『監察医 朝顔2』13話ネタバレと感想│生きていたらやり直せる…。愛菜と高橋の別れが切ない!

にこ

今回は、2021年2月8日放送『監察医 朝顔2』第13話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

覚せい剤の過剰摂取で死亡し、変わり果てた姿になった紗英をなんとか元の姿に戻せないか…。

 

そんな朝顔(上野樹里)の願いを聞き、茶子先生(山口智子)が法医学教室に現れた!

 

はたして茶子が連れてきた謎の男性(大谷亮平)の正体は?

 

一方、愛菜(矢作穂香)の髪から覚せい剤反応が出て、ショックを受けた高橋(中尾明慶)は…!?

それではさっそく、13話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 新春SP 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話

『監察医 朝顔2』13話のネタバレあらすじ

覚せい剤の過剰摂取で死亡し、変わり果てた姿になった松野紗英(依田ゆい)さんのご遺体を、なんとか元の姿に戻せないか…。

 

朝顔(上野樹里)が悩んでいると、とつぜん茶子先生(山口智子)が法医学教室にやってきた!

光子(志田未来)が電話をして呼んでくれたのだ。

 

茶子は謎の男性・若林(大谷亮平)と一緒で、

『まあ、ウッシー!?』

とアルバイトの牛島(望月歩)の体をぐるぐる回して

『ふわっと、もりっと、いい感じでございますわよ』

とほめた後、朝顔の手を引っ張り嵐のように出かけていく…。

 

残された若林は、『…誰?』と絵美(平岩紙)に訊かれ、困ったように会釈した。

 

エンバーマー

実は若林は、遺体に防腐処理を施して生前に近い状態に戻す「エンバーマー」だった。

茶子が以前、若林に決断を迫られていたのは、若林の会社に来ないかとヘッドハンティングされたためだった。

 

若林はエンバーミングだけでなく、大切な存在を失った人たちが抱える深い悲しみに寄り添う「グリーフケア」を目的としていて、茶子はその考えに賛同し、アシスタントエンバーマーとなったのだ。

 

しかし、エンバーミングは解剖と違って遺族の同意が必要になる

そこで、朝顔は茶子とともに紗英の両親に会いにいった。

 

紗英との思い出

茶子がエンバーミングについて説明すると、母親の翠(黒沢あすか)は好意的だったが、父親の武弘(住田隆)は家出した挙句、薬物中毒で死んだ娘のことが許せないようで『勝手にしろ』の一点張り。

 

茶子が紗英さんの思い出を聞くと、幼いころ、武弘と紗英の2人だけでお留守番をしたことがあったという。

 

の時、紗英はおでこから血を流していたのに、武弘は気づかず、

『こんなんじゃお嫁にいけないよ』と翠が言ったら泣いてしまったらしい。

紗英のおでこの傷には、そんな思い出があったのだ。

 

朝顔が、紗英さんも元の綺麗な姿に戻ってご両親に会いたいと思っているはずだと訴えかけると、2人はエンバーミングに同意してくれた。

薬物の影響

紗英さんが薬物に手を出してから1年あまり。

その影響で、まだ22歳だというのに髪は白髪に。

体は痣だらけで、顔にはとびひができていた。

 

その無残な写真を見た高橋(中尾明慶)は悩んだ末、愛菜(矢作穂香)が”薬物を使用している”ことをみんなに伝えた。

 

朝顔は高橋と一緒に野毛山署を訪れ、強行犯係の山倉係長(戸次重幸)に検査結果の資料を提出した。

山倉は、愛菜がかつて覚せい剤の売人をしていた男と交際していたことから、売買にも関わっていた可能性があると、すぐに彼女の身柄を確保するよう指示を出す。

 

そこで高橋は、自ら愛菜に話したいと山倉にお願いした。

嬉しそうなご両親

一方、法医学教室には紗英の両親がそろってやってきていた。

 

翠は紗英のために新しい服とヘアカラー、メイクポーチを用意していて、紗英が元に戻れるのがよほど嬉しいのだろう、その顔はとても晴れやかだった。

 

エンバーミングにかかる時間は、約3時間。

茶子は『綺麗になって、お父さんお母さんをびっくりさせてあげましょう』と紗英に話しかけた。

 

薬物中毒の恐ろしさ

Ⓒフジテレビ『監察医朝顔』シネマカフェより

その頃、高橋は愛菜にマフラーを返し、髪の毛から薬物が検出されたことを伝えていた。

 

『何言ってるんですか?今日は帰りますね』

『警察にも話してあるんだ。君はもう逃げられないよ?』

高橋が悲痛な顔で愛菜の手をつかむと、山倉係長と忍(ともさかりえ)がやってきた。

 

愛菜は、友人の紗英が薬物の過剰摂取で死亡したことを知らないようで、薬を売ったこともなければ、やったこともないと関与を否定した。

 

そんな愛菜を見て、高橋は薬物中毒になるとどんなことが起きるか、淡々と伝えた。

白髪になったり、髪の毛が抜けたり、感染症に弱くなって皮膚がボロボロになったり、血管だってボロボロになる。

脳が委縮して現実と妄想の区別がつかなくなるので、痛みに鈍感になる。

そのため、体は痣だらけ。

 

それでもやめられない。

愛菜がやめられないように…。

 

『愛菜ちゃん、君だっていつか中毒になって死んじゃうかもしれないよ?

