『監察医 朝顔2』2話ネタバレと感想│ラストシーンにびっくり!?嶋田のじいちゃんが隠していることも気になる!

にこ

今回は、2020年11月9日放送『監察医 朝顔2』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

第2話では、朝顔(上野樹里)が不審死した中学生・矢野諒(池田優斗)を解剖。

 

事件なのか事故なのか断定できないまま、諒の父親も意識不明になってしまう…。

 

そんな中、桑原は朝顔の代わりに、娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒をみることになるが…!?

それではさっそく、2話のネタバレあらすじをご紹介したいと思います。

 

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

『監察医 朝顔2』2話のネタバレあらすじ

その日の朝早く、法医学教室からの電話で朝顔(上野樹里)は目を覚ました。

朝顔と桑原(風間俊介)つぐみ(加藤柚凪)が1階に降りると、すでに平(時任三郎)は起きて朝ご飯を作っていた。

 

『え〜ママ、今日はつぐみと遊ぶんじゃなかったの?』

『ごめんね、ママ、お仕事が入っちゃったの』

 

そこで桑原が代わりにつぐみの面倒をみることになったのだが、つぐみは超不機嫌…。

朝顔は桑原と目を合わせると、やれやれと首を振った。

 

事件の被害者

被害者は、矢野諒くん(池田優斗)・14歳。

午前7時ころ、犬の散歩中だった近所の住民が発見し通報したという。

 

死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。

遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があり、殴られたようだ。

諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、

近くの金網の上部にボールが挟まっていた。

 

解剖の結果

 

その後、法医学教室に運ばれた諒の遺体は、朝顔と藤堂(板尾創路)たちの手で解剖された。

諒の手には白く盛り上がったマメのようなものが見られた→野球の練習をしたため?

 

みぞおちの内出血は二重条痕になっていて、棒状のもので殴られたと思われた

 

・虫歯は0。治療痕はなし。

 

解剖の結果、諒はみぞおちに強い衝撃を受けて心臓振とうを起こし、心停止に至った可能性があると、藤堂は検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)に伝えた。

 

『つまり、みぞおちを殴られて死亡したと…』

『いえ、殴られたかどうかはまだ』

 

朝顔たちは否定するが、丸屋は捜査方針を決めるたに、殴られたかどうかだけでも断定してほしいと迫る。

 

双方の意見が対立し、ヒートアップする中、諒の父・浩史が階段から落ちて意識不明になったと連絡が入る。

諒が亡くなったと聞き、そうとう慌てていたのだろう…。

 

双子の兄・一馬

諒の母親は他界しているため、祖母の咲江(柳谷ユカ)と、双子の兄・一馬が身元確認にやってきた。

だが一馬は『俺はいい』と廊下の椅子に座ってしまう。

 

泣き崩れる咲江の声を聞き、一馬はぎゅっと拳を握りしめた。

 

警察の聞き込み

諒と一馬が所属していた野球チームの監督・三輪によると、諒は大人しくていい子だったという。

一馬はエースで4番なのに対し、諒はいつも補欠で試合に出たことがなかった。

 

監督は練習が厳しく、特に諒にきつく当たっていて、出来のいい兄と比べたり暴言を吐いていたらしい。

他にも監督が怖くてやめた子がかなりいた。

 

一方、諒の父親は配送業をしており、その日は夜勤を終えて朝7時過ぎに帰宅していた。

 

凶器は見つかっていないが、倉庫にはたくさん金属バットが置いてあった。

 

桑原とつぐみのデート

一方、つぐみはパジャマのまま、まだ『ママがいい』と言い張っていた。

 

でも桑原が『じゃあ、パパ、1人で水族館に行っちゃおっかな〜』と言うと、つぐみは、くるり。

2人は仲良く水族館を満喫した。

 

2人は似てない?

桑原から送られてきた写真を見て朝顔が安心していると、

茶子(山口智子)が先日、グアテマラまで行って手摘みしてきたコーヒーを持ってやってきた。

 

その名も、茶子の子ども“チャココ”。

お茶でもコーヒーでもココアでもない、どこにも属さない唯一の味。

 

すると茶子はコーヒーを淹れながら、

『あの双子は似ていませんでしょ?

