『監察医 朝顔2』8話ネタバレと感想│天国にかけた電話!?今も愛しい人を忘れられず、苦しむ人たち…

にこ

今回は、2020年12月21日放送『監察医 朝顔2』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

平(時任三郎)が千ノ浦に引っ越し、桑原(風間俊介)は長野に転勤。

 

朝顔(上野樹里)たちはそれぞれの場所で新しい生活を始めていた。

 

そんな中、海岸の岩場で男性の遺体が発見され、朝顔が解剖することに。

 

茶子(山口智子)はどうやらその男性を知っているようで、30年前のある事件について語りだす…。

それではさっそく、8話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 新春SP 10話 11話 12話 13話 14話 15話

『監察医 朝顔2』8話のネタバレあらすじ

長野県警に異動になった桑原(風間俊介)は、姉の忍(ともさかりえ)に手伝ってもらい、これから住むマンションに荷物を運びこんでいた。

しかし早くもホームシックのようだ。

 

朝顔と結婚し、万木家に引っ越した時のことを思い出し、ため息をつく桑原。

『あ~あ、今頃、朝顔どうしてんだろう…』

 

見ると、桑原が持ってきた段ボールの中はカップ麺だらけ。

忍はちゃんとした食事をとり、洗濯もするよう言うと、

『単身赴任あるある。不倫すんなよ』と忠告した。

 

『そんなことしないよ~!』

桑原は否定するが、『男は油断も隙もないからね』と忍は容赦ない。

 

でもそれを言うなら、単身赴任中の忍も同じはずだ。

旦那さんは大丈夫なのだろうか?

桑原に指摘され、不安になった忍は黙り込んだ。

 

身元不明男性の解剖

その頃、朝顔(上野樹里)は解剖の依頼を受け、準備をしていた。

 

ご遺体は60代後半くらいの男性で、海岸の岩場に倒れているところを釣り人が発見。

崖の上に男性のものと思われる靴がそろえて置いてあったため、自殺の可能性が高かった。

だが身元がわかるようなものはなかったという。

 

朝顔が解剖すると、男性の頭蓋骨は完全に陥没。全身、擦り傷だらけだった。

そして両腕に誰かに掴まれて爪が食い込んだような痕があり、右手のこぶしを骨折していた。

それに手もかなり汚れていた。

新メンバー・ウッシー

その後、検視官の伊東(三宅弘城)や、強行犯係の山倉(戸次重幸)に解剖結果を伝えようとしていると、新しく法医学教室にアルバイトとして入った牛島こと、ウッシー(望月歩)がいない。

 

『遅刻よ、遅刻』

『これくらいセーフでしょ』

光子(志田未来)高橋(中尾明慶)が言い合いをしていると、ハワイアンな音楽が流れ、寝ぼけまなこのウッシーが電話に出た。

なんとウッシーは部屋の隅のソファで寝ていたのだ。

 

そんな今どき男子、ウッシーは医学科3年、総合病院のお坊ちゃん。

父の病院は兄が継ぐので、ウッシーは自分のやりたい道を模索していた。

 

藤堂(板尾創路)と高橋は、そんなウッシーに気を遣いまくり。

またすぐに辞められたら困ると思ったのだ。

 

解剖結果

男性の死因は、頭蓋骨陥没による失血死。

遺体の手と爪についていた土は、褐色森林土という森林地帯にある土。

そして泥に混じって、石灰が付着していた。

どちらも遺体が見つかった場所にはないものだ。

 

それに遺体は全身の骨が折れていて、特に右手の中手骨の骨折が気になった。

男性は誰かと争い、何発も殴ったのかもしれない。

もしそうなら、相手はそうとう怪我をしているに違いない。

 

でも60代後半の男性が、拳が折れても殴り続けるなんて、いったいどういう状況なのか?

朝顔は疑問に思った。

 

30年前に起きた悲惨な事件

それからしばらくして、教授会を終えた茶子(山口智子)が戻ってきた。

 

朝顔から手渡された遺体の資料に目をやると、茶子は顔色を変え、自室で資料を捜し始めた。

もしかして茶子は、あの男性を知っているのだろうか?