お金を貯めて、自分のパン屋さんを持ちたいって言ってたよね?』

 

そう言ってボロボロ涙をこぼす高橋を見て、

愛菜はつき合っていた男性が悪い人だというのは知っていたと話す。

でもまさか紗英に薬を売っていたとは思わなかったらしい。

 

忍が愛菜を連れて行こうとしたとき、

『待ってください!』

朝顔が走ってきた。

 

綺麗になった紗英

愛菜は朝顔に連れられて、解剖室に入った。

そこには綺麗になった紗英と、紗英と対面を果たしたご両親の姿があった。

 

茶子は愛菜に、紗英がどんなメイクをしていたか聞きながらメイクを施した。

愛菜によると、紗英はいつもミニスカートやショートパンツを履いていたらしい。

でも、武弘の希望で丈の長いスカートのままにした。

 

おでこの傷は、紗英がいつも自慢していたというので残すことに。

『この傷見ると、お父さんが気まずそうな顔するから面白い』と、紗英はそんなことを言っていたらしい。

 

それだけ言うと、愛菜はその場に崩れ落ち、泣き出した。

 

『愛菜さん、ありがとうございました。

ご両親、すごく喜んでた。きっと紗英さんも喜んでいると思う』

朝顔がお礼を言うと、

『恨んでいると思います。

私が木嶋とつき合ったせいで、紗英を巻き込んでしまった。

私、本当に薬をやめたかったんです』

愛菜は自分を責めるようにうつむいた。

 

でもそれは紗英も同じだった。

紗英の体にはいくつもの注射痕が残されていたが、どれも古い傷だった。

きっと紗英は薬をやめようとずっと我慢していたのだろう。

だがその反動で、薬物を過剰に摂取してしまい、脳出血を起こしてしまった。

 

『でもあなたはまだ間に合う。

あなたは生きてるから間に合う。…やり直せる』

 

朝顔が言うと、愛菜は深々とお辞儀をして忍たちに連れられて行く。

 

『がんばれ!愛菜ちゃん!がんばって!!!』

高橋が愛菜の背中に向かって叫ぶと、愛菜は一瞬足を止め、涙を流しながら歩いていった。

 

平の物忘れ

一方、朝顔から平(時任三郎)のことを聞いた桑原(風間俊介)は、今度 千ノ浦に行こうと思ってと電話した。

でも平は『どうせ朝顔になにか吹き込まれたんだろ』と断る。

 

平は自分でも最近、物忘れが激しいことに気づいていて、「認知症」の本を読んでため息をつく。

部屋にはそこら中に「テレビ消すのを忘れない」「携帯を寝る前に充電する」など、注意書きが貼られていた。

 

怪しすぎる生徒

翌日、桑原は平が紹介してくれた五味さんに、神奈川県警に戻れないか聞きに行った。

でも相当の事情でもないかぎり、異動は難しいという。

 

朝顔が出勤すると、藤堂(板尾創路)と朝まで飲んで元気になったのか、高橋は笑顔で藤堂の肩をもんであげていた。

だが藤堂が授業は無理だというので、代わりに朝顔が教壇に立つことに。

 

すると1番前の席に見るからに怪しいマスクにサングラス姿の学生が…。

朝顔が教室に入ってくると、彼は慌てて荷物を持って席から退散しようとして、サングラスが外れてしまう。

その顔を見て、朝顔はびっくり!

『ほら、入って』

朝顔が法医学教室に連れてきたのは、丸屋(杉本哲太)だった!

急に検視官をやめてどこへ行ったのかと思ったら、興雲大学の医学部に編入していたのだ。

 

法医学教室のみんなを見ていたら自分もやってみたくなったという丸屋だが、医学科は落ちて臨床検査科に。

 

それに丸屋だって本当は何度もあいさつに来ようと思ったのだ。

でもそのたび、SNS拡散事件や光子の狂犬病疑い、トンネル崩落事故、薬物中毒などでタイミングを失い、それなら1人前になるまで頑張るぞと思った矢先に、朝顔に見つかってしまったというわけだ。

 

丸屋もここで働くことになり、朝顔たちは大喜び。

するとさっそく解剖の依頼が入った。

 

1人暮らしのおばあちゃん

亡くなったのは、高木春江さん、65歳。

春江さんは1人暮らしで、自宅で亡くなっているところを発見された。

 

死因は、敗血症。

細菌などの病原菌が血管内に入り、全身に広がったときに体が反応して起こる状態のことだ。

 

朝顔がやる気満々の丸屋と一緒に春江さんのアパートに行くと、鑑識の沖田は丸屋に抱きついて大喜び!