こう、なんていうかボワンワンワン…、モア〜…

ボワンワン、モア〜』

 

茶子は2人の第1印象が全然違ったというのだ。

 

平の転出届

その後、帰宅した朝顔は、平の机に転出届が置かれているのに気付く。

行き先は、岩手県の仙ノ浦…。

 

朝顔は何も言わず、元の場所に戻した。

 

2人の重要参考人

翌朝、一馬は登校中、チームメイトたちが『死んだのが諒じゃなくて一馬だったら、うちのチームヤバかったな』と言っているのを耳にする。

 

『こら!』

子ども見守り隊をしている三輪監督は生徒たちを一喝すると、一馬の頭をポンポンと撫でた。

 

その後の調べで、諒の父・浩史が深夜1時には仕事を終えていたことが判明。

でも祖母・咲江は、浩史は朝7時過ぎに帰宅したと証言している。

その間、何をしていたのだろうか?

 

さらに、浩史は高校時代、野球部に所属しており、暴力事件が起きて県大会の出場が取り消しになっていた。

 

そこで強行犯係の山倉係長と、検視官の丸屋は、浩史と三輪監督を重要参考人として捜査を進めることに

2人は早く死因を特定してほしいと、法医学教室にやってきた。

 

すると

あのご遺体は、本当に矢野諒くんで間違いないんでしょうか?

一馬くんの可能性はないでしょうか?

と朝顔が言い出す。

茶子の言葉を聞き、その可能性もあると思ったのだ。

 

咲江はかなり目が悪いようだし、諒たちと暮らし始めたのも最近だ。

それにあんなに気が動転していて、ちゃんと確認できただろうか?

 

一卵性双生児の諒と一馬はDNA型は一緒だが、指紋は別だ。

でも2人は一緒の部屋で暮らしていたため、混在していて見分けがつかない。

あとは目の虹彩か、虫歯の記録だが。

諒も一馬も虫歯ができたことはなく、2人を見分ける手立てはなくなってしまった。

 

双子の絵

その後の取り調べで、三輪が諒の死亡推定時刻に、保護者と不倫していたことが判明。

 

これで三輪のアリバイが成立し、平と森本(森本慎太郎)は、もう1度、咲江に話を聞くことに。

 

そこで平は、一馬と諒が学校で描いた絵が壁に貼られているのに気付く。

 

その絵はちょうど諒が亡くなっていた現場を描いた絵で、平は森本に写真を撮るように指示する。

 

警察に出頭する一馬

その後、警察に『僕が殺しました』と一馬がやってきた。

 

一馬が持ってきたバットと、諒のみぞおちの傷が一致。

諒が金網に挟まったボールを取ろうとして登ったときに、一馬がふざけて金網を揺らしたらしい。

それで諒は落下し、下に置いてあった金属バットでみぞおちを打ったようだ。

 

一方、朝顔は諒の手の結束(マメのようなもの)が気になっていた。

その時、諒の指の傷についていた土に混じって、塩化ビニールが検出されたと報告が入る。

それはパイプとか建材に使われる素材だ。

 

それを聞き、朝顔は高橋涼介(中尾明慶)と共に現場に向かった。

そこには平と森本が来ていて、朝顔は森本と高橋に協力してもらい、諒役と一馬役となり、検証してみることに。

 

そんな中、平は2人が描いた現場の絵の違いに気付く

その時、金網のてっぺんに到達した森本が電線に触ろうとし、

『触らないで!』と朝顔は叫んだ。

 

朝顔の推理

 

あの朝何があったのかわかった朝顔は、山倉係長に一馬を連れてきてもらい、確認した。

 

『君は一馬くんじゃなくて、弟の諒くんだよね?

