『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』7話ネタバレと感想│安達が魔法使いになった理由。それはきっと君のため…

にこ

今回は、2020年11月19日放送『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)第7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ついに安達(赤楚衛二)に想いを伝えた黒沢(町田啓太)。

 

でも安達の反応を見た黒沢は、『明日会ったら元通りだから…』と言って去っていく…。

 

 

7話では、今まで語られなかった黒沢が安達に惹かれたきっかけが明らかに!

 

はたして悩んだ安達が出した答えとは…!?

それではさっそく、7話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』7話のネタバレあらすじ

少し前まで安達(赤楚衛二)の近くにいられればそれでいいと思っていた黒沢(町田啓太)

 

でも黒沢は、安達と一緒に過ごしているうちに、同期とか友達とか、そんなのじゃ嫌だと思うようになった。

 

『…好きなんだ。誰かをこんなに…』

 

 

黒沢が安達の頬に触れようと手を伸ばした瞬間、思わず安達は目を伏せた。

それを見た黒沢は顔色を変え、伸ばしていた手を下ろし、悲しそうに俯いた。

 

だが黒沢は、安達に心配をかけまいと笑う。

ごめん、やっぱり忘れて。俺もそうするから。

どうしても気持ち、伝えたかっただけだから。

次会ったら、……全部元どおりだから……』

 

『あ… 』

安達は黒沢の気持ちにこたえることも、引き止めることもできず、去っていく黒沢の姿を見送った。

 

『…わっかんね』

安達だってどうしたらいいのかわからないのだ。

 

外見ばかり見られる黒沢

翌日、黒沢は大阪出張。

女子社員たちは、黒沢の笑顔がないとやる気がでないとぼやいている。

 

昔から黒沢は、自分は見た目で得していると気付いていた…。

 

今までたくさんの女の子に告白されたけど、

理由を訊いても『えっ…』と言葉を濁されるばかり。

 

外見しか見られていないようで嫌で、

でも口にしたら嫌みにしかならない気がして、

黒沢はずっと気にしないふりをしてきた。

 

そんな黒沢が入社してしばらくたった頃、松浦社長と飲むことになった。

松浦社長はイケメン好きで、ご機嫌取りに呼ばれたのだ。

若い奴は多い方がいいということで、そこに安達も加わることに。

 

この頃の安達はまだ、黒沢にとって冴えない同期の1人にすぎなかった。

 

役得な自分、受けられない自分

松浦社長に『噂のイケメンくんに会えて嬉しい』と言われた黒沢は、

『そのおかげで松浦社長に会えて光栄です』と笑顔を作った。

 

黒沢は松浦社長が経営する会社のレザーバッグシリーズの大ファンなのだ。

 

喜んだ松浦社長は、『みんな、飲んで』と安達にもワインを飲ませようとした。

でも安達は酒が苦手で、困ってしまう。

そこで黒沢は代わりに一気飲み。

 

その後も黒沢は無理して飲み続け、酔った黒沢はグラスを落としそうになり、松浦社長と手が触れあった。

すると社長は黒沢の手を握り、『どっか休めるところに行く?』と誘ってきた。

 

黒沢は思わず立ち上がり、それを拒否!

松浦社長を怒らせてしまう。

 

その帰り、黒沢は上司たちが『顔だけが取り柄なんだから、割り切ればいいのに』と言っているのを聞き、ショックを受ける。

 

周りが求める自分を受け入れられたらいいのに、そうすることもできず、

黒沢は仕事も人間関係も完璧にこなそうとしてきた。

 

それなのに…

 

倒れそうになった黒沢を助け、ベンチに横たわらせてくれたのは安達だった。

 

恋に落ちた瞬間

『…何やってるんだろ、俺。

ご機嫌取るために連れてこられたのに、結局松浦社長を怒らせてさ』

 

目が覚めた黒沢は、つい安達に弱音を吐いた。

安達はじっと黙って話を聞くと『そんなことない』と言った。

 

黒沢は松浦社長のことをすごくリサーチしていたし、製品のことも全部覚えていた。

 

それに俺の代わりに酒飲んでくれて、十分すごいよ、黒沢は

 

そう言うと安達は急に笑い出した。

 

『黒沢っていつも完璧なイメージだから、

弱っているところを見るの、なんかいいな』

 

『…なんだよ、それ』

黒沢は心臓がうるさくて、涙が出そうで、上を向いてごまかした。

 

『ほら、ちょっと寝ろよ』

安達はそんな黒沢に触れ、優しく胸をとんとん…と叩いてくれた。

 

『…うん』

黒沢は目頭をおさえ、涙した。

 

 

その瞬間、初めて黒沢は、心に触れられた気がした…。

 

 

 

黒沢から見た安達

そこから黒沢が安達を好きになるのに時間はかからなかった。

 