 

すると茶子は、30年前に起きたある事件について話し始めた。

 

事件が起きたのは、ちょうど今と同じ8月の終わりごろ。

浅野栞里ちゃん(当時6歳)が誘拐され、すぐに公開捜査が行われた。

 

報道陣に向かい、必死に情報を呼びかける父親の忠。

栞里は左手の甲にほくろがあるのが特徴だった。

 

その3日後、栞里の遺体の1部が発見された。

栞里は殺害前に犯人の仲井戸修に暴力を受けていて、殺害された後、遺体をバラバラにされ埋められていた。

 

最初に発見された左手の身元確認には、父親の忠が来た。

遺体の1部が発見されるたびに忠が来て、黒かった髪はあっという間に白髪になってしまったという。

 

その忠が、傷だらけの姿で海岸で発見されたのだ…。

お泊り保育に行くつぐみ

朝顔がやるせない気持ちを抱えながら、保育園につぐみ(加藤柚凪)を迎えに行くと、つぐみが無邪気な笑顔で走ってきた。

 

明日は、つぐみのお泊り保育。

朝顔とつぐみが準備をしていると、桑原から電話がかかってきた。

桑原はまた交番勤務に戻ったという。

 

『つぐみ、パパ、お巡りさんになるんだって』

でも、つぐみは全く話を聞いていない。

 

朝顔は、つぐみが無理やりぬいぐるみをリュックに詰め込んでいる様子を写真に撮り、桑原に送ってあげた。

 

それを見て、桑原と忍は『かわいい~』と喜ぶ。

 

忍は最初、朝顔のお父さん=平(時任三郎)が桑原の上司で、しかも同居すると聞いて心配していた。

でも平は桑原のことを気持ちよく受け入れてくれ、桑原は変な気を遣わずにいれた。

 

だが未だに、朝顔の母・里子(石田ひかり)のことだけはなんて言ったらいいかわからない。

 

桑原の父と母は元気だから、想像してみても全然足りなくて。

それでも家族だから、なにか言えなくてもそばにいれると思ってた。

なのに平も千ノ浦に行き、自分までこんな遠く離れた場所に来てしまうなんて…。

 

『大丈夫。すぐ戻れるよ』

忍は、明るく桑原を励ました。

 

見つからない右手

そして翌日、保育園に行ったつぐみはあっという間に駆け出し、お友だちの輪に入ってしまった。

朝顔は少し淋しさを感じながら、法医学教室に向かった。

 

そこで朝顔と茶子は、30年前の検体の中に栞里のものが混ざっていないか捜し始めた。

30年前の技術ではわからなかったことも、今ならわかるかもしれない。

 

茶子によると、犯人の仲井戸は、栞里を殺害した後、においを消すために石灰をまいていた。

そして亡くなった浅野忠の爪の間からも、石灰が発見されている。

これはどういうことなのか?

 

そんな中、芦田山の森林の中で、男性の右足が埋められているのが発見される。

それを知り、どうしても仲井戸修の事件を思い出してしまう伊東。

 

すると『もしかして浅野忠が仲井戸を殺したんじゃないですか』とウッシーが言い出す。

遺族からしたら1番殺したいのは、犯人ではないか。

 

発見された男性の遺体は、身長180センチくらい。

遺体に石灰がかけられていたという。

 

さらに警察の調べで、仲井戸が1週間前に家を出た後、行方不明になっていることが判明。

そして右足の発見現場から10メートルの場所で右腕が発見され、間もなく搬送されてくるという。

 

30年前もこんなふうに、栞里の遺体の1部が見つかるたびに解剖の準備をしたという茶子。

そのつど、家族を呼び、身元を確認してもらわなければならなかった。

そのたび、父親の忠はどんどんやつれ、髪が真っ白になっていった。

 

でもどんなに捜しても、右手だけは見つからず捜索は打ち切られ、栞里の遺体を返すことになった。

 

その時、忠は小さな棺に入った栞里の遺体に向かって、唇を震わせながらこう言った。

 

『おうちに帰ろう。ママもお兄ちゃんも栞里のことを待ってるよ。

でも2人ともどう思うかな?