亡くなったのは、一馬くんじゃない?』

 

その決め手となったのは、一馬と諒が描いた絵。

一方には金網の上に線が描いてあるが、もう一方にはない。

 

これは金網の上を走っている電線で、電線を調べたところ、遺体と同じ指紋が残っていた。

 

ということは、亡くなったのは電線があることを知らなかった人物。

つまり線を描いていない一馬のほうだ。

 

『これは私の推測だけど…』

そう言うと、朝顔はあの日何があったのか話し始めた。

 

…あの日、一馬と諒はユニフォームを交換してあの場所に向かった。

 

飛んでいったボールが金網に挟まり、一馬が取りに金網を登った。

 

その時、一馬の右手が電線に触れてしまい、落下。

 

下に立てかけてあったバットにみぞおちを打ちつけた。

 

 

呼んでも動かない一馬を見て、諒は自分が金網を揺らしたせいだと思い、バットを持って逃げ出した。

 

あの日の真相

『どうかな?ほんとのこと 教えて?』

朝顔がじっと見つめると、

ごめんなさい、僕、…諒です

と諒は謝った。

 

あの日、父が試合を見にこれることを知った一馬は

『父ちゃんにホームラン打つとこ見せてやれよ』と諒にもちかけた。

 

でも一馬と違い、万年補欠の諒は自信がない。

すると一馬は、諒と入れ替わって自分がホームランを打つと言い出した。

それで2人はユニフォームを交換したのだ。

 

事件のあと、家に帰った諒は本当のことを言おうとした。

しかしその前に『諒が死んだ』と連絡が入り、父も祖母もみんな、諒が死んだと思いこんでしまった。

 

勘違いされていることを言えなかったのは、

『死んだのが一馬だったらうちのチームヤバかったよな』

『一馬だけでも生きていてくれるだけで今はもう…』

と友人や祖母が言っていたから。

 

僕より一馬が生きていたほうがいいって…

『みんな、そんなつもりで言ったんじゃないと思うよ』

 

でも僕が殺したんです!僕があんなところにバットを置いたから、一馬は当たってあんなことに…。

一馬、ごめん…。

父ちゃん、ごめんなさい』

 

でも一馬は、諒が置いたバットのせいでなくなったわけではなく、感電して亡くなったのだ。

 

あの電線の電圧は100ボルト。

野球をした後、汗をかいた手で掴んだ電線からはそうとう強い電流が流れたはずだ。

一馬は即死だっただろう。

 

最初に朝顔が一馬の体を調べたとき、手のひらにマメのような白い盛り上がりがあった。

野球を練習してるからマメができたのだろうと思ったけど、違った。

一馬の右手は火傷していたのだ。

その火傷の痕が、一馬が感電して亡くなったことを示している。

 

『一馬くんは、諒くんのせいじゃないよって、私たちにちゃんと教えてくれたのよ…』

 

それを聞き、諒は泣きじゃくった。

 

意識を取り戻した浩史

その後、諒は意識を取り戻した父・浩史に会いにいった。

 

『…諒』

『父ちゃん、…ごめんなさい』

諒が泣きながら謝ると、浩史は諒を抱き寄せ、背中をさすった。

 

その後の調べで、浩史は配送会社には伏せて、警備会社でアルバイトをしていたことが判明。

高校時代の暴力事件も、浩史はまったく関係がなかった。

 

でも一馬も諒も、きっと寂しかったのだろう。

それで浩史に気づいてほしくてあんなことをしたのかもしれない…。

 

淋しいつぐみ

その夜、つぐみは明日も朝顔がいないことを知り、がっかりする…。

そこで朝顔は『ちゃんとつぐみにも説明しないといけないね』と、つぐみをそばに呼び、手を取って話し始めた。

 

ママね、ばあばを、ママのママを捜しにいくの。

つぐみが生まれる前にすごく大きな地震があったの。

海が揺れて大きな波がきたの。

それでたくさんの人たちがその波にさらわれちゃったの。

その時、ばあばも波に連れて行かれちゃって、どこにいるかわからないの』

 

ときどき、平が出かけているのも、ばあばを捜すため。

でも平は手を怪我してしまったので、朝顔が代わりに行っているのだ。

 

『つぐみがいい子でお留守番していてくれると安心なんだけどな。

できる?』

 

朝顔が涙をためた目で話している間、つぐみは真剣な眼差しで見つめていた。

 

『…いいよ』

『本当?』

『うん』

『ありがとう』

朝顔は小さなつぐみを抱きしめた。

 