しょっちゅう寝ぐせをつけていて、自分のことにはだらしないのに、

仕事は丁寧で、ひとがいいからよく仕事を押し付けられて、

ふだんは無表情だけど、

笑うとふわっと柔らかい雰囲気になって、

清楚な女の子が好み。

 

始まったときからわかっていた。

いつかはこの“好き”を終わらせなきゃいけないって。

 

もう忘れるんだ。

次に会ったら、、、

 

自分の気持ちに気づく安達

『次に会ったら全部元どおり』だと黒沢は言った。

 

…けど、元どおりってなんだよ。

だって 頭から離れない。黒沢と過ごした時間が。

 

黒沢がマフラーを巻いてくれたこと。

自分のことをよぉく見てくれていて、好きだと思ってくれていること。

 

そばにいられるなら同期のままでいい…と、自分の“好き”を抑え込もうとしていたこと。

 

ごめんな、好きになって…と、笑顔の裏で思っていたこと。

 

でも何もしないよりは、できることはしたいと、

安達の怪我の手当てをしてくれたり、

看病してくれたり、

 

黒沢はこんな自分を“とくべつ”だと言ってくれた。

 

なのに安達は、黒沢の手を拒絶してしまった。

 

何かも全部、全部全部、こんなに頭から離れないのに…

 

安達は会社を出ると、黒沢の元に走り出した。

 

…気付けば、黒沢のことを捜してる。

黒沢のことを考えている。

 

気が付いたら、黒沢でいっぱいで、

…そうだよ、俺…!

 

やっと自分の気持ちに気が付いた安達の目の前に、黒沢が現れた。

 

『黒沢!!!』

 

告白

『安達…!?どうしたんだよ』

『…ごめん!!!』

安達は黒沢に頭を下げると、

自分は本当にビビりだから、何度も、何回も黒沢から逃げて傷つけたことを謝った。

 

『だって俺たち、男だし、同期でいたほうが楽だし』

『うん、わかってるよ』

『いいから聞けって』

 

安達は、黒沢といるとびっくりすることもあるけど、

気付いたら笑ってて、一緒にいるのが心地よくて、

そんな時間を過ごすのも悪くないと思っていた。

 

そしてそういう理屈とか抜きで、

 

『……俺、黒沢が好きだ!

返事が遅くなってごめん、だけど…』

 

それを聞き、黒沢は安達に駆け寄り、抱きしめる。

 

『ほんとに、いいの?逃げ出したくなっても離さないけど…』

『…おう』

『おうって』

黒沢は笑いながら泣きながら安達を抱きしめた。

 

その心臓は早鐘のように鳴り、言葉にならない黒沢の想いが安達に流れ込んできた。

 

それを感じ、安達は黒沢の腰に手をまわした。

 

 

…俺は、こいつの心に触れるために魔法使いになったのかもしれない。

 

 

この後、どうする?

その帰り道…

 

『…そんな緊張しないでよ、俺までなんかうつる。。』

『黒沢でも緊張したりするの?』

『するよ、聞こえなかった?さっき、俺の心臓の音』

 

『…聞こえました』

『やっぱり?』

 

あー、えっと、これからどうする?飯でも食いに行く?それとも…

安達が言うと、『それとも?』と黒沢は安達に近寄った。

 

『それって、安達の家に行っていいってこと?』

 

 

~8話につづく~

 

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』7話の感想

とうとう安達と黒沢が両思いに!

まあこうなるのはわかっていたけど、よかったね~と心がいっぱいになりました。

 

チェリまほ見て、ずっと気になっていたことがこの回で解消されたから。

ひとは好きな人と一緒にいたら、

そんなにいろんなことを冷静に考えたりできないものだと思うから、

黒沢の心の中のつぶやきに、ちょっと疑問を持っていたんですよね。

 

好きな人と手や体が触れたら、ドキドキして頭がそれだけになって真っ白になるんじゃないかと思ったから。

もちろん、それじゃ話は進まないのでしかたないんですが、

でもこの回は違った!

 

黒沢の心の声はなく、ただ嬉しいという気持ちがいっぱいに伝わってくるだけ。

 

そして7年もの間、黒沢が自分というものを保ち続けてこれたのは、

安達が素の黒沢を受け入れてくれたからだということがわかって、その想いの長さに脱帽でした。

 

7年も片思いってすごいですよね。

しかもつい最近まで、黒沢は安達を見てるだけだったわけで。

それが急にそばにいれるようになったら、想いも加速しますよね~(>ω<)

 

でも黒沢、想いが通じた途端、積極的すぎやしないか~?

と思ったらちゃんと次回の予告で、ゆっくりいこうって言ってて安心。

 

ここから最終回までどんな展開になるのか楽しみです。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話