからメールが届いた。

 

そこには『本日は、いい微笑みをありがとうございました』という言葉と共に、将太と瀬戸の微笑む写真が添付されていた。

 

瀬戸はそれを見て微笑むと、また走り始めた。

 

捻じ曲がる矛先

ちょうどその頃、神林(葉山奨之)は会社の前で、まりあ(松川星)を待ち伏せしていた。

 

けれども、まりあは既に新しい彼氏ができていて、もうこういうのはやめてほしいと去っていく。

 

神林はまりあのフォローを解除すると、将太にコメントした。

レンタルなんもしない人、よく奥さんを家に置いて外をほっつき歩けるよな

 

するとまた次々に「いいね」がつき、神林は『いいね〜』と呟いた。

 

見事な戦法

一方、金田(古舘寛治)はベターライフのレンタルなんもしない人の取材記事を見てびっくりしていた。

そこに将太が歩いてきて、見比べる金田。

 

金田は『あんた有名人だったのか!』と言うと雑誌にサインを求めた。

 

と思ったら、

『いつも買ってもらってありがたいわ。今、自分のに名前書いたんだろ?いい心がけだ』

と、金田はニコニコ手を差し出した。

 

 

もやし比べ

将太が家に帰ると、沙紀は熱心に何かを見つめていた。

 

沙紀は将太に気づくと、『一見同じに見えるもやしも、並べてみると形が違うんだね』と感心して言った。

 

長いもやし、細いもやし、曲がってるもやし。

人間と一緒で、十人十色。

 

沙紀はその中の1本をつまむと、

『これはキミ似のもやしだ!この絶妙になんもしてない感じ。もはやキミだよ』

と将太に見せた。

 

そうして、もやしひき肉炒め&半熟卵のせ丼が完成!

沙紀は貯金も減ってきたので、1食275円を目指し、頑張っていた。

 

将太と沙紀はひと口食べて『うま!』と笑い合う。

 

こうして今日も、森山家のしあわせなひと時が過ぎていく…

 

 

ラストは、ボートに寝そべる将太。

 

青い水面がとても綺麗!

 

曲の最後に将太は空に向かって手を伸ばしていました。

 

 

〜9話につづく〜

 

 

『レンタルなんもしない人』8話の感想

 

なんかめっちゃ笑って、泣いてしまいました。

今までのレンタルさんの中で1番好きな回かも(>ω<)

 

瀬戸さんいい人なのに振られてしまって、救いのない感じで終わるのかと思ったら、高齢の花嫁さんから『結婚式を見てほしい』という依頼が。

 

うまく微笑めない将太と、それに対する瀬戸さんのツッコミが愛しすぎるし、

最初はぎこちなかった2人が、最後は前からの友だちみたいになってたのがよかったです♪

瀬戸さんが元気になってホントよかった〜!

 

結婚したら幸せになれるなんてそんなことはないと思うけど、

幸せそうに旦那さんと微笑み合う花嫁さんを見て、

『あんなふうに微笑みに微笑みを返す日が僕にもくるのかな…』

という瀬戸さんの台詞にグッときました。

 

さらに『優しさに何をプラスにすればいいのかなぁ』と悩む瀬戸さんに、

『もう、優しさに優しさがプラスされているように思いますけど』と答える将太。

いいこと言うね〜!

ナイス〜将太〜〜!!!!!!!

 

いつもツレない返事ばかりでもっと優しい言葉をかけてあげたらいいのにと思うけど、ここぞという時はいいこと言う将太。

このセリフはあまりにも不意打ちで泣いてしまいました(;^ω^)

 

出会ったことには意味があると言いますが、

たった1日、たった1時間の出会いでも人生に残る、そんな出逢いってあると思うんです。

 

たぶん瀬戸さんは、落ち込むたびにこの日のことを思い出すんじゃないかな。

 

そんなふうに思いました。

 

 

今日は正虎くんは出てこなかったけど、沙紀とのやり取りが多くて、ほのぼのしたなぁ。

 

沙紀がシャツをさっと畳んで、将太が拍手したり、

まな板にもやしを並べて比べてみたり、

あれって将太が帰ってこなかったらかなり淋しい光景ですよね(^_^;)

 

それを見て共感してくれる人がいるからこそ成り立つものなんだと、今気づきました。

これが瀬戸さんが言ってた『僕のことを誰かに見ててほしい』という言葉の意味だったんですね。。

 

 

もやしひき肉炒め丼  半熟卵のせも美味しそうでしたね〜(๑´ڡ`๑)

実は、同じ日に放送された『今日の猫村さん』もネコムライス エッグのせだったんですよ~。すごい!!

これって偶然かな〜?

 

『うま!』と言って、『うま!』と言ってくれる人がいる。

微笑んだら、微笑み返してくれる人がいる。

それって本当に幸せなことですね〜☆

 

 

P.S.沙紀さんと将太の出逢いが、ネット大喜利のオフ会だったというのが意外でした。

でもこれって実話なんですね!

たまたまそこで出会った奥さんが、自分の通ってた大学の職員をしていて、すごい偶然だなぁと思ったのがきっかけのようです。

 

 

9話以降は、コロナの影響で延期だそうです。

もう撮り終わってるのかと思っていたのでショックです(>_<)

放送再開が待ち遠しいですね〜!

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

その他のあらすじはコチラ