『メンズ校』4話ネタバレと感想│結果よりも大切なこと。ワンダフルワ〜ルド♪

にこ

今回は、2020年10月28日放送『メンズ校』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

4話では、離島から脱走しようと野上(西畑大吾)たちが計画を再開!

 

5人が楽しそうにしている姿を見て、引きこもりの桃井(大西流星)の心にも変化が…!?

 

そんな中、牧(道枝駿佑)は鷹野エリカ(茅島みずき)という少女と出会います。

それではさっそく、4話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『メンズ校』4話のネタバレあらすじ

 

離島にある全寮制の私立栖鳳高校に入学した牧(道枝駿佑)は、めんどくさいけど自由な奴らと出会い、こんな日々も悪くないと思えるようになっていた。

 

そんな中、野上(西畑大吾)今度はペットボトルで2人乗りのいかだを作ると言い出す。

野上はこの前所持品検査で没収されたペットボトル800本を、藤木先輩(大橋和也)が小分けにしてごみ捨て場に捨てているのに気付き、それを回収していかだを作るというのだ。

 

こうしてペットボトル作戦・リベンジが始動!

牧も周りに流され、再び脱走計画に加わることに…。

 

問題は2人乗りのため、誰が乗るかだ。

発案総指揮の野上は『俺が乗らないで誰が乗る!』と、相変わらずの傍若無人ぶり。

でもみんなに却下され、半ギレで野上は牧に意見を求めた。

 

・ジャンケン→源田(藤原丈一郎)が弱いのでだめ

 

・あみだくじ→野上がイカサマをするからだめ

結局、ポイント制で、いかだが完成するまでに最も活躍した2人がいかだに乗ることになった。

 

そんな5人の姿を、桃井(大西流星)が『バカすぎる…』とペン型隠しカメラで監視していた。

 

桃井大好き、藤木くん

すると『おーい!桃井〜!ここか〜?』と開かずの間のドアをガチャガチャする音が。

 

桃井が返事をしないので、藤木先輩(大橋和也)はひとしきり騒いだあと、廊下に差し入れを置いて去っていった。

 

その後、恐る恐る桃井がドアを開けてみると、そこには干し芋が。

ゴンぎつねか…

思わず桃井は呟いた。

 

驚愕!野上の女子センサー

一方、男子ばかりの生活に嫌気がさしていた野上の女子センサーが突如作動!

 

野上は誰もいない保健室に入り込むと、辺りの匂いをクンクン嗅ぎだした。

ここから女子が吐き出した二酸化炭素の匂いがするというのだが…。

 

『なにその、最高にキモい発言』

『この学校に女子がいるわけないじゃん』

 

花井(長尾謙杜)神木(高橋恭平)が呆れたように言うと、

『俺としたことが…、すまない。

長すぎた女子不在のため、センサーに狂いが生じていたのかもしれない…』

と野上はしょぼん。

 

でもそこには本当に女子が存在していたのだ。

牧たちがいなくなると、カーテンの向こうから

新しく保健室の先生として赴任してきた福原綾子(福田麻由子)がiPadを見ながら出てきた。

 

島から出たらやりたいこと

その後、野上たちは神木と源田の部屋でミーティングをした。

でも2人の部屋はゴミ部屋のため、野上は『掃除くらいしろ!』と鼻をつまんで出ていった。

 

それから花井はみんなに、ここを出たら何をしたいか尋ねた。

 

すると源田は、うまいものが食べたい。食材や調味料の買い出しがしたい。

神木は、恩返しがしたいと言ってみんなを驚かせる。

 

神木は何やら複雑な事情があるらしく、

昔、好きな子から盗んだおもちゃのペンダントを取り出すと、いつかこういう本物のペンダントをプレゼントできたらいいなと話す。

 

『へ〜!だからお金を貯めてたんだね』

『それは昔からの癖なんだけど』

 

でも牧にはこれと言ってやりたいこともなく、『花井は?』と聞き返す。

花井はやっぱり可愛いものが見に行きたいと言った。

洋服とか、小物とか。

 

花井は次々にしたいことをあげると、

『好きなものを好きって言えるっていいね。こうやって言えるのもみんなのおかげだし』

と感謝した。

でも俺にはなんにもない

牧はなんだか耐えられなくなって、『俺、宿題やらなきゃ』と部屋を出た。

 

みんな、ちゃんとやりたいことがあって自分をしっかり持っているのに、自分だけ何もないなんて…。

牧はそんな自分がみんなと一緒にいていいのかと思っていた。

 

すると牧の脳裏にまた中学時代の同級生・春島エリカ(桜田ひより)の言葉が甦る。

やりたいことがないなら別にいいよ?

 

でもさ、ゾンビじゃないんだからちゃんと声に出して言ったら?

 

牧は「君の隣のフライハイ」というライトノベルを閉じると、表紙に描かれた少女をじっと見つめた。

 

いかだ作り開始!