犬猿の仲の伊東(三宅弘城)とは口げんかが始まる。

 

冷蔵庫の中には、大量の作り置きと冷凍保存した肉が入っていた。

そこに早く捜査を終わらせてほしいと、お隣の宮田(赤楚衛二)と不動産屋が文句を言いにきた。

朝顔が春江の様子を尋ねると、昨日ハヤシライスを持ってきてくれたときには普通だったという。

春江はこうしてタッパーに入れて、よくお裾分けしてくれるのだ。

朝顔たちはそれを持ち帰って調べることにした。

 

その量の多さに高橋は嫌そうな顔をするが、お隣の宮田さんに安心して料理を食べてもらうためにも検査は必要だ。

丸屋がそう訴えると、高橋はウッシーにも手伝ってもらい、検査を始めた。

 

離れていても

その夜、長野に戻った桑原のもとに忍がやってきた。

桑原が「俺、警察やめようかな」なんてメールを送ってきたので心配になって飛んできたのだ。

 

桑原は、あんな偉そうなことを朝顔に言っておいて、しばらく戻れないとは言えなくて、思い悩んでいた。

平のことだってなんにも力になれていないし…。

 

でも桑原にとって、警察は大好きな仕事。

『別に離れてたって助け合えるんじゃないの?家族なんだから』

忍の笑顔を見て、桑原はだまってコクンと頷いた。

 

春江の想い

翌朝、高橋たちが徹夜で検査してくれたおかげで、食材の品質には問題がないことがわかった。

 

結局、春江さんを死に追いやったのは、人食いバクテリアと呼ばれる劇症型溶血性レンサ球菌が原因だった。

健康な人なら喉が痛いくらいで済むものだが、春江さんには致命的だったらしい。

 

朝顔たちが料理を持って、お隣の宮田の家を訪れると、

『僕、食べないんで大丈夫です。

前にビーフカレーを受け取ってからずっと作ってくれるようになって迷惑だったんです』

宮田は気まずそうに頭を下げると、ドアを閉める。

 

朝顔はため息をつくと、春江さんは「牛肉アレルギー」だったことを丸屋とウッシーに明かした。

でも春江の冷凍庫には牛肉がたくさんストックされていた。

春江は自分は食べられないのに、宮田のために料理を作っていたのだ。

 

それに気づいた丸屋は、宮田の部屋をノックして『捨ててもいいから、それだけは知っていてほしい』と春江の想いを伝えた。

 

生きてるってそれだけですごい

仕事を終えた後、朝顔は平に電話をかけた。

この間、平の気持ちも考えずに検査をすすめたことを謝りたかったのだ。

 

『お父さん、ごめんね。

私たちは日々生きてるから、いろんなことで落ち込んだり、嫌な気分になったりすることもあるけどさ…。

生きてるってホントはそれだけですごいことなんだよね。

みんな、誰かのおかげで生かされてるんだよね』

 

それを聞いた平は、明日の朝一で病院に行き、検査を受けてみるという。

翌日、朝顔は検査のことが気になって平に電話した。

すると平は今、起きたところで、朝一で検査を受けると昨日言っていたこともすっかり忘れてしまっていた。

 

『もしかして…、忘れたの?』

『そんな話はしてないよ。切るよ?』

 

朝顔はショックで言葉を失うのだった…。

 

~14話につづく~

 

 

『監察医 朝顔2』13話の感想

そっかぁ、愛菜は薬やってたのかぁ…。

薬物反応が出たのは別人の髪の毛なのかな?と期待したけど、本人のものだったんですね。

 

薬物中毒の怖さを目の当たりにした高橋が、愛菜に切々と語るシーンは見ていて辛かったです。

その間に重ねるようにして、紗英のエンバーミングの様子が流れるから、より一層生々しく、その怖さが伝わってきました。

 

それに紗英も薬をやめようと頑張ってたんだって。

でも最後の最後で我慢できなくて、過剰反応を起こしてしまったんだと知り、ほんとにかわいそうでした。

だからこうして、お父さんお母さんに綺麗な姿を見てもらって、2人が笑顔になってくれてよかったです。

 

おでこの傷も、紗英にとっては大切な父と子を結ぶ宝物だったんですね。

春江さんの料理は、宮田さんの喜ぶ顔が見たくて、誰かのために作れることが嬉しくて、そこに生きがいを感じていたんだろうなぁ。

そうすることでひとりぼっちの淋しさが薄れていたのかもしれない。

 

それに暑苦しいくらいのまっすぐさで突き進む丸屋さんが帰ってきて、法医学教室はさらにパワーアップしましたね!

丸屋さんが学生に戻るとは思わず、びっくりでした。笑

それに何度も何度も、法医学教室にあいさつにしに来ようとして断念していたというのが面白すぎました。

 

桑原が転勤できないとか、平の物忘れとか、いろいろ心配はあるけど、朝顔の周りには素敵な人たちがいっぱいだから大丈夫だよね…。

平にはなんとか早く検査に行ってほしい。

でも検査を受けるのが嫌な気持ちもわかるから葛藤。。

あ~。

生きてるって難しい。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 新春SP 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話