栞里のかわいい右手がまだ見つからないのに、みんなおしまいにしちゃうんだって。

そんなのって、ないよなぁ…』

 

30年前に事件を担当していた刑事

その後、発見された左手の爪の間から、皮膚片が見つかった。

簡易検査の結果、先に発見された左脚と、この左手は同一人物の可能性が高かった。

 

30年前の捜査資料を読んだ朝顔は、担当刑事が平だと気付く。

 

その頃、平は美幸(大竹しのぶ)が営む大衆食堂を訪れていた。

千ノ浦に来てから、平はしょっちゅう美幸の店で夕食を食べていた。

 

美幸の店には、今どき珍しい緑の公衆電話があった。

でも震災の時、これが1番繋がったらしい。

 

一方、平が捜索を続けている沼の埋め立ては、忘れないように残そうという人もいれば、早く埋めて忘れたいという人もいて、なかなか進まないようだ。

 

埋めたからといって忘れられるわけじゃない。

でもあの沼で亡くなった人が大勢いるから。

 

美幸は、里子の中学・高校時代の同級生だったことを平に打ち明けた。

 

ひとりぼっちの夜

その後、家に帰った平のもとに、朝顔から電話があった。

 

朝顔が30年前の事件について尋ねると、栞里の遺体はそんなに深く埋められていなかったから、土が乾いて白くなっており、そこを重点的に捜したら、遺体が見つかったという。

 

すぐにそのことを、朝顔は山倉に伝えた。

 

今日はつぐみがお泊り保育だから、家には誰もいない。

朝顔はひっそりと静まり返った家に帰ると、コスモスの花を花瓶に生け、掃除機をかけた。

 

作り置きのおかずと、味噌汁とご飯。

1人で食べる食事は味気なく、朝顔はそのまま眠りについた。

 

忠の遺書

翌日昨日発見された左足と左手は、仲井戸修・62歳のものだと判明。

また、爪から発見された皮膚片は、浅野忠のものだとわかった。

 

おそらく今朝、発見された右足と体幹部、頭部も仲井戸のものだろう。

あと発見されていないのは、右手だけ。

 

そこにうっしーが、浅野忠の遺書が見つかったと飛び込んできた。

忠がマスコミ宛てに送ったようで、ニュースになっていたのだ。

 

「8月23日、私は人を殺めました。

 

憎くて憎くてたまらなかった、仲井戸を殺したのです。

 

 

私が街で仲井戸を見つけたのは、あの男を殺す1週間前。

 

可愛い栞里の大切な命を奪われたのと同じ頃でした」

 

 

しかし忠は、仲井戸を殺すつもりはなかった。

栞里はいないのに、どうしてあの男はのうのうと生きているのか。

その理由が知りたくて、仲井戸を1週間、尾行したのだ。

 

すると仲井戸はまた女の子に声をかけようとしていた。

その時、『お父さん助けて!』と栞里の声が聞こえたような気がして、忠は『あっちに行きなさい』と女の子を逃がした。

 

『誰だ?お前…』

『俺を覚えていないのか?浅野栞里の父親、浅野忠だ』

 

『…誰?』

 

だが仲井戸は栞里の名前を忘れていた。

許せなかった。

忠は力が許すかぎり、仲井戸を殴り続けた。

 

死体をバラバラにして埋めたのは、栞里と同じ苦しみを味わわせるため。

右手は絶対見つからない場所に捨てたという。

 

 

「警察の皆さん、どうして栞里の右手を捜すのをやめてしまったのですか?

 

 

マスコミの皆さん、30年前あんなに報道して、妻の葬式まで押しかけてきたのに、どうして栞里のことを忘れてしまったんですか?