そんなある日、野上たちは集めたペットボトルを袋に詰めて、寮を抜け出した。

 

『…見られてるとも知らないで…』

桃井は干し芋を食らいながら、怒ったような表情で野上たちの姿を見送った。

 

そこに『おった〜!おったおったおった!』と元気印の藤木先輩がすごい勢いで指差しながら走ってきた。

 

探したんやぞ、桃井!

藤木は桃井が干し芋を食べているのに気付いて感激。

 

ゴン…じゃなくて先輩。あいつら、またなんか企んでます

桃井は藤木に言いつけた。

 

そんなこととは知らず、牧たち5人は海辺でいかだ作りを始める。

でも野上は作業は人任せで、自分は波打ち際でペットボトルの水をゴクゴク。

海を見ながら、『クソ暑い…』と飲み終えたペットボトルを後ろに投げた。

 

『野上!お前が言い出したんだろ?サボってんじゃねーよ』

見かねた神木が注意すると、

『おまえ!指揮官に対する口の聞き方に気をつけろ!ポイントに響くぞ!』

野上は戻ってくると、今度は牧のテープの巻き方にいちゃもんをつけ始めた。

 

それに比べ、源田の匠っぷりと言ったら。

源田は華麗に作業をこなし、野上から1ポイントゲットした。

 

ガルガル藤木

そんな牧たちを『あいつら〜!』と藤木は金網の向こうから睨みつけた。

 

『桃井の言うとおりだったな!あいつら一網打尽にしてやる!』

藤木は金網をよじ登り、牧たちを捕まえようとするが、

まだ。もっと泳がせてから…』と引き止められる。

 

『…なるほど。。海だけにな?ププッ』

どうやら藤木はなにわのダジャレ王と言われていたらしい…。

 

ダークホース・源田

一方、作業中の花井たちは、映画「タイタニック」の話に。

氷河にぶつかって沈んだ豪華客船の話で、

主人公のディカプリオ(ここで、ジャック!と源田の鋭いツッコみ)が死んでしまうのだが、

花井はそれが納得いかなかった。

 

『なんで死ぬの?』

『えっと、船の中でお金持ちの女性に出会うんだけど』

ローズ!

ここでも源田は匠の技でテープを巻きながら、冷静にツッコむ。

 

実は源田はつき合っている彼女に何度もDVDを観せられたため、詳しいのだ。

 

すると野上が興奮して、ペットボトルの中を源田に向かって突き進んでいく。

彼女とは…、第三者の女性を表す三人称代名詞として用いるほうではなく、恋人を表す意味で用いる?

 

ああ

源田があっさり答えると、野上はショックで倒れ込み、みんなは驚いた。

 

いい機会だ!他に彼女がいる奴は?

彼女がいる奴は正直に挙手!

 

野上が声を荒げると、手を挙げたのは源田だけ。

源田は野上にマイナス2ポイントにされてしまう。

 

タイタニック

そして話はタイタニックに戻り…。

船が沈んで助けを待つ間、ジャックは壊れたドアにローズを乗せて、自分は極寒の海に浸かって凍死してしまう。

 

でもそのドアはかなり大きくて、花井はジャックも一緒に乗れたんじゃないかと思った。

 

すると源田が『1回ジャックも乗ろうとしたけど沈んだ』とひと言。

でも野上は、あれは力点が偏ったことにより、バランスが崩れて転覆しただけだと説明する。

 

もしかしたらジャックたちは1回失敗した時点で、諦めてしまったのかもしれない…。

 

それを聞いた牧は、自分も彼女だけをドアに乗せるという

でもそれは自分より彼女のほうが生きる価値があるとか、そういう意味だった。

 

すると『そしたら彼女もきついんじゃないの?』と神木が言い出す。

自己犠牲とは、相手に犠牲だと思わせたらだめだからだ。

(その発言で神木は1ポイントゲットする)

 

でも花井は、ジャックが死んでもローズはその後、結構楽しく暮らしていたよと言い張る。

 

そんな花井に、野上は男と女では違うと説明。

女は新しい男を上書き保存するが、男はフォルダに名前をつけて保存する。

 

『ローズはドアにのっていた時点で上書きを始めていたかもしれない』

その発言で、野上はみんなのひんしゅくを買い、マイナス5ポイントを食らう。

 

『じゃあ、ローズの気持ちになってみようよ!』

花井は神木を指名すると、一緒にタイタニックのポーズをとってみた。

 

それを見て、藤木先輩と桃井は『何やってるんやろうなぁ』『ね〜』と干し芋をモグモグしながら呟いた。

 

離島に女子?

時刻は15:30を過ぎ、野上たちは急ピッチで作業を進めていた。

そんな中、はてしない作業に疲れた牧は、飲み物を買いに出かけた。

 

なんでみんなはあんなに本気になれるんだろう…。

牧は不思議でしかたがなかった。

 

すると後ろから、黒いワンピースを着たポニーテールの少女(茅島みずき)が自転車で通り抜けていった。

 

桃井の気持ち

一方、藤木先輩は『いつまで泳がすつもり?』と桃井に尋ねる。

でも桃井は食い入るように彼らを見ているだけ。

 

なぁ、桃井。なんか真剣やな、あいつら

『……』

『なあ、桃井』

『なんすか!』

もしかしてあいつらと友達になりたいんか?