『じいじ、早くばあばに会えるといいね』

つぐみに言われて、平は『そうだね』と笑顔で答えた。

 

今夜のご飯は手巻き寿司。

その時、つぐみの下の歯が抜け、みんなで屋根の上に投げることに。

 

桑原は何度も投げるふりをしては『まだある〜』と言って、みんなを笑わせた。

 

何かを隠している嶋田

 

翌日、朝顔は先日行った沼を捜索してから、祖父・嶋田(柄本明)の家へ。

 

そこで平が近いうち、近くに住むかもしれないことを打ち明ける。

まだ平とは直接話していないのだが…。

 

それに朝顔は、嶋田が少ないほうのカレーを選んだことが気になった。

 

嶋田は風呂から上がると、朝顔に風呂を勧めた。

朝顔が部屋を出ていくと、嶋田は仏壇から里子(石田ひかり)=ばあばのハンカチを取り出した。

その中には、大人の歯が……。

 

朝顔が忘れ物を取りに戻ると、嶋田は慌ててそれを戻した。

 

翌日、朝顔は作り置きおかずを作り、冷蔵庫に置いていった。

 

じいちゃん、もしかしてどっか具合悪い?

『どうして?』

『…いや、なんとなく』

 

朝顔は来週も来るからと言って、東京に戻った。

 

どういうこと???

東京は土砂降りの雨で、朝顔はカッパを着て帰宅。

すると部屋には誰もおらず、お風呂場を開けた朝顔はびっくり!

 

その後、桑原が帰宅すると

『もう、ちゃんと拭かないと〜』と朝顔が笑っている声がした。

 

桑原が部屋に入ると、朝顔はタオルで誰かの頭を拭いてあげていた。

 

…誰?

『おかえり』

 

朝顔がタオルを取ると、それは山倉係長だった!

 

『…どういうこと???』

桑原は目を丸くして、山倉を見つめた。

 

〜3話につづく〜

 

『監察医 朝顔2』2話の感想

え!?ほんとにどういうこと??

なんで山倉係長が家に?

しかもなぜ朝顔に頭を拭いてもらってるんだ〜(@_@;)

これは桑原さんじゃなくてもビックリですね!

次回が気になる〜。

 

そして、ママと遊べなくて淋しいつぐみに、本当のことを話す朝顔ママ。

真剣に話を聞くつぐみの表情にジーン。

 

でもやっぱり、ママがしょっちゅういないんじゃ淋しいよねぇ…。

うちは完全なるお父さん子だけど、つぐみはお母さん子なんだね〜。

『ママじゃなきゃ嫌だ』と言われて、

『お父さん、ショックなんですけど』と拗ねる桑原の気持ちがよくわかりました。

 

それに、桑原とつぐみの水族館でのやり取りや、つぐみの歯を投げるシーンで、桑原さんの意外な面が見られて面白かったです(^o^)

嫌がるつぐみにヒトデを触らせようとしたり、歯をなかなか投げなかったり。

あれは桑原さんなのか、風間さんの素なのか…笑

今回は家族シーン多めで和みました。

 

あと気になったのは、嶋田のおじいちゃん!

おじいちゃんが持っていた歯!

あれは、里子の歯なんでしょうか?

 

実はもう里子の遺体は見つかっていて、それでじいちゃんは仏壇を作ったのでは…なんて思ったり。

しかもじいちゃんが病気かもしれないとなると、心配ですね…。

 

事件の方は、お父さんが意識不明になって身元確認できなかった、というところが大きかったかもしれませんね。

お父さんが確認していれば、その時点で、これは諒じゃない、一馬だとわかったかもしれません。

 

でもお父さんも仕事を掛け持ちして、家にあまりいなかったようだから、2人の違いに気づけたかどうか…。

そういう寂しさみたいなものも伝わってきました。

 

それが朝顔や平の寂しさだったり、つぐみの寂しさに繋がっていましたね。

 

平さんも仙ノ浦に行ってしまったら、寂しすぎるよ〜(>_<)

嶋田のじいちゃんが何を知っているのかはわかりませんが、早く話してほしい〜と思いました。

 

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/

またの〜。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よかったらポチッとよろしくお願いいたします♪

その他のあらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話