 

 

あの男まで栞里を忘れて、まるで栞里は最初から生まれていなかったみたいじゃないですか。

 

 

栞里、ごめん」

 

 

それを読み、朝顔は忠の死因は”自殺”と断定。

仲井戸は、”他殺”とした。

 

残された遺族の気持ち

そこに浅野忠の息子・正則が遺体を引き取りにやってきた。

 

すると生前、忠は死んだら髪を黒く染めてほしいと言っていたという。

白髪のままでは、天国に行ったとき、栞里がわからないかもしれないから…。

 

そこで朝顔と茶子は、忠の髪を綺麗に黒く染め、正則に会わせた。

 

来月、結婚式を挙げる予定だった正則は、殺人犯の息子じゃきっと破談になるだろうと呟く。

忠はそのことを、仲井戸を殺す前に一瞬でも考えてくれたのだろうか?

 

『あんなに憎んでいた仲井戸と同じことをして、この人の人生ってなんだったんでしょうか?』

 

正則の問いに、朝顔も茶子も何も言うことができなかった。

 

残しましょう

その後、解剖した資料をなるべく無期限で保管できないかと、朝顔は茶子に提案した。

自分たちが遺族にできることは、ほとんどないのかもしれない。

でも、残すことはできる。

 

すると、茶子は自分の教授室を潰しましょうと言い出す。

どうせ茶子があの部屋にいることなんて、ほとんどないのだ。

 

それぞれの今

それから朝顔は保育園につぐみを迎えに行った。

『ママ~!』

走ってくるつぐみを笑顔で抱きしめる朝顔。

『ママ、淋しかった?』

『うん、淋しかったよ。よく頑張ったね』

『うん!』

 

その頃、桑原は交番の前にいた子犬を見つけ、『お~どうしたどうした』と抱き上げていた。

 

そして平は、ラジオを聞きながら弁当を食べていた。

ラジオでは、熱中症に気をつけて…と注意を呼びかけている。

 

朝顔とつぐみのご飯は、美味しそうな冷やし中華。

写真立ての中の里子は、今日もにっこり微笑んでいる。

 

そんな中、大衆食堂の美幸は引き出しから古い財布を取り出すと、公衆電話にテレフォンカードを入れ、電話をかけた。

 

『…もしもし?あたし、美幸。里子ちゃん、あのね…』

 

 

~9話につづく~

 

 

『監察医 朝顔2』8話の感想

いつも最後に「え~!?」ってなることが起こるから、事件の余韻とかすべて消えてしまうような(^_^;)

美幸さんは、天国の里子に電話をかけているのかな?

まさか里子が生きてるってことはないよね~…。

 

もしかしたら美幸は、里子に最後に会った人なのかも。

里子を助けられなくて、それで自分を責め続けているのかもしれない。

 

緑の公衆電話、確かに見かけなくなったかも。

前に住んでたところにあった公衆電話もグレーだった気がする。。

あ、バイトしてたコンビニの前にあった公衆電話は緑だったかも。

 

あんなに賑やかだった万木家に、つぐみもいない朝顔だけの夜が来るなんて…。

お泊り保育の日、朝顔の手をぱっと離して、先生やお友だちのところに走っていくつぐみのシーンが、なんか1番切なかったです。

子どもの嬉しい成長なのに、なんだか淋しい。

翌日迎えにいったとき、『淋しかった?』『淋しかったよ』って、ぎゅうってし合う姿にウルっとしました。

 

そして新メンバーのウッシー登場。

ウッシー、今どきの子かと思ったら、まだ身元もわからないのに忠が仲井戸を殺したんじゃないかって言いだして、ドキッとしました。

しかも次回予告を見たら、ウッシー大変なことになりそうだし。

最初からそんななんて、どんな役なんだ(>_<)

 

それに、浅野忠さんの遺書もリアルでしたね。

ワイドショーとかでさんざん騒ぎ立てられた事件も、時間が経つにつれ、いつの間にか報道されることがなくなり、記憶から消えていく。

その残酷さを思い知らされるようでした。

遺族にとっては決して忘れることなどできないのに。

なんで仲井戸は忘れてしまったんだ。酷すぎる。

 

そんな中、もうひとつ気になったことが!

それは平さんがご飯を食べてるとき、流れてたラジオで熱中症に気を付けてと言っていたこと。

まさか、平さん熱中症で倒れたりしないよね?

次回は2時間スペシャル。どうなることやら…。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 新春SP 10話 11話 12話 13話 14話 15話