 

…いや、いや…、そ、そんなこと!

藤木に図星をつかれた桃井は『うわーーーーーーー!!!!!!!』と叫びながら走っていってしまった。

 

もう1人のエリカ

桃井とすれ違った牧は、地元の子かな?と首を傾げる。

するとさっきの女の子の自転車が海辺に停められていた。

 

自転車には「ERIKA」の文字が。

エリカ…

牧が呟いた瞬間、

『それ、あたしのだけど』

と黒いワンピースの少女が現れた。

 

『ああ、栖鳳の人?』

『…うん』

でもあんた、ゾンビみたいじゃないね

 

エリカにとって栖鳳高校に通う生徒は、朝から晩まで勉強してる勉強ゾンビなのだ。

 

『もしかして死んでる?』

『…そんなことねぇけど』

『あっそ』

 

彼女は自転車に乗ると行ってしまった。

 

『あんなとこだけどさ!』

 

『ちゃんと!自分を持って生きてる奴もいるから!』

『…そっか、悪かった。ごめん』

 

エリカが謝る姿が、牧の脳裏で春島エリカの言葉と重なる…

「ゾンビじゃないんだから、ちゃんと声に出して言ったら?」

全然違うのにどこかエリカに似ている彼女…。

だから牧はどうしても伝えたかった。

本気で生きている奴らもいるってことを。

 

そしたら、

「そっか、悪かった。ごめん」

記憶の中のエリカも、牧に謝ってくれたような気がした…。

 

いかだが完成!

みんなのところに戻った牧は『ただいま』と飲み物を渡す。

その顔を見て、野上は『何かあった?』と尋ねる。

『何も…』

『そっか、じゃあ牧、1ポイント』

 

エリカと会って急にやる気になった牧は、みんなと一緒にいかだを完成させた。

名前は源田の発案、野上の一存で「レボリューション オブ アルカトラズ号」に決定。

 

さっそく海に浮かべてみると、ちゃんと浮いてみんなは大喜び!

試しに牧と花井が乗ってみることに。

 

しかしローズの気持ちでバランスを取るも、うまく漕げず、全然前に進まない。

結局、2人はバランスを崩し、海にバチャーン!

 

いかだはバラバラに分解してしまい、野上の叫び声が虚しく海に響き渡った。

 

失敗だけど失敗じゃない

『…やっぱりタイタニック号だったか…』

真っ赤に沈んでいく夕日を浴びながら、5人は落ち込む。

 

『計算上では完璧なはずだったのに…。俺が甘かった。スマン…』

いつもと違ってしおらしい野上を見て、花井と神木は言う。

なんかいいね、失敗するってさ

だな。またいつかできるときが来るかもって思えるしな

『あとさ!』

 

牧が何か言おうとしたとき、みんなは点呼の時間まであと10分しかないことに気付く。

 

『よし、戻ろう!』

『これどうする?』

『どうしよう!?』

 

みんなで慌ててペットボトルの残骸を片付けながら、牧は思う。

 

「あとさ、楽しかったじゃん。だから失敗だけど、失敗じゃねぇよ」

そう言いたかったけど、そんなこと言わなくてもみんなわかってる。

 

だから言わなくてよかった。

 

“ 失敗も悪くない ”

 

沈んでいく夕日が5人の笑顔を、オレンジ色に染めていた。

 

〜 5話につづく 〜

 

 

『メンズ校』4話の感想

他人から見たら無駄に思えるような時間の浪費。

でも本人たちにはそれが大切で、最高に楽しいかけがえのない時間だったり。

 

いかだが分解してからは本当にワチャワチャしてて、

役なのか素なのかわからなくなるくらい!

海の中で話してるだけでそうとう海水も飲んでしまったと思うけど、

あのワチャワチャ感が、ラストの牧の“楽しかったからいいじゃん”という言葉にリアリティを与えていて、

なんかグッときてしまいました。

アオハルや〜(*´▽`*)

 

それに今回は藤木先輩のバワーがすごかった。笑

走ってくるだけで面白いって、なかなかないと思いました。

あとアドリブも…。

ボソボソしゃべる桃井くんとの掛け合いも楽しく、

『ほんとは友達になりたいんか?』と図星をつかれて走って逃げる桃井くんが可愛かったです。

 

あと源田の匠っぷりも面白かったです。

源田は基本、ビシッと顔が固定されてるので、より変人ぶりが際立つというか…。

彼女がどんな人か気になりますね~!

 

そしてとうとう女子センサーが発動した野上…。どんどん変人ぶりが加速していて面白いです。

源田に彼女がいることがわかったときのリアクションもすごかったので、

もし牧が女子と話してたことがバレたら、マイナス500ポイントとか取られそう(^_^;)

 

タイタニック話もあんなに深い話になるとは。

いかだもタイタニックよりも派手に分解してしまったし、なかなか脱走は難しそうですね。

 

次回は、ときどきすごくいいことを言う神木くんの恋バナだ~!楽しみです♪

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチっとお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話